スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:交易王

新作カードゲーム「交易王」は久々にハマりそうなクニツィアゲーム。
貿易商となってマーケットの需要を操るという、確かに納得のいくテーマが活きている。
とりあえず2人プレイをしてみた。

IMG_1294.jpg

カードゲームサイズとまでは行かないが、かなりコンパクトな箱。
ゴムが同封されていた(たぶんフタを閉じておくためのもの)。気が利くねぇ。
コンポーネントはカード以外にお金チップと商品キューブ。
薄っぺらい箱には結構多目の内容物なのでうまく入れないとしっかりフタがしまらん。

各プレイヤーは2隻の船と商品需要カードを数枚受け取ってゲームスタート。

IMG_1295.jpg

ゲーム開始時の全体像。
手元には商品キューブを積んだ自分の船。
中央にはマーケットの需要をあらわす商品需要カードが6枚並ぶ。
商品はレモン、染料、小麦、胡椒などなど。対応するカードが多いほど需要が大きいということになる。

IMG_1298.jpg

手番がはじまったらまずは積荷の変更。
マーケットの需要、もしくはその変動の気配に合わせて自分の商会が扱う商品を調整するわけだ。

積荷の変更の変わりにスペシャルカードを買うこともできる。
スペシャルカードは長期的に利益を計算しないと元がとれないから、序盤に購入するのが良いと思う。

IMG_1296.jpg

積荷の変更が終わったら今度は”需要変更&貿易開始”の段階に入る。
まずは手札から同じ種類の商品需要カードを1枚以上、場に出ている6枚のカードに重ねる。
重ねたことで下になった商品需要カードは効果が消える。つまり上書きされる。

そしてそのとき場に出した種類の商品は一斉に貿易が開始される。
すべてのプレイヤーは自分の船に対応する商品があれば、「需要の大きさ×取り扱い隻数」でお金を得ることができる。
”すべてのプレイヤー”というのがミソで、つまり手番でないプレイヤーも該当の商品を扱っていさえすれば収入を得ることができる。
こしゃくな駆け引きの生まれるポイントである。

”需要変更&貿易開始”を行わないことで商品需要カードの補給も可能。っていうかスペシャルカードを使わない場合はそれが唯一の補給方法。

IMG_1300.jpg

染料の取り扱いを増やしておいて、一気にどーん!と染料ブームを起こすの図。
大儲けじゃーー!!って、この後取り扱い商品の調整が大変・・・。

お金は隠してプレイしよう!スペシャルカードの採算が勝敗をわけるぞ!

【所感】
ルールも簡単だし、勝ち筋もいろいろありそうで長く楽しめる作品だと思います。
自分の手札を調整し、他プレイヤーの思惑を読む。シンプルなシステムだけど悩みどころいっぱいでお勧めです。
2人でもまったく問題ありません。
スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

紹介:メトロポリィス

ヒットというか傑作の続くイスタリのゲーム、しかも「イスファハン」と同じデザイナーときたら、こりゃ使えそうじゃないかということで期待。2008年ゲームマーケットの新作購入のひとつ。

IMG_1285.jpg

箱サイズは「イスファハン」と同じ。
ノスタルジーと近未来感がごっちゃになったイラストが特徴。好みは分かれるところかと。

このゲームは初心者でも楽しめるようにファミリー・ルールがあり、さらになれた人用に上級ルールがある。基本的なゲームの流れに違いはないが、上級ルールは得点方法が多彩になっている。

今回はファミリー・ルールでの紹介。

IMG_1289.jpg

初期セットアップの図。
舞台は急速発展都市”メトロポリス”。
プレイヤーは有力者となり、この街の要所に自分のビルを建てるべく躍起するのだ。

マップ上のマスにはチップが置かれているところがあり、ビルを建築することで手に入れることができる。手に入れた場合は基本的にボーナスが得られる。ただしマイナス点となる発掘現場チップにも気をつけなくてはならない。

IMG_1290.jpg

つぎにビルの建て方。
プレイヤーは1?13までの数字の書かれたビルを持っている。
スタートプレイヤーは自分のおきたい場所にこのビルのうちのどれかを置く。
ただし、この時点では建築されたことにはならない。あくまで建築計画段階だ。

最初に建築計画としてビルを置いたプレイヤーの次のプレイヤーは、前に出されたビルの数字より大きい数字のビルをボードにおくことができる。ただし、前のプレイヤーがおいた建築計画段階のビルに隣接するマスでなくてはならない。

IMG_1291.jpg

これを繰り返し、1人を残して全員がパスするか、次のプレイヤーがビルを建てる場所が無くなるかというところで勝敗が決する。この時点でもっとも高い数字を提示していたプレイヤーのビルのみが建築され、それ以外の建築計画段階のビルはすべて各プレイヤーの手元に戻る。

実際に建築されたビルは裏返して数字の書かれていない面を上にして置く。
チップを取ることができるのは実際に建築することができた場所のみ。

IMG_1293.jpg

この変則的な競りを繰り返すことで街がビルでいっぱいになる。
既にビルが建っているマスは建築計画でも使用することができないので、競りの場所というか、競りの駆け引き回数はどんどん制限されていくことになる。
時には隣接するマスがすべて埋まっていることすらあり、この場合は相手の出方を伺う必要も無くビルを建築することができる。こういうおいしい状態を作り出すことが勝利への近道である。

誰かがすべてのビルを建築しきったところでゲームは終了。その後、
・ボード上の得点チップ
・メトロ(地下鉄)最多所有によるボーナス
・発掘現場に最後に建築したマイナス点
・ゲームのはじめに自分のみこっそり確認できる固有の土地によるボーナス。
を足してゲームの勝敗を決する。
チップの得点も大きいが、なんと言っても固有の土地によるボーナスが大きい。

「イスファハン」と違ってほとんど運の無いゲームだけど、さほど難しいゲームではないです。

【所感】
戦略的に競りを行わなければならず、ガチガチの展開になりやすいです。
でもルールが簡単なおかげで時間もそんなにかかりませんし、ファミリー・ルールなら難しいゲームではありません。
コンポーネントが雰囲気抜群なのも好評価です。メトロポリスに次々とビルが建っていく様はなかなか味わい深いものがあります。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

浅草ゲームマーケット2008?回想編?

とりあえず買ったものは先のブログのとおり。
結局あんまり冒険しなかったのは心残りかな。

今夜はとりあえず2人でできる「ミスタージャック」をやる。
IMG_1281.jpg
え!?これ、ジャック逃げれんの?

あとはルールを読んだりトークンを型から抜いたりと大忙し。
特に「時代劇3600秒」のカード切り離しが大作業だった。

で、今日買わなくて気になったものというと
・フリーバザールにあった「スカイランナー」
・プレイスペース広島の「はちゃめちゃジェットコースター」
・B2Fさんの「ディフェンダーズ・オブ・クレイ・アート」
・メビウスさんの「オンボロ橋」

ルール読んだ時点であたりっぽいのは
・クニツィアの「交易王」
・イスタリの「メトロポリス」

う?ん。帰ってくると、ああすればよかったとか、こうすればよかったとか・・・・。

あと、ランチは「のぶ」さんで限定20食のヒレステーキをいただき。
だから10時30分過ぎにはなぜか会場からいったん外にでました。

近くに浅草寺があるのはいいね。

イベントの場所としては個人的に意味不明なんだけど、”知ってる人達のイベント”だから問題ないのだろうなぁと思ったりした。

開催される方々もお店も大変だと思います。このイベントは。
ありがとうございました。
| trackback:0 | commnet:9 | BACK TO TOP |

浅草ゲームマーケット2008?調達編?

行ってきました。ゲームマーケット2008。朝っぱらから浅草です。
開場45分前につきましたが、その時点で100人弱いたでしょうか。
大手が4F、一般が5Fと分かれていたので列も2つに分けてました。海長は基本的に大手目当てなので4Fに並びます。

まぁそんなこんなでかなり省略しますが、下記調達品です。
IMG_1279.jpg

新作としては
・メトロポリィス/イスタリ
・チーズのお城おまけタイル/ツォッホ
でしょうか。

正直びっくりだったのはメビウスさんのバザール。
AmigoのバンビーノSOLOが300円!国内で見たこと無いからドイツアマゾンでついでに買おうかと思ったやつである。他にもちいさなおばけが1500円だったりしてまじでハンパない安さだった。

あと一般のブースでは時代劇3600秒とチームきりたんぽさんの星の黒ネコを買いました。
時代劇の方は売り切れそうだったのでHABA吉を使いに出すなど大人気ないこともしました。

プレイスペース広島さんの「はちゃめちゃジェットコースター」は最後の最後まで迷ったのですが、荷物が重くてあきらめました。

オークションは・・・う?ん。
知らないのが多すぎてどうにもならんかった。
| trackback:0 | commnet:15 | BACK TO TOP |

紹介:ショッテントッテン

2人用ゲームの超人気作「バトルライン」の原型として有名な「ショッテントッ
テン」。ショッテンってのはドイツ語読みかなぁ。

IMG_1267.jpg

箱がカードゲームサイズで便利。バトルラインは小さい入れ物に入れ替える必要
があるよね。
イラストはバトルラインに比べてかなりポップでコミカルなテイスト。
個人的にはGMTテイストなバトルラインよりもこっちの楽しげな印象が好み。

「ショッテントッテン」はどうせなので基本ルールでプレイするのをうちでは良
しとしている。

IMG_1268.jpg

まずはプレイヤーの間に9枚の境界石カードを置く。
要はこの境界石を取り合うゲームであり、
?連続した3つの境界石を自分のものにする
?合計5つの境界石を自分のものにする
のどちらかを満たせば勝利できる。

IMG_1270.jpg

手番では手札の中から1枚だけ、9枚の境界石の自分側にプレイする。
どこにプレイしても良いが、既に3枚置かれている場所と、既に境界石を取られ
た場所にはプレイできない。

3枚のカードが揃ったら役ができる。
相手の役よりも強い役を出せたプレイヤーが境界石を手に入れることができる。

IMG_1273.jpg

役はストレートフラッシュ、数字ぞろい、色ぞろい等々。
基本はストレートフラッシュを狙いたい所だが、山札自体が共有なのでそう上手
くカードが巡ってくるとは限らない。

また、場に出たカードから既に勝敗が決まっている事を証明できた場合は、たと
え片方が3枚カードをプレイしていない段階でも境界石を手に入れることができる。

間を3つ抜いて?の条件を満たした時の爽快感はなかなかのものだ。

IMG_1274.jpg

一応戦略カードもあるのでバトルラインと同様の勝負も可能。
ただ各スートが1?10ではなく1?9という違いがあるのでよく計算されたし。

【所感】
はちゃめちゃな感じが出てますが、計算されたおもしろさは抜群です。
バトルラインと比べてスートの枚数が1枚少ないだけですが、上下の幅が圧縮さ
れるため結構違いを感じます。ぎゅうぎゅうです。
バトルライン持ってても買いかと。
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

ゲドを読む

仕事が忙しいときはゲド戦記を読む。
いやまぁ恐らくもっとも回数読んだ本ですが。
IMG_1276.jpg
これと文庫を使い分ける。(「こわれた腕輪」だけ読んでるわけじゃないよ。)

海長は児童書大好きだけど、これは聖書のごとく読みまくった。
いまやジブリ版が微妙な評価で有名に。
確かにジブリ版がおもしろいかっていわれたら厳しい面も結構あるけど、「あぁ、ゲド戦記が大好きなんだなぁ、この人は」と思えたので個人的にはそれでよしとしていた。

さらに付け加えると、原作とジブリ版の両方をご存知の方はこれ↓を呼んで見て欲しいとおもいます。
IMG_1277.jpg
いわゆるゲド戦記のファン本だけど、宮崎吾郎さんがどうしてあの形で映画化したのか、納得できます。

作品をおもしろくするのは当たり前として、使命感っていうモチベーションはやっぱすごい。

| trackback:1 | commnet:4 | BACK TO TOP |

紹介:イスファハン

「イスファハン」は、中東の大都市”イスファハーン”の繁栄ぶりをテーマにし
たゲーム。
プレイヤーは商人となるが、目的はお金ではなく王様のおめがねにかなう事。
うまく立ち回って王様へのアピール点を稼ごう。

IMG_1262.jpg

かなりでかい箱なんだけど、それほど中身は詰まっていない。
高価なわりにやぼったいイラストがもったいない気がするけど、このまったりし
た箱デザインがゲーム内容を象徴していなくもないと思ったりする。

コンポーネントは盛りだくさんだが、目を見張るのはかわいい木製ラクダチップ
だろう。この懲りようが値段にも響いている。

IMG_1245.jpg

ゲーム全景。
イスファハーンといえばイマーム広場とか例のモスクが有名なところ。
だけどボードはなんやら良くわからん街。なんでも商店街らしい。

先に紹介したとおり、ゲームの大まかな目的は王様へのアピール点を稼ぐこと。
基本的には自分の商品を商店に配置して、同じ色で示された商店街を独占する事
で得点できる。
街は4つの区画に分かれていて、それぞれ商品の置き易さが違う。
置き難い区画の、かつ商店の数が多い商店街ほど独占したときの得点が高い。
※商品を出している商店街でも、独占していないと得点できないから注意だ!

IMG_1263.jpg

もう一つの主な得点源はキャラバン。
商隊のラクダに自分の商品を置く事で、王様に一目置かれるのだ。
キャラバンの得点は初めのうちは小さいが、いざ商隊出発の時になると中々の影
響力があるので捨て置けない。

キャラバンへ商品を置くには、自分が商店においた商品に王の代理人が目をつけ
る必要がある。つまり、
・キャラバンへ送る前に、まず商店に商品を置かなくてはならない。
・商品の置いてある商店に、王の代理人がぴったり到着しなくてはならない。
という条件を満たす必要がある。
きびしいルールだが、送って置いて損は無いぞ。

IMG_1264.jpg

このゲームで最も特徴的なのはダイスによる行動選択肢の生成だろう。
毎ラウンド親になったプレイヤーは9個のサイコロを振り、行動選択枝ボードに
振り分ける。

一番小さな数の出ているダイスはまとめて「ラクダ」の選択枝スペースへ。
一番大きな数の出ているダイスはまとめて「お金」の選択枝スペースへ。
それ以外は下から各区画を表す選択枝スペースに置かれていく。
同じ出目のダイスは同じ選択枝スペースに入れるので、場合によっては空の選択
枝スペースも出てくる。
空になった選択枝スペースを選択することはできない。

こうしてこのラウンドの”選択肢”と”選択枝ごとのダイスの数”が決まったら、
親から順番にどのアクションを行うかを選んで実行する。
基本的にはダイスの数が多い選択枝ほど効果も大きい。

IMG_1266.jpg

お金とラクダはゲームに役立つ公共施設を建てるときにも必要になる。
公共施設の効果は結構大きいので早めに建てると断然有利である。

こうして21ラウンド(ゲームでは3週間を意味する。)を終えたら最終的な得点
計算をして勝敗を決する。

”運”による気軽さと”マネジメント”する楽しさが両立。
行動はダイス運に左右されるものの、その中でいかに効率よく商売するかという
ゲームかな。

【所感】
良いゲームです。
発売元であるイスタリは「ケイラス」とか、非常に難しいゲームを出すイメージ
があるんですが、「イスファハン」は初心者でも頑張ればできそうな気がします。
ただ公共施設を含めて勝つコツみたいなものが随所にあったりするので、所見で
はその辺のヒントが必要だと思います。
個人的にはこの価格帯でダイスゲームというのが新鮮でした。
しかしなんでこんなにおもしろいんでしょう。
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

紹介:がんばれカメ君

「がんばれカメ君」はオフ海でバトルラインに続く人気者。
プレイ回数で言えば一番だろう。
ドリュンターを初めとする自駒非公開ゲームの中ではダントツでお勧めの一品で
ある。

IMG_1247.jpg

ウィニング・ムーブス製。
ここはルールが簡単なのものが多くて良いねぇ。
ロゴがちょいとケバいのが残念です。

コンポーネントはボード、カメ駒、カメ君タイル、それに進行カードだ。
カメ駒の色が鮮やかで良いと思う。

IMG_1254.jpg

先に紹介したとおり、自駒は非公開。自分のカメ君タイルをちらりと見て、あと
はそのカメがすごろくで優勝するように仕向けるだけ。
プレイヤーはどのカメでも動かす事ができるので、自分がどれだかバレないよう
に気を配りながら、有利にゲームを進めたい。

IMG_1260.jpg

カメの移動は手札から”対応する色のカメ”と”進み具合”が書かれたカードを
出すことによって行う。
自駒の『2マス進めるカード』などを手に入れたらラストスパート用に保存して
おこう。

ちなみに同じマスに入ったカメは重なる。
下のカメが動いた場合は上のカメも一緒に移動できるぞ。

IMG_1261.jpg

このゲームはゴール間際でのせめぎ合いがすごい!
”進み具合”にはマイナスもあるので残り2マスあたりでいったりきたり。
誰かがゴールしたらそのときの順番で勝負がついてしまうのだ。

2人?5人用だけど幾らか誰のものでもないカメがいた方がおもしろいかも。

【所感】
簡単なルールで白熱という素晴らしいゲームです。
見た目もかわいいので我が家では大車輪の活躍。随一のコストパフォーマンスを
誇っています。
| trackback:0 | commnet:4 | BACK TO TOP |

0420西荻会戦

今日はハバ吉と3番勝負。
遊んだのはここのところ使用頻度の高いゲーム。

★1戦目:『ダージリン
IMG_1240.jpg

お茶を買い付けて出荷し、希少性などなどにより点数を獲得していくゲーム。
買い付け人の駒がやたらとかわいい。

勝負は引き分け。のはずが、ハバ吉が最終得点ルールをやや履き違えており、「本当は勝てた」と言い張ったのでしょうがなく勝ちを譲る。

このゲームは個人的にとてもおもしろいと思うんだけど、ウェブ上でもめっきり話を聞かなくなった。
確かに箱は大きいけど、複雑過ぎないルールやちょっとした工夫が聞いた得点ボードがすばらしいと思う。

★2戦目:『ノミのサーカス
IMG_1241.jpg

クニツィアのフロカティ・サーカス。
特に最近頻度の高いゲーム。

お互いの自由演技が炸裂しあうも、1歩先に出て興行した海長が勝利。

★3戦目:『エレファント・レース
IMG_1242.jpg

一番ビリになるか、場合によってはトップを目指すか。
2つのダイスのうちひとつを残すか残さないかという単純なルールながら、最後まで勝負がわからないところがGoodな感じ。
これも最近のプレイ頻度高し。

勝敗は2番目にゴールして、ビリッケツを王様に仕立て上げた海長の勝利。

ということで、本日は2勝1敗で切り抜けたのである。
| trackback:0 | commnet:6 | BACK TO TOP |

紹介:ジュニア・ラビリンス

「ジュニア・ラビリンス」はラベンスバーガーの「ラビリンス」簡易版。
よくあるスタンダードゲームのちびっ子版ということだ。
2人?4人、そしてちびっ子であることを推薦したい。

IMG_1230_1.jpg

よくある横長のラベンス箱だけど、かなり薄くてアバクスの「チャイナ」などを思わせる。
中身は基本的に「ラビリンス」と同じだが、『パフ』をイメージさせるドラゴンなどイラストがかなりかわいく仕上がっている。

IMG_1234.jpg

初期配置。超せまいダンジョン(子供用だからね)。
お気づきのとおりプレイヤー駒がオバケになっている。このあたりちびっ子の心を捉える基本か。

ご存知のとおりボード上には動くタイルと動かないタイルがある。
めんどくさいけど動くタイルはゲームのはじめにセッティングしよう。

IMG_1236.jpg

ルールも通常の「ラビリンス」とほとんど同じ。
まずは目的となるお宝チップが置かれる。プレイヤーは自分の駒がいるばしょからお宝チップまでのルートを完成させることを目指す。

IMG_1237.jpg

手番では1枚余っているタイルをどこかに挿入する。
これによってズルッとダンジョンの中身が変わるわけ。
結果として・・・・
IMG_1238.jpg

このようにルートがつながればお宝チップゲット。
自分の駒との距離は関係ないぞ。

すべてのチップが取られたらゲーム終了。
一番たくさんお宝を集めたやつの勝ちだ。

一応上級ルールもあるけどさほど難しくはならない・・・。

【所感】
ちびっ子向けなのでかな??り簡単です。
大人だとまず1ターンでお宝チップが取れちゃうんで、ちょっと物足りないかもしれません。
※逆に取れなかったら即敗北という緊張感はあります。
タイルも大きいし、5歳以上なら十分楽しめるかと。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

懐かしコントローラー

また任天堂の話なんですが、クラブニンテンドーなるものに入っているとポイン
トが溜まってなんか貰えるというシステムがありんす。
また、ある程度お得意さんになるとそれとは別途でプレゼントが届いたりする。

で、届いた「まるでスーパーファミコンじゃんコントローラー」。
IMG_1221.jpg

すげースーファミっぽい箱に入って送られてきた。
で、あけてみると
IMG_1223.jpg

まさにあれじゃん!わるいね!もらっとくよ!

要はWiiで昔のソフトを遊ぶときにコントローラーも合せてタイムスリップしちゃ
えという、成人ユーザーの心を揺さぶる演出。
ちびっ子にも「へぇ?、こんなダサいコントローラーだったんだぁ。」的な歴史
資料として活躍するだろう。

IMG_1226.jpg

無意識にスーファミ巻きしちまった・・・・。

いやすごいね。これくれるなんて。って言うニンテン君の戦略。
| trackback:0 | commnet:7 | BACK TO TOP |

Beyond the Sea!

センスだったらダントツにピクサーだというのが海長の持論。
いきなり何かっていうと、今週末に「ファインディング・ニモ」が地上波初放送だって。
すばらしい映画だと思うよ。僕は。

しかもニモはエンディングが「Beyond the Sea」じゃないの。
劇場で観たとき超感動したよ。このセレクトはぬきんでてる。

要は久々にレコードの話をするわけで。

お父さん世代は良く知ってると思うけど「Beyond the Sea」と言えばボビー・ダーリン。
でもニモで歌ってるのはロビー・ウィリアムズ。

お見事。
ロビーウィリアムズって言ったら海長が高校生のころにはエンジェルとか歌ってた坊やだったわけで。
いやぁ。成長してたんだねぇとちょっと感慨深い。(偉そうな言い方になってしまった。すまんロビー。)

ご存知の方もいるかと思うけど「Beyond the Sea」には原曲があるんよ。
シャンソンが好きなら誰でも知ってる曲。シャルル・トレネの「ラ・メール(海)」。
charles.jpg

結局みんな、シャルルになりたいんだよね。
お父さん世代ならジュリエット・グレコが歌った方を聴いたことがあるかもしれない。
ほんと、いい曲だよねぇ??。

| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

紹介:キャメロットを覆う影

中世の伝説。アーサー王の全盛期は過ぎさった。
モルドレッドは反逆を起こし、ランスロットはもういない。さらに加えて聖杯の
探求もしなければならない。
円卓の騎士達には深刻な問題が山のように積み重なっている。
果たしてどこまでハッピーエンドにできるものなのか。
Let's Go ガウェイン!

IMG_1205.jpg

Days of Wonderが正式リリースした「キャメロットを覆う影」。
箱はいわゆるDays of Wonderサイズ。
相変わらず豪勢なコンポーネントが素晴らしい。
ただ、カードに言語依存する傾向は変わらず。

このゲームではプレイヤーが円卓の騎士となり、原作のように様々なクエストに
挑戦していくことになる。
それぞれが一人の円卓の騎士を担当することになるので、プレイヤー同士は一切
敵対関係にはない。

そう、このゲームはいわゆる協力型のミッションクリアゲームなのだ。
一人のミスはみんなのミスである。

IMG_1206.jpg

プレイヤー達の基地となるのはキャメロット城の円卓。
ここからはプレイヤー同士で、だれがどのクエストに挑戦するかを相談しあう。
クエストは山ほどあるので、自分がどのクエストであれば活躍できそうかを主張
するという流れである。
どのクエストでも今イチ活躍でき無そうなら、「俺、ちょいと円卓で様子見ます
わ。」というのもありである。
※要注意点として、他のプレイヤーに所有カードが具体的にわかるような発言は
禁止されている!

クエストはいわゆるアーサー王伝説にでてくるエピソードに則していて、
・ランスロットとの戦い
・聖杯の探求
・エクスカリバーの獲得
・諸外国の侵略
などなどである。
※他にも黒騎士との槍試合とかあるけど、そんな話あったかどうか忘れた。

プレイヤーは手番の前に、悪の進行フェイズを処理しなくてはならない。
悪のカードを引くか、キャメロット城に攻城兵器を置くか、体力を削るか。
悪のカードを引いた場合、そこに書かれているクエストを進行させなければなら
ない。(ほとんどの場合、悪側に有利になる。)
これは騎士が向かっていないクエストについても適用される。

つまり、全てのクエストは同時進行しているわけだ。
放っておいたクエストはどんどん悪に侵食されていくぞ。

IMG_1210.jpg

「下衆野郎!くたばりやがれ!」
ランスロットに挑むガウェイン。

大抵のクエストはプレイしたカードの強さで勝負がつく。
ただし、円卓の騎士側には”ペアでなければならない”や”フルハウスでなけれ
ばならない”などの制約がついている。

見事勝負に勝負に勝ち、クエストを攻略したら報酬が手に入る。

IMG_1213.jpg

クエストに勝つ事で円卓に白い剣が置かれる。
仮にクエストに破れた場合は黒い剣が置かれる。
最終的に騎士達が勝利するには円卓の半分以上が白い剣でなければならない。

クエストに失敗すると黒い剣だけでなく体力まで減る。
ちなみに体力がゼロになっても復活はできない。
過酷で緊張感のあるルールだ。

IMG_1211.jpg

白い剣を集めるため、騎士達は散り散りになって闘う。
なんともかっこいいじゃないかね。

人数が多い場合は裏切り者を混ぜてプレイする。
グッと難易度と緊張感があがるらしいので、一度試してみたい。

【所感】
円卓の一騎士となって、悪に立ち向かう臨場感が心地よいゲームです。
協力型ですが、「活躍したい!」と思える仕組みになっているので盛り上がりま
す。やたら豪華なコンポーネントがさすがです。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

紹介:陰謀

ハンス社の「陰謀」はそのタイトルどおりのテーマがよく再現されているゲームだ。
壮絶な心理戦がお手軽に楽しめる。
2人?5人。

IMG_1192.jpg

カードゲームとしては大きめの箱。と言ってもカルカソンヌの拡張くらい。
中身はすべてカード類。中でも正方形のカードが特徴だろうか。
づるづるカードなのがとても良い。

IMG_1195.jpg

これは目的カード。
このカードを集めるために各自がカードをプレイしていくことになる。
書いてある数字は得点であり、かつそのカードに少なくともプレイされるカードの数である。

欲しい目的カードの下に手札を伏せておいていく。
しばらくして、ならんだ目的カードのすべてが、少なくともプレイされるカードの枚数を超えたら、誰が目的カードを獲得できるかを清算する。

IMG_1197.jpg

プレイヤーはそれぞれ内容の同じ山札を各自で持っていて、その上から数枚を手札にする。
持てる手札の数は非常に少ないので、手札よりも場の状況や相手の策略を読むことに集中できる。
カードのイラストは雰囲気があって海長は好み。

IMG_1201.jpg

伏せておかれたカードは、同じ列に次のカードがプレイされたらオープンされる。
そこでようやく、前に置かれたカードが何であったか判明するのだ。

カードにはバリエーション豊かな特殊能力がある。
次に置かれたカードを抹殺したり、組み合わせですごい能力を発揮したり。
「貴様!計りやがったな!」
という瞬間の連続である。

IMG_1204.jpg

ラウンド終了の図。
ここで精算時の特殊能力を処理した後、基本的にはプレイされたカードの数字の合計で目的カード獲得者を決める。
目的カードがなくなったらゲーム終了だ。

【所感】
特殊能力の数が多いけど、手札が少ないから混乱しないのが良いです。
ちくしょう!って場面が多くてとてもくやしい思いをしますが、それがおもしろいので不思議です。

| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

マリオカート Wii

突然TVゲームの話で恐縮なんだけども、任天堂のマリオカートがすごい。
Wii関連はおっそろしくユーザー研究してるなぁとは思っていたけど、今回も抜け目ない。

まずはこのコントローラー。
IMG_1164.jpg
Wiiハンドル。
ちびっ子が遊びやすいようにかなりコンパクトにデザインされている。
軽いので右へ左へとぶんぶん振り回しても疲れない。

操作性についても問題ない。
これまでボクシングなどではかなりおおざっぱな感知をしている感があって不安だった。
しかしこれは完璧に反応している。カートを運転している楽しさは抜群だ!

んで、さらにすごいのがWi-Fiマルチ対戦。
日本国内はもちろん、外国のプレイヤーともマッチできる。
しかもひとつのWiiから2人までマルチプレイに参戦できるのだ!これは大きい!

あと、個人的にかなりビックなポイントだったのがこれ。
IMG_11683.jpg
なんとマリオカートにMiiで参加できる。
Miiというのは似顔絵で自分や友達のキャラクターを再現したもので、感情移入度が高まる。
しかも設定された身長や体格で乗るマシンのタイプが決まる。う?ん、おれは重量級か。

IMG_1166.jpg
ドリフトドリフト????!!!

以上です。今夜にはボードゲームの話に戻ります。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

紹介:ふくろのネズミ

HABAの新作小箱ゲーム「ふくろのネズミ」。
推理VSブラフという古典的テーマながら、コミカルなコンポーネントで買いたくなる度も高い一品。
ハバ吉とHABAチャンプの座をかけて勝負。

IMG_1149.jpg

「エレファントレース」と同じサイズ。
コンポーネントはマンホールタイルとおまわりさんネズミ人形、そしてご褒美のチーズ。
マンホールの出来が良い。

IMG_1152.jpg

プレイヤーの一人が泥棒役を担当。(手に持ってるのが泥棒タイル)
フタがされた状態のマンホールにこの泥棒タイルを隠すのだ。
他のプレイヤーはおまわりさんネズミとなり、マンホールをひっくり返して泥棒を探していく。

IMG_1154.jpg

まずはポリス側プレイヤーの移動。
移動した先のマンホールをめくろう。
おおぅ。ここにいたのはブラックでした。

これが泥棒タイルならポリス側の勝利なわけだ。

IMG_1155.jpg

ポリス側が1手番行ったら、今度は泥棒の手番。
隣り合った二つのマンホールの位置を変えることができる。
変える場所は自由。
泥棒タイルをポリスから遠ざけるか、それとも関係ないタイルを動かしてブラフをかますか。。。

IMG_1156.jpg

発見!逮捕逮捕!!

決められた移動回数のうちに泥棒タイルを発見できればポリス側が勝利。
チーズチップを獲得。
そうでなければ泥棒側の勝利だ。

ブラフゲームは微妙に強くない海長はアホのハバ吉相手に引き分け・・・。

【所感】
ルールも簡単、時間もかからず気軽に駆け引きが楽しめます。
サイズ小さい。コンポーネント良質。と、いいところいっぱいのお勧めゲームです。

| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

紹介:おばけ階段(おばけだぞ?)

なんといっても駒が良い「おばけ階段」。現在は「おばけだぞ?」で流通。
記憶系でルールも簡単なためファミリー向け。
イラストもさることながら、混乱の誘い方が実に微笑ましいゲームである。
2人?4人。

IMG_1131.jpg

ドライマギア中箱。
イラストもかわいいけど、いつも右上にプリントされる”赤のブランド帯”がい
い感じ。

コンポーネントはボード、子供駒、子供駒にかぶせるおばけキャップ。
駒とキャップはオール木製で素晴らしい出来栄えである。

ちなみにゲームの目的は”おばけに惑わされず、より早く自分の駒を階段の最上
段へ進めること”である。

IMG_1136.jpg

階段の一番下からスタート。
この時点では子供の色で自分の駒を判断する事ができる。

手番になったらサイコロを振り、出た目の数だけ駒を進める。
このとき、どの駒を進めてもいいのがポイントである。

IMG_1138.jpg

サイコロでおばけの目が出てしまったら、駒を進める代わりにおばけキャップを
子供駒にかぶせなくてはいけない。(駒とキャップは磁石でくっつくようになっ
ているぞ。)
おばけキャップにはそれぞれ違いがないので、自分がどこにいるのかは記憶だけ
が頼りになる。

IMG_1142.jpg

さらに全員がおばけ化しているときにサイコロでおばけが出ると、どれか2つの
駒について、現在の場所を交換しなくてはならない。
(担当する色を交換するバリエーションもあり。)

これを続けるとだんだん自分の場所がわからなくなるというわけ。

IMG_1145.jpg

よし、ゴールだ!
となっても裏を覗いてみないと勝敗はわからない。

10分程度で終るので軽く遊べて、見た目も良い。

【所感】
どんなバリエーションを持ち込んでもガチンコで覚えようとすれば最後まで記憶
できてしまいます。
見た目もいいのでどうせならパーティーゲームとしておしゃべりしながら遊ぶの
が良いと思います。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

オフ海持込アンケート

オフ海諸君

ガンガンに二日酔いである。

宣言どおり下記日程にて「Days of Wonder maturi asagaya」を開催する。
朝っぱらから気張って来るがよい。

それでは持ち込み予定を列挙する
◎キャメロットを覆う影/Days of Wonder
◎ギャング・オブ・フォー/Days of Wonder
◎ゴーストハンター/HABA
◎キャプテン・クック/HABA
◎キーハーベスト/R&D
◎ノミのサーカス/Amigo
◎マメじゃないよ/Amigo
◎ピノキオ/Amigo
◎FBI/Phalanx
◎シカゴポーカー/Phalanx
○コロセウム/Days of Wonder
○チケット・トゥ・ライド/Days of Wonder
○ボーナンザ/Amigo
○リミット/Amigo
○ノートルダム/Area
○ラトルスネイク/Fantasy Flight Games
○コルサリ/RioGrande
○魚河岸物語/Queen Games
△クイーンズネックレス/Days of Wonder
△メモワール44/Days of Wonder
△バトルロア/Days of Wonder
△バトルライン/GMT
△ケイラス・マグナカルタ/Ystari
△クロンダイク/HABA

◎は持ち込み予定
○はベンチ
△は候補生

意見は直接メールでせよ。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

アメイジング・スペース・ベンチャー プレ報告

「アメイジング・スペース・ベンチャー」の翻訳がやっとこさ一段落。
これから大量のシール作成&実装が待っている。

IMG_1127.jpg

このゲームは未知の宇宙を探検し、新しい星々を開拓・渡航していく、まさにア
ドベンチャーゲームと言うに相応しい内容である。
プレイヤーは自分の宇宙船を宇宙航路に沿って進ませ、新しい星域を開拓していく。

とは言え、「アメイジング・スペース・ベンチャー」の一番の特長は
”得点する方法が異常に多い”
という所かと。

そしてその得点方法がカルカソンヌくりそつで、著作的にもクリアなのかこれは
というレベルである。(城、教会なんかはまったく同じシステムが存在する。)
要はタイル配置しながら宇宙船を進ませるゲームで、その途上で城ができたり教
会ができたりするわけ。
ただし教会にも宇宙船を進ませるための重要な機能がついたりなどの進化がある。

総じて言えば
『カルカソンヌという土壌を使用して、さらにその上で宇宙を大冒険する。』
という作りになっている。

まだプレイはしていないけど、人によってとる行動が様々になりそう。
シールがんばろ。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

紹介:クイーンズ・ネックレス

「クイーンズネックレス」は宝石商になって王室と取引するカードゲーム。
宝石を売り込むには手持ちの物量はもちろんのこと、時には王室キーマンを買収
することも必要である。
2人?。

IMG_1118.jpg

デイズ・オブ・ワンダー社はとにかく製品の質が良い。
カードゲームのわりに箱が分厚いけど満足感がある。

コンポーネントは基本的にカードだが、これがやたらとデカイ。
先日紹介した「ギャング・オブ・フォー」と同サイズだろうか。

カード以外にも宝石タイル、リング、さらにネックレスなど明らかに余分な豪華
さを伴ったコンポーネントが入っている。
まさにデイズ・オブ・ワンダー色だ。

IMG_1119.jpg

ゲームの基本は場に出ている宝石カードを購入して、合計3回ある売却市で上手
い事お金に変えることである。
一番の金持ちになったプレイヤーが勝利する。

手番では10デュカット分までカードの購入ができて、お釣りは戻ってこない。
効率よくカードを購入する事が基本である。

IMG_1121.jpg

購入する宝石カードは常に場に5枚出ている。
実は宝石カード以外にキーマンカードがある。彼らは買収する事により様々な効
果がある。

カードの右側に並んでいる数字が購入にあたる価格。
で、金色のリングが乗っている部分が現在の価格。
購入されなかったカードの価格は、誰かの手番が終るごとに1つずつ下がる。
あまり下がりすぎると場から消えてしまうが、需要が低いカードは値が下がると
いう商売の基本が抑えられているわけだ。

IMG_1122.jpg

山札から商人カードが出てきたら売却市の始まり。
各自がこの時点で売りたい商品を場に出す。ただし他の人と売りたい商品がバッ
ティングしたら、より多くその商品を出していたプレイヤーが売却できる事になる。
明らかに他人より持っていなそうな宝石は温存しておくのが良いだろう。

IMG_1123.jpg

また、各宝石の価格は常に変動している。
要素は
・ラウンド開始時の流行
・売却市での希少性
の大きく2つ。

流行している宝石は全てのプレイヤーが売りたがるので、希少性が薄れたりする
わけだ。
総じて宝石の価値はちょうどいい範囲でバラけることになる。

基本的なゲームのやりとりは以上。
ただしこのゲームの勝敗を左右するのは強烈な特殊効果を持った人物カードである。
宝石をただで没収する「王様」、相手にカードを失わせる「盗賊」や「贋作師」。
誰が何のカードを購入したのか覚えておく事も重要だ。

わざわざ実物まで付属している「クイーンズネックレス」のカードは極悪な「王
様」カードを返り討ちにしてさらに追い討ちを掛ける強烈カード。
確かにこのカードが活躍しないとこのゲームは盛り上がらないかも。

【所感】
大きなカードや金のリングなど、一瞬カードゲームとは思えない意気込みを感じ
るコンポーネントが特長です。
基本的には売却市での読み合いがメインで、それ以外は地道に他人の購入物をみ
て、流行をみてって感じの準備っぽい感じです。
個人的にはネックレスなんかつけるよりお金チップを入れて欲しいんですが。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

4月6日総括

なにやら忙しい週末でした。
というか、花見三昧。疲れた・・・・。
今日は御苑に行ったんだけど・・・酒類は持ち込み禁止じゃないの!?モラル低すぎでしょ。
小さな子がいても安心してこれる場所であってほしいよ。ホント。

で、うわさのこの本買いました。
IMG_1115.jpg

いやぁ。これはイイね。わかりやすいし。
やっぱ本にはテーマが必要だよね。お勧めです。

で、ついにTBSの「THE 世界遺産」です。観ました観ました。

当初かなり心配していましたが、むむむ、なかなかやりますな。
内容はかなり変わりましたが、やりたいことは良くわかりました。
ちょっと感じたことなど。
・カメラワークが大分変わりました。旅行者視点と、概観を大きくとらえるショットが多かったです。
・旅行番組のような構成です。迫力や説得力が薄れましたが、臨場感がアップしたように感じました。
 身近な世界遺産。という感じです。
・市村さんのナレーションは個人的に聞き取りにくかったです。
・危機遺産の要素を強調するようになりました。ユネスコの本分に近い、というんでしょうか。
・テーマが「ソング・オブ・ライフ」ではなくなりました。残念です。

パワーアップを感じますが、このクオリティで番組継続したらすごいなぁと。
個人的にはやはり日曜2330時の方が個性があって好きでしたが、こちらも良いです。
がんばってください。

で、実は欠品していた「アメイジング・スペース・ベンチャー」のルールブックが届きました。
IMG_1116.jpg

これまでネットからダウンロードしてましたが、要約モノが届きほっとしています。
現在カードを精意翻訳中です。

で、柔道選抜を観ています。
井上選手。何年か前は「柔道史上いちばん強い」と思っていましたが。がんばって欲しいです。
あ、棟田に勝ちましたね。(棟田選手は生でみるとやたらと動きが早く大迫力。)
あと、柔道漫画で一番面白いのは「柔道部物語」です。ホワッツマイケルの作者ですが、この漫画以外でまともに柔道やってる作品はたぶん無いと思います。古本屋へ行けば、柔道部員の汗がたっぷり染み付いた全巻セットが売っているはずです。
| trackback:0 | commnet:9 | BACK TO TOP |

紹介:エスカレーション

家族の休日は場所取り戦争!?
「エスカレーション」はクニツィア作の超お手軽カードゲーム。

IMG_1112.jpg

カードゲーム標準サイズ。メーカーはズィーマン。
内容物はカードのみだが、づるづるカードなのがすばらしい。
イラストが妙なリアルテイストというか、ちょっとグロい感じでアクが強い。

ちなみに初めて開封したとき、「あれ!ルールが入ってない!」とおもったらカードにルールが書かれていた。まぁ、場所とらなくていいわね。

IMG_1107.jpg

ルールは単純で、スタートプレイヤーから数字カードを出していき、次のプレイヤーは前のプレイヤーより大きい数字を出さなくてはならない。
出せなかったプレイヤーはそれまでに場に出されたカードをマイナス得点として引き取らなくてはいけない。
このマイナスが一番少なかったプレイヤーの勝ち。

IMG_1110.jpg

数字カードを出すときは1枚でなくてもOK。
同じ数字のカードならあわせて合計数の価値としてプレイすることができる。
だから10を超える大きな数字にも意外と立ち向かえる。

IMG_1111.jpg

他にもワイルドになるカードや、手番を飛ばせるカードなどがある。
数字ごとの枚数が違うのもポイントだろう。

手札によって勝負が分かれる場面もおおいので、小さい数字はコンボになったらすぐ出して手札の圧縮をするのが良いのかも。

【所感】
引き運がゲームを大きく左右するので、かなり気軽にプレイできるゲームです。
とは言え各カードの枚数などを把握すればそこそこ戦略的な手札の循環も意識できます。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

中池の変態DVD講座

中池が『History of Britain』なるDVDセットを買った。
いわゆるブリテン君達の歴史についてもんもんと綴られた変態映像集である。

これが英語版で7000円弱。まぁオタク専用DVDとしては安いんだろうなぁ。
なんかBBCのやつみたい。

んで、これが日本語版になると45万円也。

翻訳して、監修して、ダヨーネって感じだろうか。
図書館の本って高いのよね。

ところで銀英伝の文庫って新しく出てんのね。
うちの汚くて茶色いのはオサラバかな。

History of Britain: Complete Coll (5pc)History of Britain: Complete Coll (5pc)
(2002/11/26)
不明

商品詳細を見る

銀河英雄伝説 1 黎明編 (創元SF文庫)銀河英雄伝説 1 黎明編 (創元SF文庫)
(2007/02/21)
田中 芳樹

商品詳細を見る
| trackback:0 | commnet:5 | BACK TO TOP |

紹介:ナイスミドル

3人の中で一番のおしゃれ中年は誰か!
「ナイスミドル」はおしゃれ中年専用?の中間取りゲームだ。
セレブそっくりさんカードを駆使してTop of スリーを目指そう。
中池と魔toonを相手におしゃれ戦争だ!

IMG_1096.jpg

コンパクトな箱で、カード一枚分の大きさ。
もともと「はげたかの餌食」にちょい似のゲームということでカードの種類もほぼ同様。
各自に15枚ずつ配られる手札と、獲得目標となるおしゃれカード。

手札はナイスミドルな芸能人。
1?15の数字が割り当てられている。

IMG_1100.jpg

ルールははげたか似。
まずおしゃれアイテムカードが場に2枚公開される。
これに対し、3人のプレイヤーが思い思いのカードを伏せてプレイする。

IMG_1099.jpg

そして一斉に公開。
ただし一番数字の大きいカードが勝つのではない。
ナイスミドルだから
勝つのはまさに中間の数字を出したプレイヤー。このプレイヤーが好きなカードを1枚取って、残りのカードは中間になった数字に近いプレイヤーが取る。

IMG_1101.jpg

最終的に得点の一番大きいプレイヤーが勝利。
プラスでもマイナスでも集めまくるアホな魔toon。

IMG_1103.jpg

とにかくカードのセレブイラストが激似。色彩もいい。
また、はげたかでは単純に数字の大きいほうがいいのだが、このゲームはどの数字が強いのか判断が難しい。普通に考えるとジョン・トラ○ルタの8が最強で、末端の1や15は弱いように思うのだが、マイナスカードを取り難いという点ではどちらも使い様がある。
※ブラピが1なのは「ナイスミドルとはいえないから」だけでなく、「おしゃれでミスをしない」という意味もあるかもしれない。

自分以外のプレイヤーが出したカードをカウンティングしておけば、今どの数字が強いカードなのかを掴み易いだろう。

【所感】
タイトルやテーマどおり、かる?い気持ちで遊べるゲームです。
トラボ○タカードでナイスミドルを取ると80点のボーナスになるので、この使いどころがゲームのハイライトであり、盛り上がりどころです。
| trackback:0 | commnet:5 | BACK TO TOP |

紹介:キャプテン・クック

HABA社の新作「キャプテン・クック」をさっそく。
2人?4人用の変り種記憶ゲームで、童心をくすぐるコンポーネントの妙が光る。

IMG_1080.jpg

箱は大型クラスのHABA横型Lサイズ。
マット、望遠鏡、眼帯、お宝類などワッサワッサ内容物が入っているのだが、
物自体は軽い。
スカスカ?っと一瞬拍子抜け。

IMG_1081.jpg

とはいえさすがHABA。コンポーネントは必要以上の水準で用意されている。
眼帯とか、何気に始めて装着したよ。

ゲームは誰か一人がキャプテン・クック役となってマットに宝島チップを散りばめる。
そんでもってラウンド開始。

IMG_1085.jpg

ゲームの目的はマットの上に散りばめられたお宝を記憶すること。
マットがボードではなく、布製ってところもいい。
散りばめられたお宝は望遠鏡を通して見るルールになっていて、もう一方の目は眼帯でふさいでおく。
望遠鏡の小さな穴から覗き見ると、まさに宝島を探している感覚が味わえてすごい!

IMG_1088.jpg

望遠鏡から除くとこんなかんじ。
マット全体に広がっていると記憶はおろか、全て探すのも大変だ。

制限時間が経過した後、どれだけ覚えているかを1人1つずつ発表していく。
発表できた数がそのまま得点になるわけだ。

IMG_1094.jpg

得点はマット周辺の模様に洗濯バサミみたいなのをくっつけて目印にする。
この辺りの感覚というか、センスというか、さすがにやるねぇ。
ちなみに上級ルールではコインを横に置く事で発表してはいけない宝などが追加される。

【所感】
童心に還って宝を探す。これにつきると思います。
望遠鏡を覗く楽しみを、雰囲気抜群なコンポーネントが全力でサポートしている。
とてもHABAらしいゲームだと思いました。
ファミリーで楽しめます。
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

サンダーボール作戦

今日は久々に007を観る。POLの所蔵からくすねてきた「サンダーボール作戦」。
何度観てもいいねぇ。
特に冒頭の秘密結社会議シーンでNo.9が公開処刑されるところ。
No.7とNo.10の汗拭きっぷりがすばらしい。

ボンドのボードゲームとか出てくんないかあぁ

話は変わって、本日のエイプリル・フールよりなかなかユニークなゲームが発売される。
IMG_1077.jpg

その名も「ナイスミドル」。3人用ゲーム。取り扱いはすごろくやさんにて。
ハゲタカの餌食に似たゲームだが、ナイスミドルだけに中間の数字を出したプレイヤーがカードを獲得する。
獲得するカードがおしゃれアイテムというのがおもしろい。
セレブそっくりさんカードを駆使しておしゃれミドルを目指そう!

プレイでき次第ここでも紹介したい。

イラストがすごくうまいし、カードの色彩もきれい。
ミドルなジョークが効いていてグッド!
結構つかえるんじゃない!?
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |
| ホーム |

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。