スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

サイト移転のお知らせ

「海長とオビ湾のカジノロワイヤル」は、2015年11月中旬をもって、引退しました。
9年間、ご愛読いただき誠にありがとうございました。


というわけで、以下のサイトに移転しております。

「海長とオビ湾のカジノロワイヤル2」

http://www.casinoroyal2015.com/

なお、現在展開中のボーナンザアンケートにつきましては、引き続き旧サイト「海長とオビ湾のカジノロワイヤル」で継続し、結果発表、当選者発表もそのまま旧サイトで行います。http://casinoroyale.blog120.fc2.com/blog-entry-1985.html

引き続き、よろしくお願いいたします!


スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

カジノロワイヤル大辞典・小辞典

カードゲームの紹介一覧はこちら
カードゲーム小箱の大辞典
ボードゲームの紹介一覧はこちら
ボードゲーム大箱の小辞典
公開中ルールはこちらカジノロワイヤル訳
映画感想一覧はこちら映画感想一覧

10月27日~11月26日までプレゼント付きアンケート実施中です。
| BACK TO TOP |

メンテ

メンテ
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

小箱400タイトル記念アンケート結果発表【ボーナンザオールスターへの道】

お待たせいたしました!
カジノロワイヤル小箱辞典400タイトル記念の、ボーナンザ人気アンケートの結果を発表いたします。

順位及び得票数は以下の通りです。

1位⇒6豆:ガーデンボーン7票
6mame.png

2位⇒8豆:レッドビーン6票
8mame.png

2位⇒10豆:ブラックアイビーン6票
10mame.png

4位⇒16豆:スティングビーン5票
16mame.png

5位⇒12豆:ソイビーン4票
12mame.png

5位⇒20豆:ブルービーン4票
20mame.png

7位⇒18豆:チリビーン2票
18mame.png

8位⇒14豆:グリーンビーン1票
14mame.png


そして、プレゼントである「チームプレイ」の当選者は「アスラ」さんです。お手数ですが、本人確認のために“投票した豆の種類”と、併せてお送り先をシークレットコメントで記入いただけますでしょうか。

また、前回も記載しました通り、400タイトル記念はシリーズものであり、今回だけでは終わりません。私の最終目的は、ボーナンザのオールスターを選出することにあります。

取り急ぎ今回の投票結果により『6豆:ガーデンボーン』がオールスターに当確いたしました。2位の豆2つは得票数により選出される0.5枠に回ります。

次回は初期の拡張豆を対象に近く行いたいと思いますので、リリースをしばしおまちいただければと思います。

ご協力ありがとうございました!
| trackback:0 | commnet:1 | BACK TO TOP |

BG紹介:オール・マイ・アニマルズ

『ゆるふわ動物博士』

アミーゴのイエローシリーズに幾つかある‟「オール・マイ・~」シリーズ”の一角、「オール・マイ・アニマルズ」はキッズ向け定番ネタの一つである‟動物トリビアゲーム”だ。カードの表に動物の絵が描かれて、裏にステータスが記載されている、あの類のゲームである。

alle204.jpg
毎年数本のイエローシリーズをリリースするシュタウペ先生。
キッズゲームなので大胆な仕組みは期待できないものの、これだけ継続してシンプルゲームを出し続けられるのがすごい。
イラストはイエローシリーズ&シュタウペ作でおなじみのフロイデンライヒ夫妻。

alle203.jpg
中身は動物トリビアゲームによくあるカード群。イエローシリーズなので厚紙質。
パッケのイラストとカードのUIはフロイデンライヒ氏だけど、動物のイラストは別。この手のゲームはイラストが図鑑みたいなテイストのことがほとんどなんだけど、何かルールでもあるのか、少しでも勉強している感があった方がいいのか。

さて、みなさんのご想像どおり、このゲームは各種動物のステータスを予想して回答する、動物クイズの一種である。とはいえ、シュタウペ先生もゲーム作家。回答方法はちょっとパズルゲーム風味。

alle202.jpg
動物カードはイラストを表向きにして3×3に並べられている。
手番になるとお題カードが与えられるのだが、そのお題とは…
・体重(昇順)
・身長(昇順)
・絶滅危惧種(全てがそうか否か)
・群生するか(全てがそうか否か)
である。
このカードを、縦列か横列か斜めか、いずれかの直線で条件の合うと思うところに置く。

alle201.jpg
裏返して答え合わせ。
正解だったらカード1枚をゲット。
これを繰り返し、5枚集めたプレイヤーが勝利する。
う~ん、平凡!

【評価】
   4star.jpg

【所感まとめ】
同じ系統のゲームはすごく多いので、もう少し差別化できる部分があってもよいかもしれませんが…。イエローシリーズはだいたいこのくらいの遊びやすいゲームにまとめられています。


| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

カジノロワイヤル小箱辞典400タイトルアンケート~ボーナンザ・オールスター予選!

こんばんわ。

実をいうと、数週間まえにカジノロワイヤルの小箱辞典は、その紹介数が400タイトルになりました。
目標は年内でしたが、半年で70タイトルを済ませたこともあって、逆に年内まで持ちませんでした。

ということで、これからやりたいことはいろいろあるんですが、まずは400タイトル記念として、すこし長期にわたるプレゼント付きアンケート企画をやりたいと思っております。

目標は「ボーナンザ・オールスター」の選出。
これから月に1回、アンケートを実施していき、各上位何豆かをオールスター戦に選出するというものです。

ということで、今回は…
ボーナンザ基本セット人気投票
にご協力いただきたく。

というわけで、以下の候補の中から1豆選んで、教えてくださいませ。
(結果は後日ランキングにして発表させていただきやす)

第一回候補豆は以下の通り。
基本「ボーナンザ」からの選出で、予選突破枠は1.5。
(0.5は得票数にて選出の可能性がある補欠です)

bohnpic01.jpg
bohnpic02.jpg
bohnpic03.jpg
●20豆:ブルー・ビーン
●18豆:チリ・ビーン
●16豆:スティンク・ビーン
●14豆:グリーン・ビーン
●12豆:ソイ・ビーン
●10豆:ブラックアイ・ビーン
●8豆:レッド・ビーン
●6豆:ガーデン・ビーン


英語名にしてありますが、ドイツ語で回答いただいてもかまいません。

今月のプレゼントはこんな感じす。
<プレゼントの内容>
・チームプレイ/シュミット・シュピール(新品・和訳付き) 1名様
bohnpic04.jpg

では、アンケートの参加方法について。

<参加方法と諸注意>
◆参加方法
この記事に対してCommentを記入してください。
 ①nameにハンドルネームなど自分だとわかるものを記入してください。
  ※別にいつも使ってるネームでなくてもかまいません。
  ※他の人とかぶりそうな名前はさけてください。
 ②commentsに好きな豆を1つ書いてください。
 ③secret?をマークして、"秘密にする"設定にしてください。【超重要】
 ④記載内容を確認し、特に③を忘れていないか確認して、
   「コメントを送信」してください。

★締切期日:2015年11月25日24時
★抽選当選者への連絡方法:本ブログで結果の発表とともに、当選者のハンドルネームを公開します。当選したハンドルネームの方は、該当記事に対して"秘密にする"設定で住所等をご連絡いただきます。その際、アンケートで記載いただいた豆と投票日を本人確認のために再度記入していただきますので、忘れないようにどこかにメモっておいてください。
結果発表は締切から1週間以内を予定しています。

◆諸注意
・参加資格は特にありませんが、プレゼントの海外発送は致しません。
・アンケートの段階では個人情報を書き込まないでください。
・当選者からいただいた個人情報はプレゼントの発送以外に一切使用しません。
・プレゼントの発送費用は当方が負担します。
・プレゼントの当選者は抽選で決めます。

以上です。
| trackback:0 | commnet:36 | BACK TO TOP |

BG紹介:ピーナッツ・マウマウ

『スヌーピーの善玉マウマウ』

ピーナッツのキュートなクレイジー8系(UNO系)ゲーム「ピーナッツ・マウマウ」を紹介したい。
「UNO」「SOLO」「TAKI」「MAUMAU」と、クレイジー8の派生ゲームには様々あり、かつそれぞれに微妙なルール差があるというのはこれまで本ブログでも触れたとおり。その中でも最もルールに定型がない、地域差があるのが「MAUMAU(マウマウ)」だろう。そんなわけで「マウマウ」を遊ぶ場合は、マウマスターというリーダーが最初にどんなルールで遊ぶかを宣言するのだ。
したがって、今回のように製品として「マウマウ」と宣言して世に出ているゲームでも、ルールに記載されている内容はけっこう違うのである。

pemau01.jpg
Norisの小箱。最近でいうとシュミットの小箱と同じサイズ。
Norisは無印のマウマウも出しているが、ちょっと値段の高いピーナッツ版。
今期はピーナッツコラボアイテムを推しているようで、これ以外にもいくつかゲームを出している。

pemau02.jpg
中身。
ピーナッツのキャラクターがキュートなカード。同じ数字は同じキャラクターだが、全て異なるイラストでうれしい。ちなみにエンボスはなし。
各数字4枚ずつの1デッキが、2セット入っている。ゲームで使うのは1デッキだが、スピーディーに次のゲームを遊べるように2セット入っているのだ。(よくあることです。)
「SOLO」も「TAKI」も「MAUMAU」も、入っている特殊カードは基本的に同じ。+2,+4,skip,カラーチェンジ、それに方向転換だ。

ここから先を読めば、「ピーナッツ・マウマウ」が数あるクレイジー8系ルール体系をどのように組み合わせているのかおわかりいただけるようにしたい。

pemau03.jpg
まず初期手札は5枚。
ゲームの進行は普通。同じ数字か同じ色を出す。
+2、+4の特殊カードは、+2、+4で次のプレイヤーへスルー可能。(正式にこのルールが採用されているのはやや珍しい)
同じ数字でも複数枚出しはダメ。

pemau04.jpg
で、誰かがすべてのカードを出しきったら1ゲーム終了。
手札を残したプレイヤーは数字の分だけマイナス点を受け取る。
通常ルールのUNOに近い感じかな。
数字が大きいカードを先に出したい、という方針が生まれるこの得点レースが、クレイジー8系では一番面白いと思う。

【評価】
   5.jpg

【所感まとめ】
いままでのマウマウの中では最も高い点を付けました。というのも、ルールの採用としては一番好みだということと、イラストがかわいいということ。ですね。2デッキ入っているのですが、裏面の色は別にしてくれたらもっとよかったなぁと。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

BG紹介:タイニー・エピック・ディフェンダーズ

『小さな世界を守り切れ!』
凝った木製駒といい、味のあるノスタルジックなイラストと言い、妙にゴシックなファンタジーゲームを作っているゲームリンというメーカーがある。
このサイトでも「ダンジョンヒーローズ」というゲームを紹介したことがあるが、アレは駒が凝っていただけでゲームとしてはウ~ムな内容だった(※)。
しかし今、ゲームリンの出すタイニーエピックシリーズが俄かに人気である。現在新シリーズが展開しているところだが、まずはテンデイズでも取り扱いがあった「タイニー・エピック・ディフェンダーズ」を紹介したい。
※タイニー・エピックシリーズとは作者が異なる。

tak01.jpg
アメゲーっぽいテーマの割に、質の良い小さな箱である。前述した同メーカーの「ダンジョンヒーローズ」と同じ大きさだ。
ただし、下手なCGやドぎつい色調が目立った「ダンジョンヒーローズ」と比較すると、アートワークはかなり洗練されたと言っていい。

今回舞台となるタイニー・エピック・ワールドは、様々な種族が喧嘩をした過去を持ち、結論として、人間も亜人種も妖精もクリーチャーも仲良く暮らそうよという社会が実現した世界である。そこに、デモニックな連中が異世界から攻めてきたぞどうしよう。というテーマなのだ。
中々良いストーリーしてるじゃないか。

tak02.jpg
中身。
カードと木製駒の類。
木製駒の形状は「ダンジョンヒーローズ」同様によくできている。
上の写真ではヒーローとエピック敵の駒が凝った塗装モノになっているが、これはミープルソースによるコラボアイテムであり、純正「タイニー・エピック・ディフェンダーズ」には含まれない。あると盛り上がるが、なくても十分雰囲気のあるコンポーネントなので心配する必要はない。

tak03.jpg
ヒーローチームを結成せよ!
そんなわけで「タイニー・エピック・ディフェンダーズ」は協力ゲームである。外来のデーモン軍団からタイニー・エピック・ワールドを守るのだ。
まずは数ある種族から一人一種族ずつを選ぼう。各プレイヤーはその種族のヒーローを担当することになる。

上の写真がヒーローカードとそのミープルである。
体力は皆共通で最大4だが、それぞれ固有の特殊能力を持っているので、活用してほしい。

tak04.jpg
It's a TINY WORLD!
これがタイニー・エピック・ワールドだ。首都以外は郊外しかないので半径10キロくらいかもしれない。
中央の首都のみ場所固定で、他の地域は毎回ランダムで構成できる。また、各地域には固有の特殊効果があるのだが、カードの表裏で効果が異なっている。そのため、地域の配置と表裏というバリエーションがある。1万回楽しもう。

地域の上部メーターにちょこんと乗っているオレンジ色のうんちみたいなやつは、その地域の危険度を表す災厄マーカーだ。これが右方向に進んで端まで達すると、その地域は破壊され、地形による効果を得ることが出来なくなる。
プレイヤーはあっちへこっちへと移動しながら、このメーターをどうにかするのである。

tak05.jpg
ゲームの進行は山札をめくっていくことで行われる。
山札の中には、プレイヤーの手番を表すカード、災厄が訪れるカード、の大きく2つが入っており、めくるたびにそれを処理していく形だ。
上の写真は災厄カードで、ここに示されている2つの地形の災厄メーターが進むことになる。

しかし、災厄が訪れる地域にヒーローがいる場合、ヒーローの体力を1減らすことで災厄メーターを減らさずに済ますことが出来る。また、ヒーローは手番中のアクションポイントを消費して災厄メーターを戻すこともできる。
移動を最小限とし、できるだけメーター改善にアクションポイントをかけられるようにするのがポイントだ。幸いにも、ゲーム進行用の山札は多くても十数枚にしかならない。カウントも重要な要素である。

tak06.jpg
強敵急襲!
災厄カードの中には強敵というものがあって、通常の災厄カードと同じように一定の場所に訪れるが、その効果はテキストによって示されており、もちろん強力である。強敵カードは山札の2回転目以降に登場し、それ以降は強敵の襲来場所がわかることになるので、できれば待ち伏せヒーローで防ぎたい。

tak07.jpg
災厄メーターが限界突破をしてしまったら、その地域は破壊状態となる。破壊状態の地域はその効果を使うことが出来ないばかりか、さらに災厄メーターが右側に移動するような効果を受けた場合、代わりに首都の災厄メーターが右側に移動するのだ。
このゲームの敗北条件は首都が破壊されたときなので、まずは破壊される地域が出ないように尽力したい。

tak08.jpg
エピックボス爆誕!
規定回数だけ山札が回転すると、数あるボスカードの中からランダムで1枚がめくられ、エピック敵が登場する。
こいつを倒せばゲームに勝利できるのだが、ボス登場後も災厄カードとそれへの対応は引き続き行わなければならず、そう簡単にボスに集中はさせてくれないだろう。

ゲームの難易度は地域の形成と、ラウンドの回数に直結する強敵カードの投入枚数で調整できる。
ゲーム自体はパンデミックであり、新鮮さみたいなものは無いかもしれない。しかし、こちらの方が幾分解決への道がシンプルで遊びやすいように思う。また、右へ左へとヒーローが駆け回る姿は、ファンタジーの世界観を感じる大きな助けとなってくれる。つまり、なかなかの没入感を得ることができるのである。
おススメだ。

【評価】
7.jpg

【所感まとめ】
パンデミックのような協力ゲームをファンタジーの世界で行います。奉行インシデントへの解決は一切ありませんが、それは協力ゲーム自体の問題ですし、このゲームでは皆種族が違うんで、言う事なんか聞かずに世界崩壊するのも一興です。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

週刊オビ通 梅雨号

毎度おなじみ週刊オビ通。

◆カオスボール
kaos01.jpg
kaos02.jpg
ジャパニメ的なイラストでミニチュアをガンガン作るメーカー、Coolminiによるファンタジースポーツゲーム。このメーカー、昔はフィギアを組み合わせないと作れないものがあったが、今は組み立てだけは最初から出来ているのでそのまますぐ楽しめる。
このゲームのサブタイトルは「支配権を争うファンタジースポーツ」ということで、ボールを持っていればよいというわけではなく、一定のマイナースコアリングゾーンやメジャースコアリングゾーンを確保しておくことも重要だ。
後半になればなるほどボールを持っていることによる得点が大きくなり、潰し合いになっていく。スコアリングゾーンによる得点とピリオド間の処理はもう少し洗練されていてほしいのだが、まぁミニチュアゲームはこんなものか。

チーム毎に特徴があり、それを活かしたプレイが求められる。さらにスター選手を投入するルールがあるが、次回はそれで。

◆ハエたたき
hae01.jpg
hae03.jpg
アバクスのロングセラー、10年前から現役のハエたたき反射ゲーム。
6色目が出るか、ハエたたきが出たら、一番多い色のカードをカルタする。ハエのTシャツに書かれた数字が得点となるため、カード毎に重みが異なる。
お手付きのペナルティがデカく、やや慎重になるくらいの緊張感。
イラストがすげー良い。

◆アナキンのポッドレース
anapod01.jpg
anapod03.jpg
アニーに捧げるスピーディーなメモリー風ゲーム。
口真似効果音超大事。

◆ダースモール 運命の戦い
vsmaul01.jpg
vsmaul04.jpg
ファントムメナスを観たらこの2つのゲームで決まり!

◆フットボールフィーバー
foot01.jpg
foot03.jpg
小箱でありながらW杯グループリーグから決勝までをマクロ観戦的に楽しめる意欲作。KOSMOSの小箱ラインは楽をする時も頑張るときもネタで寄ってきたユーザーを満足させてくれる。
操作までマクロ的で、最大三戦先まで効果のあるカードを使いながらチームの調子に介入する。もはや”神々の遊び”といった感じである。
是非もっと広まってほしいゲーム。

以上。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ビッグバントーナメント~第96夜

ドゥームナイト・ユニバースから作品の垣根を超えて集まった超規格外メンバーによる規格外企画、ビッグバントーナメントが今週も開催された。

◆イケイケ魔術師軍団のめちゃスゴ魔法大戦:大乱闘!殺人触手城
djfiaejiajf.jpg
あの「イケイケ魔術師軍団のめちゃスゴ魔法大戦:火吹骸骨山の決闘」の続編が満を持して登場だ。
ほとんど変わらないルールと相変わらず頭のおかしいイラストが闘いの記憶を呼び覚ます!
くらえ!銀河魔法使いによる偉大なる殺人マシュマロファイア!!
クリプトゾイックのお家芸である無意味なスタンドにルール上の意味が与えられてしまった。ばかやろう!

◆長征
djafeiajeia.jpg
dadfejiaogjea.jpg
国共内戦。ピンチになった共産党地獄の行軍をテーマにしつつ、一将軍として将来有望な政治家とねんごろになることを目指す異色にして変態じみた共産党ゲームである。シンプルながら綺麗にまとめらえたカードデザインにセンスを感ずる。
関羽千里行の如く脚色されたストーリーをよく読み、共産党員として涙ながらにプレイするのが正解である。
ケーキ切り分けからのねんごろマジョリティ競争はそれだけでもそこそこに面白くできているが、ストーリーに合わせてプレイすると無意味に楽しくなってくる。
い~いゲームです!

◆ゴー・ダッ・チーズ
djiafjiea.jpg
dajidefaoe.jpg
オカズブランドの新作を今日は5人で。
5人は多すぎて、それでも面白かったが、ちょっととっちらかる。3人プレイの方がシャープに楽しめたかもしれない。
ひっくり返す時のめんどくささ、これだけが弱点。それ以外はアミーゴ級。

以上。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |
| ホーム |

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。