スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

ドゥームナイト新世紀 ~プラムがい~~~っπ!ポータルマルチ大会

今日はいつも以上に人の集まりが良かったうえに、会場が別のゲーム界で卓が十分に確保できず。後から来たメンバーには申し訳ありませんでした。
常勝タムラ、PEGA、タロ、ワンダーフール。

◆ドゥダブ
imgggeeggee.jpg
ニムトのように各列の6枚目を出すとネガティブポイントとしてカードを引き取らなければならないゲーム。手札は2枚~5枚の縛りで、5枚を超えるような場合はこれもネガティブポイントとなる。手札の上限に至るまではカードを補充することで6枚目を出すことから逃げられるが、それはみんな同じ事であり、ほとんど機能していない。また、一部の特殊カードが連続する際、プレイヤーがペナルティを取った方がマシというケースが発生してしまっており、ゲームはそれでも進むが、システムとしては破たんしている。

◆プラムの法則
imggggg.jpg
学術的イラストが気持ち悪げなノースートトリックテイク。
トリックの勝者がすべてのカードを取るわけではなく、強い順から出されたカードを1枚ずつ取っていく形。6トリック×3ラウンドしかないが、どのカードを獲得するかという点が悩ましいため、それほどサクッと終わるタイプのゲームではない。
集めたカードでセットコレクトするのだが、そもそもセットコレクトを達成するためのお題カードも獲得せねばならず、それを見越したプレイングはなかなか難しい。確かにこれはノースートでないと脳みそが追いつかない。
スティールカードと番犬は一見荒い要素のように見えたが、これがないとセットコレクトしていく部分が緩くなりすぎてしまうので必要なのだろう。

◆ポータル
imggggge.jpg
なんと、あの「ポータル」のゲーム。

なんとなく雰囲気は出ているものの、基本システム自体の収束性が以上に悪く、大多数のプレイヤーの総意としてゲームを終わらせるベクトルが働くか、もしくは特殊カードの効果で勝ち抜けるしかない。理想は特殊効果で勝ち抜けることだが、別にそこをフューチャーしたようなシステムではなく、どう考えてもたまたまそうなってるだけ。そんなゲーム作りでいいのだろうか…。
まぁマルチなんで最初からバランスも何もあったもんじゃないだろうけど、少なくともどこかでキッカリ終わるようにした方が歯切れよく遊べるのではないだろうか。もしくはそこも含めてポータルの世界観なのだろうか。
人間駒とケーキコマは最高に良い。

以上。
スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ドゥームナイト新世紀 ~ 当局による集団指導制トリックテイク、シジル。

エッセン新作が続々と遊ばれ始め、ゲームマーケットの新作情報も交差する。日本のボードゲームが最も盛り上がる時期がやってまいりました。毎日遊んでも遊び足りない。
そんな過密スケジュールにも関わらず、書記長である私は持ち込むべきゲームを家に忘れ、粛清の対象となった。
メデューサ、タロ吉、ペガ、オビ湾。

◆メデューサの箱
medusa.jpg
ダウト。
なのだけど、絶対アウトのメデューサを言い当てることができた場合、即勝利という尖がった要素が入ったゲーム。
3枚あるメデューサがどのタイミングで捨てられるか。それが大変なのだが、捨てられたメデューサを思いがけず拾った時の膝折れ感は妙に癖になる。

◆ニエット
nietnite.jpg
ニエット。つまり、ロシア語のノー。
共産党政権下のなにがしを思わせる禁止禁止の積み重ねによる俺ルール樹立。
ニエットは素晴らしいゲームで改版も多いが、テーマとアートワークが抜群のゴルトジーバー版がやっぱり良い。
ゴルトジーバー小箱の中でも、個人的には一番良いと思っている。
4in1にも入れられて難易度の高いトリックテイクと言われたりするが、十分カジュアルでファンよりのゲームだと思う。

◆シジル
sijisi.jpg
妙にスピリチュアルな見た目をした上海みたいなセットコレクト。視認性はあえて悪い可能性あり。
開始直後のベクトルがない時に取ってしまったカードが処理できるかできないか、その辺の勝負。
よくよくタイになるゲームなんだけど、「一番低い数字のカードを持ってる人が勝ち」という和文ルールには違和感があったので原文を調べてみると「In case of a tie, the winner is the player with the lowest number of cards in hand.」とあった。これは多分、of cardsなので、「一番手札の枚数が少ない人が勝ち」だと思う。

◆トリッキートレック
torikkutorekku.jpg
どういうわけか陶器のコンポーネントを使ったクワリのゲーム。
ライオンになって腹ごしらえをしながら前を目指す。
これまた視認性が悪いけど、2つ使うポイントが難しくて面白い。

以上。

| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ドゥームナイト新世紀 ~ ロイヤルグッズ(オーマイ・グッズ)、キャスティング

「私の世界の味方」が校了してホクホク顔のタナカマ氏にエッセンとは何かを手ほどきしていただく第二弾。
タナカーマー、ペガ氏、オビ湾。

◆ロイヤルグッズ (オー・マイ・グッズ)
dooodle02.jpg
オーストリアボードゲーム博物館がリリースした「祈り、働け」のカードゲーム。
作者はアレクサンダー・プフィスターで、なんと小箱サイズ。
しかもこのサイズで、まさかの計画性と熟練度を求めてくるから恐ろしい!
朝の取れ高で何をするか決め、午後の豊作を祈り、労働の結果を算出する。アウトプットは午後の取れ高次第ということもしばしば。出てくれ~出てくれ~と祈るのである。つまりなんと!祈り働けではないか!アホ素晴らしい!

omaoma.jpg
いわゆるGoodsがなくても、基礎資源だけでGoodsの生産は可能である。しかし、勝利に近づく大量生産はチェーンという追加生産機能を働かせることが必要であり、高度な機能はGoodsでしか再回転させることができなくなっている。
3、4日目には「これで稼いだるで!」という一攫千金プランを立てたいところだが…。

◆キャスティング
dooodle01.jpg
アンユージュアルサスペクツに続くタナカーマーの飛び道具第二弾。
アンユージュアルとキャスティングは似てる様でアプローチが全く異なる。アンユージュアルは参考人の主観を探るゲームだが、キャスティングはアダ名付け大喜利である。お題はたくさん入っているけど、あまり関係ないかな…。

以上。
プレゼント付きアンケートもやっているので、ぜひご参加ください。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ドゥームナイト新世紀 ~エッセンタナカマ凱旋イベント

エッセヌからタナカマさんも戻ってきて、師玉の新作が火を噴きました

ペガ、タナカマ、ズーシミ、タロちゃん、ワンフー。

◆ディノディール
dddidddidddid.jpg
あまりにも見つからなかったのでドイツの古本屋経由で探してもらった、5年前のシャハト。KOSMOSからいくつか出た恐竜ゲームの一つで、カードに描かれた恐竜は全てユニークになっている。
ゲームはテーブルに公開されたカードに対して、各自が欲しい色をベット。自分だけだったらもらえるけど、バッティングしたらダイスで判定。運が悪いとベット用の札が一回休みなったりする。
これをひたすら繰り返し、取った枚数が最大のプレイヤーが勝利する。
10分で終わり、誰の印象にも残らなかった。シャハトは結構いい加減なゲーム多い。

◆アンユージュアルサスペクツ
didddiddid.jpg
「ディクシット」以降トレンドになっている、主観による感覚の誤差を使ったゲーム。12人の容疑者から、参考人への質問を通して真犯人を当てるというもの。その質問が最高にアホで、「長風呂するタイプか」とか、「なにかをコレクトしているか」とか、本来なら証拠にならないような人となりを訊いていて面白い。
かなりよい。かなり。

◆Dr.エウレカ
dididdidi.jpg
お題カードと一緒になるように試験管から試験管へ球を移し移し。
よくある「何回の移動で作れますか」みたいな雰囲気だけど、そんなこと考えてるより思いついた処理順で実現するのがスピーディー。
かなりよい。かなり。

◆レボルタ
diddidddi.jpg
ブリキのロボットとヒヨコのゴム人形。旧世代おもちゃのガチンコマジョリティ対決。
革命万歳のルールマイナーチェンジらしく、ヴァリエーションで革命万歳に戻るという。
このルールはイケてると思う。

◆クニツィアのクニツィアによる…
ddddi.jpg
ルールが違ったのでノーカウント!

以上
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ドゥームナイト新世紀~アミーゴエッセンの残り香とミステリウムのポンコツ幽霊

前回に続きディアシュピールでアミーゴエッセン新作の続き。
鳥男爵、シミーズ、タロ氏、ぺーガー、ワンダーフール。

◆チームプレイ
popopopp.jpg
先日紹介した「モルタールの入り口」と同作者による、同エンジンを使ったチーム戦ゲーム。手札の組み合わせで役を作るという同じようなゲームのはずなのだが、スキルがないとか、チーム戦になるとか、そっちの個性の違いの方が体感的には遥かに影響力があり、別のゲームとして楽しめた。
自分の手番で成せなかったことはカードパスで仲間に託すというのが主なチームワーク要素で、これと言って大した協力をしているわけでもないが妙な一体感は得られる。

◆ローマポーカー
popopopopo.jpg
写真がいまいちで申し訳ない。
ヤッツィーとは違うんだけど、ローマ数字のパーツで作った数字を得点として昇順に記入していく、ヤッツィーみたいな…。
とはいえ振るのが普通の出目ダイスではなく、ローマ数字パーツになったというだけでけっこう面白くなるもので…。
ゲームの終了フラグが、バースト時のサポートカードを使い切ってさらにバーストしたときか、得点シートを誰かが埋めたときか、というところも面白く、早上がりする方法はあるもののそれを目指すと自分が勝てないので戦略としてはほぼなし。(ゲーム終了時に残ったサポートカードは得点というカウンター要素まであり)
とすると頑張るしかないのだけど、意外に早くバーストするんだよね。絶妙なバランス。

◆カルマ
popopppo.jpg
SETエンタープライズの製品で、アミーゴ経由。
パレスとかカルマとか言われるトランプゲーム系の亜流。かつてクラマーが作った「8と1/2」もこんなゲームだった。

◆ミステリウム
pppopopo.jpg
始めてプレイするペーが氏を幽霊にしてプレイ。
霊感鋭いプレイヤーがそろったため、独自の降霊推理ははかどったのだが、一部の幽霊のエゴイスティックなカード廃棄的ヒント出しに批判が殺到したという。

以上
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ドゥームナイト新世紀vol.6 ~エッセンアミーゴを嗜む会

今回はエッセンのAmigoSpiele新作を愛でる会。
場所は秋葉原から一転してディアシュピールで。東中野は中央線族には馴染みやすいし、何よりイメクラの呼び込みの女の子みたいなのがいなくて電気街より通いやすい。
シミーズ、たむけん、ペガ、鳥男爵、ワンダーフール。

◆モルタールの入り口
morutaru.jpg
シュミットの地味でアンパイなカードゲーム「チームプレイ」と同じエンジンを使ったファンタジーゲーム。どちらも作者は同じ。
ファンタジーといってもオマージュもので、ポータルと呼ばれる異世界への入り口の先に広がるのは、「ファンタージェン」であり、「中つ国」であり「鏡の国」であり「グリム」である。このごった煮世界観をAmigoが出したというがちょっとした事件でもある。
ハッキリ言って舐めていたが、雰囲気と雑談でかなりのブーストはかかっているものの、結果としては非常に楽しめるゲームになっていて、いや、楽しかったですよ。すみませんでした。

◆サルコファガス
saruko.jpg
ホワイトゴブリンの「レッドデビル」が良い感じのアートワークになって帰ってきたというもの。アミーゴのエッセン小箱はその半分がこういう感じの経緯でやってきた留学生である。
ただ、スートのない、カウントも必要ないトリックテイクというレベルが現代のカジュアル感覚にはあっているような気がして、個人的には悪くない線行ってると思う。

◆3は多すぎる
3sugiru.jpg
何度かやっているワンダーフールは観戦で、残りメンバーにやってもらう。
テンデイズで紹介してもらったり、小生のツイッターでも散々つぶやいている通り、Amigo傑作選に入れても遜色ない仕上がりである。
各色で2枚までならプラス、もう1枚取るとバーストしてマイナス。この落差にビビってしまうのが普通だが、各自が受け取る平均カード枚数や、各種ボーナス点を考えると、どこかのタイミングで思い切らないと、全員は我慢ができないようになっているのがみそ。スタートダッシュしても、牛歩作戦をとっても、バーストリスクの放物線は終盤手前に交差するようになっている。
このゲームは他のプレイヤーの動向や決断が自分の状況を作るようになっており、自分の手札だけ見ていても解決はしない。足元は相対的な要素で出来ている。その中で、中期的視野を持ってリスクに飛び込む覚悟が求められる。しかし、みんなが飛び込めば誰かは飛び込まずともやり過ごせてしまう状況も生まれたりする。実にままならず、面白いドイツゲームである。

以上
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ドゥームナイト新世紀 age5 ~スポーツの祭典スペシャル

本日はいろいろなスポーツの祭典を神の視点で味わう、高尚なゲーム会となりました。

◆DTC
-oihugfd4sdtr.jpg
嫌がらせでクニツィアのブロマイドが入っている高尚なブラフゲーム。
所謂ブラフゲームのお作法に則ったジャストライトなブラフゲームであり、リトルクニツィア。
特に言及することはなさそうです。

◆おさかなこいし
jojkooooo.jpg
LOGISの商品は可愛いのが多いんだけど、こいつは3人以上ならしっかりとしたゲームになっている。NORISなりAmigoなりが買い取って広めてもいいんじゃないでしょうか。

◆フットボール・フィーバー
mjkoijiiiii.jpg
神の目線でサッカーW杯を俯瞰する高尚なゲーム。
前大会の参加国を再現できるチームの網羅性。無理やりとはいえW杯を予選から決勝まで再現した力技。
ゲームバランスはプレイヤー任せな上に、カードの強弱設定もかなり微妙だが、上記の再現性に拘った故の味わいは高く評価したい。

◆オリンピア2000
rr4etipkjyt.jpg
神の目線で古代オリンピックを俯瞰する高尚なゲーム。超久しぶりにやった。ズーシミ先生本日一のオススメ品である。
古代ドイツゲームの一種であり、ゆるゆる党の祖先でもある。手ぬるく遊ぶ分には楽しめる程度のドイツ感。悪くない。古きハンスの亡霊よ。

以上
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ドゥームナイト新世紀 age5 最高に面白いゲーム 対 最高に面白いゲーム

まったく新しく生まれ変わったドゥームナイトの第5回。
ちなみにドゥームナイト新世紀とは、最高に面白いゲームと最高に面白いゲームがぶつかり合う、ガちんこバトルロワイヤルを最大のテーマにしている。
盆明け多忙なメンバーが多く、タナカマ、シミーズ、ワンフーの三賢者がボードゲーム界を代表して集まることになった。

◆グレッグのダメ日記~ハイサ!ママ!
domdomninini.jpg
各自カードを1枚持って、任意のアイコンが全体にどのくらいあるかを推測、ビットをライズさせていく二ムズライヒ系のゲーム。それに加えて、”お見通し”カードが登場すると、次のラウンドが「コヨーテ」形式になるというのがアイデンティティ。
グレッグのダメ日記である必要性は全然ないが、KOSMOSの版権小箱の中ではまともなルールがついているだけマシである。
二ムズライヒ形式ではヒントがほとんどないので面白くないが、コヨーテ形式になるとなかなか盛り上がる。

◆パケットロウ
domdomnnn.jpg
オーダー、素材、販路を集めながらお金を稼ぎ、最終的にはお金で勝利点を買うことが目的のカードゲーム。
4つのカード獲得エリアに対し、親がガイドとなって回る感じが独特。手札併せは凡庸だがその集め方はなかなか悩ましくなっている。
しかし、収束性も抑揚もないシステムなので、後半になると目的が偏り、プレイが雑にならざるをえない。このあたり、プレイングの重みづけがおおざっぱすぎると感じた。

◆チェックオフ
domdomnait.jpg
プレイエリアの置きゲーム。ロシア。
暇で、どうしてもやりたいなら、やればいいのではないだろうか。

以上。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ドゥームナイト新世紀 age4 曼荼羅頂上決戦

新ステージに上がってますますクオリティのあがるドゥームナイトの精鋭ゲームたち。
ズーシミ、ガーヒー、PE-GA-、ワンフーの4人。

◆交換しましょ
dodododo03.jpg
原題発音そのままのタイトルで流通も始まったカード交換セットコレクトゲーム。
インサイド・アウトを意識したと思われるアートワークが良い。できればお題を感情にしてなんとかそれらしくできると良かったが、それはNGか。感情表現No.1のガーヒーが勝利した。

◆GIB GAS! スロットレース・カードゲーム
dodododo01.jpg
ドイツはバイエルンの老舗スロットカーメーカーが作ったスロットレースのカードゲーム。外見はただのF1ゲームに見えるのだが、よく見るとコースのデザインなどがスロットカーになっている。ゲームはスロットカーらしくスピードの強弱のみで争う形となっており、その争い方が「ハゲタカの餌食」であること以外はテーマ性もなかなかにある。
グッドパーティーゲーム。

◆曼荼羅
dodododod02.jpg
今話題の曼荼羅ゲーム。凝り性なコンポーネントとアートワークにはこだわりを感じる。
ゲーム内容はけっこうガチガチなマルチで、見た目の幾何学な印象からは程遠い泥沼フルボッコな世界が広がっている。ウォーだ。戦力競争のウォーゲームと言っても良い。
それでいて遊ばせるのは、全体の曼荼羅を見通したコマ管理・運用能力と臭覚を求めるゲーム性があるからだろう。

以上。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ドゥームナイト新世紀 age3

ドゥームナイト新世紀より愛をこめて
第三回はクニツィアに贈るバラード…
常勝タムラ、ガーヒー(鳥貴族)、タカタ、シミーズ、ワンダーフール。

◆ラップダンス
pp06.jpg
pp07.jpg
借金を返せない国から遥々送られてきたキックスターター製品。
キッカーのタムラがスタートレックのクルーに扮したイラストでカード化されており、しかもクラブに来る客をもてなすダンサーという位置づけで、実に珍妙な物体と化している。
ゲームは5ラウンド。やってくる客をお酒やダンサーで楽しませてお金を稼ぐという、実にありきたりなプロット。エンジンは王への請願的なダイスコントロールで行う。もちろんダウンタイムは長い。
ダウンタイムを考えれば2人くらいで遊びたいところだ。
大量に描かれたダンサーのイラストには頭が下がるが、あれこれ夢が膨らみすぎたゲームとしての全体像は、やや食傷になるというのが正直なところである。

◆ヴァンパイア
pp08.jpg
pp09.jpg
かつて「全てのクニツィアは等しく面白い」というクニツィア神話が伝えられていたころの、クニツィア的クニツィア。イラストが気持ち悪いと言われてしまいそうだが、2015年になった今、逆にこのダサいゴシックホラーこそ最高にカッコよく見えてくる。こんな場末のゴシックホラー絵、今誰が描けるだろうか。是非このままのイラストでリセールしてほしい。

◆ツタンカーメン
pp091.jpg
ズーシミが徐に差し出した懐刀。かつて「全てのクニツィアは等しく面白い」というクニツィア神話が伝えられていたころの、クニツィア的クニツィア。一本道のジャンプすごろくで拾ったもののマジョリティ対決を行う。古代エジプトと言えど流行りものを如何に所有しているかということがステータスの全てであったという説を、クニツィア様はこのゲームを通じて世に伝えようとしているのだ。(ウソです。)

いやぁ~
古代クニツィアって、
ほんっとうに、おもしろいですね~


以上
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |
| ホーム |

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。