スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:エレファント

ミヒャエル・シャハト作の小箱カードゲームではアバクス四天王である「コロレット」「ナッシュ」「ゴールド」「セレンゲティ」を紹介済みだが、僕の知る限りでは今回のタイトルがラスト2つの内1つの小箱カードゲームで、おもしろいかどうかは別として中々シャハトらしいゲームである。その名も「エレファント」。
※ちなみにラスト1つはハリウッドカードゲーム

IMG_6724.jpg
今回はアバクスではなくアミーゴ小箱。
アミーゴにしてはリアル派のイラストが特徴。
ちなみにplayroomからなんたらブルみたいなタイトルの中箱でもリリースされていたと思う。

IMG_6725.jpg
中身。
カードと得点記録帳が入っている。もちろんエンボス加工。
カードの種類が多いんだけど、メインはお金カード(左)と壺カード(中)と象カード(右)の3種類。

プレイヤーは壺商人となってさまざまな壺を買い付けるのだが、象がやってきてはそれを壊してしまい、その賠償金でまた壺を買う。これをひたすら繰り返すイタチゴッコな設定なのだが、一定のタイミングで所有している壺が評価される。そのタイミングに向けてより良いセットを作っておこうというゲームである。

IMG_6726.jpg
プレイヤーは最初にお金1枚と壺2つ、それからパスカード1枚を持ってスタート。(手札とか隠しておく要素はゲーム中も一切ない。)
お金は壺を買うのに使い、壺は採点時に勝利点を生み出し、パスカードはゲーム中1回だけ手番をパスするために使う。自分の前に置かれるのはゲーム中この3種類のカードだけ。

IMG_6727.jpg
さて、手番になったら中央の市場からカードを取るアクションを行う。
上の写真の通り象カードと壺カードが5枚ずつオープンされている。(補充は5枚なくなってから)
選択肢は以下の通り。

①壺を買う
②象を引き取る
③パスする

前述の通り③はゲーム中1回だけ。
後の2つを説明しよう。

IMG_6728.jpg
壺を買うにはお金を持っていなくてはならない。
お金を1枚払ったら、中央市場から好きな壺を選んで自分の前に並べる。
壺の数に制限はないので好きなだけ買うといい。

IMG_6729.jpg
次に象の引き取り。
これを行った場合、カードに書かれている色の壺を、その数だけ壊されてしまう。
上の写真の例では、青と緑のツボが1つずつ壊されてしまうのだ。
壊すものの指定は色だけでなく、一定の数字を壊すものなどもある。(1色全部壊すものも…)
ちなみに象の引き取りを行うとお金カードを1枚もらえる。(所持限界数2枚)

この時ポイントなのは、自分の所持品に該当しなければ無効化に出来るということだ。
ぐずぐずしていると他のプレイヤーに嫌なカードだけ残されてしまうので、お金が1枚以下だったら優先して壊されないものを先取りしていきたい。

そうこうしていると、壺カードの山札から得点評価カードが現れる。(10枚おき)
このカードがオープンされたら、各プレイヤーは自分の壺をどの視点で評価するかを決めなければならない。
評価方法は以下の4種類だ。

①各色の壺の最小数字の合計値
②各色の壺の最大数字の合計値
③ある1色の数字の合計値
④すべての壺の数字の合計値

この中から毎回1種類を選ぶ。
ゲームは4ラウンドで終了し、各評価方法は1回ずつしか選べない。ヤッツィーみたいな感じだ。

ということで、この得点評価のタイミングへ向けて壺を調整するゲームである。
が、中央市場からはどんどんカードが無くなっていくため、そうそう上手く調整できるものではない。むしろほとんど操作できず、狭い選択肢の中から苦渋の決断をするというケースが多い。選択肢が狭いのはシャハトらしいが、う~む中々くるしいプレイ感よのう!シャハト殿!

【所感】★★★★★★☆☆☆☆
なんかすごく苦しいんですが、ゲームとしては良く出来ているように思います。
清算のタイミングも微妙に操作可能なので、多人数でプレイするほど想像通りにいかなくて悶絶します。悶絶したい人にお勧めですが、悶絶したくない人にはさほどお勧めしません。独特なプレイ感のゲームです。
スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

紹介:アングリーバード・カードゲーム

アングリーバード。
それはi-Phoneアプリで最も売れているというミニゲーム。
緑の豚に略奪の限りをつくされたバードたちが怒りの反撃を行うという設定で、色とりどりのアングリーなバードたちをスリングショット(ぱちんこ)で豚の居城にぶつけるゲームである。

それを勢い余ったマテル社がカードゲーム化したのがこれである。
「アングリーバード・カードゲーム」

IMG_6618.jpg
箱の上の穴を棒に引っ掛けるタイプの、よくある残念なやわい小箱。
その上部に書かれている最高の売り文句
『UNOを作ったメーカーです!』
素晴らしい。
ボードゲーマーからするとここまで腐った決め台詞もないと思うが、その実力、存分に発揮してもらいたいと願う次第である。

ちなみにこのアイテムはボドゲ界のスチームボーイことゴーグル・タメラが、その人望によりいただいたハワイのお土産である。お土産をくれた某氏に感謝。

IMG_6619.jpg
中身。
マテル社なんで当然エンボス加工なんかついとらん。
でもカード以外にシール付のサイコロ2つと豚駒が付属する。

カードには2種類あり、1つは障害物カード、もう1つはスペシャルアクションカードだ。

IMG_6620.jpg
まずはそれぞれの手前からテーブル中央の豚駒に繋がるように、規定枚数の障害物カードを並べる。
本家ゲームと同じように、この障害物を壊していくのが最初のプレイヤーの仕事になる。

IMG_6623.jpg
ではどうやって障害物を壊すか。
当然サイコロである。
サイコロ2つを振って、一番手前にある障害物カードに描かれているのと同じアングリーバードがでれば、それを壊すことが出来る。
障害物カードの壁の色とか、アングリーバードの色とかはルール上意味はない。

また、自分の手番で1つも障害物を壊せなかった場合、かわいそうだからアクションカードをもらえるというルールになっている。(ゲーム開始時にも2枚所持)

アクションカードは、ライバルを1回休みにしたり、自分の障害物を1枚壊したり、サイコロを振りなおしたりといったシンプルなもの。手番に1枚だけ使うことが出来る。

IMG_6624.jpg
自分の前の障害物を全て壊し、豚駒が直接見えるようになると、ゲームはついに本番を迎える。本家もびっくりのシューティングタイムだ。

手番が回ってきたらサイコロを1つ、豚駒から2フィート(約60センチ)の位置に配置して、デコピン!
吹っ飛ばしたサイコロで豚駒を倒せばゲームに勝利できるという暴れん坊ルールである。

容赦ない運試しを繰り返させられるところはさすが“UNOを作ったメーカー”の面目躍如といったところだが、ばからしいイラストとテーマ性からして正解だと思う。最後に待っているのがデコピンチャレンジというのがまた良い。

【所感】★★★★★★☆☆☆☆
どこを取ってもしょーもないゲームなのですが、素材の使い方としてはけっこうあってるんじゃないかなと思います。
アングリーバードの人形買っちゃうような人なら大喜び間違いなしでしょう。
| trackback:0 | commnet:5 | BACK TO TOP |

紹介:アール・エコ

ゲームマーケットに来場するレベルのボードゲーマーならば知らぬ人はいないだろう国内メーカー“カワサキファクトリー”のKawasaki殿による人気ゲーム「R-ECO」。
国内で評価を得た後、なんとZ-manからイラスト差し替えでリリース。
Z-manから出るだけでもすげーって話なんだが、2010年、驚くべきことにキング・オブ・小箱ゲームのAmigoから再々リリースされた。

IMG_6612.jpg
Amigo小箱。
イラストはガラッと変わって、コオロギみたいなキャラがマスコットに。
それ以外にも各種のゴミが擬人化されて可愛くなってたりする。
イラストはAmigo版がダントツで良いかな。

IMG_6611.jpg
中身。
なんとAmigoなのにエンボス加工じゃないという。
いつぞやの誰かの情報によると、カードが120枚と膨大なのでエンボス加工をかけることができなかったんだとか。費用の問題なのか、エンボスにすると厚くなるのか、詳しい理由はわからない。カードは現状でパンパンなので、少なくとも厚みが増すと入らんことは確か。
ちなみに一部の面にキラキラ加工がほどこされているレア仕様。

カードは左のゴミ処理場/エコ札(両面)カードと右のゴミカードの2種類。
プレイヤーは手札のゴミカードを上手いこと対応するゴミ処理場へ捨てて、ご褒美のエコカードを集める。
処理しきれないカードを抱えてしまうと不法投棄してマイナス点だ。

IMG_6610.jpg
カードのプレイエリアはこんな感じ。
まず、まんなかにゴミ処理場の山札が色ごとに4種類並ぶ。
ゴミ処理場の入口は上側にあって、プレイヤーはここに手札からカードをプレイしていく。
ゴミ処理場の下側はゴミ置き場となっており、毎回ゴミカードの山札からランダムに整理されていないゴミカードが補充される。

IMG_6608.jpg
手番になったら、手札から一種類を選び、何枚セットでも構わないので対応するゴミ処理場の上側に置く。
この時、その処理場の上にあるカードが4枚以上になっていたら、ナイス処理として一番上のゴミ処理場カードを受け取る。これを裏返すと勝利点となるエコ札へと早変わり。

その後、ゴミ処理場の下に放置されているランダムのゴミカードを全てとって手札に加える。
ここで重要なのが手札の上限。
R-ECOの世界では手札の上限は5枚というのが常識だ。もし5枚を超えて持ってしまった場合は、やむを得ず裏山に捨てに行くのである。しかし見ている人は見ているもので、不法投棄はオートでお上にチクられてもれなくマイナス1勝利点だ。

最後にゴミ捨て場にゴミを補充するのだが、この枚数はその処理場の上に置かれているカードの数+1枚である。つまり、4枚に近づいている処理場ほど捨て場にあるカードの枚数が多い。手札を大きく補充するのには良いが、あまりに枚数が多くて不法投棄に陥りやすい。
なかなか好き勝手に捨てたり回収したりできないのがなんとも悩ましい。

IMG_6607.jpg
こうしてゲームを進めていくが、最初は処理場の点数も低い。後半に行くほど点数は高くなっていくが、途中に-2点があるのもアクセントになっている。
どれか一種類の処理場がなくなったらゲーム終了で、手元にあるエコ札の価値を計算する。
この時、1枚しか持っていない色のエコ札はノーカウント。いくら高い点数の札でもノーカン。もちろん-2もノーカンにできる。
こうしてもっともエコ成金だったプレイヤーが、栄えあるエコ番長である。明日からもせっせとゴミ分別に励むがよい。

【所感】★★★★★★★☆☆☆
キチキチっとしたやりとりに日本製っぽさを感じる良作です。テーマも感じますが、むやみに回収できないところが捻くれてて面白いです。
カードをプレイしたいところはたいてい回収が大変な場所だったりして、なんとも悩ましい作りになっています。ちまちまカードを調整しながら“不法投棄しなかったで賞”を目指すもよし、高得点をがめつく狙って不法投棄しまくるもよし。続編のR-ECO-RECYCLEもAmigoから出てほしいところです。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

紹介:あわてんぼ魔女/魔女のレシピ

久々になったHABAのゲーム紹介。
今回紹介するのはHABAの新しい知育玩具プロジェクトであるFexシリーズの1つ。
タイトルにもなっているFexとは“実行機能を促進する”効果について専門家がつけた名称である。実行機能とは状況に応じた思考や行動ができる能力のことであり、要は柔軟な脳みそを作りましょうというプロジェクトなわけだ。

ではFex効果とやらがどのようにゲームに導入されているかということだが、「あわてんぼ魔女/魔女のレシピ」では、混合可能な異なるヴァリエーションルールを多数用意して置き、その組み合わせで考え方や答えが変わってくるという手法を取っている。毎回違うルールで遊べるわけだ。
これが中々の手ごたえで、確かに頭が柔軟になりそうな代物。まぁ、とりあえず紹介を始めることにする。

IMG_652yy.jpg
いつもより少し厚みのあるHABA中箱。
箱が厚いのはサイコロカップが入っているからだ。

左上にあるキツネのマークがFexシリーズの印。
これが付いたゲームはまだ3タイトルくらいしかないけど、その内2つはすごろくやさんで取り扱いが始まっている。2つとも作者は「そっとおやすみ」のマルクス・ニキシュだ。

IMG_6529.jpg
中身。
折り畳み型のボードは相変わらず描き込まれていてリッチ。
サイコロは基本ルールでは紫1個しか使わない。残りは追加ヴァリアント用だ。
白いキツネの魔法使い駒もヴァリアント用。
ということで、是非ヴァリアントで遊びつくしてくださいという仕様。

ストーリーとしては、タイトルどおりあわてんぼうな魔女が鍋で薬を作ってるんだけど、おっちょこちょいだから材料を入れ忘れちゃう。その入れ忘れた材料を当ててあげる。という話。

IMG_6530.jpg
自分の番になったらサイコロカップでサイコロを振って、魔女が進む先にある鍋を見て、どの材料が足りないか探す。

IMG_6551.jpg
鍋の中身はタイルなので毎回ランダムに配置できる。
この鍋に入っていない材料が必ずあるはずなので、あらかじめボード脇に用意してある材料チップの中から答えのチップを取って答え合わせ。
ちなみに答えはタイルの裏に書かれている。
それにしてもどうしょもないもんしか入ってないな。

これに正解すると魔法の薬をもらう。これが勝利点ね。

で、この基本ルールをベースに本番であるFexヴァリアントを導入するのだ。

IMG_6586.jpg
Fexヴァリアントではサイコロが追加され、以下のようにルールがかわる。

青のサイコロ:魔女駒の前の鍋を見るか、後ろを見るか
緑のサイコロ:魔女駒が時計回りに動くか、反時計回りに動くか
オレンジのサイコロ:魔法使いフェクスが入る

青と緑はまだ混乱度が薄いが、オレンジ色で投入される魔法使いフェクスが曲者。
オレンジ色のサイコロで☆型が出たら、魔女でなくてフェクスが動く先の鍋を見なくてはならない。しかもこいつがとんでもない偏屈野郎で、魔女とは反対方向に動くし、見る鍋の前後も逆だし、極めつけは鍋に足りないものじゃなくて鍋に2つあるものを当てるっちゅう難物。これらの条件をサイコロが振られた後に素早く判断するのはなかなか大変だ。(実は全員で早い者勝ちにするのはヴァリアントなんだけど、基本的に全員一斉プレイを推奨)

【所感】★★★★★★★☆☆☆
フェクス全部乗せルールは大人でも本気で難しくて、なにか1つくらいうっかりして間違えてしまいます。間違えないように間違えないようにと思うと「あれ、なんだっけ」と真っ白になってしまったり。
メモリーゲームはなんだかんだで子供よりも大人が強いように思いますが、このFexヴァリアントの“クリッ”とチャンネルを合わせるような感覚は、ひょっとしたら子供の方が得意かもしれません。
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

紹介:ヴァンパム

2010年で最も面白かった小箱ゲームの1つ「ヴァンパム」。
プレイヤーは北米に入植してきた白人となってネイティブアメリカンと交易を行い、もっとも価値のある装飾品である“ヴァンパム”をできるだけ多く手に入れることを目指す。
“ヴァンパム”とは、絵で見る限りトルコ石等が混じった数珠状の首飾りのようである。

IMG_6507.jpg
ペガサスの缶入り小箱。
缶入りは凹むし、単価も高いのが多いし、少し大きいけど、その分フタがカチャンと締まるから持ち運びにも収納にも気を付かは無いのが良いところだ。
このゲームに関してはイラストも悪くない。

IMG_6508.jpg
中身はカードのみ。
ペガサス缶入り小箱は内側の構造上カードしか入れるところがなさそうなので、基本カードのみなんだと思う。
エンボス加工は基本的になし。でも、カードの質は悪くないのでそこでマイナスが付くような品質ではない。
メインとなるカードは右側の商品カード。商品カードの裏側は勝利点としても機能させるため“ヴァンパム”の絵が描かれている。「ボーナンザ」のカードの裏のターラーみたいなものだ。

左側にあるのは商人カード。
各自自分の色を決めたら、対応する商人カードを受け取る。
他、見えていないがネイティブアメリカンの村カードというのがある。これがプレイヤーが交易を行う村だ。
テーブルの中央にネイティブアメリカンの村カードを1列に並べ、その右側に村の所有する商品カードをランダムで配置したらゲーム開始。

IMG_6509.jpg
スタートプレイヤーから順番に、交易したい村に対して商品カードを好きな枚数だけベットする。このとき目印として自分の商人カードを添える。まだ誰もベットしていない村には何枚ベットする形でも構わないが、すでに誰かがいる村にベットしたい場合は、そのプレイヤーよりも多い枚数でベットし、追い出さなければならない。追い出されたプレイヤーは他の村にベットし直す。(これにより連鎖的に追い出しが発生する可能性あり。)

こうして全員の交易相手が決まったら、いざ交易。
と行きたいところだが、まずは手札制限チェックがある。
手札の最大値は今回の交易で出された最多枚数により変動するため、他プレイヤーに左右されるところがあり、油断できない。

IMG_6510.jpg
で、ようやく交易開始。
交易にはカードの組み合わせによって2種類のパターンがある。
まず一般的なのが上の写真のケース。

左の提示カードと、右の村のカードを比べて、同じ種類の商品がある場合、単純に持ち物同士の全交換を行う。上のケースではタバコ(緑)と酒(赤)が一致しているため、全交換となる。
村のカードを全て手札に加え、提示したカードを村の所有物として村カードの右側に移す。

これにより手札を増やしたり、集めたい種類のカードを揃えたりする。

IMG_6511.jpg
もう1つのケースがこのゲームで最も重要なアクション。
左の提示カードと、右の村のカードを比べて、同じ巣類の商品が1つもない場合、ゲームの勝利条件である“ヴァンパム”と提示カードを交換することが出来る。つまり、村に無い希少な商品を持ち込んだので、ネイティブアメリカンが気前よく宝物を差し出してくれたということだ。

この場合、提示したカードの中から1種類につき1枚ずつ村に渡し、残ったカードを裏返してヴァンパムとして自分の前の金庫カードの下に入れる。1種類につき1枚はヴァンパムにならないので、同じ種類のカードをたくさん出すほど効率が良いことになる。

上の写真のケースでは、タバコ(緑)と毛皮(紫)がヴァンパムと交換できる対象となった。しかし、各種類につき1枚は村カードの右側に渡さなければならないので、残ったタバコカード1枚しかヴァンパムにすることが出来ない。これだとあまり効率が良くないわけだ。(注:上のケースは毛皮が無駄に見えるが、ベットに負けにくくはなる。)

このように、効率よくヴァンパムを集めるためにはできるだけ種類を絞って手札を集めたいが、追い出しルールのベット制度がこれを困難で、悩ましく、ハプニングたっぷりに演出している。
せっかく集めたカードが追い出しで雑多なカード群と交換されたりなんかすると絶句である。
手札上限も地味に締め付けてくるため、ヴァンパムを狙うタイミングのジレンマは実に絶妙だ。

【所感】★★★★★★★★☆☆
しっかりとしたルールの小箱ゲームで、ゲーム感が掴めないと面白さが味わいにくいかもしれません。コツを掴んでくると、他プレイヤーの狙いどころや手札枚数を見ながら手を打つことが出来るようになります。大人ゲーマーにお勧めの小箱ゲームです。
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

紹介:アル・カボーネ

ウヴェ・ローゼンベルグの交渉ゲーム「ボーナンザ」は、年1本ペースで拡張やシリーズものがリリースされ続ける超ロングセラーの人気ゲームである。かくいうオビ湾もこのゲームの大ファンであり、常に遊びたいゲームの上位だ。
今回紹介する「アル・カボーネ」は、その名の通りマフィアをテーマにしたボーナンザであり、かつ1人~2人で遊べるように特別チューニングされた少人数用ボーナンザである。
ボーナンザの基本ルールについてはこちらでご確認ください。
ちなみに1人でもできるボーナンザと言えば「ボーンレーシェン」もある。

IMG_6449.jpg
Amigo小箱サイズ。
ボーナンザシリーズはルックアウト名義のゲームも多い。
ボーナンザの“拡張ゲーム”には赤い丸印で単独で遊べないよーってマークがついているのだが、「アル・カボーネ」はこれだけで遊べるように豆カード一式が入っているので、そのマークはない。

IMG_6450.jpg
中身。
まず目を引くのがマフィアのボスカード。
いずれもアルカポネ、コルレオーネなど元ネタがあるキャラクターで、少人数用のこのゲームにおいてプレイヤーのライバルとなる存在だ。
豆カードは基本セットから14、16、18、20の豆がエントリー。
さらにオリジナルの豆カードが13、16、19というステータスでエントリー。
詳しい豆の紹介は後にするが、基本セットをご存じなら13が最少というところに驚かれるだろう。(カードに書かれたこの数字は、そのカードの合計枚数。多いほど集まりやすく、その分たくさん集めないと得点にならない。)
小さな数字の豆カードが無いのは、このゲーム特有のマフィアルールと調整を取ったためだ。詳しくは後述。

さて、以前2人でこのゲームをプレイしたときの印象としては、交渉がなくなっていることもあってか「1人で遊んでも変わらなそうだな」と思った。そこで今回は写真撮影も兼ねてソリティアで遊んでみた。1人で遊ぶ場合、マフィアを3人とも使うので写真映えもするのだ。

IMG_6452.jpg
こんな感じ(奥の方)でマフィアはそれぞれに異なる豆を集めている。
左から順に、3金分、2金分、1金分の枚数が溜まると豆を売却するように性格づけされている。

彼らが集めている豆と同じ豆を自分の畑に植えていると、手番の初めに1枚没収されてしまう。みかじめ料だろうか。
それが済んだら手札から豆を1枚か2枚植える。

IMG_6453.jpg
続いて通常のボーナンザ同様、山札からカードがオープンされる。枚数は3枚。
この時、マフィアが集めている豆が出たら当然マフィアが回収する。彼らが持っていない豆が3枚揃うまで繰り返す。さらに…
この3枚と同じカードが捨て札の一番上にある場合は、その捨て札が回収されてオープンされたカードに加えられる。捨て札と一致しなくなるまでこれを行うので、大量の枚数の豆が売られた後にうまく連鎖すればフィーバーする。

こうしてカードが揃ったら、後は手番のプレイヤーが自由に植えることができる。(マフィアの畑が空いていればそこに植えても可。)
この時手札にある豆をマフィアに寄贈することもできる。これがかなり重要で、あえてマフィアの収集物を完成させて畑を空にして、いらない豆を押し込んだり、自分の集めたい豆を集めさせないように調整したりするのが勝利するための必須スキルである。

IMG_6454.jpg
こうしてゲームを続けていき、3回目の山札がなくなったらゲーム終了。
マフィア3人が集めたターラー(金)と、各プレイヤーが集めたターラーを比較して、最も多かったプレイヤーが勝利する。

自分に有利になるようにマフィアの畑を調整したいが、調整するということは大概彼らの収集物を完成させることに繋がる。マフィアがそれまでに何ターラーくらい稼いでいるかをカウントしながら、ほどほどに調整するのが良いだろう。
共存しながらより上を目指すというのがテーマと合っていて面白い。

プレイ感はまさにソリティアという印象で、ボーナンザ大好きな人がニヤつきながら遊ぶには良いかもしれない。2人用として遊ぶなら他に山ほど面白いのがあるので、ボーンシリーズに目がないマット・デイモンファン以外にはお勧めしない。

あと、「アル・カボーネ」オリジナルの豆カードはこの3種。
IMG_6456.jpg
いずれの豆もノワール仕様でかっこいい。
3枚とも1ターラーを得るまでの条件が厳しく、いったん1ターラー分まで集めたら後は1枚ごとに1ターラー上がるようになっている。初回ターラーまでの条件が厳しいのはアルカボーネのルールゆえだが、5枚で1ターラーの19豆はかなり集めにくい。

【所感】★★★★★★☆☆☆☆
2人用としての評価は正直いまいちなのですが、ソリティア用として見れば中々おもしろいように思います。ただし、交渉がなくなっているのでボーナンザシリーズが好きな人でもコレに楽しみを感じられない人もいると思います。豆を地道に集めて売却する行為そのものに魅力を感じるのであれば、楽しめると思います。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

紹介:陰陽

ライナークニツィア大先生と言えば多作過ぎる故のクローン疑惑である。
しかし、ライナーと言えば中央ライナーや日暮里・舎人ライナーなどに代表される特急列車の愛称であり、あながち大先生が高速でゲームを出し捲くるのも納得できなくもないのである。

IMG_6322.jpg
というわけで、今回はグリフォンから出ている「陰陽」。
これは昔「綱渡り」的なタイトルで出ていたものの再販らしく、しかも同タイミングでZochからも「フィフティフィフティ」の名前でリリースされた。

グリフォンでクニツィア先生と言えば「デスペラード」。グリフォンは名作の再販が多く、今回もこの組み合わせというだけで飛びついたというわけだ。

IMG_6323.jpg
中身。エンボス加工でチップまで入っているのは良いが、やっぱり缶入りは好かん。へこむし。
そしてタイトルどおりのモノクロで地味なデザインが大変根暗である。しょぼい。
「フィフティフィフティ」はカードのデザインが数字の大きさで違うため、自分の手札がどういう毛色になっているのかわかりやすかったが、「陰陽」ではカードデザインがグレーで統一されており、暗い上にパッと見でわかりにくい。これはちょっとマイナスだ。

と、見た目のマイナス点ばかりあげてしまったが、缶入りと言えば最近「クォリアーズ」の日本語版がリリースされて、そのボックスの売り文句に「コレクター性の高い缶ボックス」的なことが書かれていた。
“缶は紙よりも耐久性が高いから長い目で見てコレクター性が高い”と言っているのだろうか。ほんとにそういう価値基準があるのかどうかは知らないが、いままでマイナス要素でしかなかった缶入り仕様にはそういう理由があったのかもしれないと思ったわけよ。はい。

IMG_6325.jpg
さて。このゲームはトリックテイクである。
ただしトリックに使用したカードを取りに行くのではなく、はたまた場に提供された得点カードを取りに行くのでもない。
万物のバランスを司る陰と陽を取りに行くのだ。(謎

毎トリック、場に陰陽カードが提示される。
トリックで最も高い数字を出したプレイヤーが陽の白いタイルを数字分受け取り、最も低い数字を出したプレイヤーが陰の黒いタイルを数字分受け取る。

IMG_6326.jpg
ラウンドが終わった時、この陰陽のバランスがプラスマイナス“ゼロ”になることを目指すゲームである。
白のタイルを持っているときに黒のタイルを取れば、幾分か相殺される。

手札によって大きな偏りを避けることができないこともあろうが、肝心なのはそれをいつ逆方向へ引き戻すかの算段である。故に、陰陽カードの内訳と枚数は事前にすべてのプレイヤーが共有しておくべきだろう。本気で勝ちに行くならカウンティングもして然りである。

シンプルで軽いけども、戦略の取りようはある、クニツィア先生らしいカードゲームだ。

【所感】★★★★★☆☆☆☆☆
いわゆるスートがないトリックテイクのため、トリックテイクになれていない人に対する壁が低いのは良いですね。また、勝ったり負けたりの両方が必要なところもはっきりとした敗北感がなくてちょっと遊ぶのには良いと思います。ただしかし、Zochのフィフティフィフティに比べると見た目の根暗さが痛いです。ゲーム性とあっているとも思えず、★マイナス2つです。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

紹介:ウボンゴ・カードゲーム

KOSMOSのドル箱タイトル「ウボンゴ」が、今度はカードゲームになった。
デュエルやらミニやら何でもやってきたので、これが出ないわけがない。さすがに「ウボンゴ・タイル」はそのまま過ぎて出ないだろうけど。

IMG_6226.jpg
おなじみのウボンゴアートがAMIGO小箱サイズに。
イラスト的には初代ウボンゴに似ている。
しかしこのデザイナーはウボンゴだけで8種類も出してんのか。ケルトシリーズといい、大聖堂シリーズといい、KOSMOSはヒットしたらけっこう面倒見てくれるんだなぁと。

IMG_6227.jpg
中身。カードのみで全てエンボス加工。
カードは大きく3つの山に別けることが出来て、それがパズルの難易度に相当する。
カードには表裏があり、1-2、3-4、5-6の組み合わせになっている。
この数字はラウンド数を表しており、1ラウンド目なら1の面を、2ラウンド目なら2の面を使うという具合である。

IMG_6229.jpg
各ラウンド、まずは手札が9枚配られる。
これを自分の前にパズル的に組み合わせて出していくことで、手札を2枚までいち早く減らすことを目指す。
パズルは一斉にリアルタイムで行う。

IMG_6231.jpg
で、パズルのルールだが、これはとってもシンプル。
隣り合うカードのマークが2つ並んで一致していれば、くっつけておくことが出来る。
ただし、一致していようがいまいが3つマークが重なり合う形には出来ない。

とにかく早くカードを出して行き、最初に2枚まで手札を減らした人が「ウボンゴ!」で10点。それ以外の人はその時点で出していた枚数が得点。
これを6ラウンド続けるわけだ。


非常にライトな仕上りで、説明も30秒で出来る。3つ並んじゃいけないというルール以外はとりわけめんどくさい規則もない。

ただ余りにあっさりしすぎているので、ゲーム慣れしているメンバーなら“得点上位はレベルアップ&得点下位はレベルダウン”みたいなドラマティックなバリエーションがほしくなる。

【所感】★★★★★☆☆☆☆☆
非ゲーマー5人でのプレイしたのですが、その環境でちょうど良いライトさです。
ただし、得意不得意にはこれといったフォローを入れておらず、レベルが上がるごとにその差が広がるように出来てしまっています。遭えて複雑化しなかったのだと思いますが、ゲーマー勢なら“もう一工夫ほしい”と思ってしまうでしょう。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

紹介:お邪魔者2

満を持して「お邪魔者2」の紹介。
大人気の多人数チーム戦カードゲーム「お邪魔者」の紹介をつい先日しているので、まずはそこをご確認いただき、この記事に入っていただきたい。

IMG_6055.jpg
僕のはZ-manだけど流通するのはAmigo版だと思う。
仮にZ-man版を買っても箱はAmigo品質なので心配無用。
(Z-manのカードゲーム箱は内側に凹む形に沿っており、少々みすぼらしいのだ。)

IMG_6056.jpg
中身。
ここで重要な注意事項!
「お邪魔者2」は「お邪魔者」の拡張なので、「お邪魔者」がないと遊べない。
カードゲームには大変珍しいので勘違いのないよう。

入っているのは
・追加のジョブ(勢力)カード
・追加の洞窟カード
・追加のアクションカード
・金塊チップ

カード類は「お邪魔者」に混ぜて遊ぶため、後からわかるように隅に「2」と記載されている。
金塊チップは前作の金塊カードと同じ役目だが、今回の拡張において1金のやり取りが必要になったので追加されたと思われる。

それでは追加となった要素を見てみよう。
IMG_6057.jpg
まずはジョブの追加。
“金鉱堀”が青と緑の2チームに別れたことによって、お互いに金塊を目指しながらも、利益を共有しないパターンが発生。
さらに青の上着と緑のパンツを履いた“リーダー”なる者もおり、こいつはどちらの色が金塊に到着しても通常通り得点する。

また、“お邪魔者”以外にも金塊をゴールとしない野良ドワーフが登場して、チーム戦どころかバトルロワイヤルの様相である。

ちなみに……
“地質学者”は洞窟内に落ちている宝石の数だけ得点。
“怠け者”は誰が勝とうが負けようが小さく得点。

IMG_6058.jpg
次にアクションカードの追加。
ラウンド終了時に誰かから1金盗む“泥棒”や、いろいろ行動出来ない上に報酬さえもらえない“牢獄”。などなど
中でも強烈なのが2つ。

1つは諸行無常の“ジョブチェンジ”。
このカードを出されると問答無用でジョブ変更。終了直前まで“お邪魔者”だったのに、突然“金鉱堀”になっちゃったりする超脱力アクション。

もう1つは使い方によって恐ろしい効果を発揮する“手札交換”。
なぜ手札交換がそれほど恐ろしいのか。
実はこのゲーム。アクションカードの封印を手札を少なくすることで脱出できる。
この方法でいくらでも手札は減少する。ということは……。
全宇宙から集められたエリート戦士、ギニュー特戦隊の参上である。

先日のすごろくや深夜会で店長から“ボディチェンジ”を喰らわされたオビ湾は小学生のこづかいにも劣る手札で苦汁を飲まされることになったのだ。

IMG_6060.jpg
最後に洞窟カード。
これまでになかったパターンの曲がり角だけでなく、“対応する色の金鉱堀しか通れない扉”だったり、“ワープできるはしご”だったり、“地質学者の得点になる宝石”だったりが追加されている。

これらのカードを「お邪魔者」にシャッフルして遊ぶわけだ。
実は得点の分配方法なども変わっているのだけど、めんどくさいから割愛…それは製品を見てのお楽しみに。

【所感】★★★★★★★★☆☆
個人戦の色が強くなった“お邪魔者バトルロイヤル”です。
ルールが激増し、プレイ感も大きく変わったので「お邪魔者」が好きな人がこのゲームを好きになるかはわからないですが、このハチャメチャぶりは面白いです。
4人いれば十分楽しめるようになっていますが、金鉱堀がゴールするのは難しくなっています。大人数だとどうなるのか、改めて試してみたいです。
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

紹介:お邪魔者

「お邪魔者2」の紹介をしようと思ったら「お邪魔者」の紹介がこれまでにされていなかったようなので、まずはここから。

IMG_6047.jpg
「お邪魔者」は2004年にAmigoから発売された正体隠蔽タイプのチーム戦カードゲーム。
作者はフレデリック・モヤーアセンで、最近で有名なのはこれまた正体隠匿しながら勝利を目指す「バッカスの宴」。あれもおもしろかった。正体隠し系のゲームってわかりやすいところにドキドキがあって良い。

ちなみに所有しているのはメビウス&すごろくやによる日本語版。
ルールは丁寧に訳されているばかりか、原文にはないスタートからゴールまでを図る目印がついているという、アイデアアイテムでもある。
(※このアイデアが気に入ったのか、なんと「お邪魔者2」のマニュアルに逆採用されている!)

IMG_6049.jpg
中身。カードのみ。
手札となる洞窟カードに、自分の役割を決めるジョブカード、それから得点となる金塊カードの3種類。
洞窟カードには洞窟を掘り進むための道が書かれたものだけでなく、他プレイヤーの邪魔をしたりするためのアクションカードも含まれている。
カードはもちろんづるづるエンボス仕様で文句なしだ。

まずはゲームの内容。簡単に言うと“金鉱堀”と“お邪魔者”の2つの勢力に分かれて、金鉱堀は金塊に辿り着くことを、お邪魔者はそれを防ぐことを目指す。
その結果に応じて金塊が分配され、その数を競うのだ。

IMG_6050.jpg
役割はランダムに配られるジョブカードで決める。
これは他のプレイヤーには秘密である。そのラウンドが終わるまで、誰も正体を明かしてはならない。

写真で見れるようにどちらのドワーフも悪人面だが、一応左が真面目な金鉱堀で、右がお邪魔者である。
基本的に真面目な金鉱堀の方が人数が多くなる。

IMG_6051.jpg
秘密裏に役割が決められたら、後は洞窟を掘っていくのみ。
手札から洞窟カードを出してスタートからお宝への道を作っていく。
もちろん“お邪魔者”のプレイヤーはそれを邪魔してくる。ただし、アクションカードによって相手を攻撃できるゲームなので、お邪魔者も目立たないように邪魔しないと袋叩きにあってしまうぞ。

IMG_6052.jpg
見事ゴールまで道が繋がったら、繋がったお宝候補カードをめくり、その中身を確認する。
もしそれが金塊なら、金鉱堀チームの勝ちである。勝ったチームは金塊を分配しよう。
もしそれが単なる石ころなら、続き掘り続けなくてはならない。

山札も手札もなくなったときに、まだ金塊まで辿り着いていなかったら、お邪魔者の勝ちだ。
お邪魔者も決められた報酬を貰う。
そして最後に最も金塊の数が多いプレイヤーが勝利する。

【所感】★★★★★★★☆☆☆
多人数なら多人数であるほど面白い、正体を隠しながらチーム戦をするユニークなゲームです。
ここぞ!というときに裏切りの爽快感を得られるので、やっぱりお邪魔者側が楽しいですね。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |
| ホーム |

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。