スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

浅草テーブルゲームフェスタ2008

今日は朝から浅草でテーブルゲームフェスティバルが行われておりました。
HABA吉がお寝坊なこともあり、1人で貿易うんちゃらというマニアックな会場へ向かう。
途中、前から手を振ってやってくる人がいたので誰かと思ったら(ここで顔見知りのひとなど少ないからね)、すごろくや店長。
クリスマス前ということもあり繁忙期のようで、いまから店に戻るという。朝早くからお疲れ様です。

会場の写真はとれなかったんだけど、レイアウトは去年とほぼ同様。
でも人の数は倍くらいに感じました。10分くらい前について、すでに階段まで並んでたし。

で、開場してみれば今回はいろいろな店に列が別れていた。
バネストだけじゃなく、ホビージャパン、メビウスなどなど。
特に最近精力的なところを見せているホビージャパンが元気。
メビウスはたぶんドミニオンを少量出したんだと思う。

自分はZ-manの「ワサビ!!」と、聞きなれないメーカーの「マチュピチュの王子」を。
マチュピチュは箱イラストがバカ丸出し(もっと勉強してから描けよな!)だけど、中身はわりとまともで良かった。

用事は20分くらいで済んでしまったので、後追いでやってきたハバ吉といつもどおり「のぶ」へ。
200811301202000.jpg
ヒレステーキをいただきました。
やわらけー。
また来ます。

その後は人生初の浅草花やしき訪問。
詳しくはまた書くかもしれないけど、一番良かったのは「スターショット(だっけ?)」。フリーフォールの上がってく方が重視みたいなやつ。
200811301332000.jpg
海長はこういうの超大好きで、ビューーン!!と舞い上がったときには気分が頂点に達して空中大の字。ヒョヒョーーーー!!
これ、なかなかやるね。
しかしちびっ子率の高さにはビックリしたなぁ。

最後にチラッとTGFによったら、ミケーレ・ダ・フクーチが中国の黒い牌にかじりついてました。
スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:4 | BACK TO TOP |

生麦麒麟麦酒工場見学通信

今日は同僚の皆と生麦まで麒麟麦酒工場の見学に行きました。
初めてのビール工場見学です。

残念ながら一番楽しみにしていた「瓶詰め工程」が今日はお休み。
でも最後にビール飲ませてもらって上機嫌。2杯もくれんのね。
IMG_2754.jpg
おいしかったです。
見学中に醗酵前の甘苦いビールの赤ちゃんを飲ませてもらったけど、これがここまで洗練されるんだねぇ。ビール職人さんはすごいね!

IMG_2756.jpg
外には貯蔵タンクが並ぶ。
はぁ?。なんてかっこいいんだろう。

最後はレストランでバーベキュー&暴飲。
ちょー頭痛いよ。
明日は起きれないな。
| trackback:0 | commnet:9 | BACK TO TOP |

ス?&フ?

昨夜は社会人とは思えない程深夜まで起きていました。
溜まっていたルールも読み抜き、ようやく中身をじっくりさわれる段階に。
まずは「ごきぶりスープ」をチェック。

IMG_2753.jpg
基本的に「ごきぶりサラダ」とやることは変わらないものの、「ス?」「フ?」という変なリアクションが増え、より手ごわくなった印象。
またメビウスおやじさんがサラダと合わせても遊べるというようなことを言ってらっしゃったとおり、カードの裏面はサラダと一緒。
和訳ルール、原典ルールともに合わせて遊ぶ方法は書いてないけど、普通に想像がつくのでまぁいいか。
それで面白くなるとは思えないけど。
逆にカードの表裏の色合いが違って気持ち悪いので、スープはスープらしいカード裏にした方が良かったように思う。
と、やや辛口。
そうそう!箱の質が変わってるよね!「ズライカ」に似たガッチリ材質。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ルールブック三昧

エッセン後のラッシュでルール読む量が半端じゃありません。
しかしなんだか小難しいのが多いですなぁ。
ルール読むのは全然苦じゃないんだけど。

ドミニオンのルールも読みました。カード説明の箇所がきついです。
付属しているシールは、残念ながらルールブックに貼り付けました。
これはリファレンス作った方がよさそう。

このラッシュを機に我が家のリストを循環させる必要もあるなぁ。
今週末は忙しそうだ?。
| trackback:0 | commnet:8 | BACK TO TOP |

紹介:フォーミュラD (F-1編)

あの「フォーミュラ・デ」がAsmodeeからリメイク!
しかしタイトルは「フォーミュラ・D」。“デ”じゃない。
一般道レースとGTカーが仲間入りしたことから、おそらく“D”はドリフトではないかと。

IMG_2733.jpg
箱がかなり分厚いくデカい。
これはマップが広いのと、ギアボックスが導入された影響。なにかと嵩張るコンポーネントが多いからしょうがないか。
前述したとおり今回はGTカーが仲間入りしたので、箱イラストにもケバい車が登場している。
基本的には「フォーミュラ・デ」のルールを踏襲するのだが、GTカーを使用する場合には使用する車によって個性や特殊能力があり、ゲーム感が変わる。
今回はF-1編に絞っての紹介とし、「一般道マップ」と「GTカー&キャラクター」については改めて紹介したいと思う。

IMG_2734.jpg
モナコマップ。
「フォーミュラ・デ」は持っていないので細かな違いがあるかとかは不明。
マップがでかいのは相変わらずで、いわゆるL箱サイズ×12の面積。ボード自体が2つに分かれてしまっている。

IMG_2735.jpg
プレイヤーは自分のF-1カーを選び、ギアボックスを受け取る。
ギアボックスは自車の状態をあらわすもので、現在のギア数、パーツの耐久力を示すものだ。
これには初心者用の“総耐久力”型と、上級者用の“各パーツ耐久力”型の2つが用意されている。
慣れてきたら上級者用のルールで遊ぶと良い。

IMG_2739.jpg
手番になったらサイコロ振って車を進める。つまり基本はすごろく。
しかしそこは名作ゲーム、転がすサイコロに工夫があるのだ。

前述したとおりこのゲームには“現在のギア数”という概念がある。
そしてこのギアの段階によって転がすサイコロが異なるのだ。
例えば1速であれば1?2しか出目がないサイコロを使わなければならないのだが、6速であれば21?30までのサイコロを使うことになる。
シンプルながら「おぉ?」っと感心してしまう。

IMG_2740.jpg
さらに重要なのが“カーブ”の存在。
このゲームでは各カーブごとに、車がいったん止まらなければならない回数が定められている。1回とか2回とか。
つまり、カーブごとにそこに滞在しなくてはいけないターン数が決まっているということ。
これによって、急カーブを高速でスーーッ!と通り抜けることが出来なくなっているのだ。
カーブ前にはギアを調整しないとね。

もしカーブで止まれないような出目が出てしまった場合にはブレーキを踏むか、タイヤの耐久力を消費しなければならない。これを続けていくとリタイアになってしまう。
それ以外にもライバル車との接触や、2速以上のシフトダウンで対応するパーツの耐久力が消費されていく。

IMG_2743.jpg
最後まで走りきるには的確なシフトチェンジが大切だが、勝負に勝つにはギリギリまでマシンを追い込まなければならない。時には一発リタイアを覚悟でコーナーに高速突入することもあるのだ。

2人で1周30分。人数に比例してプレイ時間も上がってくるので、多人数でピットありの2周以上をやろうとおもったら結構時間がかかるだろう。

次回、“GTカー編”に続く

【所感】
計画的かつ柔軟なシフトチェンジが求められるあたり、緊迫したレースのイメージが良く再現されています。堅実に走りきるか、ギリギリを狙って少しでも前に出るか、プレイヤーの個性が出るところです。
ルールとしては細かな処理が少なくないので、はじめは簡単すぎると思うくらいでも初級ルールからやりはじめるのが良いと思います。
はやく次のマップ出ないかなぁ。
| trackback:0 | commnet:8 | BACK TO TOP |

TGFとカジノロワイヤル訳

浅草のテーブルゲームフェスタが今週末まで近づいてきました。
一番の楽しみは近くのハンバーグ屋さんで限定サーロインを食べることです。
もちろん日によって肉のコンディションが異なるけども、コストパフォーマンスはピカイチ。
浅草は今後しっかり開拓していく予定。

で、全然話は変わって、
みっともない訳なので躊躇していたのですが、少量なれどある程度数もまとまりそうなので、カジノロワイヤル訳ルールの公開準備を進めています。

といってもブログという身分なもんですから、近々ダウンロード用のページを作らなければいけません。多分。
一応粗末なリストも作りました。専用ページが出来るまではこんな感じです。
カジノロワイヤル訳一覧
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

スピードレーサーとフォーミュラD

例の和製アニメの映画リメイク、「スピードレーサー」を借りてきて観ました。一応ブルーレイ版で。
スピード・レーサー (Blu-ray Disc)スピード・レーサー (Blu-ray Disc)
(2008/11/19)
エミール・ハーシュクリスティーナ・リッチ

商品詳細を見る


劇場の予告でチラ見している限りは「レースシーンがみにくい感じだなぁ?」っとか思ってスルーしてましたが、これは誤りでした。振り切ってる!素晴らしい!なんつーアホな映画だ!
クリスティーナリッチも綺麗だぁ。
今年は「プラネットテラー」といい、B線の超傑作に恵まれたなぁ。

で、妙にリンクしたのが「新フォーミュラD」。
IMG_2732.jpg
どうも基本のルールは初級・上級ともに変わらないんだけど、一般道レースが加わったことでキャラモノGTレースも楽しめるようになったみたいだ。GTカーレースの場合のみキャラに個性がでるぞ。
箱がやったら分厚いので購入を検討している人は考慮しておこう!(バトルロアサイズ。)
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

1123吉祥寺通信

昨日は疲れたので井の頭公園でお散歩と相成りました。
最近微妙にじじ臭いブログになってきています。
IMG_2730.jpg
さすがに連休中と合ってかなり混雑。
まだジブリ美術館方面はピークどころか真っ青なところもあり、一番綺麗な季節はもうちょい先なのかもしれません。

ひさびさに“いせや”のシュウマイを食べたいなと思ったんだけど列が長くて断念。
この辺はいつの時代も大学生に人気ですな。

IMG_2731.jpg
家では「ベッポ」対決が行なわれました。
このゲームはHABA吉が強い。しかし今回はイーブンで終わらすことに成功。
かわいくておもしろいです。ハンズあたりで一個開封してサンプル置いてくれれば広がるかもしれないなぁ。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

紹介:ダイヤモンドクラブ

19世紀英国の大富豪になって絢爛豪華な庭園を造ろう!
もっとも素晴らしい庭園を造り上げたプレイヤーがダイヤモンドクラブの代表者になれるのだ。

IMG_2716.jpg
ラベンスバーガー製で、正方Lサイズ。
タイルやら駒やらお金やら、とにかく細かなコンポーネントがどっさり入っていて、ジャラジャラ重い。
ボックスデザインは非常に地味。かろうじて貴婦人のイラストに華がある程度だ。

IMG_2719.jpg
開始直後のゲームの全景。
とにかくタイルの種類が多いので、それを並べるのでも一苦労・・・。
このあたりのモノの多さはやや煩雑な印象。

庭園を造るための敷地(ボード)は1人1枚ずつ配られる。
中央に見えるのが共通のゲームボードになる。

ゲームの目的は先に述べたように“豪華な庭園を造ること”だが、そこに至る主な流れは以下の通りである。
?:お金でダイヤモンド獲得のための設備投資や技術投資を行なう。
?:?で手に入れた設備を使用して宝石を手に入れる。
?:宝石を支払って庭園に建物を建築する。

このとおり、実際の建築を行なうまでにいくつかの段階を踏まなくてはならない。

IMG_2723.jpg
まずは?の投資フェイズ。
ゲームボード上に毎ラウンド並べられるマーケットに、スタートプレイヤーから順番でコインを置いていく。コインを置いたところに書いてある設備やボーナスは即座に手に入れることが出来る。
ただし、コインを置きたいマスと隣接しているマスに既にコインが置かれている場合は、隣接するマスのコインの数だけ余分にコストがかかってしまう。
例えば置きたいマスの上下に1枚ずつコインが置かれていた場合は、3枚のコインを支払わなければならなくなるのだ。

IMG_2725.jpg
宝石獲得のための設備タイルは自分のボードの右下の方にでも置いておきましょう。
これらは?のフェイズにならないと宝石に変えられないけれど、?フェイズで投資できる対象には「植林技術の向上」や「増資」、「スタートプレイヤー権利ポイント」、さらに?フェイズを待たずして庭園に建築できる“動物タイル”などがある。

また、?の投資フェイズで「スタートプレイヤーの権利ポイント」が最も高かったプレイヤーはダイヤモンドを1つボーナスとしてもらえる。さらに最もお金を残していたプレイヤーもダイヤモンドを1つもらえる。
(残額ボーナス狙いであまりに早く投資をやめてしまった場合、確かにダイヤモンド1つはもらえるのだが、他のプレイヤーも割り切ってコイン使いまくりなので注意されたし。コインはラウンドが終われば全回復するのだ。)

IMG_2720.jpg
投資フェイズが終わったらお楽しみの?。宝石獲得フェイズだ。
?で獲得した宝石の種類、採掘権、輸送船の3タイルの組み合わせを出すことによって対応する宝石を手に入れることができる。(赤、青、緑、黄)
ただし採掘権と輸送船には数字が書かれていて、この2タイルのうち数字の低い方の数が宝石獲得数として採用される。仮に採掘権が5だったとしても、輸送船が1だった場合は獲得できる宝石がたった1つということになる。

IMG_2722.jpg
次に?、建築フェイズ。
ここまで来てようやく庭園に施設を経てることができるのだ。
スタートプレイヤーから順番に、ボード上に書かれている色の宝石を支払うことで対象の施設を庭園に建築することができる。(施設タイルを取って自分の庭園ボードに配置。ダイヤモンドは何色にでも対応可能なジョーカー宝石。)

建築は宝石を払うことができるのであれば複数の施設を建築することも可能。
ただし、既に他のプレイヤーがそのラウンドで建築した施設にはマーカーが置かれ、2番目以降に建築しようと思った場合はマーカーの数だけ余分に宝石を支払わなければならない。
この建築順の悩ましさは?フェイズのジレンマに似ている。

建築した施設はそれぞれに勝利ポイントが設定されているが、それ以外にも同じ施設を複数建築した場合のボーナスなど、条件を達成することで支給されるボーナスがいくつかある。だからどの施設を狙っていくのかを考えた上で必要な宝石を?でゲットするのだ。

全員が建築を終了したらラウンド終了。
このラウンドを何回かこなして行き、誰かが規定数以上の施設を建築したらそのラウンドでゲームが終了する。

IMG_2726.jpg
これは薔薇園を中心とした庭園完成の図。
施設組み合わせによるボーナスタイルも沢山獲得している。
ちなみにこの庭園での勝利ポイントは73点。

IMG_2728.jpg
対するは海長の基本戦略こと「植林庭園」。
ボーナスタイルは望むべくもないが、植林技術を最高にして樹木の価値を上げる作戦だ。
樹木は低コストで宝石の色指定もないのでかなり手軽な施設。植林技術さえ鍛えればお手軽に得点を稼げる。
この植林庭園の勝利ポイントは83点。
やはり中々効果がある。

また、動物は?フェイズでサクッと手に入るので、一気にゲームを終わらせて逃げ切りたいプレイヤーには非常に便利。

このように勝利に向けていろいろな作戦が考えうるが、投資と建築の際は他プレイヤーとバッティングしていない方が有利になるので、ライバルの方向性確認が重要だ!

【所感】
勝利条件を整えるまでの手順が多いので、どうやったら勝てるかが程よくボンヤリしています。
庭園をちょこちょこと完成させていくのが喜びです。
宝石もカラフルにジャラジャラしていて持っているだけでうれしい。
ラウンドのフローが長めなのと、前準備がとても大変なのがおしいところ。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

1122御岳山通信

紅葉シーズンということで御岳山に行きました。
首都圏ではピーク時期ということもあって結構な混み具合。※写っている方は通りすがり。
IMG_2709.jpg

紅葉も綺麗だったけど、今回は樹齢を積んだ大木達に圧倒された。
素晴らしいスケールでした。

IMG_2714.jpg
その後ハイキングコースをちょっとはずれて滝を見に。
ここに降りるまではかなり険しい道を下りました。ご年配の方々が来るのはちょっと厳しそう。

しかし問題はここから。ケーブルカー方面へ戻るための道がめちゃんこ急勾配だったのだ!
なんとか本道に戻ったときにはもう足プルプル。
散歩気分で来たのが見抜かれたのか、山の神に懲らしめられたようです・・・。

家に戻って、本日の外出先とは全然関係ないゲーム。「ダイヤモンドクラブ」。
IMG_2719.jpg
これおもしろいんですが、用意が疲れます。
グッタリ。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

紹介:小さな迷子たち

HABAの小箱ゲーム「小さな迷子たち」はつかみどころの難しいキッズゲーム。
一応記憶ゲームにあたると思われる。
迷子になってしまった熊、ウサギ、アライグマ、小鳥の4匹が、パパママの足跡を頼りにお家を目指すというテーマだ。

IMG_2690.jpg
「くまのブルム一家」を思い出す和み系イラスト。
動物駒が4種類もはいってるので少しお得な気分。
両面に異なる動物の足跡が書かれたタイルが沢山入っている。
コンポーネントはこの駒とタイルだけ。

IMG_2692.jpg
まずは4匹を並べて、その前に4列の道を作る。
はじめはいろいろな動物の足跡がバラバラにならべる。
この状態から、動物達は自分の親の足跡を見つけていかなければならない。
※ちなみに動物の数=プレイヤーの数なので、2人の場合は2列。
自分の担当する動物を決めたらゲームスタート。

IMG_2694.jpg
手番になったら自分の動物の前のタイルをめくり、自分の前にいったん置く。
※注意!そのまま取るのではなくめくらなくてはいけないので注意。
次にめくって出た動物の前に並んでいる道(タイル)に注目。
この動物の前に並んでいるタイルの中から1枚を選んでめくってとり(このときもめくってとるので注意!)自分の前にいったん置いたタイルと交換する。
交換したタイルは自分の動物の前に置く。

つまり最初にめくった足跡タイルは、正しい持ち主(?)の前方に置かれ、交換されたタイル(これは自分の足跡かわからない)が自分の直前に置かれるわけ。

IMG_2695.jpg
もし動物の直前にある足跡タイルが動物の種類と一致したら、その動物はお家に向けて進むことが出来る。
これは連続で一致しているかぎり進めるので、一気に数歩進むと言うこともありうる。

IMG_2696.jpg
後半になると動物の前方には自然と一致したタイルが並ぶようになっているので、加速度的にゲーム展開が速くなる。
さっきまでビリだったのに!なんてことはザラ。

自分の足跡がどこへ飛んでいったかをよく記憶しておくと役に立つのですが、これはかなりメンドクサイ^^

【所感】
迷子の動物がお家目指してというシチュエーションは結構かわいくてよいと思います。ゲームとしてはどうすると勝てるのか、そもそもほとんど運なのかよくわからず、掴みどころの無い印象でした。
ひよこの駒がかなりかわいいです。
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

街へ行こうよ

「どうぶつの森Wii」が発売されますね。
今度は“街に行こうよ”ですか、まぁ想像の範囲です。
リリースタイミングは正直遅すぎると思う。DS持ってる人が、今度はWiiを持つようになるまで待ってたんだろうか。とにかく最近のNINTENDOはスピード感がいまいちです。

古さを感じさせないゲームなのでDS版もかなり長いこと売れ続けたんでしょうけど、比較的初期からやっていた人は“懐かしい”のレベルではないかと。
しかもDSからデータ引き継ぐってんで、売っちゃった人なんかはもう一度やる気はせんでしょうなぁ。

街へいこうよ どうぶつの森(ソフト単品)街へいこうよ どうぶつの森(ソフト単品)
(2008/11/20)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

このゲームの良さは、味のあるキャラクターが作り出す“妙な実在感”だと思う。
突然やって来たと思ったらドライに去っていく住人達にも中毒性がある。
やたら種類(人数?)がいるのでお気に入りの住人なども出てくるのだ。
※当時「レイニー」というカエルの住人が大のお気に入りで、こいつが引っ越していってしまった時の大ショックが私をこのゲームから遠ざけたのだ。

え!?なんて幼稚なゲームをしてるのかって?
劇場映画とかのイラストでは完全に子供向けになってるけど、けっこう大人が楽しめるように作ってあるんですよ!
新NINTENDOが一番ノッてる時の作品だしね。
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

海賊の入り江 in Days of Wonder

お世話になっている方からも依頼がありましたので、ちょっと振り返ります。
「海賊の入り江」のAmigo版とDays of Wonder版は微妙に違うので、例えば海外輸入をして、Amigo版のルールで遊ぼうとすると一部わからない箇所が出てくるはずです。
たぶん今の段階ではDays of Wonder版の和文ルールは公開されていないと思います。(あったらおしえてちょ^^;)

IMG_0531.jpg
基本ルールは大きく変わりませんが、カードに関するところが更新されています。
特にアクション・イベントカード類に新しいカードが10種類弱導入されています。
オウムは同じ効果のものがAmigo版にもありましたが、一部効果が変更になっています。
他にも効果の変更になったカードが数種類ありますので、要注意です。
黒海賊についてはカードが増えてルールも微妙に追加があります。

どんちゃん系のゲームという印象ですが、好きなゲームなのでDOW版もいっぱい出回ってくれるといいなぁと思っています。
カード差分テキストはかなり前に手書きで作ったのであまり自信がなく、掲載する度胸が・・・^^
近々まとめます。

とりあえず中途半端なデータですが、
【無くなったカード】
★アクションカード
・カード交換Kartentausch
・挑戦Herausforderung
★戦闘カード
・秘密の武器Geheimwaffe
・サボタージュSabotage
【名前を変えたカード】
★アクションカード
・強化Verstarkung ⇒MasterCraft
・新しい帆NeueSegel ⇒Squiretrelawhey's Parrot(効果も一部変更)
・新しい大砲NeueKanonnen ⇒Long John Silver's Parrot
・新しい船員NeieCrew ⇒Billy Bone's Parrot
・新しい船倉Neue Laderaum ⇒Captain Frint's Parrot
【新たに加わったカード】
★アクションカード
・SecretMap
・SixGunsalute
★戦闘カード
・Treson over board
・Avast belay
・Powder Keg
・Going on the account
・Privateering Comnision
・Consort
・Crow's nest
★黒海賊カード
・Captain Hook
・The Flying Dutchman
・BlackBeard
・Ann Bonny &Mary Read
他、海賊いくつか。(←メンゴ!)

以上は殴り書きのメモなので抜けがあるかも。
ご指摘承っております。
| trackback:0 | commnet:5 | BACK TO TOP |

紹介:パワープレイ

gioco del mondoさんの紹介(ファントム・オブ・ジ・アイス)を見て以来、長い間欲しいと思っていた「パワープレイ」をようやく囲い込むことができた。
アイスホッケーは全然詳しくないんだけど、柔道部だったためか5対5のチーム戦というシチュエーションに燃えてしまう!
まだ3人プレイしかしたことがないが、もっと大人数でシリーズ感を楽しめるとさらに燃えそう。

IMG_2699.jpg
Amigoカードゲームサイズ。
前述したとおりアイスホッケーをテーマにしたゲームだけど、キャラクターはネタものというか、パッケージどおりハチャメチャな感じ。

IMG_2701.jpg
各プレイヤーはランダムで手札を受け取り、初期のチームを構成する。
チームのメンバーはオフェンス3人、ディフェンス2人、キーパー1人で、計6人。
つまり、手札は計6枚持つことになる。
カードには選手の能力が数字で書かれている。たまに★のマークがついた特殊能力つきの奴も。

IMG_2703.jpg
残りのカードはポジションごとにストックコーナーに山札になる。
ゲーム中に自チームのメンバーを補充、交換するときはこれらの山札の必要なポジションから1枚取り、新たなチームメンバーとするのだ。
つまり、この山札は選手の人材マーケットということになるだろうか。

手番では3つの行動から1つを選択する。
?ドラフトを行なう。
?他プレイヤーとトレードをする。
?試合を申し込む。

ドラフトを行なうというのは、前述したとおり山札とカードを交換すると言うこと。手札から1枚出して、同じポジションのカードを1枚得るという感じ。
裏向きの山札だから良い選手がくる保障は一切なしだ。

他プレイヤーとのトレードとは、まず他プレイヤーの手札から1枚引いて、その後同じポジションの選手を選んで1枚渡すというもの。
ドラフトに似ているが、ポジションを選べない分、他プレイヤーも巻き込むのでよりドラスティックな動きと言える。

IMG_2704.jpg
3番目の選択肢“試合を申し込む”はこのゲームの華。
このときのためにより強いチームを作っているのだ。(当たり前か。)

手番のプレイヤーと試合相手に指名されたプレイヤーは、自分の手札を1枚ずつ出して、それぞれの数字の大きさで勝負を行なっていく。(似たトランプゲームがありましたね。)
ただし、片方がキーパーだった場合はノーコンテスト。両方がキーパーなら通常通り数字で勝負。

この数字勝負での勝利毎に1点が入ったことになり、6枚終わった次点で点数の多い方が試合に勝ったことになる。
もし同点だった場合は、延長戦でゴールデンゴール形式になる。熱いね!

この試合での勝利を規定回数クリアしたらゲーム終了、というか優勝だ。
ただこのゲーム、強いチームを作って勝ち続けることが中々難しい。試合で強選手がいると見ると、いっせいにトレード攻撃にあうから^^
う?ん。逆ババ抜き感覚。

あと、中々侮れないのがこれ。
IMG_2705.jpg
乱暴者。(赤枠数字反転)
試合でこいつとぶつかった選手は即チーム離脱なのだ。
手塩にかけたチームに穴が開いていくのが悔しい。

また、実はこれらの選手はもともとのチームがあるらしく、ユニフォームがおそろいだったりする。カードの上にはチームのロゴらしきものも。
今度はこのチーム毎に分けて試合だけやってみようかな。

【所感】
団体戦好きは燃えると思います。
運に左右されているゲームだと思うのですが、チームを持っている感覚からか、微妙に監督責任を感じるのが不思議です。実際、私は弱いみたいです^^
| trackback:0 | commnet:12 | BACK TO TOP |

1116西荻通信

昨夜は更新忘れてTVの「犯人に告ぐ」を観ていました。
トヨエツかっちょえ?って感じで。

犯人に告ぐ犯人に告ぐ
(2008/03/21)
豊川悦司

商品詳細を見る

なんてことない連続殺人系サスペンスなんだけど、こういうのは観始めると止まらない。
丸々みました。
最後にトヨエツがベッドの上で目をかっぴらくシーンがあるんだけど、ありゃなんなのかね。
原作読め!っていうメッセージなのだろうか。特に伏線と思われるところがなかったので気になる?。
わかる人いたら教えてください。

んで、今日はめずらしく我が駅で事故があったようです。
年末がいつの間にか近づいてますね。

明るくいきましょー!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

1115東京通信

今日のランチは西荻の「ふぁん」というタイ料理屋へ。
わざわざ阿佐ヶ谷の「ピッキーヌ」に行かなくてもいいように、店を開拓中なのだ。

カイソーイ?だっけ?
ココナッツミルクスープのラーメンを食べました。
チキンは良く煮込んであっておいしかったです。

しかし気になったのは妙にレコオタのにおいがするBGM・・・。
帰りがけにCD棚を覗いたら、基礎ディランから60’sのマイナーポップバンドが無造作にならび、さらにマイルス・デイヴィス、そしてピエール・バルーをはじめサラヴァ・レーベル!
見える!見えるぞ!店主のレコオタの歴史が!

まぁ、中央線の住民なんて皆こんな感じですよ。
そうそう、レコオタと言えば本秀康&レココレの「レコードダイアリー2009」も発売になっております。
レコードコレクターズ増刊 レコード・ダイアリー 2009レコードコレクターズ増刊 レコード・ダイアリー 2009
(2008/11/14)
不明

商品詳細を見る

残念ながら画像が載ってませんが、ハリスンのマイ・スウィート・ロード仕様になっています。
最近人気が出てきているためか、本秀康の我侭が通るようになったんかねぇ。いや、その方がおもしろいんだけども。

その後、東京知識を養うために「小石川後楽園」に行ってきました。
200811151439000.jpg
もっと綺麗な写真を撮れただろ、と言われたらその通りなんだけど、鴨がかわいかったので鴨です。
草地をつっついてたんだけど、これは虫とか食べれるものを探してるのかなぁ?

紅葉はちょこっと。それでも緑との深いコントラストが綺麗だった。
しかしなんというか、騒音と空気の悪さが気になりますな。どうしようもないが。

帰りがけに初めてTOKYO DOME CITYとやらの中を通った。
結構開放感があって悪くないかも。アウトレット的。
ジェットコースター乗りてー!!

後楽園ゆうえんちは中学生のときの遠征以来。
古いエリアは変わってなくて懐かしゅうございました。
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

紹介:マーブルすくい

「マーブルすくい」はHABAのアクションゲーム。
スイーツの上に乗せるマーブルをいち早く集めた人がポイントを獲得していく。
一部に受けの良いお菓子系ゲームというやつ。

IMG_2680.jpg
箱は超ビックサイズ。
HABAの正方形タイプは中箱を越えると一気にこのXLサイズになってしまう。
「クロンダイク」や「象のトランペット」がそう。
置き場所が一番の問題である。

IMG_2682.jpg
箱はそのままお菓子の鍋に見立てられていて、その中に色とりどりのマーブルを転がし入れる。
各人は自分のスプーン(というか、ヘラ)を使ってマーブルをすくい上げることができる。
スプーンは小振りだが木製で良い感じ。

IMG_2683.jpg
誰かが注文カードをめくったらラウンドの開始!
注文されたお菓子に乗っているのと同じ組み合わせ、数のマーブルをすくい上げて自分のお皿へ集めよう!
マーブルは1つだったり4つだったりと難易度は様々。

IMG_2686.jpg
争奪戦が始まるともうごっちゃごっちゃ。
人数が多いほど荒れること間違いなし。
丈夫には作ってあるものの、箱が若干心配。

IMG_2687.jpg
最初に注文どおりのマーブルをそろえた人が注文カードをもらえる。
これを一番集めた人が勝ちになる。というシンプルなゲーム。

IMG_2689.jpg
感心するのは箱の裏にゴムポッチがついていて、ゲーム中に土台が動かないように工夫がされているところだ。
えらいねぇ。でも箱を重ねておいて置くと下の箱には跡がつくので注意。

【所感】
スプーンにマーブルを乗せるのが以外に難しいです。
これは器用にスプーンを操れる人が有利だと思います。
他人のスプーンへ意図的に危害を加えるのはやめましょう!
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

収穫の秋

地味に続くのですが「キーハーベスト」は相変わらず好きです。
何が良いって、タイル待ちのわくわく感と、否応なく降ってくるイベントタイルによる“グデ?”っとした脱力感。
「へー。農業って大変だね。(偽)」的な、それでも効率よく得点を狙っていかなきゃいけない状況が妙な世界を感じさせてくれる。
でも一番は味のあるイラストだよね!

IMG_2678.jpg
人の畑を除き見たり、自分の畑を眺めたり、チマチマを楽しむのが醍醐味。
でも大丈夫。タイルの引きがダイナミックにゲームをかき回してくれる。小さな箱庭の世界は自然と営まれるのだ。

しかしこのゲームはやりながら確認しなければならないことが多いので、完全に記憶していない限り中々プレイアビリティがあがらない。
ということで、イベントタイルと街人、労働者についてはリファレンスを作らなければと立ち上がるのである(超遅)
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

年末商戦始まる

どの業界も年末に向けて商品のリリースが始まったみたい。
エッセンの新作も某書店では既にお目見え。(例の宇宙開拓拡張は4個くらいあったのにすぐなくなったみたい。)
一応今期は自粛していくつもり。

今日はPS3で新ウイニングイレブンの体験版ができたのでやってみたんだけど、、、、
ついていけない。
こんなにむずかったけ?昔は手足のように選手を動かせたんだけどなぁ。
テベスとかミッコリとか、小さい選手が好きです。
PLAYSTATION 3(80GB) ウイニングイレブン x UEFA Champions League アニバーサリーBOX(クリアブラック)PLAYSTATION 3(80GB) ウイニングイレブン x UEFA Champions League アニバーサリーBOX(クリアブラック)
(2008/11/27)
PLAYSTATION 3

商品詳細を見る

あ!でも一番は我らがエスパルスのアン・ジョン・ファンだよね!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

紹介:アンギャルド

「アンギャルド」はフェンシングをテーマにした2人用カードゲーム。
2人用でも傑作の多いクニツィア氏の作品で、最近はフランス版も多く流通している。
ここで紹介するパッケージ以外にも、テーマを決闘に変えた「デュエル」やそのスターウォーズ版もあったりするけど、僕は直接触れたことはなく・・・。(SW版ウォンテッド。)

IMG_2666.jpg
アバクスのカードゲーム箱なのでAmigo同様コンパクト。
ただし横から開ける薄箱タイプなので耐久性は低め。
中身はカードと正立方体の駒。かなりスカスカなので間違って箱踏んだりしたらペシャンコ確定。

IMG_2668.jpg
まずカードを並べて試合場(ピスト)を作る。
各プレイヤーの選手駒はその両端に配置。
数字の書かれたサイコロは転がすためではなく、得点表示の役割になるので最初は“0”にして試合場近くに置いておこう。

IMG_2672.jpg
5枚の初期カードを受け取ったらゲーム開始。
カードには1?5の数字と、選手が突きを出すポージングが描かれている。
数字が大きいほどより大きな踏み込み(?)になっている。

IMG_2674.jpg
手番になったらカードを1枚プレイして移動か攻撃を実行。
その後手番終了時にカードを補充。(←重要)
最初は攻撃できるほど相手が近くにいないので移動することになる。
数字と同じだけ前か後にズリズリと。

IMG_2675.jpg
相手が射程距離に入ったら攻撃のチャンス!
相手までの距離と同じ数字のカードを出すことで突きを繰り出せる。
受け手側も同じく距離と同値のカードを出すことで回避することができる。

攻撃の場合は2枚以上のカードを出すことも可能。(もちろん同じ数字のみ)
その場合は受けては同じ枚数で、合計値が同じになるようなカードを出すことで回避できる。つまり、防御側はまったく同じ数字のカードである必要はない。

回避できた場合、もちろん防御側も次の手番で攻撃できる位置にいるわけなんだけど、やはり先手ほど優勢な状況とはいえない。
なぜなら、手札の補充は“手番の最後”だから。防御は相手の手番中に行なうので、自分の手番が回ってきてもカードが補充される前の手札で行動しなくてはならないのだ。
だからこそ“いつ攻撃できるか”の読み合いが熱い。

またカードが補充できなくなるまで戦いが長引いた場合は、より前に進んでいる方がラウンドを取るルールになっている。だから相手が踏み込んでくるのをじっくり待ち伏せばかりしているわけにもいかない。
なやましぃー!

そうこうしてラウンドの取り合いをするゲーム。
“前進攻撃”というさらにリアルな攻め合いを表現したルールもあるので、なれてきたら俄然こちらがお勧め。

【所感】
フェンシングのことは全然わかりませんが、チョコチョコとした駆け引き(失礼)が良く表現されてるんじゃないかと感心します。
ルールは簡単ですが、カードの構成を考えて相手の手札を読むのが大切です。
僕は接近接近で押し捲るプレイスタイルです^^
| trackback:0 | commnet:6 | BACK TO TOP |

YES!山の神

先日紹介したとおり、リトルビックプラネット(LBP)が引き続き熱い。
“革命”と言うにはいまさらな感じがするけど、少なくともTVゲームに関してはここ何年かで久々に感じた新鮮な驚き。
逆に言うとWiiにはそれがなかったなぁ。少なくとも個別のタイトルでは。
マリオカートがんばれ!Wiiはそれしかないだろ!

ただ、評判が上がってユーザーが増えているせいか先週はサーバエラーが多かった。まぁ繋げない時はオリジナルステージを作ってろってことかな。

IMG_2655.jpg
ステージ作成はかなり自由でよく出来ている。
言うなれば“アクションゲームツクール”なのだけど、デザインとしての素材の良さやユーザビリティの高さはこれまでのツクール系ゲームにはないレベル。
尚且つそれをアップして世界共有できるというモチベーションだ。

IMG_2665.jpg
自分のリビッツ(人形)を好き勝手にカスタマイズするのも楽しみのひとつ。
写真左から海長(山の神)、それにハバ吉。むらちゃんは許可取ってないので未掲載。
山の神は宇宙服に目鼻と葉っぱをあしらって。
飽きません^^
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

紹介:ちらかし放題(お部屋のお片づけ)

「ちらかし放題」は今年のヒットゲーム「ねこギャング」で期待大の“HABA×クニツィア”作品。
今回もタイルめくり系のゲームになるが、遊び方はまったく異なる。それでも記憶系でないところがキッズゲームの中でもクニツィアらしい。
放題はhiroceanさん作。「お部屋のお片づけ」の方は日本語公式ページに出ている邦題。
グチになりますが、公式ページの放題は「シルエット探偵」が「推理ゲーム」という味も素っ気もないタイトルだったりして、いつもイマイチです。

IMG_2641.jpg
「ねこギャング」と同じHABAの小箱。
小物が3つずつ書かれたタイルがいっぱい入っている。
コボルト駒も木製でかわいいつくり。

IMG_2633.jpg
まずはタイルを裏返しにして広げ、真ん中にコボルト駒を置く。
ここから手番の人が一枚ずつ表替えして行くことで、物が散らかり始めることになる。
しっかりと大き目のタイルなので広げると少しスペースが要ります。

IMG_2636.jpg
一枚ずつ裏返していくことで、小物が沢山散らかる。
このままめくり続けたら散らかる一方なんだけど、同じ小物が出た場合(たとえば、ハブラシが2つとか。)は、気づいた人がコボルト駒をとってその上に乗せることで、タイルを獲得、つまりお片づけすることができるのだ。

IMG_2637.jpg
散らかしては片付け、散らかしては片付け。
散らかるほど片付けやすくなるので、表向きになっているのはだいたい4枚?5枚くらいが平均的。
何が表返しになってるかを把握しておかないと、次々と片付けられていくので「しまった!なかった!」ってことになるぞ。
ちなみにお手つきは獲得したタイルを1枚捨てなければならない。

IMG_2640.jpg
取れるタイルがなくなったらゲーム終了。
一番沢山片付けた人の勝ち。

3枚揃ったら片付けられるなどをはじめ、少し難しくなる3つのヴァリエーションも用意されているぞ。

【所感】
小物の種類がいっぱいあるので、タイルを表替えしていくと賑やかになります。
コボルト駒を取るのは早い者勝ちなので、「あっ!」と思ったらいち早く掴みたいのですが、あまりに早く掴むと片方が既になくなっているものだったりしてウッカリということが良くあります。
ファミリーで楽しめますが、「くつしたオバケ」同様に普段お片づけをしなければならない人にはつらいかも^^

★洋々雑記:ちらかし放題
| trackback:0 | commnet:9 | BACK TO TOP |

紹介:お宝はまぢか

「お宝はまぢか」はちょっと変わったすごろくゲーム。

IMG_2642.jpg
HABA中箱。
内容物はボードと木製駒とサイコロ。あ、それに流木?かな。
海賊キッズ達が宝島に向けて出発!

IMG_2643.jpg
これがボード。
「ドラダ」に似た感じのマスになっていると思う。
自分の色の海賊駒を4つとってスタート地点に置いてゲームスタート。

IMG_2645.jpg
サイコロをふって出た目の数だけ、自分の海賊を進める。
自分の駒であればどれを動かしてもOK!ただし海のマスに落ちたらスタートに戻らなければならない。
写真のように船のマークが出たら1?5の中から好きな数字を選べる。

IMG_2647.jpg
動いたマスに他の駒があったら、その上に置ける。
下になった駒は上がどいてくれない限り動けなくなる。
動かす駒の選択肢が減るので、上に乗られるのは結構痛いぞ。

IMG_2649.jpg
普段は4つも動かせる海賊があるので早々海に落ちることはないが、前述のとおり誰かに乗られたりするとやむなく転落という事態に陥るようになる。
海に落ちた海賊はスタートに戻り、落ちた場所には流木が置かれることになる。
この流木の上には乗れるようになるので、後から通る海賊は楽になるのだ。

IMG_2651.jpg
ゴールに着いたら?と書いてある宝箱の上から順に置かれていく。置かれた宝箱の数字がそのまま得点。数字は?まであるので、最大得点は5番目に到着した場合の5点だ。
早く着けばいいってもんじゃないわけだね。

落ちたら駒を排除とか、いろいろヴァリエーションを導入して難しさを調整して楽しもう!

【所感】
シンプルなすごろくゲームですが、落ちないことを考えたり、5着ぐらいになることを考えたりと、なかなか悩ませてくれます。もっとシビアらしい「ドラダ」もやってみたいです。
駒とボードがとてもかわいいし、HABAの中でも値段とのバランスが良く、お勧めです。

★洋々雑記:お宝だ!
| trackback:0 | commnet:6 | BACK TO TOP |

インディアナ in ブルーレイ

出ました。
ブルーレイの方を買いましたよ。

インディ・ジョーンズ/ クリスタル・スカルの王国 スペシャルコレクターズ・エディション【2枚組】 (Blu-ray)インディ・ジョーンズ/ クリスタル・スカルの王国 スペシャルコレクターズ・エディション【2枚組】 (Blu-ray)
(2008/11/07)
ハリソン・フォードケイト・ブランシェット

商品詳細を見る

ルーカスファンとしては大満足な内容だっただけに、待ち望んでおりましたよ。
最近のハリウッドは魅せ方がとてもうまくなったかもしれないけど、こういう(レイダースそのままの)心暖まる映画作りを今後も続けてもらえると、とっても嬉しいです。

IMG_2621.jpg
ブルーレイを買ったらメディコムトイのベアブリックが付いてきた。クリスタルスカルバージョン。
よくも続いてるな、ベアブリック。たぶんコレクターとかいるんだろうね。山ほどリリースされる上にハイコストだから集めるの大変なんだろうなぁ。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

紹介:パクルー『シャクルー編』

メビウスおやじさんのブログによると、イギリスのマインドスポーツ総合競技の種目にもなっているという「パクルー」。
遊び方は難易度別に「シャクルー」<「アザクルー」<「パクルー」の3種類があり、最初は一番簡単な「シャクルー」から初めて順にこなして行くとルールを飲み込みやすくなっている。
今回は基本ルールを飲み込むための遊び方とも言える「シャクルー」の紹介。
(アザクルーを紹介するのには、もう少し経験値を積む必要がありそうなのだ。)

IMG_2613.jpg
厚みはあるものの、思うよりは小型の箱に入っている。
箱の中にはさらに4色の小さな箱が入っていて、その中に各色の駒が入っている。
この収まりの良い箱類はポイント高め。(他のゲーム箱との相性は悪めだけど・・・。)

IMG_2615.jpg
ボード全景。写真は2人プレイの初期配置。
ボードには駒をおくマスが書かれていて、3×3のボックスが9個集まっている形だ。
プレイヤーが動かす駒は矢印っぽい形をしていて、シェブロンという名前らしい。
やけに格好いい名称。

IMG_2617.jpg
手番で出来ることは、シェブロンを“一マス動かす”ことだけ。
動かせるのはシェブロンが向いている方向か、45度の斜め前方のみ。
そして移動した先に自分の色のマーカーを置く。

このマーカーの数が最終的な得点とイコールになる。
自分のマーカーが置かれたマスには入ることができるが、他プレイヤーのマーカーが置いてあるマスや、他プレイヤーのシェブロンが置いてあるマスには入ることが出来ない。

IMG_2618.jpg
また、通常の移動後は向きを調整することができないが、3×3のボックスから他のボックスに跨いで移動した場合にのみ、移動後に45度向きを調整することができる。
シェブロンは思うより融通が利かないので、これを意識しながら動かすことが大事っぽい。端に向かって移動していると、うっかり動けなくなることがある。(アホなだけ?)

IMG_2620.jpg
全てのシェブロンが動けなくなるか、もうマーカーが置けない状況になったらゲーム終了。マーカーの多い方が勝ち。

このとおり「シャクルー」はとても簡単なルールで初プレイでも押さえどころがなんとなくわかるのだが、「アザクルー」以降は特殊な動きやアクションが増えるので途端に奥行きが深くなる。
移動も一マス以上が可能になるので爽快感も増。

【所感】
見た目どおりのアブストラクトゲームです。
「シャクルー」は簡単なので万人向けのファミリーゲームと言えるでしょう。
木製の駒やシンプルなボードは好感度高めです。
シャクルールールだと劇的な逆転劇などはおきにくい感じです。
「アザクルー」はもう少し勉強してから書きます^^
| trackback:0 | commnet:4 | BACK TO TOP |

HABA「ちらかし放題」などなど

最近HABA情報がめっきりなくなってきたので、手持ちの新作情報を。
hiroceanさんブログにていち早くレビューされている「ちらかし放題」。

IMG_2607.jpg
HABA×クニツィアのゲームは「駐車場ゲーム」「ねこギャング」に続いて3個目?
この組み合わせの素晴らしいところは、子供ゲームでありがちな“記憶系”にたよらないところ。
今回の「ちらかし放題」はカルタにちょっと似ている。ただしひとつのタイルに3つのイラストが書かれていることで意外なおもしろさが発生するのだ。
乞うご期待。

hiroceanさんと言えば、ついにKOSMOS版「薔薇の記憶」が到着したとのことで早くもコンポーネントが紹介されている。わくわく。
うちの「写本と修道士」もスタンバイ。
IMG_2610.jpg
ほぼ個人のメーカーとしては特上のコンポーネントじゃない?
| trackback:0 | commnet:5 | BACK TO TOP |

リトルビックプラネット

最近、むらちゃんとハバ吉と一緒に「リトルビックプラネット」というゲームに夢中になっている。久々に次世代を感じるコミュニケーションツールだ。

リトルビックプラネット(DUALSHOCK3クリアブラック同梱版)リトルビックプラネット(DUALSHOCK3クリアブラック同梱版)
(2008/10/30)
PLAYSTATION 3

商品詳細を見る

リビッツという体長7cmの人形を操るアクションゲーム。
ステージの工夫やデザインもさることながら、ランダムで入ってくる諸国の参加者と無言の意思疎通をとりながら協力プレイしていくおもしろさはかなり新しい感覚。
CMもかなり流れているようだけど、このおもしろさはまったく伝わってないと思う。

IMG_2605.jpg
とにかく自由度が高いというのがウリだけあって、オリジナルステージ作成をはじめ個人の遊び方次第でいろいろなおもしろさを発見できる。
オリジナルステージにいたっては既にアメリカ周辺のマニア達が作成した力作がコミュニティにアップされている。このオリジナルステージに万国から集まったプレイヤーが協力して挑む妙な国際感。

オリジナルステージが作成できて、かつアップできるということはそれなりの監視が必要になるわけだ。
ただしこのゲームの場合、「これはまずいだろ!」という場面を見つけたら即座にSelectボタンを押すことでスクリーンをキャプチャし、通報することが出来るようになっている。
すげー。

IMG_2601.jpg
「マリオを4人同時にプレイする感じ」と聞くだけではまったくおもしろそうには思えないのだが、独特のポップデザインと演出がプレイヤーをぐっと惹きつける。4人で遊んでおもしろい工夫もいっぱい。
遊び方も“ジャンプ”と“掴む”が基本動作で至って簡単。アクションゲーム苦手と思われるハバ吉も問題なく遊べている。ついでにBGMもかっこいい。

IMG_2596.jpg
そんなわけで、ファミリーゲームとしては新しい進化を感じるゲーム。
もう死語だけど、“2.0”ってやつ。ユーザー参加によって広い可能性を感じるわけです。
まさに「リトルビックプラネット」。
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

1103西荻通信

この連休は一応ハロウィーンなので、「かぼちゃオバケ」でHABA吉と対決。
IMG_2585.jpg
どうもコツを忘れたようで惨敗。
相手から渡されたカードに追われているようじゃだめだなぁ。

「くつしたオバケ」でも負けて、どうも反射系が負ける傾向にあります。

ダイヤモンドクラブはついにルールを読んでチャレンジ。
単純なルールが多めに重なってるのでルール説明が大変かと。
IMG_2592.jpg
コインを配置して設備をゲット。設備を使って宝石をゲット。宝石を使って庭を豪華に。
段階ごとに選択肢が多いので目標達成への道がたくさんありそう。
即効の樹木作戦も考えたけど、簡単に防がれちゃいそうだなぁ。
ボーナス要素などもあり、何回かこなしていけばかなりおもしろくなるかも。
準備にやたら時間がかかるけど手応えあり。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

紹介:くつしたオバケ

くつしたって何故か片っぽだけなくなる。
穴が開いたりとか、寿命をまっとうしてゴミ箱に行くのと同じくらい、相方を無くしたくつしたがゴミ箱へ行くよね。(ウチだけ?)
それはどうやら、この「くつしたオバケ」のせいらしいよ。

IMG_2574.jpg
中箱。
このグリーンモンスターがくつしたオバケのようです。
触覚にくつしたが付いているのが特徴。
くつしたオバケはかわいい木製駒としてコンポーネントに含まれている。

IMG_2577.jpg
箱の中でくつしたタイルを良く混ぜて、ジャラーーー!っと。
この山になったくつしたから、正しい組み合わせを見つけていくのが目的。
同じような模様がいっぱいだけど、組み合わせは必ず1対1だ。

IMG_2578.jpg
しかしどれもそっくり!かなり注意してみないと間違えやすい。
最初に5組のくつしたセットを見つけて、くつしたオバケの木製駒を取ったラウンド終了。
確かに正しい組み合わせで5組あることがわかったら、得点マーカーである“洗濯ばさみ”をひとつ貰う。
もし1組でも間違えていたら次点の人が“洗濯ばさみ”をもらえる。
IMG_2579.jpg

“洗濯ばさみ”と“くつしたオバケ駒”。
洗濯ばさみを最初に3つ貰った人がゲームの勝者になる。
ラウンド終了時に確保したくつしたの片方しか戻さないというヴァリエーションもあります。

【所感】
パッとみたところ間違えそうにはないんですが、皆でごちゃごちゃかき回していると気が焦って微妙に違うのを選んでしまったりします。片手で探さなきゃいけないというルールが利いていてグッドです。
ヴァリエーションを含んで遊ぶのがお勧めです。

★ふうかのボードゲーム日記:くつしたオバケ
| trackback:0 | commnet:3 | BACK TO TOP |

高尾山とパクルー他新作

海尉艦長、高尾山へ行く。

昼過ぎくらいに麓へ着いて、さくっとケーブルカーに乗って山腹へ。
涼しかったり暑かったりしたけど、空気が旨かったね。
山頂からの景色はなかなかのもんだわ。
IMG_2556.jpg
右奥に霞のように見えるのが富士山。なんつー神々しい。
いつも静岡側からはっきり見てたから、こういう見え方は新鮮。

帰りがけに「天狗焼」を買って食べる。
2.jpg
天狗の顔型になってるんだけど、これがけっこうおいしい。
外がサクッと、中がやわらかい。あんも黒豆というのが凝っている。

高いところで食べるお蕎麦もおいしいね。
気に入りましたよ。高尾山。

帰ってからは新着ゲームを遊ぶ。
先日少しふれた「パクルー」を。
1.jpg
今回は一番簡単な"シャクルー"というルールを採用。
これがなかなか、思うように駒が動かせない。矢印は急に曲がれないのだ。
慣れないウチはうっかりミスがけっこうでる。
経験者が強そうだなぁ。次は上のルールを試してみよっと。

ダイヤモンドクラブは、切り離すタイルが多くて多くてルール読むにいたらず。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |
| ホーム |

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。