スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

BG紹介:GIB GAS! スロットレース・カードゲーム

『玩具屋による玩具好きのための』

今では相当なニッチ趣味になって久しい"スロットカー"。
10代20代にはこの言葉を耳にしたことがない人もいるだろう。
スロットカーとは、レースカーのモデルを溝(スロット)の空いたレーンに差し込み、鉄道模型の仕組みを使って走らせるというステアリングの無いラジコンである。操縦者はコントローラーでレーンから得られる電圧を調整し、スピードを制御することが出来る。
基本的には大人のおもちゃであり、子供が遊んでもコーナーを曲がり切れずに脱線するのが常。オビ湾も幼いころに実家で遊んだことを覚えているが、操作が難しいのと、何やら地味でちょこまかしているところに魅力を感じられず、つまらん玩具として記憶に刻まれたのである。

日本では市場規模150円くらいと思われても仕方がないスロットカーだが、海外では今も老舗ブランドががんばって新作を出し続けている。そのブランドの一つである”カレラ”が、なぜかスロットレースをカードゲームにしてリリースしているのだ。それが今回紹介する「GibGas!!スロットレース・カードゲーム」である。

gibgas01.jpg
中小箱。ラベンスバーガーの小箱(アブルクセンとか)と同じ寸法だ。
GibGas!は”頑張って!”という意味らしいが、おそらく”踏み込め”とかかっているのだろう。
カレラは本作以外にもゲームを出してはいるものの、まったく本業ではなく、それにしては箱のつくりやコンポーネントのつくりが悪くないあたりにドイツ標準の底力を感じる。

gibgas02.jpg
中身。
サイズの大きなレーンカードと、各プレイヤー共通で配られるスロットカーカード、それに時々使用するスピードダイス。
レーンカードは文字通りスロットレースのコースを表しており、それぞれにお題と、それをゲットしたときに得られる勝利点が記載されている。基本的にはこの勝利点を争うゲームだ。
スロットカーカードには200~250のスピードが記載されたものと、スピードキープ、スピードダイス、ピットインというカードが各一枚ずつセットになっている。プレイヤーはこのカード一式を持ってゲームを開始するのだ。

gibgas03.jpg
まずレーンデッキから4枚のカードが公開される。これが直近対面するコースということだ。
これらのレーンカードは手前から1枚ずつ処理していくのであるが、その処理方法は、なんと斬新なことに……ハゲタカの餌食だ。
プレイヤーはレーンの条件に応じて1枚カードを伏せてだし、一斉に公開して処理する。ちなみに条件とは以下の4つのいずれかである。

①:踏み込め!⇒最速のプレイヤーが勝利
②:ブレーキ!⇒最遅のプレイヤーが勝利
③:踏み込め!クラッシュ!⇒最速のプレイヤーは接触し、大ダメージ。2番手のプレイヤーが勝利。
④:ブレーキ!クラッシュ!⇒最遅のプレイヤーは接触し、大ダメージ。2番手のプレイヤーが勝利。

しかし、これ以前に忘れてはならないことがある。これはハゲタカの餌食なのだ。つまり、バッティングはその時点で上記条件に関わらず接触して脱落。ダメージも受けるのだ。

gibgas04.jpg
ダメージはスロットカー体力カードで示される。
これがMAXに達したら脱落。誰かがそうなったら、なんとその時点で全体のゲームが終了する。それ以外にもレーンカードがなくなったらゲームは終了するのだが、プレイした感じ、誰かが死んで終わる方が多かろうと思う。死んだ奴は得点計算をすることができない。

dodododo01.jpg
ちなみにゲーム終了時に残っている体力は勝利点となる。バランスとしては、無理をせずにそこそこのスピードで挑んだ方がよいだろうが、みんなが同じこと考えたら同じというのがそもそもハゲタカの餌食の理論だ。
アクセントとなるのがスピードダイスを使うカードで、スピードダイスは100、100、100、200、250、300という出目になっており、高い確率で最低速度となるが、一方、最速となる可能性もあるのだ。

このゲーム、やってることはハゲタカの餌食だが、スピードの強弱しかつけられないというところが実にスロットカーレースっぽいとも言える。市場規模150円くらいの日本では誰の触手も反応しないだろうが、一部マニアには珍品として愛されてもおかしくない。

【評価】
   5.jpg

【所感まとめ】
これを使って懐かしいスロットレースの追体験をするもよし、スロットレースをやったつもりになるもよし、スロットレースをもう一度買うもよし。つまり、その手のファンなら買うもよしです。
スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |
| ホーム |

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。