スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:南極の飛び込みペンギン

おととしから小箱ロワイヤル(※)に参加しているイロペリの2012年新作「カエルの飛び込み大会南極の飛び込みペンギン」。
より優雅な飛び込みができるのは誰なのかについて、ペンギンたちがコンテストを開こうとしている。っていうシチュエーション。
※そんなイベントはありません

pengin1.jpg
イロペリ小箱。アミーゴとかよりちょっと大きい。
名前を度忘れしたんだけど、例の角度によって絵が変わるシートが箱表面にくっついていた。すぐはがして捨てちゃったけど。

pengin2.jpg
中身。カード。エンボス。ペンギン。
構成は広辞苑の例文にも載っている「これでドメモが遊べる」って奴。(1が1枚、2が2枚、3が3枚、4が4枚、あとは想像におまかせします)
それぞれペンギンが飛び込みポーズをとっている設定だと思う。

pengin3.jpg
プレイングはいたってシンプルーで、手番のプレイヤーは1枚ずつ山札からカードをめくってテーブルの中央に並べていく。これがチキンレースになっていて、めくったカードの数字が2枚目だった場合はドボン(手番終了)である。これ以上はヤバいと思ったらそれまでに出たカードを得点として確保することができる。
前述の通りカード構成は広辞苑の例文にも載っている「これでドメモが遊べる」って奴なので、数字が大きいカードが出ているほど、次のカードが被る可能性が高い。
ちなみに飛び込みが失敗した場合、次のプレイヤーは前のプレイヤーが並べたカードを引き継いでチャレンジすることもできる。

で、これだけだとただのチキンレース。
もちろんそれでも「魔女とチョコレート」のように楽しく遊ぶこともできるだろう。
ただこのゲームの作者は、そこになんとかインタラクションをもたらしたかったらしい。手番外のプレイヤーに“賭け”という選択肢を与えてきた。

pengin4.jpg
手番プレイヤーがカードをめくる毎に、手番外プレイヤーは「ドボンになるor手番プレイヤーが下りる」に確保済みのカードを1枚賭けることが出来る。当たればカードを裏向きにすることができ(カードの裏には3点マークが!)、外れれば手番プレイヤーにカードを進呈する格好だ。
まぁ、そのほうがゲームになるのはわかるんだけど、ポージングの毎に賭けるか賭けないかとか、テンポ悪いしテーマ的にも意味わからんよね。
あと、ちょっと特殊効果があったりするけど省きます。

pengin5.jpg
最後に、おなじイロペリ社の小箱ゲーム「骸骨島」の中にこのゲームのプロモカードが入っている。どこにも説明がないのでわかりにくいが、本家サイトに行くと一応経緯がのぞける。「こんなカード使ったヴァリアントルール・コンテストやります」ってことで、選ばれたルールが載ってます。和訳は載せないことにしたので、適当に見たってちょうだい。

【評価】
   5.jpg
【所感】
ライトなチキンレースですね。各プレイヤーが得点化したカードが表向きでたまってくるので、カウントせずとも危険度がわかります。こういうの、ペンギンじゃなくて人間の方がシュールで好きです。これでドメモが遊べます。


スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

紹介:骸骨島

フランスの新興ゲームメーカー“Ilopeli”。今のところリリースしているゲーム全てが小箱サイズというメーカーだ。
比較的ルールが簡単で子供向けのゲームが多い印象だが、いずれもゲーム的な悩みどころはあるので大人でも楽しく遊べるラインナップである。
今回紹介する「骸骨島」は砂の中から宝の地図やらコインやらを見つけるゲーム。見た目のそれっぽさが好印象だ。

IMG_8604.jpg
Amigoサイズより少し大きめ。
見る角度で絵が変わる仕掛けのシートが表面に貼り付けられているため、写真を撮るのに苦労した。
作者はあまり有名でないのだが、最近「アリアラ」が国内流通した人。

中身はカードのみで、そのほとんどが砂山カード。
砂山カードにはいずれも砂に埋もれた地図、コイン、海賊道具が描かれている。ちなみに裏側には砂だけが描かれており、アイテムが埋もれているか否かでしか表裏はわからない。
まずはこのカードの半分を表向き、半分を裏向きにしてシャッフル。そしてバラバラと広い山を作ったらゲーム開始。

IMG_8605.jpg
手番になったらカードの中からクリア(上から見て完全にカード全体が見えている)なものを1枚選んで取る。
取ったカードを見て(裏向きで取ったものは表を見るからね。)、確保しようと思ったら自分の前に置いて手番終了。
もし取ったカードが欲しくなければ、それを山の端っこにクリアな状態で重ねて、もう1枚取ることが出来る。ただし2枚目は必ず確保しなければならない。

IMG_8606.jpg
前述したとおり、カードには地図とコインと海賊アイテムという3つのパターンがある。
最も直接的に勝利へ近づくのはコインだ。
上の写真では1枚しか落ちていないが、中には2枚3枚落ちているモノもあり、大変おいしい。

IMG_8607.jpg
地図は1枚取っただけでは得点にならない。5色の種類があるが、同じ種類の地図で写真の様に1枚の地図を作ることができたら、右に写っているお宝カードを貰う事ができる。お宝カードは5点の価値。

で、残った海賊アイテムは何なのか。
実は手番を始めるときに、海賊アイテムと地図(同色NG)を併せて3枚捨てることで、他のプレイヤーのカードを盗むか、自分の手番を2回連続して行う事ができる。
ハズレカードには違いないが、ここぞという時に救われたり、トップ目を叩くことができるかもしれない。

だいたいそんな感じのゲーム。
1枚目を捨てれるというのがゲームのミソで、自分の欲しいカードが直下に眠っているときに行うのはもちろんだが、他プレイヤーが欲しそうなカードが眠っている周辺に重ねてカードを捨てたりなど、わかりやすいいやらしさが大人でも遊べるアクセントになっている。

IMG_8608.jpg
ところでこのゲームの中には同じメーカーの「ペンギンの飛び込み大会」のイラストが描かれたORCAというカードが1枚入っている。どこにも説明がないが、これは同ゲームのオリジナルヴァリアントを募集してメーカーがコンテストにしたもので、選ばれたヴァリエーションルールが既に公開されている。
これに関しては「ペンギン飛び込み大会」の紹介で改めて。

【評価】
   6.jpg
【所感】
子供向けのゲームではあるのですが、実際遊ぶと久々にこういうゲームを遊んだ親の方が喜んでいました。深みは無いですが、見た目も良く、ゲームとしてもそれなりに締りがあり、良作だと思いました。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |
| ホーム |

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。