スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:チャーリー

どうやらアバクスも押している商品らしい「チャーリー」。
チャーリーっつーのは、まぁ、ブタのことですな。
そういえば最近、アバクスのゲームで目立ったやつがない気がする。
そろそろ踏ん張り時なんじゃなかろうか。

IMG_4846.jpg
この“ややエグいテイスト”は「ネズミのパティシエ」のイラストレーターだと思う。カードゲームなのに箱が大きいのは、ご覧の通りでっかい餌皿が付いているからだ。
そんなでかいもん付けるんじゃねーよ、と最初は思ったけど、遊んでみるとこの餌皿の存在感がとても良い。
このゲーム専用の型になっているあたり、アバクスのちょっとした気合が伺える。

入っているカードは2種類。
リミットを決める“餌カード”とプレイヤーの手札になる“動物カード”だ。

IMG_4850.jpg
まずは“餌カード”が各自に1枚ずつ配られる。
さらにテーブルの中央に人数に応じた枚数が公開。
これらのカードに描かれている餌の数が、そのラウンドで供給のある餌の種類と量ということになる。
つまり、場に公開されているカードと自分のカード以外は見れないので、全体にどれだけの餌が供給されるかがわからない状態である。

次に“動物カード”が7枚ずつ配られて、ゲームの前半“動物交換タイム”が始まる。

“動物交換タイム”では、自分の手札1枚と、山札か捨て札の1枚を交換する?を繰り返す。
ちなみにカードに描かれている動物の数だけ餌が必要になり、ラウンド終了時に餌が与えられなかった匹数分だけマイナス点になる。さらに動物ごとに食べられる餌が限られているので、そこを考慮してカードの交換を行う。
他プレイヤーが捨てたカードを見ながら、各自の“餌カード”の中身を推測していこう。

IMG_4854.jpg
もうこれ以上交換する必要なし!とおもったらパーティー開始を宣言。
残りプレイヤーが1階ずつ交換を行ったら“パーティータイム”に突入。

ここで各自の“餌カード”をオープンにして、全体の餌量が公開される。
その後1人1枚ずつ、動物カードをそれぞれの餌に対して出していく。
動物カードがまだあるのに、餌が足りない!という事態になった人は、足りない分だけ自分の手元から餌チップを出さなくてはならない。

説明が遅れたけど、各自15個の餌チップを持っていて、誰かひとりの餌チップがなくなったらゲーム終了。その時点で一番餌チップを残していた人の勝ちだ。

限界値を予測して手札をマネジメントしていく所がAmigoの「リミット」に似ている。
ただしこちらは記憶の要素はなく、他プレイヤーの手持ち餌の“読み”に比重が置かれているイメージだ。

【所感】★★★★★★★☆☆☆
うまく動物の数を調整するには他の人の餌カードの読みが大切ですが、難しくはありません。「あの餌は持ってないんだな」というところまでは比較的簡単にわかります。
餌チップを出すのは悔しいですが、あの餌皿にジャラジャラと入れる行為になぜか幸福感を感じられるゲームです。
スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

悪人★★★★☆

「海があると、もうそれ以上どこにも行けんような気持ちになるよ。」?祐一

吉田修一作の人気小説「悪人」の映画版。
原作では登場人物がそれぞれの次第を告白していくことでテーマを浮き彫りにしていく構成だったが、映画版でこれをどう表現するのかは見所だ。(告白型映画は再構成が難しいと見えて、上出来な成功例が思い浮かばない。)

深津絵里がモントリオールで最優秀女優賞を受賞して一躍注目作品となっているが、なんの。十分に地力のある映画ゆえ、賞など取らずとも自ずと口コミでヒットしたであろう。
この秋、最も注目の重量級ヒューマンドラマだ。

akunin.jpg
長崎の漁村で暮らす祐一(妻夫木)は、母に捨てられ、祖父母に育てられた青年。
昼は叔父の事務所で解体作業員として働き、家に帰れば年老いた祖父母の面倒をみる。
世の中とのつながりを求める彼は、夜になるとスカイラインを走らせて出会い系で出合った女の子に会いに行く。
私と会いたければ金を払いなさいと言われ、それに従う哀れな弱者。

いつものように女の子に会いに行った祐一は、目の前で他の男に乗り換えられてしまう。
結局その娘は山中でイケメンに捨てられてしまうのだが、それを助けようとした祐一には罵声を浴びせ、追い詰める。逆上した祐一は、ついに彼女を殺してしまう。

そんな祐一が出合ったもう1人の女性、光代(深津)。
佐賀の紳士服店で働く冴えない30代。
彼女もまた、孤独の救い手を求めて出会い系サイトを訪れていた。

孤独を埋めあうように抱き合う2人。
あくる日、祐一は人を殺したことを光代に告白する。
光代は祐一と離れることができず、逃げようと言う。
かくして2人の哀しく短い逃避行が始まるのだった。

一方、被害者の父(柄本明)は娘が死ぬことになったそもそもの原因である大学生に復讐を決意していた。
後一歩で憎き輩を傷つけようという間際で踏みとどまる被害者父。
「今の世の中、大切な人がおらん人間が多すぎる。」
行き場のない叫び。
残された者の空虚な叫びは、優しい孫が殺人犯になってしまった加害者祖母の心情につながっていく。

そして、たくさんの弱者を巻き込みながら物語は犯人逮捕という結末に向かう。
ちょいと衝撃的なラストは是非劇場で観てほしい。


祐一は性根の腐った人間ではない。
最も愛してほしい人に捨てられ、心の叫びを信じてもらうこともできず、自我をズタズタにされた少年。
そのまま成年した彼は、今も溺れた野良犬のように岸辺を探している。

誰もが持っている弱さが、鎖のように繋がって起こる悲劇。

罪を犯したものが常に悪であるのか。
罪に辿り着くまでのあいだ、どれだけ深い闇が当人を襲ったか。第三者にどうしてわかるものか。
弱者が繰り広げる哀しい群像劇の中心に、どっかりと居座った重いテーマがある。

予告編で見るほどシンプルじゃない。
柄本明の素晴らしい演技と印象的な台詞は、しばらく忘れることができなそうだ。
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

カーズ・チョイス #Extra:SNOT ROD

ちょっと久々になったので少し趣向を変えて、今日のカーズ・チョイスはレーサー以外からセレクト。
といってもレーサーよりは遥かにマイナー度は薄いんだけど。

◆#Extra:SNOT ROD
IMG_4750.jpg
映画のオープニングを飾るダイナコ400の終了後、移動中のマック(マックイーンのトラック)に悪戯をする4人組が現れる。
彼らは蛍光ネオンが眩しいチンピラカーで、三菱やら本田やらをベースにしたいかにもな奴らなのだが、その中で唯一のアメ車(クーダ)がこのスノットロッドである。

4人の中ではもっとも冴えないキャラとして登場。
くしゃみをするとスーパーチャージャーが起動してサイドのマフラーが火を吹いて加速。
なんとも憎めないイカしたやつなのだ。

IMG_4751.jpg
バックショット。
前後輪の大きさが激しく違う。
シンプルな上に変形だからミニカーでかっこよさを出すのが難しい形だと思うんだけど、そこはさすがマテル社。
主人公クラス以外のミニカーではトップクラスの人気。

IMG_4845.jpg
登場シーンは観れば明らか。
かっちょい??!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

プリンス・オブ・ペルシャ★★★☆☆、ボーイズ・オン・ザ・ラン★★★★☆、ブルーノ★★★★☆、THIS IS IT★★★☆☆

サクッと。サクッと終わらせます。
やるときゃやるつもりですが、やらんときゃやらんです。

◆プリンス・オブ・ペルシャ★★★☆☆
pop.jpg
ギリギリジャンプで有名なゲームの映画化。
ただ、有名なファミコン版ではなくPS2版が原作にあたるらしい。
プロデューサーがブラッカイマー爺さんということで期待してなかったんだけど、久々に光ったねぇ。
POPらしいギリギリジャンプも見られる爽快アクション。ディズニー式とはいえ、そこそこ見ごたえがある。
最後のドラマチックな展開も良かった。
強いて言えばヒロインの露出度がもっとほしかったですよ。はい。

あと、特典映像の出来がすごい。

◆ボーイズ・オン・ザ・ラン★★★★☆
boyson.jpg
原作未読。人気“寝取られ漫画”の映画化。
30間近のダメリーマン。そんな彼にめぐってきたチャンス。
同僚の可愛い女子と上手くいきそうだったのに、ちょっとした出来心で関係を壊してしまう。
やがて彼女はライバル会社のチャラい若手社員に寝取られ、妊娠させられ、捨てられてしまう。
勝手に激怒するダメリーマンは、野郎をぶん殴るべくトレーニングをはじめるのだった。

峯田和伸のダメ演技がリアル。寝取られ女のポテッとした軽さもリアル。

「何にもやってこなかったやつが勝てるわけねーんだよ」
その通りだよ。チャラいやつが買ったんじゃなくて、ダメ男がダメだったから負けたんだよ。
女の子との別れ際。ああいう復讐めいたことをしてしまうのが、今の君。
その哀しさを理解することが第一歩だ。

恋愛と性欲がせめぎあう、不恰好な男の足掻き。
ああ、青春ってのは乗り越えるもんだったのかと。そう感じさせてくれる映画だった。

◆ブルーノ★★★★☆
bruno.jpg
壮絶。この映画はマジだ。
何がしたいの?何を見せたいの?
ブルーノのしていることは、確かに度を越えている。
必要以上に酷い。

皆さん不快ですか?
でも、それが世界。彼の見る世界。
誰もが守ろうとしている常識と秩序の裏に、無意識に目を背けられたものの傷跡がある。

サシャ・バロン・コーエンの恐るべき演出力と変体的ニヒル視点で描かれる、本当は笑えない世界。

◆THIS IS IT★★★☆☆
thisisit.jpg
わりに動けるじゃん!みたいな。
僕はマイケルに関しては“普通”くらいのポジション。レコファンなのでジャクソン5は良く知っている、程度。

非常に上手く編集されたドキュメンタリー映画で、彼のラストステージを蘇らせてくれたようにさえ感じられる。
個人的にはそれほど興奮するものでもなかったけど、それはこの映画がファンのものだから。
僕がラストワルツを観ると泣いちゃうのと同じ。

いじょうでーす。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

紹介:オニリム

Z-manカードゲーを1つ忘れてた。
一応2人でもできるけど基本ソリティア用という奇抜なカードゲーム「オニリム」。
“悪夢から抜け出す”というZ-manらしいネガティブテーマではあるけども、珍しく雰囲気とゲーム性がマッチしていて良い。
名前の意味は調べてもわからんかった。

IMG_4837.jpg
水彩調のイラストワークが夢っぽくて◎。
基本的なカードは
・扉カード
・夢カード
・悪夢カード
といった構成。
後は拡張ルール用のカードが1/3程度。
難易度が増す拡張ルールが1セットに含まれているのはうれしい。

今回は1人用ルールの基本ゲームと、拡張の一番簡単なやつを紹介したい。
2人用はやる機会もなさそうなんでほっとく。

IMG_4838.jpg
手札は5枚で、基本的にすべて夢カード。
この夢カードを1枚出しては1枚補充し?を繰り返す。これが基本。

夢カードは太陽、月、鍵の3種類のマークと、それぞれに赤青茶黄の色に分かれている。カードを出して自分の前に1列に並べていくのだが、同じマークのものを隣接させて置くことはできない。

また、同じ色のカードを3枚連続で並べることができたら、悪夢から抜け出すための“扉”を貰うことができる。
この扉を4色2枚ずつ手に入れるのがゲームの目的だ。

IMG_4839.jpg
“扉”を手に入れる方法はもう1つある。
カードの補充をしようとしたときに“扉”カードが出て、さらに自分の手札に対応する色の鍵マークカードを持っていたら、見事“扉”をゲット。
また、鍵マークカードを捨て札にすることで山札の上5枚を確認し、1枚捨てて好きな順番で戻すというTCGっぽい特殊効果がある。
とにかく鍵マークカードは大切なのだ。

そして恐ろしいのが悪夢カード。
カード補充時にこのカードを引いてしまうと、手札を捨てたり鍵を捨てたり、場合によっては手に入れた扉を戻さなければならなかったりする。恐ろしい。
この悪夢カードを排除するために鍵マークカードを使っていくのが勝利への近道だ。

IMG_4843.jpg
拡張は基本的に難易度を上げるものだが、その中でも一番簡単なのが“魔法書ルール”だろう。
このルールを採用した場合、扉を取る順番を指定されてしまう。
その代わり、捨て札が溜まると悪夢を無効化する魔法が使えたりなど、魔法書の効果を使用することができるようになる。
捨て札の少ない序盤をどう切り抜けるかがポイントだ。

慣れてくると基本ルールは勝てるようになる。
そうなったら“魔法書ルール”を採用してみよう。勝率が5分くらいになってやり応えが増すぞ。

ということで珍しいソリティア用ゲーム「オニリム」。
正直ソリティアなんて最後までやり切ったことないくらい興味なかったんだけど、雰囲気がある分、少しやる気がでる。そんな感じかな。

Z-manカドゲはもう1つあるんだけど、もうめんどくさいからいいや。

【所感】★★★★★★☆☆☆☆
雰囲気のあるソリティアゲームです。
カードをシャッフルする回数が多く、ちょっとTCGっぽい雰囲気も。
シンプルながらテーマを捕らえたルールが好印象です。
拡張が多く含まれているのも飽きなそうでグッド。
まぁ、それでもソリティアにかわりはないですが。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

夢のノート

ひょんなことから手に入れたDSソフト「スクリブルノーツ」がすごい。

英語で入力したものが画面に現れて、それを操作することで目的を達成していくと言う超新感覚で自由なパズルゲーム。

ひとつの目的を達成するにしても、やり方は自由だ。
例えば川の向こう岸の物を取りたいとき・・・
⇒木を倒して橋にする?
⇒ヘリに乗って渡る?
⇒翼を生やして飛ぶ?
⇒釣竿でひっかける?
どれでもOK。

とにかく自分が考えた方法に必要なものを揃えれば良い。



ミッションの評価は、“必要とした物の数”や“掛かった時間”で判断される。
なかなか解けなかったミッションが、ハッとした閃きで一発クリアなんてことも。
ちなみに具現化できる単語は2万以上あるらしい。

クリエイティブでラフな発想が素晴らしい。
どこかしら日本語化を試みてはくれないだろうか。
| trackback:0 | commnet:4 | BACK TO TOP |

17歳の肖像★★★☆☆、花のあと★★★☆☆、スリル★★★☆☆、牛の鈴音★★★★☆

そうです!楽していきます!

17歳の肖像★★★☆☆
17s.jpg
無名監督の描くヒューマンドラマ。
青春と反抗の真っ只中にいる小娘と、腐った大人。教育の出来ない親。
良いか悪いか、なかなか言い方の難しい映画だと思う。

キャリーマリガンの可愛さと、サースガードの貫禄。
演技も舞台づくりも隙がなく、完成度が高い映画だと思う。
海外での賛否両論が激しいのも狙いのうちだろう。

良くも悪くも、とてつもなく腹立たしい映画。
17歳の肖像なんてタイトルで片付けてはいけない。
この映画のタイトルは原題のとおり「教育」でいい。

ただ、誰についていけば良いのかわからない演出の希薄さが気になる。
次回作に期待。

花のあと★★★☆☆
hanaato.jpg
藤沢周平×北川景子。
何をどうしても絵になってしまう藤沢時代劇。
わざわざ北川景子を起用する必要があったのか微妙に思ってしまうが、本人はかなり頑張ったように見受けられる。
硬派な見方をしたとしても、それほど嫌な気はしない。

原作未読なので細かいことはわからんけど、まぁいつもどおりの復讐劇。
後味が良いところからすると、後期の作品なのかな。

褒めてあげたいのは北川景子の殺陣シーン。
普通へったクソの殺陣シーンは寄って寄って繋ぎまくって意味不明にさせるのが常套手段。でもこの映画、北川景子の殺陣をひたすらひいて映す。
良い度胸じゃないですか。それに答えるべく彼女も頑張ってる。偉い!

とは言え・・・
ハズレなしの藤沢周平原作映画の中では文句なしのビリだろう。

スリル★★★☆☆
anna.jpg
「マイレージ・マイライフ」で助演女優にノミネートした新人、アナ・ケンドリックのマイナー映画。低予算。
インターネットで知り合った人物がサイコ野郎だったという、一世代前の王道スリラー。大学生の自主制作かと思うほど一本道な脚本だけど、アナケンが映るだけで観るモチベーションがあがるのは何故だろうか。
癖になる小生意気感だ。

隠れ巨乳アナケンのポテッとした存在感と、セクシーな親友が見所。

牛の鈴音★★★★☆
ushi.jpg
御歳80の老人と、同じく年老いた牛。そして老人の妻。
死にゆく牛との最後の1年を、40年の歳月を踏みしめながら歩む2時間。
もう言葉もございません。

賈樟柯一党の登場以来、大陸のシュールジャンルは中国が強いが、韓国も負けてはいない。「牛の鈴音」はっきりとしたメッセージが韓流らしい、力強いドキュメンタリーだ。


以上。おやすみなさい。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

紹介:禁断の島

昨年の超ヒット作「パンデミック」の作者、マット・リーコックの協力型ゲーム。
同作者のゲームと言うことで、内容はかなりパンデミック。
でもテーマはガラリと変えて、沈み行く島からのお宝持ち帰り。
出版は超微妙メーカー、ゲームライトから。

IMG_4834.jpg
迷惑な缶入り。
一応イラストに沿って凸凹してたり、けっこうこってるんだけどやっぱ缶は積めないし凹むしやだな。

コンポーネントはかなり綺麗に出来ていて、タイルは厚く、カードはづるづる仕様。
イラストも雰囲気があってとても良い。

前述したとおり、プレイヤーは冒険家となって沈み行く島からお宝を探し出すことを目指す。
すべてのお宝をゲットした後、全員集まってヘリで脱出というコテコテ映画みたいなテーマ。

IMG_4791.jpg
初期配置。
タイルが島を形成していて、最初の時点でいくつかの場所は沈んでいる。(青っぽいタイルは沈んでいる。)

プレイヤーは手番がきたら自分の駒を動かしたり、隣接している沈んでいる場所を元に戻したり(何が起こってるかは不明)、同じマスのプレイヤーとカードを交換したりする。
手番の最後にはいくつかの島が沈む。つまり、手番が進むだけでドンドン沈んだ場所が増えていくと言うわけ。
この“沈んだ場所”=“汚染された場所”という具合に置き換えると考えていただければ、パンデミックを知っている人にはわかりやすいだろう。

IMG_4792.jpg
他のプレイヤーとカードを交換しながら同じお宝のカードを4つ集める。
それを対応するタイルの上で使用することで、お宝をゲットできる。

カードは毎手番に補給できるし、カードの交換も容易なのでわりとすぐに集まりそうなもの。
だけどカードの山札には危険な浸水カードも含まれており、道が遮断されたりしてなかなか思う通りにはいかないようになっている。

各プレイヤーに1種類ずつ割り当てられる職業能力をフル活用して挑む必要がある。

IMG_4793.jpg
2段階沈んだ島は取り除かれてしまい、通ることすら出来ない。
終盤になると道がふさがれないように必死で排水作業をしなければならないことも・・・。

この協力ゲームは“浸水の速度”でレベルの調整ができる。
一番下のレベルでは楽勝。ノーマルレベルではある程度安定してクリア可能。それ以上はかなり厳しくなってくる。
パンデミックを持っているのであれば必要ないように思うが、バランスは良いのでテーマに引かれるようであれば。

【所感】★★★★★★☆☆☆☆
とてもバランスのとれた協力ゲームかなと思います。ただ、基本的にはパンデミックに似ているので、テーマ合致度の高い本家をお勧めします。(沈んだ場所を元に戻すと言う行為が、あまりに謎過ぎて・・・)
箱が缶なのも豪華に見えてよいのですが、耐久性がちょっと気になりました。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

嗚呼、思い出の東京げぇむしょう

今週は東京ゲームショー2010らしい。

東京ゲームショーに行った思い出と言えば、16のとき。当時はもちろん静岡にいたわけだど、みんなで集まって深夜特急のって東京さいったとですよ。

あの日は家庭用メタルスラッグの発売翌日だったのでよく覚えてる。
夜までうちでメタスラを遊んで、深夜からずんどこずんどこ上京。
信じられんくらい長い列に並んで、開場2時間後くらいになってようやく入場。
たくさんのノベルティがもらえてワクワクしたという楽しい思い出。
あのときはむらちゃんも一緒だった。

今回はakio殿に誘ってもらったのにいけず。(三連休のど真ん中なんで抜けれんかった)
誘ってもらってから急に、最近のゲームショーってどうなってんのかなってのがスゲー気になるようになって、行けんことが無念でならない。



どうせFALLOUT VEGASと3DSにしか興味はないんだけどさ。
なんかワクワクするじゃん。あの頃にもどれそうで、行きたくなっちゃう。

ということでakio殿、FALLOUTと3DSを見てきてくんさい。
| trackback:0 | commnet:7 | BACK TO TOP |

紹介:女王の身代金

まだ続くZ-manカードゲーム紹介。
さすがにZ-manばっかり続くと疲れる。根暗なんだもん。

今日は最近リリースされたばかりの「女王の身代金」。
まぁ、相変わらずネガティブなテーマですこと。
女王が誘拐された場所と犯人を、証拠を集めながら絞り込んでいく“クルード系”ゲームだ。

IMG_4794.jpg
紫の地に金型、そこに血が滴るという得意の根暗デザイン。
紫色ってのは珍しいかも。

カードゲームではあるけども、お金カード、場所証拠カード、犯人証拠カードというようにカードの種類が多い。
かつ、カードを置くことで各カードを置く場所を作るという仕様から、擬似ボードゲームタイプ(モルゲンカードゲーム他)のゲームと言える。

つまり、カードゲームのわりにいろいろメンドクセー準備があるよということ。

IMG_4726.jpg
ということで準備が終わるとこんな感じ。
左側に女王が囚われている可能性がある3つの場所、右側に女王を誘拐した容疑者3人が並んでいる。その上下に置かれている伏せられたカードが証拠カードであり、対応する上下のカードに書かれている数字の合計の大きさで真偽が決まる。

ゲームに勝利するには、これらの証拠を元にもっとも合計値が大きい“場所”と“犯人”を宣言し、正解しなければならない。

ということで、基本的には上下のカードを覗いたり、他の人が覗いた内容を予測したりしながら正解を絞り込むという作業だ。

IMG_4735.jpg
証拠カードを覗くには目撃者である道化に情報料を払わなければならない。
例外として様々な効果があるスペシャルカードで覗いたりすることもできる。

う?ん。身代金ってのは拘束している当人に払う金のことだと思うけどな。
それとも情報持ってる道化が拘束しているようなものっていう皮肉?

それはまあいいとして、ひたすら道化に金を払いながらカードを覗き、他のプレイヤーが何を覗いているかも情報にしつつ、ベストを尽くす。
証拠Reシャッフル系のスペシャルカードを隠し持っておいて、相手が嫌がりそうなところで使うとか、そんな感じ。

似たゲームが多い中でわざわざこの根暗なゲームを選ぶとするならば、やはりサイズの小ささがポイントだろう。
システム的な新鮮さや工夫とは無縁。

【所感】★★★★☆☆☆☆☆☆
小さな箱の中にオーソドックスな推理ゲームが入っているという印象です。
そのわりにカードの種類が多く、お金の中にはスペシャルカードまであるのでやや煩雑に感じるかもしれません。
暗くて重厚そうなテーマなのに、探偵のやってることがモサく感じる所もいまいちに思えました。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

至上の香港ノワール、再臨

企画上映に積極的な新宿バルト9。最近ではドリパス企画で注目を集めている。
そのバルト9で今週一週間、ジョニートーの「エレクション2作」が特別上映されているのだ。
企画元はラジオ番組のウタマル

エレクション~死の報復~ [DVD]エレクション~死の報復~ [DVD]
(2010/05/07)
ルイス・クーサイモン・ヤム

商品詳細を見る

2部作を20時から24時まで。

「エレクション」は05年、続編の「死の報復」は06年の映画だが、当時国内では限定公開のみに限られてしまっていた。
しかもDVDでリリースされたのは4年後の2010年。
ファン泣かせというだけでなく、このリリースタイミングのズレは作品の時代背景からして非常にもったいなかった。この映画は、あの時に作られたことにも意味がある。

香港返還という巨大な闇が、いままさに黒社会を飲み込まんとする“壮絶な弱肉強食”を、監督は“いまそこで起こっている、黒社会の敗北”という衝撃的な構図で描いている。しかもその“敗北”は黒社会自身が決断したことであるというおまけつき。
中国に追いつかれ、追い越される香港。そんな香港の複雑な国民感情さえも含有していた、恐ろしい映画。


これぞ香港ノワールの最終章といっても良い内容。
フィルムノワリストなら必見。
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

禁断の島?ノートルダム

禁断の島の字幕付き動画を見てからとても気になっていた「禁断の島」をやってみた。2人。
パンデミックのシンプルバージョンという感じで、新鮮さはないけど遊びやすい。

IMG_4793.jpg
スーパーイージーレベルでやったから楽勝気味でクリア。
テーマ的にも良いんじゃないかなぁとは思うんだけど、沈んだ所をどうやって元に戻してんだろうね。
そういう意味ではパンデミックの方がテーマぴったりだったかな。

美麗なイラストと豪華な財宝駒はグッド。
カードがよじれてなければよりグッドだった。

話題チェンジ。
大聖堂のカードゲームが出るらしい。
daiseidou.jpg
まだルールが公表されてないけど、きっと言語依存はあるんだろうな。
大聖堂シリーズはみんなルールが違うからゲーム内容も予想しにくい。
カードでは珍しいリソース集めゲームになるんだろうか。
英版ルールが出たら見てみたい。

トゥデイはそんな感じです。
| trackback:0 | commnet:3 | BACK TO TOP |

紹介:王の号令

今日もZ-manカードゲーム。
ちょうど今日辺りから国内流通も始まったっぽい「王の号令」。
キャメロット落城後が舞台。生き残った円卓の騎士が王冠やら金塊やらを取り合うと言う、円卓の騎士バトルロワイヤルである。

IMG_4786.jpg
色合いが地味すぎやしませんかね。カードのデザインも全体的にそっけないし。
この気の回らなさはなんかアメゲーっぽい。

前述したとおり、プレイヤーは円卓の騎士となってお宝を奪い合う。
手番では誰かを指名して攻撃を行い、成功すればカードを確保できる。
最終的に確保したカードの総得点が大きいプレイヤーが勝利するというシンプルな殴り合いだ。

IMG_4787.jpg
手番が来たらまずは手札を補充し、アーサーの王冠かマーリンの水晶を使いたい場合は使って、その後に手番の中心である“攻撃”を行う。
“攻撃”の際はまずだれか1名を指名して、その後に攻撃に使うカードを手札からだす。
出すカードはある程度まとめて役にして出した方がいい。役については次の通り。

◆牽制:剣を1枚
この攻撃では相手からカードを奪うことはできない。
◆スウィング:剣を2枚(色問わず)
使われたいずれかの色の盾1枚で防御可能
◆強打:同色の剣を2枚
同色の盾1枚で防御可能
◆振り下ろし:同色の剣を3枚
同色の盾2枚で防御可能
◆コンビネーション:4色すべての剣を1枚ずつ
盾では防御不可能、パリィ(攻撃側とまったく同一のカードセット)で回避可能
◆不意打ち:同色の剣を5枚
盾でもパリィでも回避不可。エクスカリバーでも回避不可。

また、攻撃を行う代わりに“手札を捨て、捨てた内容に応じたカードの補充”という手もある。

IMG_4789.jpg
攻撃された側が何らかの方法でそれを回避できなかった場合、手札の中から財宝を渡さなければならない。勝利した攻撃側のプレイヤーは財宝と使用したカードの両方を得点として自分の前に積み重ねていく。
逆に防御側が盾での防御に成功した場合は、攻撃側が使用したカードと自分の盾を得点にできる。
カードに書かれた数字がそのまま得点なので、やはり財宝の5点は大きい。財宝が手札の中に入ってきたら、奪われないように努力しろということか。

IMG_4790.jpg
それ以外の・・・というか、こちらが本ゲームの主役である三種の神器。
左のエクスカリバーは不意打ち以外のすべての攻撃をパリィでき、かつ攻撃に使用すれば同じエクスカリバー以外には回避されない。
右のマーリンの水晶は、相手の手札をみたり、山札をみたりといった能力がある。
そして真ん中の王冠こそが、このゲームの肝。
王冠をプレイしたプレイヤーは決められた命令の1つを他プレイヤーに強いることができる。
もしくはそのまま3点として自分お得点置き場においてもOKだ。

水晶と王冠がやたら強く、財宝は持っててもなんの役にもたたないとか、わりと引き運が重要なゲーム。
まぁその分、バトルロワイヤルらしい不公平が生まれて面白いと思う。そもそも集中攻撃が可能なわけだし。
ルール的にはもう一歩つめることができたらという気がしないでもないが、このくらいザクっとしている方が楽しいのかもしれない。

【所感】★★★★★★★☆☆☆
プレイヤー同士が気まぐれに殴りあう、パーティーゲームのようなカードゲームです。
カードが減ってきたやつを狙うか、財宝をたくさん持ってそうなやつを狙うか、マーリンの水晶を使うまでは手札を溜め込むか、別にどのスタイルでもよいでしょう。
相手が財宝を持っていなくても攻撃に使用したカードが得点になるという“殴りは無駄にならないシステム”に味があります。手札が増減しやすいのも展開が速くなって良いですね。
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

カーズ・チョイス #36:TankCoat

こんばんわ。カーズのマイナーカーを紹介していくコーナー、カーズチョイス。
今回もマイナー度高めのセレクトで、数回観たくらいでは記憶に残らないレベルのツワモノ。
その名もタンクコート!ピンクのカラーリングがキュートな男だ!

◆#36:TankCoat
IMG_4742.jpg
ピンク、グレー、白のバランスがアイスクリームっぽい。
ピンク部分にムラがあるのがオサレ。
ボディはかたばって大き目のリークレス型。

IMG_4743.jpg
バックショット。
スポンサーのタンクコートは、タンクやパイプを扱う企業、だと思う。たぶん。
ちなみに同名の企業もある。

彼の本名はユージーン・カビュレスキ。
元々はレースショップで働いていたが、ある日の昼休みにプロとレースをしたら思いも余らずパワーが出て勝ってしまう。それを見ていたタンクコートの社長が彼を抜擢したのだ。

ちなみにこのタンクコートはカーズミニカーの中でもけっこうなレアアイテム。
発射台がついているシリーズで少数リリース。
IMG_4745.jpg
置くのピンクの棒を押すとガチョーーンっと飛び出す。
塗装が痛みそう。

登場シーンはそこそこあるけど、時計と重なるシーンだったりしてすごく影が薄い。
最初のクラッシュシーンを危機一髪で通り抜けるシーンがハイライトか。
IMG_4754.jpg
ヒュ???!!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

紹介:カオス

Z-manカードゲーム紹介もようやく中盤。
今日は見た目も内容もイマイチ購買欲をくすぐらない「カオス」。
一言で言えば手札が不安定なラミー系ゲームだ。

IMG_4758.jpg
名前どおりの見た目。
カードのデザインもそれっぽくて◎。
しかし、どうしてこうZ-manのゲームってのはイメージが暗いんだろうか。
社員が根暗なのかな。

コンポーネントはカードのみ。づるづるカード。
すべてのカードに最後の得点を示すアイコンがついてるけど、覚えてられないようなものじゃないからこれはいらなかったな。

IMG_4760.jpg
まずカードを“人数+1”に配分して各プレイヤーの手札に。
あまった1つは序盤にカードの補給源となる“泉”になる。

手番では
?他プレイヤー1人に指定したカードがないか追求する
?他プレイヤーとカードを1枚交換する
?全プレイヤーでバトルを行う
が基本的な行動。

?では他プレイヤーに自分が持っているカードを見せて、そのプレイヤーが持っていた場合はそれを奪取することができる。もし持っていなかったら見せたカードは深淵(一時的捨て札)行き。
?では他プレイヤーとカードを1枚交換する。
?では全員が一斉にカードを出して、もっとも強いカードを出したプレイヤーがすべてのカードを手札にする。

こうしてコロコロと変わっていく手札の中に同じ数字のスリーカードが出来たら、手番の最初に自分の前に出すことができる。
このセットを出すことでようやく1点なのだ。

IMG_4765.jpg
こうしてプレイヤーの前にセットが増えていく・・・。
わかり難くなるので説明が後になったが、実は数字カードよりも重要なカードがいくつかある。
“カオスカード”と“秩序カード”だ。
秩序カードは手札がそれ3枚だけになると即終了の勝利宣言ができる便利カードだが、カオスカードが手札に入ってくると強制捨て札なのでなかなか実現は難しい。カオスカード単体では“全員で手札を連続交換する”という特殊なアクションがあるのでこれまた手札はぐちゃぐちゃになる。

ということで、一応このゲームの主人公はこの2つのカードになる。
これらに振り回されながらもチマチマとセットを揃えていくのが醍醐味。

あ?、そうそう。数字カードは各4枚あって、セットになるのは3枚。つまり、1枚余る。
この余った1枚を持っていた場合は、その数字のセットを前に出していても得点にならなくなってしまうという特殊ルールがある。
セットを出した後はその数字のカードがゴミとしてプレイヤー間を行き来するわけだ。

最初はルールが多くて嫌になっちゃうけど、慣れてくるば気にならない。
説明書の冒頭にユングの引用があったりして構えちゃうけど、そんなに志高いゲームじゃないので安心してほしい。

【所感】★★★★★☆☆☆☆☆
特殊なルールが多くて、最初は勝ち筋が見え難いゲームです。
ある程度ゲームに慣れた方の方が楽しめると思います。実際、うちのほぼ初心者メンバーでは面白みが掴み難かったようで、不評でした。手番でやれることが何種類かあるのも敷居を高くしているかもしれません。
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

高円寺ミッドナイトハンターズ?ヴァンパイアVSオオカミ

今回のすごろくや深夜会は恒例の“ラストナイト・オン・ジ・アース”
・・・ではなく、続編というべきかシリーズと言うべきかわからん“タッチ・オブ・ザ・イーブル”がメイン。
かくして店長、M戸さん、ノブさん、タメくん、オビ湾の大人気ない深夜パーティーが始まった。

◆ロメオ
IMG_4781.jpg
スクラブルを日本語ローマ字で!2回目。
イマイチわからなかったスクラブルの楽しみがグッと身近になる優れもの。
普通にスクラブル製品にならんかなぁ。

この後タメ君がオニリムをソリティア。
う?ん。オニリム、どういう紹介記事にしようか未だに悩んでいる。

◆タッチ・オブ・ザ・イーブル
IMG_4783.jpg
“ラストナイト・オン・ジ・アース”と同じようにサイコロ振りまくりのアメリカ式ホラーゲーム。
RPGっぽいシステムで、雑魚を倒したり名所でアイテムを拾ったりしながら自分のキャラを成長させて、頃合を見て大ボスにチャレンジする。
ただし、前作より遥かに要素が多い。特殊効果のテキスト盛りだくさんで、何度もルールを見逃したり、効果の適用を忘れたり。
詰め込みすぎにも程があるかなぁ。これを処理ミスなしで進めるのってちょっと現実的じゃないかも。

IMG_4782.jpg
オビ湾は“Katalina the outlaw”。日本語では“カタリーナ:怪盗”となってる。
ちょっとちょっと、原文のどこにも“怪盗”なんて書いてないぞ。

とにかくアウトローなこのキャラは他のキャラよりも戦闘時のヒット率が有利。
オビ湾はラスボスを倒す使命を感じて切磋琢磨するのだった。

4時間後・・・・。
競争ルールにも関わらず協力してくれた他プレイヤーの助けもあり、ヘロヘロになりながらヴァンパイアを打倒。

完全にアメゲー。面白いんだけど、どうにもテキスト量と特別ルールが多くて疲れっちまう。

◆ルプスブルグ
IMG_4785.jpg
司会を持ち回りにして少人数でもできるようになった「人狼」。
と思ったんだけど、やってみると全然感触の違うゲーム。
発言とかを参考にするのではなくて、殆どその場で起こったことから理詰めでオオカミを追い込んでいく感じ。かなりガチなゲームになっている。

オオカミが勝つのはかなり厳しいように思う。
市長パワーで正体を見られたら即バレしてしまうのだ。
2回目にオオカミ役が回ってきたので、市長狩り作戦を実行してなんとか勝つことが出来た。しかし途中に1/2の危機を何度か潜り抜けなければならなかったことを考えると、上手くいっても運が必要だ。

考えがいのあるゲームなので、じっくり犯人を追い詰めたい人にお勧め。

いやぁ。今回は頭の疲れるゲームが並びました。
おつかれさんでーす。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

アンボーン★★☆☆☆、タイタンの戦い★★☆☆☆、バレンタインデイ★★★☆☆

スーパー手抜きでいきます。
だってこの3本はこれと言って書くこと無いんだもの。

◆アンボーン★★☆☆☆
unborn22.jpg
ジャケットで後姿のお姉ちゃんのヒップが眩しすぎて、観ざるをえなかった。
主人公は普通の女子大生ケリー。
ある日、ランニング中に埋められた胎児を発見する夢を見る。それからというもの、彼女の周りの様子が少しずつおかしくなっていく。
奇怪な夢と少年の幻影に苦しめられたケリーは、自ら原因究明に乗り出した。
体に現れた変化から自分が双子であったことを知り、さらに秘密の鍵を握る老婆から双子に悪魔が憑くという話を聞かされる。徐々に真相に迫っていくケリー。

最初はゴーストホラーっぽいんだけど、物語が進むにつれてエクソシストになる。
最後は強力な悪魔と物理対決になだれ込み、彼氏の肉体を犠牲にして悪魔成敗。

なんつーか。安直すぎて見所がない。
この映画でわかったことは、ゲイリー・オールドマンが仕事を選んでないってことだけだ。

◆タイタンの戦い★★☆☆☆
titan.jpg
アバター旋風に乗って現れた神話系ファンタジーアクションムービー。
1981年の同名映画のリメイクである。
サム・ワーシントンが相変わらず毒にも薬にもならないオーラを振りまいている。
CGも今更だし、はっきり言って企画自体が時代遅れに感じた。
同じ神話系を思い切り“ハイスクール風”にしてみせた「パーシージャクソン」に比べると、“今観る映画”としてどんな価値があるのかイマイチわからんかった。
唯一面白かったのはメデューサ討伐を前に、サム・ワーシントンが同伴する4人の男達に放った台詞。

「俺は父親しか尊敬したことがなかった。その父親が、一気に4人も増えてしまった。」

必死スキル“複数形死亡フラグ”発動の瞬間である。

◆バレンタインデイ★★★☆☆
bare.jpg
比較的豪華な顔ぶれがちょこっとずつ登場するラブストーリー。
久々にアンハサウェイが観たくなったり、ジェシカアルバが観たくなったらこれを観るといい。
すべて予想通りの展開で、カップルで普通に楽しめると思う。
この映画を男ひとりで初日に劇場鑑賞したピー高※には足を向けて寝れん。

※シネフィルのオフ海メンバー兼、最近のゲームパートナー
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

紹介:パレード

継続してZ-manカードゲームシリーズを紹介。
今回は和製ゲームの逆輸入版「パレード」。ご存知bone5さんの傑作だ。
国内でも評判のゲームが徐々にステップアップしてついにZ-manからの発売である。

IMG_4771.jpg
イラストは変わってない。
ちょっと物足りない周辺デザインを逆に利用した幾何学デザインがECOだ。
上蓋の中央が相変わらず窪んでるのはご愛嬌。

カードのデザインはパッと見、国内版と変わらないように見えるんだけど、どうだろう。とりあえずづるづるカードになっているのはうれしい。

IMG_4772.jpg
テーブルの中央にパレード(キャラの列)が出来る。
毎手番、このパレードに手札からカードを1枚加えていくのが基本的な流れ。

列はどんどん長くなるわけだが、手番中に特定の条件を満たしてしまうとパレードの参加キャラが退屈して文句を言いにくる。
この文句を言いにきたキャラが失点になるので、極力おさえようという感じ。

ではどんなときに文句を言いにくるのか。
第一に、新たに加えたカードと同じキャラであるとき
第二に、新たに加えたカードの数字以下のカードのとき
である。
ただし、後ろから数えて、新たに加えたカードに書かれた数字までのカードは文句を言いにくることはない。
きっと新しい参加者に影響されて退屈しないのだろう。
思うに、カードに書かれた数字は“テンション”なのではないかと思ったりする。

IMG_4776.jpg
この場合、緑の?を加えたのでまず後ろ3枚は退屈しない。
しかし残った1枚は退屈する可能性がある。
先頭にいる緑はテンションが?で新たに加わったカードよりも高いが、キャラがかぶっているので退屈してしまう。
そして失点として文句を言いにくるのである。

最後の得点計算も工夫があって面白い。
通常は文句を言いにきたカードに書かれた数字がそのまま失点である。
しかし各キャラごとに最多文句数のプレイヤーはそのキャラの文句失点をカードの枚数とイコールにできる。
取るのならとことん、というのはクニツィアのポイズンと同じイメージだ。

【所感】★★★★★★★☆☆☆
大きな数字を使うタイミングや損得を考えたり、手軽でありながら程よいジレンマを感じさせてくれるゲームです。基本は我慢大会系ですが、小さい数字を受理して大事に備えたりとか、手札と相談しながら進める感じです。
ちょっと寂しいかと思ったイラストも遊んでみればしっくり来てました。
Z-manカードゲームの中では際立った安定感だと思います。
| trackback:0 | commnet:4 | BACK TO TOP |

群雄割拠!ヒストリー・オブ・ザ・サムライ決死会

この週末はakioさんちでヒストリー・オブ・ザ・サムライ。
ゲームジャーナルとかいう雑誌に付録で付いてくるものらしい。

akioさん、miaさん、OECさん、タメラくん、オビ湾の5人で。
システムからすると、たぶん5人専用ゲームだったんだと思う。
IMG_4778.jpg
武家政権の始まりから終わりまでを七つの巻にわけ、時代ごとに歴史上の登場人物を操る。
各プレイヤーが特定の一族を使い続けるということはなく、毎巻ごとに「破滅の13」にも似たシステムで自分の勢力を割り当てられることになる。

ゲームはスモールワールドに似た形式で、地域ごとに勢力が置かれている数で得点が発生する。
各時代では歴史人物毎に登場順番が決まっており、これがうまいこと歴史をなぞるような展開に誘導している。

戦闘はサイコロなので、運次第で歴史が大きく変わる。
このドラマがヒストリー・オブ・ザ・サムライの魅力だ。

中盤まででダントツ1位にたったタメくん、続いて太平洋側でそつなく点を稼ぐakioさん、稼ぎはしたが盤面に駒が少なくなったOECさん、四国に閉じこもるオビ湾、毎回激戦区に登場しては喰われる不運なmiaさん。

タメくんのダントツ以外は上位混戦のまま突入した最終巻。
そこでakioさんから“最終巻で伊達と長宗我部だったやつは負ける”というジンクスが・・・。
そしてまんまとオビ湾にくる長宗我部、お返しにタメくんに伊達を献上する。
長宗我部はオビ湾領の四国、伊達はタメ君領の奥羽。
お互いに既に占領下にある土地なのでほぼ無意味な登場。
それでも長宗我部は先手番なのでそこそこ頑張れたが、伊達は最終手番なので盤面は敵陣だらけで場所は偏狭。この空しさはリアルすぎる。

結局あれだけリードしていたタメ君は一気に落ち込んでオビ湾と同率2位。1位は徳川将軍akio。
OECさんは盤面に駒が少なくなったことが響いた。miaさんは最後まで強者の暴力に振り回されてしまったようだ。

受け取るカードやサイコロ運で得点力が大きく変わるけど、そのアンバランスがあっての面白さ。
しかしまさかの4時間半コースだった。これまでで最長かも。

IMG_4779.jpg
最後に20分くらいで「マティーニと男達」。
「国富論」のメーカーということでデザインセンスは逸品。
手札から恋人募集カードを出して候補を募る。
フィーリングが合う女性を決めたらサイコロで結婚ジャッジ。
最初に3組結婚させたプレイヤーの勝利だ。

イラストや趣味を見ながら男女の相性を語るのが楽しいゲーム。
勝負はakioさんが制したが、パーティーゲームらしくみんなで楽しめる。

オビ湾は時間切れでここまで。
今回もありがとございやしたーー!
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

カーズ・チョイス #35:Shifty Drug

カチャウ!というわけで今日はカーズ・チョイス。
前回のTOWCAPよりもさらにマイナー路線に向かっていこうと思う。

今回のキャラは映画を1、2回観ただけではまず覚えている人はいないだろう。

◆#35:Shifty Drug
IMG_4748.jpg
赤と黄色のはっきりとした色あわせがダサ格好良い。
ちょっと丸めのニトロエイド型。
これもKマートの限定商品なのでタイヤがゴム製である。

IMG_4749.jpg
バックショット。
後姿が最高にクールなデザインだ。
本名はケビン・レーシングタイヤ。
スポンサーであるShiftyDrugは名前の通りの薬屋で、かつケビンの義理の父が経営する会社である。
そのため、彼は細かなことを気にすることなくレースに参加することができた。

登場シーンはほとんどなく、一瞬画面を通り抜けるという程度。
もっとも目立ったシーンはこれだろうか。
IMG_4753.jpg
主人公クラスの車と並行することないため、大きな画像はない。
でもこのカラーリングは格好良い!もっと出番が欲しかった!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

紹介:火焔山

今年から急にカードゲームラッシュをかけはじめたZ-man。
AMIGOに比べると見た目がダークで悪趣味な印象がぬぐえないが、今年のリリースの勢いはAMIGOに勝る。

まずは西遊記をテーマにした場所取り&カード配置ゲーム「火焔山」。
台湾人デザイナーの作品である。

IMG_4738.jpg
アジアマンガっぽい温いイラストが特徴。個人的にはあんまりだけど。
Z-manのカードゲームは箱の上部分がちょっと沈みがち。これがちょっと貧相に見えていかんな。どれもカードが少ないからだろうか。

火焔山とは中国のウイグル自治区に実在する丘陵で、西遊記では炎の上がる山として登場した。シルクロードの名所でもある。
ゲームのテーマは、炎の山に取り残された三蔵法師を孫悟空を初めとした仲間が助ける、といったところか。

内容物としてはカードの他にも比較的しっかりしたトークンと得点ボードが付いている。カードはづるづるだし、気が利いている。

IMG_4739.jpg
プレイエリアには仲間カードが並べられ、その上に各プレイヤーの三蔵法師トークンがおかれる。
ゲームの主な目的は
「4種類の仲間が連続して並び、かつそのような列が縦横で交差する」
そして・・・
「列が交差するカードの上に三蔵トークンを移動させる」
である。
これを達成すると、交差する列に用いられたカードから得点することができる。
(得点はカード毎に記載されている。)

もし他のプレイヤーが先に上記を達成してしまった場合は、自分の三蔵トークンから連続して並んでいる種類の違う仲間から得点することができる。
なんか言葉で説明しにくいな。

IMG_4741.jpg
ということで、自分の三蔵トークンに有利な場所に仲間カードをだし、さらに三蔵トークンを移動させてより良い場所に移動させるのが各プレイヤーに与えられた使命である。
しかし、牛魔王を初めとするお邪魔カードがたくさんあるため、そうそう簡単に良い場所を確保し続けることは出来ない。
いつラウンドが終わっても良いようにそこそこな場所で待機しつづけるのもひとつの手だろう。

以上を何ラウンドか行った上で、もっとも得点の高いプレイヤーが勝利する。

お邪魔カードがわりに多めに用意されているため、全員が本気で取り組むとラウンドの収束性が著しく悪くなる。山札が切れてもラウンドは終了するが、そのようにして終わったラウンドはたいてい面白くなかったりするのが難点。

【所感】★★★☆☆☆☆☆☆☆
やることはシンプルなんですが・・・・。
特殊カードのキャラと効果もいまいちつながらず、プレイしたときに楽しさがありません。ゲームは淡々と進行し、ドラマも無いので盛り上がることは稀です。
ラウンド終了条件がパッと見でわかり難く、プレイアビリティも低め。
3人プレイでは気になりませんでしたが、2人プレイでは開始直後のバランスがイマイチで、初期配置が悪いだけで退屈なゲーム運びを強いられてしまいます。
中国の古い絵本風イラストだったらちょっとシャレオツになると思うんですけどね。サントリー烏龍茶風でも。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

オータムでAMIGO!

安定感なら業界一のAmigoカードゲーム。
今年の秋シリーズはやや保守的で、過去の人気作の派生版を中心としたラインナップになっている。

◆ボーナンザ ファン&イージー
bo2.jpg
やや複雑なボーナンザのプレイ手順を簡略化。
子供でも大人に混じってプレイできるように改良されている。
早く新しい豆で遊んでみたい。

◆ウィザード・エクストリーム
we.jpg
ウィザードのイラストが全とっかえされた上級版。
少々ディープな絵柄は旧版同様人を選ぶかもしれないが、国内で流通しているアレはかなりチープでアレな感じなので新版が流通するのはうれしい。

◆スティングマスター
sm.jpg
東洋がテーマのトリックテイク。
和風イラストのカードゲームは希少なので気になるところ。

◆フリーゼ マテンテン Set.1
fm.jpg
99年発表ゲームのリメイク。
フリードマンのTCGっぽいゲームだ。
Set.1には60枚しかカードが入っていないが、これからシリーズ化して旧作のように展開する予定。

◆まくら投げ大会
pillow.jpg
正方形になった新生キッズゲームシリーズ第2陣。
なんとテーマがまくら投げ!
テコでまくらを投げ入れるというちょっとワクワクする仕様。
ちなみに星さんがまたもインクルードされている。

以上、Amigoカードゲームは派生リリースでも購買欲をそそる。さすが最大手。
明日からは、Amigoに比べて見た目のセンスで遥かに劣るものの、最近リリースが頻繁なZ-manカードゲームを連続紹介する予定だ。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |
| ホーム |

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。