スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

ボドゲに落とす日記~Hot WheelとクニツィアのCards4You

ホットウィール(世代によってはホットホイール)を見たことがないという男子は、さすがにいないだろう。所謂ミニカーの輸入物であり、発売元は超大手のマテル社だ。
このホットウィールだが、国内ではトミカのように愛されているとは到底思えない。というのも、アメ車のミニカー以外では極端な形状のイカれた車ばかりがラインナップを占めるからだ。そのイカれぶりたるや、「かっこいい」というよりは「気持ち悪い」に近い。

しかしこのホットウィール。一番の特徴は走行性能ということになっている。そして実際、早い。そもそも60年代にそういうキャッチコピーで売り出された、いわば走行性能重視ブランドなのだ。

hot01.jpg
変態カーの例 確かに速そうではある…

そんなわけで、もっともおすすめの遊び方は「ホットウィール・アルティメット・ドラッグレース」を使ったスピード勝負だ。
これで遊ぶと、アメリカ人がなんでこんなアホっぽい競技が好きなのかちょっとわかってくる。

また、こういうミニカーを持っていると、何かしらそういうアナログゲームがないものかと思ってしまうのだが、なんと、あります!しかも、ホットウィールそのままで!しかも、クニツィアですよ!

hot02.jpg
HotWheel Cards4You!byクニツィア!
そしてその中身だが、なんと4つのゲームが遊べるんだって!(ゲロゲロ!クソゲーフラグだ!)
まぁ、真面目に解説しますと、1つ目は有名なTopTrampの遊び方。2つ目はUNOみたいな連番ゴーアウト。3つ目は「多すぎる料理人」のシンプルバージョン。4つ目はチーキーモンキーだ。

3つ目と4つ目はまぁ、それらしく遊べるものの、はっきり言ってHotWheelのカードには全然合わない。それもそのはず、Cards4youというゲームはトイストーリーやその他コンテンツとのコラボゲームに流用されまくっているテンプレートみたいなゲームなのだ…。

まぁ、ホットウィールだし、そんなもんだよね。

◆おすすめです
スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ボドゲに落とす日記~スターウォーズ・ビックリマンとSTARWARSインペリアルアサルト

モンスターハンターやらパズドラやら、最近コラボもので勢いをつけているロッテのビックリマンシリーズ。
その最新作がSTARWARSをテーマにしてリリースされたのだ!
bicristar.jpg
しかもイラストはしっかりとビックリマンテイストになっている!
※ビックリマンコラボシリーズには「北斗のマン」や「キャプ翼マン」のように、ビックリマン絵になってない(誰も幸せにならないただのシール)膝折れアイテムも多いのだ…。

スターウォーズとビックリマン。この2つが手を組むことで強烈なおっさんキラーコンテンツの誕生である。
ちなみにエピソード4,5,6版が関東先行発売で6/30から、エピソード1,2,3が関西先行発売で7/14から店頭に並ぶことになっている。各24種類なので合計48枚のスターウォーズビックリマンキャラが登場するわけだ。
もちろん僕は大人なので、オトナ購入を実行に移した。

さっそく開封すると…
staaa03.jpg
ワーオ!!

staaa01.jpg
オワーオ!!

staaa02.jpg
サ、サイコーすぎる…。

最後の2枚はロッテ曰く「シークレット」と言っているのだが、そもそもリストは公開されてないし、出現率は他のシールと同じらしいので、実質はシークレットでもなんでもない。その辺はさすがロッテだ。

というわけで方々で盛り上がってきたスターウォーズコンテンツ。
ボードゲームもこれから沢山に違いないのだ。
現時点では「スターウォーズ・インペリアルアサルト」が気合の入った大型コンテンツとしてリリースされている。
impasarrut.jpg
ルールはいたって普通のミニチュアゲームで、特別な面白味とかないんだけどね…。
TVゲームも似たようなFPSばっかりだし、アメリカは本当にテーマとビジュアル重視なんだなぁと。
以上。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ボドゲに落とす日記:MADMAX FURYROADとCONVOY

人気シリーズ映画が一斉に名を連ねる2015年。
その大型タイトルの最初の一作がついに登場した。
「マッドマックス・フューリーロード」だ。
madmad.jpg

初日の一番良い時間帯ということもあり、近隣のアウトローが上半身素っ裸のレイダースと化して押し寄せているかと思ったが、実際にはそんな猛者は一人もおらず、家から仕込んできたヒューマンガスのコスプレ衣装をトイレでそっと脱ぐのであった。


予告編ってけっこういいところの詰め合わせだったりするんだけどさ。この映画に関しては話が別。頭からしっぽまで全編チェイスのフューリーロード!くそカッケェモンスターマシンが徒党を組んで砂漠を走り回る超スペクタクル。あまりのブレのなさに、今年控えている残りのシリーズ映画はもうなくても良いかなと思うくらいだった。
トムハーディーは可愛く、セロンは美人で、よりによって仲間になった死にぞこないのババアがこれまたサイコーにカッコいい!

ちなみに劇中に登場するマシンがこのページで拝める。
http://vehicleshowcase.madmaxmovie.com/

物語としては、砂漠の独裁者ジョー(なんと1のボスキャラ俳優だ!)のところから5人の子産み女を連れて故郷に脱出を試みるセロンと、それを追いかけるジョー軍団、というお話で、そこに放浪のマックスが味方する例の感じ。
チームセロンは大改造された大型トラクター“ウォータンク”に乗って東を目指すのだが、ジョー軍団の個性あふれる改造車や、地域地域のアウトローたちがそれを邪魔するという四面楚歌のロングチェイス構造になっている。

大満足で劇場を後にしながら、「これだれかゲームにしてくれねぇかなぁ」とふと思ったら、そういや似たゲームがあるじゃねぇのって。そもそもポストアポカリプスの世界観を共通にする「51番目の州」シリーズのスピンオフ2人用ゲーム「コンボイ」がこの映画にぴったりである。

madconvoy.jpg
「コンボイ」はNEW YORKを目指して突き進むロボット軍団を、人間軍団がその道のりで妨害していくというゲーム。
なんと軍勢をマッドマックスに差し替えるだけでフューリーロードが完成するのだ。
さあ誰か早く!PORTALに電話してくれ!

◆世紀末に染まれ!

| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |
| ホーム |

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。