スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

モッドネーション・無限のカート王国

作って遊べるハイセンスなアクションゲーム「リトルビックプラネット」から2年。
そのコンセプトを引き継いだ期待のゲームが、この「モッドネーション:無限のカート王国」である。
ModNation 無限のカート王国ModNation 無限のカート王国
(2010/07/29)
PlayStation 3

商品詳細を見る

パッケージの主人公デザインがダサく、これまでにありがちなお粗末レースゲームに見えてしまうかもしれない。
リトルビックプラネットとマリオカートの良い部分を組み合わせたような夢のゲームなのだが。

まず何よりも夢中になるのはレーサー&カートづくり。
リトルビックプラネットよりも自由度が増し、工夫さえすればどんなキャラでも作れるようになっている。
どんなパーツをどうやって使っているのか想像もできないが、初音ミクとかがすごいクオリティで実現されているからビビる。外人オタクがアメコミキャラを作り、和製オタクがアニメキャラを作る。今の雰囲気はそんな感じ。
ModNation(TM) 無限のカート王国
中央が自分。まわりはエヴァとかフリーザとかもうカオス。

でも今回の肝はやっぱりカートのデザイン!
かっちょいい車をデザインして、愛車を見せ合う楽しみが増えたのは大きい!
どんなキャラがどんな車にのっているのか。これだけをおかずに白米が喰えるレベル。
マイカーをいじくる人たちの気持ちがわかったような気がする。

ちなみにオビ湾の力作はこれ!
ModNation(TM) 無限のカート王国_2
映画「カーズ」で主人公のライバルになるダイナコ石油のキング!
ちっちゃいポッチを使ってダイナコのロゴも忠実に再現したのだ。
ダイナコはビックスポンサーだからステッカーが少なくてかっちょいい!

次はチックとマックイーンも作ろう。
スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

紹介:稲妻と雷鳴

パーシージャクソンとオリンポスの神々を観て、久々に引っ張り出した「稲妻と雷鳴」。ゼウスとヘラによる神々の世界を巻き込む大喧嘩をテーマにした2人用KOSMOSゲームである。
神話キャラが描かれた渋めのカードに個々の特殊能力が備わっていると言う、米製トレーディングカードゲームを思わせる内容だが、さらに軍人将棋のルールも盛り込んじゃおうっていう意欲的なゲームである。

IMG_4508.jpg
強烈なボックスイラスト。例の薄型パッケージ。
実際カードのイラストもこんな感じなので濃いーのが苦手な人はちょいあれかも知れない。

カードはづるづるエンボスではないものの質がよく、安い感じはしない。しかしそれらしい単価を確保するためか、不必要と思われる豪華なゼウス駒とヘラ駒が入っている。ちなみにこれがないとAmigo箱に入ってしまう。

このゲームの目的は、相手側に囚われている自分の愛人カードを探し出すか、相手の場のカードをなくして戦力をゼロにするか、アクションを使いきれない状態に追い込むかである。

0.jpg
カードはゼウス用とヘラ用に分かれているので、各自自分の山を持ち、手札はそこから補充する。
初期手札として9枚を受け取ったら、まずはその中から3枚を選んで最初の軍団を作る。

写真の通り敵味方3枚ずつのカードが向き合う。
最前列のカードのみが戦線にいることになり、攻撃の対象となる。
これ以降に場に出していくカードは、同じ列の最後尾に加えていく。
誰もいない列が出来てもよいが、最前列にあるカードの枚数=アクション数なので1枚しかないと1アクションしかできずきつい。

502.jpg
戦闘の基本は最前列のカードが対面するカードに数字勝負を挑むというもの。
戦闘が起こって初めて敵味方の正体が明かされる軍人将棋形式だ。
もちろん数値が相手より小さいカードは倒されて捨て札になる。
ただし単純な数字勝負と言うわけではなく、“2”以外には負けないメデューサや、列全体を崩壊させるパンドラなど、場を混乱させる強烈な能力を持ったカードも存在する。

それ以外にも手札から直接だして使うカードがあり、中でも代表的なのは超万能戦士ペガサスである。
ペガサスは相手の手札をランダムで1枚引き抜くことが出来る。これにより愛人を見つけ出したらもちろん即勝利だ。
また、列に並ばなくても直接相手のカードを攻撃する能力がある。これは戦闘に勝つことが目的ではなく、相手のカードをオープンさせるためにある。つまり斥候要員なのだ。軍人将棋の世界でこの能力はでかい!

他にもいろいろな能力を持ったカードがあるが、このペガサスを活かすように使われるカードが多い。ペガサスに始まり、ペガサスに終わるゲームだ。

【所感】★★★★★★★☆☆☆
最初に全てのカードの説明が必要であることと、愛人確保以外の方法で勝負をつけようとする場合はその見切りどころが難しいなど、中々敷居の高めなゲームかもしれません。
ただし基本は数字&メデューサ対策というライトめな駆け引きになるので、それほど重いという印象はありません。
トレーディングカードゲームが好きな人には受けそうな感じです。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

カーズ2までマテル?

カチャウ!カチャウ! オビ湾です。

2日連続の映画ネタで恐縮ですが、今日は「カーズ」の話題。
ピクサー映画にしては脚本がイマイチな映画ですが、車好きにはたまらないキャラ設定と音、声優のこだわり(シューマッハをはじめとする実際のレーサー、解説者等)で根強く人気のあるタイトルです。

おもちゃ界ではマテル社のミニカーが異常な人気で、通常こういったキャラクター商品っていうのは値崩れするんですが、カーズミニカーは今でも新作が出続けている人気ラインです。

IMG_4507.jpg
マックイーンのバージョン違いなんて序の口で、無名のライバルカーはもちろん、ダイナコのショーガールカーや、各チームのピットクルーまで網羅されているのです。

ただしこういったミニカーは日本未発売のものが多い。
もちろん取り扱っている店はたくさんあるのですが、実店舗を持っているショップはほとんどありません。
そんな貴重なショップが、実は吉祥寺にあります。

mise.jpg
僕が西荻窪に住んでいたころ、吉祥寺に向かうときに通っていた道にあるお店です。改めてネットで調べたところ、どうやらカーズアイテムでは日本一のショップだったようです。
http://www.plusic.jp/

店内はアメトイでいっぱいですが、特にミニカー関連の品揃えがすごい!
カーズ好きのお子さんを連れて行くには、ちょっと店内は狭い(大人向け)ですが。アンテナにかかる方は一度足を運んではいかがでしょうか。

来年は「カーズ2」の公開もあることですし、マテル社ミニカーは確実に再燃します。旧レアカーを押さえるのなら今のうちに!
| trackback:0 | commnet:4 | BACK TO TOP |

プリンセスと魔法のキス★★★★☆、パーシージャクソンとオリンポスの神々★★★★☆、All about Steve★★★★☆、レポゼッションメン★★★★☆

楽していきます。
今日の4本は全て★4つなんだけど、下に行くほどキワモノで人を選ぶと思ってほしい。

プリンセスと魔法のキス★★★★☆
335255view001.jpg
ジョン・ラセターが元ディズニー生粋の手書きアニメーター、ジョン・マスカー&ロン・クレメンツを呼び戻して実現させた作品。
オールドディズニーらしい、シンプルでキレのある展開を楽しむことができる。
「かえるの王様」を原案にしているのかと思ったら、それとは別のファンタジーを原作に据えてるらしい。未読なので内容は不明。

舞台はニューオーリンズ。実はディズニーアニメでもアメリカそのものが舞台になるのは動物モノ以外では珍しい。
ジャズアレンジの効いた劇中曲は全てランディ・ニューマン。
カフェ風のアニメが楽しい“Almost there”やサイケクレイジーな“Friends on the Other Side”は繰り返し観たくなる出来だ。

久々に音楽、アート、脚本が揃ったディズニー作品。
見せ所も旨い。肝心の姫様があんなんだけど友達思いという所がニクい。
一見みすぼらしいホタルのレイが、想像以上にロマンのある男で泣かせてくれる。
7,80年代のディズニーオマージュと思われるシーンもあり、ディズニー映画で育った大人にも嬉しいつくりだ。

ピクサーがディズニー傘下になり、ジョン・ラセターがアニメ部門のチーフ・オフィサーになったことの恩恵を、じんわりと感じられる一作である。


パーシージャクソンとオリンポスの神々★★★★☆
paci.jpg
若きイケメンとファニーな友人、キュートなやんちゃガールと3点揃ったティーン向け映画。と思いきや、あまりにバカらしくて十分に大人にも楽しめるバラエティ作品。
いいおっさんのベテラン俳優が、ゼウスだのポセイドンだの呼び合ってる姿が非常に可愛らしい。
是非続編をじゃんじゃんと作ってほしい。


All about STEVE★★★★☆
allabouts.jpg
サンドラ・ブロックが今年ラジー賞をとった映画。
ラジー賞って実はハズレが少ないんだよね。オスカーノミネートくらいの面白さだったりするのはザラなのだ。
そして本作。いやぁ。サンドラブロックすげーっすわ。
化粧べたの痛すぎるキャラ。これを見事に演じきってんだからそりゃラジー賞取るよ。こりゃ名誉だ。

追いかけられるブラッドリークーパーの必死っぷりも面白いが、同じTVクルーメンバーのトーマスヘイデンチャーチが主役を喰う勢いで目立ち始める。
毎度のことながら、ラジー賞まわりはお勧め。

レポゼッションメン★★★★☆
repo.jpg
ジュードロウとフォレストウィテカーが相棒役の臓器回収屋をテーマにした低予算SF。人工臓器をローンで売って、払えない奴は臓器直接回収っていう。
何が低予算って脚本から低予算臭たっぷり。
要はジュードが事故って臓器を無理やり売りつけられて、逆に回収される立場に回るって話。ちょいマイノリティーな感じ。
業務上の、しかも会社側が提供する機器による事故なのに、なんの補償もされずに臓器を売りつけられるのか!というところから始まるトンデモストーリー。その後も細かいところは一切気にしません。金属バット振りっぱなし。
後半のアクションはどれも爽快で、展開も意味が軽くて笑わせてくれる。
でもね、ジュードとウィテカーの友情部分はけっこうマジで引き込まれるっていうか、男友達が集まってはしゃいでるような、なつかしいような、汗臭いような。
愛情を持ってみれば、その分の楽しさが帰ってくる貴重な映画。
上映期間が超短いので注意されたし。


以上、秀作4本。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

イエス・ハグベア

こんちわ。オビ湾です。

この休みはLEGOゲームシリーズのルールを読み漁りました。
基本的に全部ダイスゲームです。すごろくっすね。

ただダイスの使い方にLEGOらしさが出ていて、
「最初はダイスに何も付いていないけど、出た目に自分の色のチップをつけて、自分が進む要素になる」
のように、サイコロをゲーム中に加工していくという特徴づけがされている。

ゲーム自体の印象はどれも「モッサリしてそうだな?」って感じ。
ポッチタイプの1*1ブロックに騎士やらモンスターのイラストが描かれているの
が可愛いですね。

lego30000.jpg
「レース3000」がやりたいので身近な人が買ってくれることを願っています。

このページでゲーム概要が見られるようになっています。

話題チェンジ
噂のスクエア4を見にトイザラスへ行ってきました。
※本当はトイ3おもちゃを見に行ったのですが、意外にトイ3のおもちゃのラインナップが狭かったので、スクエア4を見に行ったことにしました。

テンデイズラジオでも大々的に取り上げられて、下手したら無くなってんじゃないかなと思ったんですが、在庫が豊富なようで山積みになってました。
sq4.jpg
よく見たら“スクウェア4”でした。
サイズは所謂、正方形L箱ってやつです。
要は「カエルの飛び込み大会」式で4並べを狙うという内容。
でも3並べ推奨とのこと。

999円(トイザラス価格)と非常にお買い得な値段になっておりますが、箱のでかさはお値段以上にネガティブな要素だったりします。

ちなみにモノポリーディールは影も形もありませんでした。果たして売ってたんでしょうか。

話題チェンジ
シー・ヤンヤンの人形を相方にさらわれてしまったので、心の隙間を埋めるためにロッツォ・ハグベアの人形を買いました。手のひらサイズのやつです。
ロッツォ
※正確にはこれじゃありません。
ストロベリーの香りがするハグ専用クマ。
ロッツォ・ハグベアブームが来ると思ってたんですが、来ないみたいなんで安心して買いました。

話題チェンジ
ベトナムに行くことになったので急遽ベトナムの勉強をしつつ、ベトナムの映画を観ています。まずはヴェネチアを取ったトライ・アン・ユンの処女作「青いパパイヤの香り」。
papaiya.jpg
この映画、中々に技巧を凝らしたつくりです。
全てセット撮影なのは一目でわかるんだけど、建物の奥行きをフルに活かした“立体的な場の動き”は見事です。非常に美しいです。舞台的というか。

加えて、言葉にまったく頼らないのも大きな特徴です。
全ては主人公の周りで起きる事象に暗喩されている。暗喩を受け取らないと意味がわからないくらいに。

そういう意味で、見た目にも脚本にも技が凝らされた映画。

ダークで官能的なフレンチフィルムの匂いに満ちていて、蒸し暑いベトナムの雰囲気が良く伝わってくる。

でもこれ、ベトナムの勉強にはならねーな。
| trackback:0 | commnet:11 | BACK TO TOP |

借りぐらしのアリエッティ★★★★☆

今回宮崎駿が目をつけたのはメアリーノートンの床下の小人シリーズ。
監督を任されたのは未経験のアニメーター、米林氏。
なるほど。ジブリは着実に世代交代を進めているのだなと。

ジブリの若手といえば4年前。残念ながら吾郎氏の「ゲド戦記」は散々な有様となってしまったが、あれはそもそも未経験の監督が望むには大きすぎるテーマだったのだ。
それに対して「床下の小人たち」はコンパクトにまとまった物語だし、絵にしたい場面も多く、少々の毒もあって新人監督にはうってつけのテーマだ。


舞台は原作から場所だけを変えて、現代の日本。
古いけれど趣のある、大きな庭付きのお屋敷、さらにその床下に済む家族。
この物語の主人公である少女、アリエッティは父と母と共に人間から“借り暮らし”をして生きている小人である。
ある日、好奇心旺盛なアリエッティは父親と初めての“借り”に出かける。
仕掛け一杯の通り道、広大で山岳地のように険しい台所。初めての世界に酔いしれていた彼女は、絶対にあってはならないこと、“人間に見られる”ことになってしまう。

人間に見られたら引越さなければならない。人間に見られると、どうであれ、碌
な事にならないのだから。
事の深刻さはわかりながら、人間をそこまで悪く見ることができないアリエッティ。
勇気を出して、人間と今一度対峙するのだが・・・・


映画が始まって30分。丁寧に描かれた小人の世界に魅了される。
小人達が作った生活の場、借りの道具。あまりにも広大な屋敷。
そして何よりも印象的なのは音。
小人から見た人間界の音は、重量感たっぷり。
これはもちろん原作にもない要素で、小物以外のところで小人気分を味わえる素晴らしい工夫だった。

次にストーリーだが、原作とほぼ同じく“見られる”事以外に表面上これといって大きなイベントは無い。この映画がスポットを当てているのは、やはり人間と小人の関係である。
小人達は人間の物を借りながら暮らしている。人間は自分達のために存在していると思っている。でも見つかったら、逃げなければならない。
小人達が抱えている、矛盾。

作品の肝であるアリエッティと人間の関係だが、これは少々不親切だなと感じた。
原作の台詞をほとんどそのまま持ってきているのだが、人間を侮蔑する台詞が小人側から出ていないため、一方的に人間から壁を作られてしまったようにも見える。

とは言え、ポットにのって新たな地へ向かう夜明けのシーンには、ある種の“依存”から解き放たれていく家族の開放が気持ちよく描かれており、非常に後味の良い、綺麗な物語として帰結している。

美しい背景や小人の細かな動きなど、見るに飽きない世界。
媚びた演出など一つも無いのに、続きが観たいと思わせるアニメだった。
※興味のある方は是非原作を。ちなみにスピラーは原作2巻からの登場小人。
| trackback:0 | commnet:4 | BACK TO TOP |

紹介:大聖堂の建設

ごく最近のKOSMOS2人用ゲームシリーズの「大聖堂の建設」は、ドイツゲーム賞も受賞した「大聖堂」の派生版ともいうべきオリジナルゲームである。
中々に凝った内容のゲームになっており、ワーカープレイスでいう「ラングフィンガー」、拡大生産でいう「グレンモア」のようにコンパクトな割りにお得感がある一品だ。

IMG_4491.jpg
極薄が特徴だったKOSMOS2人用ゲームだが、最近はリニューアル版も含めて少し厚手になった。
コンポーネントは建設ゲームらしい内容で、カード以外にも通貨や資材などが使われる。

プレイヤーは箱に描かれている人物のどちらかになり、一方は大聖堂を、一方は巨大な城壁を築きあげるのが目標になる。
未完成状態の建築カードと初期の財産を受け取ったらゲーム開始だ。

IMG_4492.jpg
毎ラウンド、中央に9枚のカードが並べられる。
先行のプレイヤーから自分のマークを一直線になるように起き、その後に後手のプレイヤーが先手が置いた直線に交わるようにマークを置く。
カードにはマークを置いたときに得られる効果が書かれている。原料を補充したりお金を獲得したりなどの基本的な効果から、相手を邪魔したり建築を補助したりなどの応用的な効果まで。

両プレイヤーのマークが交わるように置いているので、どこか1枚のカードにはマークが2つ乗っていることになる。このカードの効果については紋章を使って取り合うことになる。
“紋章を使う”というと意味がわかり難いが、要は数字の書かれたコインを指でピンとはねて、出た数字の合計で勝敗を決するというダイス勝負に似たようなシステムだが、手持ちの紋章を何個投入するか決めることができ、勝負どころを見極める必要があるのがいい。

IMG_4496.jpg
そして肝心の建築。
毎回ラウンドの最後に、対応する資材で建築が行える。
ただし、建築する際には資材以外にもお金が必要で、資材1つ分であれば2金、資材2つ分であれば6金、資材3つ分であれば12金と、一度に建築する数が多いほど費用が高くなっている。
つまり、一気に資材を手に入れて一気に建築するのではなく、少しずつ着実に建築していく方が効率的ということだ。
とは言え、先にパーツを完成させることでボーナスがあったりなど、急ぎたくなるように工夫されているし、勝利条件は先に建築物を建て終えることである。


このゲームは初プレイでも面白さを感じることは出来るが、何度かプレイを経験するとより面白くなる。
使われるカードはAとBに分かれており、なれてくるとどちらにどんなカードがあったかわかるようになるので計画的に行動できるのだ。これを把握しないうちはお金不足になりがち。

【所感】★★★★★★☆☆☆☆
カードの内容を覚えようと思うと大変ですが、ルール自体は簡単で、サクサクと進行していくので戦略的なゲームのわりに煩わしい重みがありません。中量級という感じでしょうか。
コインや紋章の形も凝っており、イラストも綺麗。見た目が良いのは◎ですね。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

愛・デンティク

ハローゼア! オビ湾です。

すごろくやさんでアイデンティクを手に入れました。
ということで下っ端のようにシール貼りに勤しんでいます。
IMG_4488.jpg
これ、シールの切れ目がずれてるんですけど・・・。
ホビージャパンさんらしいっちゃらしいですが。

あと、“Root Canal”のシール名が違う名前(たぶんフランス語版のタイトル)になってるのでお気をつけください。

そして・・・
やっぱり箱に入らなくなります。
箱の大きさ的には全然余裕なのになぁ??!
内箱がピッタリすぎてちょっとでも厚くなると入らんのだ。
| trackback:0 | commnet:6 | BACK TO TOP |

エアベンダー★★☆☆☆

M・ナイト・シャマランと聞いて貴殿は何を連想するだろうか。
ぬんめりストーリーの最後に潜むどんでん返し?
抗うことのできない、大自然的驚異への警笛?

いやいや、シャマランはその程度のメッセージに収まる男ではない。
この夏大注目の「エアベンダー」は彼の大出世作となった。
彼こそはクソ映画ファンが待ちに待ったクソ映画界のプリンス。現代の救世主なのだ。

「サイン」「ヴィレッジ」「レディインザウォーター」「ハプニング」と、スポンサーを怒らせるような冴えない映画を作り続けたシャマラン。どれだけシュールなメッセージを盛りこんでも「どうだっていい」と思わせる脚本術は、彼が長い年月をかけて培ってきた技である。「低予算です」と言わんばかりの演出術も見逃せない。
「エアベンダー」はそんな彼が200億円もかけて作った壮大なサーガである。
ここにいたって未だに彼を支えるパトロン達には敬意を表する。

last_airbender_movie_image_noah_ringer_02-600x324.jpg
この映画は「アバター:ザ・ラスト・エアベンダー」という世界的に有名なアニメが原作らしい。
ふむふむ確かに素材としては面白くなりうる物語である。
シャマランはこの企画をパラマウントに提案する際「新しいスターウォーズになる作品である」と言ったらしい。さすが巨匠。

さて肝心の中身。
開始一分の不自然なCGと白々しい掛け合いが、これからの120分を雄弁に語る。
あれ?シャマランってここまで出来ない人だっけ?
軽い脚本、無意味に派手なCG、痛々しい演技、360度どの方向から見てもペラッペラの世界。
爽快なほど惹きつけられない。

細かな設定まで解説調の台詞で言わされた役者達には気の毒だが、テレビドラマのように陳腐なカットにはしっくりきているのだからびっくりである。恐るべしシャマランの手腕。

hime.jpg
主人公の仲間と王女の恋物語はこの映画一番の見所である。
一瞬で恋に落ちる悲劇のカップルに瞬きは許されない。
どれほどのものか、曇りなき眼で見定めてほしい。

クオリティだけの話で言えば、来週あたり夕方5時から再放送されやしないかと心配になってしまうレベルだが、★1つまではギリギリいかないところがにくい。一応まともな形を保ってはいるだけに被害者・・・もとい、喜ぶファンが一番多いパターンである。

シャマランが200億円もかけて作った一世一代の“茶番”。
劇場で観る価値は十分にある。

刮目せよ!これが本物の子供騙しだ!
| trackback:0 | commnet:10 | BACK TO TOP |

紹介:グレンモア

アレアらしい内容で、値段も安く、プレイ時間もお手ごろ。と、中々に評判のよろしい「グレンモア」。
自分の街を大きくしていきながら生産していく?と聞くと、「また長時間ゲーかぁ」と思ってしまうところだが、そこが本作の人気たる所以。
街造りゲームの良い所を残して、食傷気味の所を工夫したゲームとでも言おうか。詳しくは後述。

IMG_4487.jpg
ボックスイラストはややチープな感じだけど、中箱で持ち運びやすく、中身からは想像できない価格とコンパクトさ。

ゲームの概要は村タイル1枚から始まる自分の街を、道と川の接続ルールを守りながら拡大させていくというもの。
コンポーネントは街を構成するタイル、ボード、資材駒、貨幣、駒など。
タイルのイラストが小さくて見辛いところがあるが、タイルの色合いで人目で区別することが出来るようになっており、それなりに工夫されている。

IMG_4484.jpg
何はともあれ街造り。
まずはタイルを取らなければならない。
手番の順番は少々特殊で、(「テーベの東」をご存知の方はわかりやすいだろうと思うのだが、)ボードの一番後ろにいるプレイヤーが手番を行うことになっている。一番後ろである限り、手番が連続することももちろんある。

手番になったら自分の駒を好きなマスまで進めて、そこに置かれていた街タイルを取る。タイルによってはコストが必要なものもあるので、取りたいタイルがあるならそれまでに何を揃えておくべきが計算しておく必要がある。

IMG_4485.jpg
タイルを取ったらそれを自分の街に加える。
新たに加えるタイルはスタッフ(?)がいるタイルに隣接していなければならないので注意。
道と川の接続ルールもクリアして、無事タイルを置くことができたら、タイルを置いた場所に隣接している街タイル(最高で8枚)が起動する。
起動したタイルは小麦や木や馬や羊と言った資産を創出したり、資産を得点に変えたりなどする。効果は実に様々だ。

ゲーム上強力なタイルは“取るにも資材”もしくは“起動するにも資材”ということがほとんど。その両方を必要とする場合だってある。
だからまずは資材集め。でもウカウカしていると強力なタイルを先に押さえられてしまう。ナイスなジレンマだ。

IMG_4486.jpg
タイルの中には特別な地と呼ばれる“名所”みたいなものがある。
ほとんどが高コストの取りにくいタイルなのだが、ゲーム終了時に得点を捻り出すものや、その場でウィスキーをもらえるものなど、得点に直結する強力な効果を持っている。
また、名所の数もラウンドごとに得点算出の基準となるので、多くとっておくに越したことはない。

勝利への近道は、こうした特殊効果を上手に活用することである。
出来上がっていく街の特徴に合わせて“愛称のよい名所”を選んでいくことで、強力な連携ができあがるのだ。要はコンボ作り。

狙ったタイルを取れるかどうかは、もちろん他プレイヤーの戦略にも大きく関係している。手番を少なくしても欲しいタイルを取るか、起動回数を多くしてそれ以上の益を上げるか、短時間ながらゲーム中は常に睨めっこ状態。
ゲーム濃度の高い時間を楽しめる。

「グレンモア」ではこういった従来では重いと感じられていたシステムにパズルライクな工夫を加え、進行自体にプレイヤー同士の深い絡みは与えず展開を早くし、感覚的な軽量化が図られている。(実際の中身は決して薄くはない。)

短時間で手軽にコンボゲームが楽しめるという特徴は、ここ1,2年の大ヒットゲームにも共通する点だ。

プレイ後にM戸さんが「日本の名所にしたらどうか」と言い出し、戦国版グレンモアの妄想に花が咲いた。旗本とか大名とか、姫路城とかにしてやったらどうか!うん!そっちも欲しい!

【所感】★★★★★★★★☆☆
内容のわりに短時間ではありますが、ルールに複雑な部分もあり、説明しやすいわけではないので、とりわけ敷居が低いというわけではありません。
ドイツゲームらしい得点計算など、箱絵どおりの硬派な一面も魅力です。
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

インセプション★★★★☆

非常に難解で、異例な技法が目立ち、コメントの難しい映画である。
ヒット作「ダークナイト」のクリストファー・ノーラン監督によるSF超大作。告知で流れる印象的な劇伴はもちろん「ダークナイト」のハンス・ジマーだ。

これまでのノーラン作品に彼独特の哲学を感じ、それを好いているのであれば、この映画は必見と言えるだろう。
そうでなければ、どう転ぶかわからぬ映画である。

舞台は夢に潜入する技術が開発されているパラレル世界。
企業スパイを専門にしている主人公(デカプリ)は、某メーカーの代表である佐藤(渡辺)から、ライバル企業役員へのインセプション(潜在意識の移植)を依頼される。
ある報酬条件につられた主人公は、仲間を集めてライバル企業役員の夢に潜入を試みるのだが・・・。

334832view001.jpg
夢を共有することで、他人のアイデアを覗くことができるというSF設定が魅力の本作。脳内スパイのプロである主人公達の一世一代の大仕事を描いた物語なのだが、“夢の中で夢を見る”という多重構成の世界と独特な時系列、さらに主人公のトラウマを不透明な形で絡めて行くため、見通しが悪い上に情報量が多い。

主人公達が設計したインセプション計画も非常に複雑で、極めて非直感的でわかりにくい。計画が始まると展開だけが異常に早くなり、観る者が置いてかれやすいという傾向はさらに顕著になる。

しかしこの「ギリギリ置いていかれる迷子な気持ち」は監督の意図的な狙いであろう。そもそも初見の人がガッツり付いていける様には出来ていないのではないだろうか、ということだ。

夢を操るのも、夢の中の夢も、決して新しくもなく面白い要素でもない。
そこに果たすべきタスクを与え、展開を極端に早くすることで混沌とした世界を作り出したのは監督の見事な手腕。半混乱状態の鑑賞者は、深みにはまるように不可思議な夢に囚われていくというわけだ。
咄嗟の発想で目まぐるしく変わっていく世界の映像化。なんとも技巧派のやることである。キューブリックライクな作品ともいえよう。

物語が終わりを告げようとしているとき、鑑賞者はこの小難しい映画になんとか救いを求めようと“穏やかな結末”を求めてしまうのだが・・・・・ここで改めて重要な事実に気付かされる。

僕達はまだ、クリストファ・ノーランの描いた“夢(映画)”の中にいるのであると。
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

水も滴る海の男、オビ湾フォト日記。

おはようございます。
今日は朝6時に起こされて海に行きました。
鎌倉を少し越えたところ、一色海岸へ。

100719_122718.jpg
高級住宅街で知られる葉山にある海岸です。
綺麗な三日月型をした、まさに入り江といった感じの砂浜。

ご存知の通りこの夏一番の快晴で、富士山がハッキリと見えておりました。
しばらくすると富士山の上半分に入道雲がかかり始め、あっというまに雲に包まれてウンコみたいになってました。

話がそれたようです。

そうそう、海水浴と言えば海の家ですよね。
タイリゾート風やアネッサプレゼンツといったシャレオツな海の家が並ぶ中、僕らはどういうわけか絵に描いたような海の家“さざ波”に入りました。もちろんカレーと焼きそばをいただきました。

肝心の海ですが、何度も足に電気が走りました。今日はちょっちくらげの多い日だったようです。
聞いてはいたのですが、ここ数年くらげの発生時期が早まっているとのこと。要チェックです。

その後、以外に早く帰ることができたので念願のインセプションを観る事ができました。
本当はアリエールとシャマランの愚作も観ようとおもったのですが、インセプションが想いの他重く、いろいろと考えたかったので先送りです。
感想は明日。

ってことでさいなら。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

紹介:ロストシティ

KOSMOSの2人用ゲームシリーズの人気作「ロストシティ」。
缶入りとなってしまったが再販されたことは喜ばしいこと。
このサイトでは以前にロストシティのボード版であり、かつアメリカ版ケルトである「ロストシティ・ボードゲーム」を紹介した。
ロストシティ・ボードゲーム」自体は国内流通されていないけど、もし手に入るようならカジノロワイヤル訳に和訳もあがっているので使ってやってくさい。

IMG_4470.jpg
ロストシティの箱は時期とメーカーによって異なる。
自分は初期とリオグランデ版のこのボックスが好き。神秘的で冒険的でかっこいいじゃんね。
箱は相当薄く、同じシリーズを集めても嵩張り難いのは魅力だ。

ロストシティはカードゲームなので内容物のメインはカードなのだけど、そのカードを出す“場”が美麗なイラストに飾られたボードになって入っている。
2人専用のカードゲームなのにそこそこお値段がするのはこの辺のこだわりによるところか。その分このシリーズは満足度が高い気がする。

IMG_4472.jpg
「ロストシティ・ボードゲーム」の記事を見てもらえるとカードの出し方は大体わかると思う。
ボードには冒険家が目指すロストシティの地図が書かれており、各プレイヤーは探索に向かうためにその地図の前にカードを出していく。
カードは昇順にしか出すことが出来ないため、最初に大きい数字を出してしまうと後からカードが出しにくくなるばかりか、出すことの出来ないカードが手札を圧迫してしまう。

それぞれのロストシティについて、出したカードの数字の合計が得点になる。
ただし。
探索を行ったロストシティ1つにつき20点の探索費用がかかる。つまり、20点を回収できる自信がない場所にはそもそもカードを置かない方がよいのだ。

IMG_4475.jpg
さらにこのゲームの重要なアクセントとして“倍率ドン”カードがある。
このカードはまだ探索を行っていないロストシティに対して出すことができる。そしてそのロストシティで得られる得点を倍にしてくれるのだ。(ちなみに2枚出せたら3倍、3枚出せたら4倍。)

こうしてゲームを続けていき、カードが補充できなくなったらラウンド終了。
3ラウンドやって合計点で勝負を決する。

大賞作品である「ケルト」の前身となるゲームだが、カードのイラストが美麗で内容もこっていたりなど、こちらの方が俄然ロマンがある。もしロストシティの雰囲気が気に入っているのであれば、「ロストシティ・ボードゲーム」もお勧め。

【所感】★★★★★★★☆☆☆
ルールはとても簡単です。カードを出すタイミングをはかったり相手の手札を読んだりと、シンプルな駆け引きと悩ましさがあるゲームです。勝敗にさほどこだわらないのであれば、1ラウンド終了くらいの方がテンポが良いかもしれません。得点計算が非常に面倒ですので、メモかチップなどを用意するとよいでしょう。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

レニーが通ればランドが踊る

ハローゼア!オビ湾です。

ボードゲーム記事も書けって言われますが、裏では出来上がってるのでご勘弁ください。グレンモア、天九紙牌、KOSMOS2人ゲー等。
KOSMOSの2人ゲーに関しては「バベル」「雷鳴と稲妻」「ハラリ」「ドラキュラ」あたりが次回“缶化”されそうな気がする。南無。

最近狙ってるのはテラフォーマーです。人気がすごいのでタイミングよく手に入れるのが難しいんですけどね。

話題チェンジ
トイ3のサウンドトラックがAmazon.comですら売ってねぇって話ですが、ランディ・ニューマン公式の方をチェックしたらありました。
ただしアレです。
アレが入ってません。“Losing you”が。
公開2ヶ月前?1ヶ月前くらいまでの予告編、それから試写会場で繰り返しかかっていたPRソング。
"I'll never get over losing you..."
思わず涙ぐんじゃう悲しい曲です。予告編でジーンと来た人も多いでしょう。


この曲が欲しい場合はこっち買ってください。
Harps & AngelsHarps & Angels
(2008/08/05)
Randy Newman

商品詳細を見る

プロデュースが未だにレニー・ワロンカーとか、バーバンクファンは関係ないところで泣いちゃいそうですけど。

ということでどういうわけかサントラひとつ買うのにも一苦労なトイ3ですが、肝心の本編はすこぶる好調です。過去のピクサー作品のIMdb(インターネットムービーデータベース※)ユーザー評価は以下の通り

?トイストーリー        8.2/10
?バグズライフ         7.3/10
?トイストーリー2        8.0/10
?モンスターズインク      8.0/10
?ファインディング・ニモ    8.2/10
?Mr.インクレディブル      8.1/10
?カーズ            7.5/10
?レミーのおいしいレストラン  8.1/10
?WALL-E            8.5/10
?カールじいさんの空飛ぶ家   8.4/10
?トイストーリー3        8.9/10

丸数字は評価順位。
やっぱりバグズライフとカーズがビリ争いですか。
このサイトは8点台に乗るのも大変だと思いますが、トイストーリー3の8.9は全体を通して近年に見かけない数字。トップと僅か0.2ポイント差で歴代映画5位という快挙です。

国内では2D字幕上映が無いことを悲観していましたが、全パターン観終わっての感想は「3Dはほとんど飛び出さないので思ったほどノイズにならない」(つまり、特に3D向けには作られていない)ということです。
最後の台詞まわりに気になる差があるので字幕版をお勧めしますが、2D3Dでそれほど拘る必要は無いと思います。追加費用はクソ食らえですけどね。
(※注:本編は2Dがベストですが、ショートフィルムは3Dであることが前提の平面×立体アートになっています!)
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

告白★★★★☆、海角七号★★☆☆☆、ザ・ウォーカー★★★★☆

こんばんわ。オビ湾です。
楽していきます。

告白★★★★☆
81832.jpg
娘を殺された教師と殺した生徒、その他もろもろによる復讐群像劇。

雑然とした教室。
生徒達がおしゃべりを続けるなか、生徒に娘を殺された教師が、まるで授業でもはじめたのかと思うほどに淡々と、娘殺害の真相を語り始める。
一通り復讐授業が済むと、モンスターペアレンツ&中学生達の視点に切り替わってさらに話は進んでいき、悪趣味なまま話を締めくくっている。
思い切りは極めて爽快なレベル。

別にグロい映像とかないんだけど“人間って恐いですよ”描写オンリーでここまでえげつない映画になるんだなぁ。感心。非常に良い意味で。
松たか子の迫力ある演技が素晴らしい。見えるぞ!白色に燃える復讐の炎が!

海角七号★★☆☆☆
海角七号/君想う、国境の南 [DVD]海角七号/君想う、国境の南 [DVD]
(2010/06/25)
ファン・イーチェン田中千絵

商品詳細を見る

話題の台湾映画。
台湾の田舎に日本人アーティストがやってくる!
これを機会に地元のバンドで町興しをしよう!でもメンバーは継ぎ接ぎ状態。
っていう・・・なんかフラガールみたいな話。
そこに昔離れ離れになった日本人男女の手紙が(存在感あるわりに扱いとしてはきっかけ程度に)絡んで来る。

“敗戦後に台湾を後にした男性の実話”と、“月9バリに強引でコテコテの恋愛テレビドラマ”が一緒になってる意味がわからない。せっかく良い話っぽいのに前者の必要性がないってのは。

ザ・ウォーカー★★★★☆
1008088_01.jpg
まさしく実写版FALLOUT。
戦争で崩壊した地球のその後を描く近未来SF。
神託を信じて本を運ぶ黒人と、本を利用して支配を拡大しようとする白人が出てくる話。
物語の展開といい、奇跡でしょー!的なネタ晴らしといい、聖書感たっぷりの映画なわけですけど、見所は別。
高級サングラスを掛けたおっさん達が嬉しそうに銃器を持ち出して主人公にアメアラレ。人食い夫婦の家にロケットランチャーが叩き込まれ、装甲車からは回転式機関銃が出てくる。少女が投げ込んだ手榴弾が非常識な威力でトラックを吹っ飛ばす。そしてケンシロウのように死なない主人公。

FALLOUTを実写で体験したければザ・ウォーカーを、ザ・ウォーカーの世界を満喫したければFALLOUTをやれば良い。サイコー。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

高円寺ミッドナイトオンアース3?ジョニーのはらわた

久々のすごろくや深夜会は今回もラストナイトオンアースメインの予定でスタート。
ちょっと遅刻して到着したところでさっそく1本目、「テラフォーマー」が始まっていたので我が星も参入。

◆テラフォーマー
IMG_4464.jpg
ロール・スルー・ジ・エイジスとレース・フォー・ザ・ギャラクシーの中間くらいのイメージとでも言おうか。
各プレイヤーの都市レベルに応じた行動ポイントを場に出ている特殊効果を持ったカードや、自分のシート上に割り当てて得点・拡大していく。

1回のプレイでは数十枚ある中から8枚の特殊カードを使う。
特殊カードの効果や必要な行動ポイントがどれもギリギリに出来ていて悩ましい!
これめちゃくちゃ面白かった。

◆ランペルリッター?決闘
IMG_4465.jpg
「コロリンナイト」のランペルリッターシリーズ最新作。
中世騎士の決闘(ウマに乗って槍もってやるやつ)をベースにしているんだと思う。

盾を使って自分の騎士を弾き、相手の騎士をボードの外へ弾くというシンプルゲーム。
それだけ聞くと、はあ。って感じなのだが、ボードの端と端に柵がついているので直線的な弾きでは外に出にくい構造になっている。これがうまく働いて、前後前後の熱い突き合いを繰り返し、少しでも横にそれたらその隙を逃さず止めを刺すって感じに。
IMG_4466.jpg
対戦相手がコインを引くことで決められるというのも大会っぽくて良い。
意外な広いものだった。かなりお勧め。

◆ラスト・ナイト・オン・アース
IMG_4467.jpg
恒例ラストナイト・オン・アース。
今回もゾンビ側でプレイ。店長とコンビ。
ヒーロー側は4人の村人を救出して夜明けまでに2人殺されなければよいというストーリー。
いつもどおりセクシー看護婦ベッキーがピンチに追い込まれ、ゾンビ映画らしい絵作りに貢献してくれるが、今回は意外にも体力4のデブキャラがあっとうてき存在感。
しかし今回も圧倒的なゾンビ量とM戸さん得意のどうしようもない出目の数々により早々に2人死亡。

今回は追加カードも入ってたんだけど、新キャラのアマンダがアバズレ大学生って感じでいい!

◆グレンモア
IMG_4468.jpg
テーベの東的に一番うしろにいる人が行動し続ける拡大生産型ゲーム。
非常に戦略的なんだけども、値段といい大きさといい、非常にコンパクト。

これこそ日本語化したら名所がよくわかって雰囲気でるんじゃないかという話に。
どうせなら戦国時代を舞台にしたれとか、関係ないほうに盛り上がる面々。

◆ドラゴンの心臓
IMG_4469.jpg
アーチャーがドラゴンを狙い、ドラゴンは宝箱をくすねようとしている。
連鎖型というか、場に出すカードの間に食物連鎖みたいな関係があって、上手のカードを出した方のプレイヤーが取ったカードをそのまま得点にする感じ。
プレイ間はバトルラインちっくな2人用ゲーム。

ルールは簡単で、しかもボード上の関係性には物語が絡んでいるので把握しやすい。
ジャケットがダサいので無視していたが、これは意外な面白さだった。

以上今回のすごろくや深夜会。本当は八八もやったけど写真がなかったので割愛!
ヒーロー組は次回こそゾンビーを倒せるように精進しましょう!
| trackback:0 | commnet:3 | BACK TO TOP |

床下のシャマラン?借り暮らし編

こんばんちわ。オビ湾です。

ワールドカップ疲れがドッと押し寄せてきました。最後の延長がボディブローのように。
あの日程はギリギリ耐えられるようにできているんですね。もう1日多かったらダウンしてました。

決勝戦、良い試合だったじゃないですか。
スペインは根性あったなぁ。オランダは後一歩器がたりなかったというか、今回じゃなかったんでしょうね。後20年位の間に優勝するでしょ。

しかしmiaさんにイニエスタに似てるといわれてからというもの、自分でもそう見えてきました。
相方によると輪郭が似ているらしく、爆笑された。
そりゃ笑うよ。イニエスタだもの。面白い顔してんだよなぁ。

話題チェンジ
シュミット社の簡単ゲームシリーズEASYPLAY。
それのさらにキッズ向けであるEASYPLAY Kids。

かなり前の記事でこれ↓を紹介させてもらって、その可愛さは中々反響があったんですが・・・
news_Tipi.jpg
今はさらにキッズシリーズが充実しています。
このページあたりから動画が紹介されているのでご参照ください。

より子供の遊びらしいというか、アクションゲームが増えてきたようです。
そうなると国内流通はなくなりそうで残念ですが、仕方がありませんね。

話題チェンジ
今週末はいろいろと公開です。
ノーランの「インセプション」、床下の小人「アリエッティ」、唯一ネ申シャマランの「エアベンダー」。
334832view001.jpg
インセプションはジョセフ・ゴードン・レヴィットもでます!↑うしろうしろ。

忙しゅうです。
これまでのものは今のうちに観なければなるまい。ウォーカー、ロード、きついなぁ。

さて今日はすごろくや会です。
気合入れていきます。
| trackback:0 | commnet:5 | BACK TO TOP |

ぶらりパン?ハーブ&おいしい野菜塾

西荻窪にはおいしいパン屋が山ほどありました。
そりゃ?もう個性的で、通いたくなるパン屋さんがいっぱい。
そんなわけで西荻窪在住時に作った中央線近辺のお店紹介記事シリーズです。

今日は中央線高円寺駅からまっすぐ北へ自転車で40分
ハーブ&おいしい野菜塾
首都高五号池袋線のすぐ近くにある農園付きのレストラン。否、レストラン付きの農園。
100711_143009.jpg
名前の通り、元々は農業教育施設なんです。
“流行”というと言葉が悪いですが、都会人がプライベートで農作業を体験するアレです。
それに加え、新鮮な野菜のおいしさを体感してもらうために始まったレストラン。それが今日のお店です。
あ、そうそう。今日はパンじゃありません。書くのが遅くなりましたね。

ランチコースは1500円から。
メインとなるのはがっつり系のフレンチ。
ボリュームのある“ピクルスのサラダ風(超美味い!)”に始まり、冷製スープ、鳥のコンフィ、ゴマパン、さつまいものティラミス、ハーブティーと盛り沢山。
ちょっと・・・値段とあってないんだけど。

もちろん野菜は全て自家製。一部足りない分も栃木の自営農場から持ってきているらしい。
ほとんどのテーブルが畑ビューなのだから、コンセプトを十分すぎるほど味わえる。
(食べてる最中にもシェフがとことことあらわれ、ローズマリーを収穫していった!)

土地勘がないとわかり難い場所にあるのが難点ですが、今一番お勧めのお店です。
行く前に電話での予約しておいた方がよいでしょう。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

Amigo! トイストーリー3、明日全国公開!

"This film becomes the kind of love note to movies we want and need."
                        -Los Angeles Times


トイストーリー3がいよいよ明日から全国公開。
ということで、今回はシリーズにおける本作のポジション、魅力、楽しみ方などをネタばれにならない範囲で紹介したいと思います。
要は告知です。

◆物語の舞台
「トイストーリー2」公開からほぼリアルタイムの“10年後”が今回の舞台です。
アンディは17歳になり、この夏の終わりには大学進学のため家を出ます。
悲しいことですが、おもちゃ達には彼とさよならをするときが近づいていました。
andy.jpg

僕達の行き先は屋根裏?それともゴミ箱?

行く末の不安とアンディへの想い。
この複雑な気持ち、アンディに届いているでしょうか。

◆10年前と変わらぬ世界観
リー・アンクリッチによると、最も苦労したのはこれまでのトイストーリーの手触りを壊さないことだったそう。
WALL-Eを手がけたほどのスタッフですから、映像技術は10年前からすれば段違いです。かといって、最先端をそのまま作品に投入してしまうとシリーズ特有の世界観を壊してしまいます。
toy1.jpg
そのため、監督は最新の技術は使いつつも、前作と連続して鑑賞してもなんら違和感の無い仕上がりにすることを重視したそうです。

◆新たなおもちゃ達と、レギュラーチームの意外な特技
もちろん新しい仲間(?)達がぞくぞくと登場します。
マテル社のバービーシリーズやフィッシャープライスのチャッターテレフォン。
日本からもジブリのアレや豆のアレなど。
その他映画オリジナルのおもちゃたちも、スタッフの思い出を元に作られているためノスタルジーたっぷりです。
そして今回も、レギュラーチームには様々な困難が待ち受けています。
2でも大冒険をしたベテラン勢ですが、なんといっても今度は帰る場所がありません。目を背けたい事実を抱えながらも、団結力と想像もしなかった特技で前へと進んでいく姿に勇気づけられます。

◆前作を観直そう!
3は前作を知らない人にも十分楽しめるよう、意図的に作られています。
それでも前作までを知っていた方が楽しめる部分が多数盛り込まれているところがにくいです。
(元々ルーカスフィルムということもあってか)スターウォーズのようなセルフオマージュもあるので、是非3を観る前に見直してみることをお勧めします。
時間が無かったら1の最初のシーンだけでも観ておきましょう。

◆こだわりの声優陣に思いを馳せる
ボニーのおもちゃMrプリックルパンツを演じるティモシー・ダルトン、バービー人形のケンを演じるマイケル・キートン。キャラクターと声優が微妙にリンクしているちょっとした笑い。
さらに。今回アンディの声を担当しているのは、15年前と、それから11年前にアンディの声を演じたジョン・モリスです。あの時の少年が、今は大きくなって俳優を目指しています。アンディと同じく大人になった彼が活躍するシーンは、この映画の最も重要で、感動的なシーンです。

※さらに、映画では明かされないけど声優から正体のわかる重要人物がいます。

◆You've got friend in meを歌うのは誰?
言わずもがな、トイストーリーを象徴する主題歌「You've got friend in me」はランディ・ニューマンによるオリジナル・ソングです。
「トイストーリー」ではランディ・ニューマン本人が往年の脱力ボイスを披露し、「トイストーリー2」では声を取り戻したウィジー役としてロバート・グーレットがダンディに演出しました。
※注:1、2ともに吹替版は歌も日本語に吹替えられています。出来は微妙です。
wheezy-.jpg
果たして3では誰が歌うことになるのでしょうか!?
きっと皆さんも知っている、想像もしない人だと思います。乞うご期待!
※おそらく今回は吹替え不可能!字幕・吹替ともにお楽しみください!

◆ハードル上げても(きっと)大丈夫!
海外評がすこぶる良かったので自分もかなりハードル上げて望みました。
私が良く見ているのはrottentomatoesmetacriticで、両サイトともぶっちぎりで今年ナンバー1クラスの評判です。
国内はまだ2D字幕レビューがほとんどですが、某サイトでは30件のレビュー中、25件が★5つ、4件が★4つという好調な走り出しです。

“Pixar最高傑作”というキャッチコピーの真偽は見方によると思いますが、作り手の想いが込められた渾身の1作であり、素晴らしい映画です。

是非この週末は映画館へ。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

紹介:カフナ

先日の記事で缶入りバージョンの紹介をしたKOSMOSの2人用薄箱ゲーム。
缶入りになったことで厚みがでてしまったけど、旧版はその薄さからボードゲームのわりに嵩張らないのが魅力。

ということで今回は「カフナ」。
アーキペラゴの魔術師が島の覇権をかけてぶつかりあう2人用ゲームだ。

IMG_4441.jpg
青い海と緑の島々が印象的なボックス。
厚みが3センチくらいなので同シリーズを積み重ねてもそんなに場所をとらないのがいいところ。
そのわりしっかりしたボードと立派な木製の駒が入っている。

ボードには12個の島が描かれており、プレイヤーこれらに自分色の橋を渡すことで陣取りをしていく。

IMG_4443.jpg
手番になったら手札からカードを出す。(出さなくても可)
カードに書かれた島から点線のつながった島に橋を渡そう。
複数枚出すこともできるが手札の補充は1枚なので慎重に。

IMG_4444.jpg
島から出ている点線の過半数を自分の橋で埋めたら、カフナ駒を置ける。
このとき、その島につながっていた相手の橋は取り除かれるという強力な効果つき。
これによりカフナ駒を維持できなくなることもあり、連鎖することで一気に形勢逆転ということが起こりうる。

また、カフナ駒はそのまま得点計算にも使われる。
補充用のカードがなくなるとラウンドが終了し・・・
1ラウンド目:置いたカフナ駒が多い方が1点
2ラウンド目:置いたカフナ駒が多い方が2点
3ラウンド目:カフナ駒が相手より多い方が、多い数だけ得点
の合計で勝敗が決まる。

IMG_4449.jpg
得点計算の方法を見ると一方的になってしまわないか心配になるが、実力さえ拮抗していれば大きな逆転がガンガン起こるので心配要らない。ラウンドの終わり際を考えて戦略を立てよう。(上の写真でも白のカフナ駒が取り除かれようとしている。)

とまぁ、そういうわけでルールは簡単ながら初見の人がベテランに勝てるゲームではないと思う。
同じレベルの人同士でやれば熱いゲームになるぞ!

【所感】★★★★★★☆☆☆☆
箱は嵩張らず、綺麗なボードと駒、簡単なルール。けっこう良い要素が集まってると思います。
ただし手番でやることが相手の利益に直結するので、がちがちの本気勝負になりやすいです。人によっては長考もしやすいので、元々仲の良い人とやるのがお勧めです^^
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

奴らが缶に入って帰ってきた!Canned Hit!

KOSMOSといえば薄箱の2人用ゲームシリーズ。
最近は流通し難くなっているものも多いのだが、中でも人気のある「ロストシティ」、「ローゼンケニッヒ」、「カフナ」、「カエサルとクレオパトラ」の4作が缶入りになって再リリースされた。

pic655914_md.jpg
なかなかゴツい缶だ。
厚みは相当なもので、これまでの薄型とくらべると体積は激増である。

基本的に中身は変わっていないように見えるが、一部カードのデザインが変わっているようにも見えた。よくわからんので各自確認してください。

缶のデザインは全て“シルバーに黒ズミっぽい感じ”で統一されている。
「ロストシティ」や「ローゼンケニッヒ」はイメージ変わらないが、青々としていた「カフナ」のボックスは呪われた島みたいになっちゃってて面白い。


しかし何で今“缶”なんでしょうかね。
コストも高いでしょうし、ユーザーにすれば嵩は張るし凹みやすいし。
ひょっとしてエコ?
| trackback:0 | commnet:7 | BACK TO TOP |

エドモンド・テリーのスーパー頭突きにすら、3D吹替の影が迫っている

ハローゼア!オビ湾です。

ワールドカップもついに準決勝です。
ドイツ、オランダ、スペイン、ウルグアイですか。
こうして並べてみるとウルグアイ以外は前評判どおりだったりするから不思議だなぁ。ウルグアイがブラジルかアルゼンチンだったらもう絵に描いたような大会に。

で、まだ終わっても無いのにあれなんですけど、やっぱ南アフリカ大会のMVPはこの人しかいないと思うんですよね。
ジョン・テリー。
ほんと最高ですよ。オイル浸りになる前からチェルシーを支えた名DFですけど、今大会のスロバキア戦で見せた勇士が目に焼きついて離れない。
おそらく10年くらいはエドモンド本田を観て研究してきたんだと思う。
誰もが待ち望んだリアルスーパー頭突き。

長年イングランドを背負ってきた古株ディフェンダー、渾身の溜め技。
これ食らったら立てんわ。

いや、笑い事じゃなく、実際かなりシュートコース消してる。
イングランドって気持ちの強いDFが多いよなぁ。


話題チェンジ
映画館に電話かけまくったんですが「トイストーリー3の2D字幕上映は無い」とのことです。今のところ、日本全国で1館も無いとのことです。

「トイストーリー」が上映された当時、劇場での吹替えは非常に珍しかったと記憶しています。(そういう意味でトイストーリー吹替上映は少し話題になっていた。)
それがいまや、半分が吹替え上映メインです。
別に吹替えメインでやるのは結構なんですけど(それは楽しみ方なので)、選択肢を残してもらわないと困る。
直接監督されてないバージョンを観ても観た気になれないんすよ。俳優の演技聞けないし。ヨーロッパみたいに吹替え前提になるのはまじ勘弁。
(もちろん向こうでも映画ファンはブーブー言ってるらしい。)

2D字幕を観るチャンスは試写会しかなかったことになるんでしょうか。
一番ベーシックな観方のはずなんですけど・・・。
※アバターのように3Dがウリならいいんだけどね。3Dだと字幕が見難いじゃん。

まぁ、3D上映が始まってからアメリカでも来館者数のわりに売り上げが良いらしいので、しょうがないっちゃしょうがないのかもしれません。

“3Dの波”と“吹替えの波”。
トイ3はやっかいな時代に船出しちまったなぁ。ちくしょう。
3Dの方は消えるだろうし、吹替えオンリーになることも無いだろうから、将来的に心配する必要はないと思うけど・・・。
| trackback:0 | commnet:5 | BACK TO TOP |

カジノロワイヤル訳更新?ヘックメック BBQ

カジノロワイヤル訳が更新されました。

今回は前回のヘックメック・ジュニアに続き、BBQをテーマにしたヘックメックBBQです。
ルールは基本的に同系統ですが、自分がとった虫の守り方が変わったり、新しい好物のカタツムリが登場したりと、ちょっとした発展バージョンのような感じです。
bbc_01.jpg

【公開開始】
⇒ヘックメックBBQ/HeckmeckBBQ(Zoch)

※Welcome記事の「カジノロワイヤル訳」からご覧ください。↑

最近子供向けのゲームばかり翻訳しているので、頭の切り替えに少々手間取りました。(ヘックメックレベルで何を言っとるのか・・・)
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

紹介:ネズミがそろり

前回HABAの新作アクションゲーム「魔女のコンクール」に続き、HABAのアクションゲームを紹介したい。
今回はラインハルト・シュタウペ作の「ネズミがそろり」。
シュタウペ氏は宝石商などの大人ゲームでも有名だが、子供ゲームでいうとAmigoの「ハンカチ落とし」や「ウマとび競走」などの有名作を手がけている。

IMG_4436.jpg
縦長中箱サイズ(箱物では2番目に小さいサイズ。スティッキーとか)
イラストはアンドレアス・フォン・フライヤー。「コケッコゲルダ(目玉焼き騒動)」の人だ。毎度味のあるキャラを描くね。

まずは入っているボードを組み合わせて写真に写っているようなチーズの城を作る。チーズの城には鈴がつけられていて、振動が加わると“シャリン”と音がするようになっている。

木の棒を全員に均等に配ったらゲーム開始。

IMG_4437.jpg
色つきサイコロを2つ振って、出た色の穴に自分の棒を通す。(棒=ネズミというテーマ。)
このとき、チーズの城についている鈴がならないようにそ??っと入れなくてはならない。
入れたら手番終了なのだ。要はイライラ棒。

どちらの色を先に通すかは自由なので、なるべくまっすぐさせる場所を選びたい。

IMG_4439.jpg
木の棒が12本刺さったらゲーム終了。
手元に残った棒が少ない人の勝ち。

鈴は小さな振動にも反応してしまうので、プレイ中は机にも触らないよう気をつけよう。

【所感】★★★★☆☆☆☆☆☆
イラストとコンポーネントは非常に可愛いのですが、手番の人以外が机に体重をかけただけでも鈴がなってしまったりと、少々プレイアビリティに難があるように思います。ハッキリとした音がした場合に限りNG、ということにするのが良いと思いますが、その場合難易度はかなり低めです。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ラブリー・デシャネル

今日は待ちに待ったDVD大量リリースの日です。

まず1つはゾーイ・デシャネルが最高にかわいい「(500)日のサマー」
(500)日のサマー [Blu-ray](500)日のサマー [Blu-ray]
(2010/07/02)
ジョセフ・ゴードン=レヴィットズーイー・デシャネル

商品詳細を見る

サマーはスペシャルな女の子??
なぜかブリティッシュなアメリカン・ラブコメディ。
アニーホール、アメリへのオマージュあり。サイコーに素敵な映画です。

2つ目はシアーシャ・ローナンの「ラブリーボーン
ラブリーボーン Blu-ray【2枚組】ラブリーボーン Blu-ray【2枚組】
(2010/07/02)
マーク・ウォールバーグレイチェル・ワイズ

商品詳細を見る

“天国から家族を見る少女”という展開に幅のなさそうな物語を、単なるおセンチなドラマに終わらせなかった手腕は見事。マークウォルバーグがクソ映画選抜出演説を覆す。
是非このエモーショナル空間を体感ください。

2本とも個性強烈な映画ですけど、見逃してる方は是非。
とくにサマーは個人的オブザ・イヤー候補です。
| trackback:0 | commnet:4 | BACK TO TOP |

ロッツォ・ハグベアとハグできるとかできないとかの会

ハローゼア!オビ湾です。

皆さん既にご存知と思われますが、今年の年間ゲーム大賞は「Dixit」になりました。まぁ、それでいいんじゃないでしょうか。「アイデンティク」でもいいかなと思ってましたけど。

IMG_3763.jpg
これでDixit3以降もでてくるんじゃないかな。
イラストのレベルが下がらなきゃいいけど(2より本体の方が若干クオリティ高いように見えるから・・・)。
で、キッズゲーム大賞の方は発表まだ先ですね。2択だと思いますが。ゆっくり待ちましょう。

話題チェンジ
東京オペラシティの4Fにて「トイストーリー3の世界展」が本日スタートです。
何が展示されているのかまったくわからず内容がグレーな感じですが、どうやら会場は3のストーリーを追うような構成になっているようです。
ネタばれの可能性が高そうなので、鑑賞前に行かない方が良いのではないかと思います。
超職場近くなのでさっそく明日行ってくる予定です。ということで詳細は明日。

アディオス!アミーゴス!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |
| ホーム |

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。