スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

ビッグバントーナメント第五十七夜~ヘイ!ユーインザクラウド!

世界中から年代、ジャンルを飛び越えて集まったメチャイケでヤバいゲームのバトルロワイヤル。
それがビッグバントーナメントだ。

◆ボスモンスター 最高! 
imageCA4L911Q.jpg
流行りのダンジョン構築&ドット絵ゲーム。
ギュウギュウ詰めにされたネタとハイクオリティなドット絵が素晴らしい。
手札によってはコントロールが効かないが、回りを見ながら進める要素は十分あるし、これ以上の工夫も凝った仕組みもいらない。
キャラクターカードにはゲーム上無意味なテキストがビッチリで、サイコーとしか言いようがない。

◆ガンランナー
imageCAQ53TW4.jpg
ビブリオスの作者によるシャハト崩れみたいなカードゲーム。
アートワークが、ダサい。(6の数字だけ最高にイラストが良い)
別に特段悪いところはないが、良いと言えるところはほとんどなく、特にサイコロの使い方とかが美しくない。
このひとビブリオスが奇跡だったんじゃないですかね…。

以上
スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ドゥームナイト予告~打倒ボスモンスター

日曜恒例月曜版ドゥームナイト予告。

アレが着いたってさ!

◆ボスモンスター
pic1444851_md.png
大流行中のドット絵系ゲームでーす!

タムラくんよろ。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

風立ちぬ(97点)

◆風立ちぬ
★★★★★★★★★☆(97点)
kazetachinko.jpg
懸命に生きるということ

純朴で、真っ直ぐで、力強い。芯が通った美しい映画である。
自分自身で想像し、姿勢をただして作品に向き合うことができるのならば、これ以上なく輝いて見える映画になるだろう。


幼い頃から飛行機の設計者になることを夢見ていた二郎。
やがて大学の工学部に進学し、三菱重工に英才として鳴り物入り入社。
5年後には艦上戦闘機の設計主任を任され、その後には零式艦上戦闘機を作り上げる人物である。

二郎は大学時代、関東大震災の現場で菜穂子という少女に出会う。菜穂子の付添人を介護し、菜穂子を家まで送り届けた二郎は、名前を言うこともなくその場を去ってしまう。

その10年後、新型戦闘機の試験飛行に失敗した二郎は休暇のために軽井沢に避暑に訪れる。そこで菜穂子と再会し、彼女が結核であることを受け入れた上で婚約する。
しかし菜穂子の病状は一向に回復に向かわず、やがて二郎と菜穂子は、二人の生き方についてある決意を固める…。


宮崎駿の「雑想ノート」という本がある。
一般には「飛行艇時代(紅の豚原作)」が掲載されていることで有名だが、そのほとんどは駿監督の趣味である軍事兵器のイラストにうんちくをこれでもかと書き施した代物で、まさに「雑想ノート」と呼ぶに相応しい、男の子による男の子のための本である。
「愚かだとわかりつつも、狂気の情熱みたいなものがどこかで好き。」
子供のための映画の作り手であるということと、それと同時に殺戮を行う兵器のマニアであるということの矛盾について、駿監督はこの本の中でも弁解している。

ただ、このことが矛盾だなんて小生はこれっぽっちも思ったことがない。
ジブリ映画の大きな魅力の1つは、何かに一所懸命に打ち込む主人公の姿である。
未来を担う技術に従事するという夢が、現実には軍事という国家規模の計画の上で成立したという話であり、その事は主人公に複雑な影を落とすかもしれないが、その情熱を否定するものでは全くないからだ。

「自分の夢に忠実にまっすぐ進んだ人物を描きたいのである」という、
この映画に向けた駿監督の言葉そのままである。

imageCAHPLKMB.jpg
※雑草ノートからはこのオンボロ空母が出てきましたね…

アニメーション表現で息を飲んだのは関東大震災の表現だ。
唸りを挙げて波打つ大地に、飲み込まれるように建物が沈んでいく。
轟く地響きの生物めいた恐ろしさ。心を侵食する恐ろしさだ。
(ユンカースG38が二郎の夢の中で墜落するシーン、及び零戦試作機の始動音にも、呻き声のような効果音が使われていた。)
また、影絵を思わせるドイツの一幕も遊びが感じられて楽しかった。


thumb_500_ph04.jpg
短い人生でも、それを幸せと感じる心の自由

第二次大戦前夜、日本の航空工学が飛躍する瞬間に立ち会い、その夢に全身全霊を持って従事した二郎。そしてまた、皮肉にもその瞬間だけに残された命をまっとうした菜穂子。
決して時間に恵まれた夫婦ではないが、その時を大切な人と生きたいように生きる姿に感動する。少しでも長く生きる、それよりもっと大切なことがある。

それは、「懸命に生きる」ということではないだろうか。


アニメであり、映画であることの習熟。
「風立ちぬ」はジブリ映画の中でも秀でて作家性が高い映画である。
ラピュタやナウシカようなエンターテイメントは楽しいが、この映画はそれ以上に「作り手が今の時代に伝えたいこと」に重きを置いた映画である。
ましてや、テレビの延長を見たい人に媚びるような映画では、全くない。

自分自身で想像して、考えてほしい映画だ。

最後に"予備知識が全くない"という人にお勧めするのは、本作の主題歌である荒井由実の「ひこうき雲」を聴き、その歌詞に目を通し、その意味を考えてみること。
きっと、「風立ちぬ」を感じる助けになると思う。
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

紹介:中の人なんかいない

「トリックテイクにテーマを!」これは有史以来の悲願であるが、うまくいった例はほとんどない。
つい先日も天帝ワレスが指輪物語をトリックテイクにしようとして憤死したばかりだ。天帝はそれ以前にもオラウータンをトリックテイクにしようとして怪我をしている。

十式ゲームズの「中の人なんかいない」は、そんな難題に挑んだ勇敢なる同人トリテである。(十式ゲームズは2013春GMでもトリテを出す。)
十式ゲームズと言えばこのゲームのあとに「ロボトリテ」を出したサークルだ。ちなみにこれを遊んだのはロボトリテの前である。

nakano1.jpg
萬印堂タイプのやや長い小箱。
ご覧のとおりというか、タイトルの通りというか、遊園地と着ぐるみをテーマにしたゲームだ。
プレイヤーは(多分)着ぐるみ芸人になってお客さんを集め、そのままにしておいたり誘拐するなりして得点を競う。

nakano2.jpg
中身。
ほのぼのイラストの4スートカード。ノーエンボス。
あと駄菓子屋にあったかなかったか、とにかくそんな雰囲気の……何コレ?
笛吹きドロップみたいな穴の開いたカラフルなプラスチックがいっぱい。
これはゲーム中に着ぐるみを強化するために使用する。最初に5個もらえる。

nakano3.jpg
カードは配りきり。マストフォローのトリックテイクだ。
取ったトリックはスート毎に分けて自分の前に並べておく。テーマを意識するならこれを"自分が引き寄せたお客さん"、と考えよう。ゲーム終了時、各スートごとに最多のお客さんを置いているプレイヤーは2ポイントゲットだ。

nakano4.jpg
リードプレイヤーはトリックを開始する以外にもう一つ選択肢がある。
"着ぐるみカードによる競り"だ。
まずカードをよく見ると、高ランクのものには通常の数字と併記して白抜きの数字が記載されている。白抜きの数字はそこに描かれている着ぐるみの人気度(1~3)だ。プレイヤーはこの高ランクカードを通常のトリックに使用しても良いし、着ぐるみ競りに使用しても良い。
競りを行う場合はそれを宣言し、手札から着ぐるみカードを1枚裏向きにしてプレイする。さらにその人気度の嵩増しのために例の変なプラスティックを3個まで追加できる。

全員が”着ぐるみで勝負に挑む”か”通常カードを1枚出してリタイアする”を行ったら、着ぐるみカードを一斉にオープンし、人気度とプラスティックの数を足した合計値が高いプレイヤーを勝利者とする。

nakano5.jpg
着ぐるみ勝負に勝ったプレイヤーは、すでに自分の前に置かれている、着ぐるみと同じ色のお客さんを全て取り、得点化できる。(1枚1点であり、最多お客賞よりも効率が良い)
また、その色のお客さんを持っていない場合などでも、他のプレイヤー1人から着ぐるみ色のお客さんを全て奪うことができる。(自分で得点化するなり、守るなりできる戦力を持っていない場合は、お客さんをたくさん集めていてもミズモノと言える。)

以上、手札が尽きたところで1ゲームが終了するが、
最大人数(6人)などで遊ぶと10ラウンドしかやらないことになり、得点化も視野に入れたゲームにはなりにくい。少人数で遊ぶことをお勧めしたいゲームだ。

【評価】
   6.jpg
【所感】
3人か4人で遊ぶのが良いと思います。
残念ながら遊園地という舞台も着ぐるみという登場キャラクターも、プレイ中は完全にトリテシステムの下に沈んで見えなくなってしまいますが、もうこれはしょうがない。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

紹介:気球で大空へ

子供ゲームメーカーとしては例になくカードゲームらしいカードゲームを作るHABA。大人でも十分に楽しめるゲームも多々ある。そんなHABA小箱の中で、今年最も見た目がカッコいいアイテムがこれ、「気球で大空へ」だ。

kikyu1.jpg
HABAとは思えないスチームパンク調の絵柄。
ガブリエラ・シルベイラさんもサイコーだけど、この人もかなり良いすね。

kikyu2.jpg
中身。
HABA小箱なんで、無理やりにでも木製コンポーネントが入っている。
今回はギア。さすがスチームパンク。
ちなみに手番を2回連続で行えるというだけのもので、本当は木製にするほどでもない。
また、カードになんちゃらという名の汚れ処理が施されており、これまた雰囲気が出ている。コンポ得点はかなり高い。
最早言うまでもないが、HABAカードにエンボスはつかない。

さて。このゲームはタイトルの通り、気球を大空へ飛ばしまくるゲームである。
当然たくさん飛ばした方が良い。
さっそく気球の飛ばし方を見ていこう。

kikyu3.jpg
手番になったら山札か、転がってるカードを1枚めくる。
それが籠だったら、自分の手前に置く。(3色あって、同じ色は1枚まで)
それが気球だったら、籠にくっつけるか、放り出す。(同じ色の籠のみ接続可能)
それがゴールカードだったら、表にしておくか、裏にするか自由に決める。

基本的にこれだけである。

kikyu4.jpg
籠に乗っている動物の数と、気球の数が一緒になったら、その気球は飛び立たせたものとして脇に寄せて置く。(これが得点。)
飛び立たせた色の籠は再び手元に置くことが出来るようになるので、これを続けて点数を稼いでいく…。

kikyu5.jpg
で、ゴールカードが3枚表になったらゲーム終了。
飛び立たせた気球の得点で勝敗を決するのだ。

うむ。
めくり運と(自分が出したカードの)記憶のゲームである。
それに加え、「あいつがアレを捨てたから~」という読みも当然ある。
が、ちょっと"めくり運への寄り"が強い感じで、下手打つと坊主捲りとたいして変わらないプレイ感となってしまうのが残念。
終わり際の捲し立ても重要な面白要素になりうるが…。これも自分でめくってるかどうかによるね…。
籠取り放題で余るとマイナス点という上級ルールがあり(我々はこれで遊んだんだけど)、上記のめくり運に拍車をかける感じで、まぁ盛り上がり的にはその方が良いのかもしれない。

【評価】
   5.jpg
【所感】
イラストの素晴らしさが対象年齢を上げている気がするんですが、不確かな他プレイヤーの動向よりも引き運の方が重要。ということで、やはり中身は子供ゲームらしいつくりと言えると思います。絵が良いっすよ。絵が。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

気を失っていました

所用で気を失っていました。
明日から復活します。ハイ。

オビ湾はいません4
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

◆モンスターズ・ユニバーシティ(80点)

◆モンスターズ・ユニバーシティ
★★★★★★★★☆☆(80点)
monnyuni-1.png
希望が見えてきた

あの「モンスターズインク」が11年の時を経て復活。しかも続編ではなくて彼らの大学時代を舞台にする~という、ちょっとダサくて不安な設定…。
ピクサーは「カーズ2」でNOVAウサギ級の失墜を味わった後、「メリダとおそろしの森」がまさかのアカデミー長編映画を受賞して復活をアピールした。しかしメリダ自体は実際そこまで良く出来た映画とは言えず、往年のファンを含めていまだ懐疑的な目でピクサーを見ているというのが実情だろう。
しかも安直なシリーズもの。その点で厳しい評価が海外で注がれているのは仕方がないかもしれない。

とはいえ、それでも平均点以上は(カーズシリーズを除けば)固いピクサーであるし、音楽はランディーニューマンだ。劇場で観ない手はない。

0.jpg
モンスターズ・インク社に工場見学に行った幼少期のマイクは、モンスターズ・ユニバーシティ卒の怖がらせヒーローを見て感動。将来は怖がらせ屋になることを決意する。(この時貰ったMUの帽子を、マイクはその後もずっと大切に使用している。)

憧れのモンスターズ・ユニバーシティに入学したマイク。
しかしちょっとしたヘマをやって”怖がらせ学部”を追い出されてしまう。なんとか復学を認めてもらうべく、同じく”怖がらせ学部”を追い出されてしまったサリーと、ダメダメクラブ”OK”の一同と協力して”怖がらせ大会”に出場することにする。

リーダー気質だが本人が怖くないマイク。
怖がらせ名家の出身で我が強いサリー。
どう考えても取り柄が見えないOKクラブの冴えない学生達。

理想的なチームとは言い難いが、マイクの高い意識で刺激されたメンバーの怖がらせ能力は日々向上。ついには名クラブRORとの決勝戦まで進むが…

幼少時代からの夢をかなえるべく、誰よりも努力し、どんな苦難にもめげなかったマイクが直面する、どうにもならない現実。
親友マイクの窮地にサリーが打てる手はあるのか……。
続きは劇場で。

この映画におけるマイクとサリーは、"学園のヒーロー"と"身内にしか尊敬されない努力家"という組み合わせで、寄宿舎モノの児童書とかによくある王道コンビ。
二人の新しい立ち位置は、キャラクター設定の奥深くを見るような楽しさがある。
また、前作を連想させるシーンやキャラクター、小物も出し方もいやらしさがなく、ファンとして気持ちよく見ることが出来た。
前半から中盤にかけて、平凡なお決まりシーンが忙しく消費される部分がやや魅力に欠けて残念ではあるが、終盤の展開は独創的で楽しかった。シリーズものの弱点をよくわかっている脚本だ。

久々にピクサーマジックの片りんを垣間見れたというべきだろうか。
どんな苦境でも腐らずに進もうとするマイクのキャラクター像に、モンスターズインク世界の説得力を見た気がする。

どんなに頑張っても上手くいかないことはある。費やしただけの努力が帰ってこないことなんて山ほどある。人生を費やしてきた夢だって、いつかは諦めなければならないかもしれない。
それでも、あなたが前を向いている以上、あなたの前にはあなたの道が切り開かれるのだ。
モンスターズ・ユニバーシティは、往年のピクサーを想わせるポリシーを持った映画だった。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

アルマ、15歳の恋愛妄想(62点)、I'M FLASH(30点)

◆アルマ、15歳の恋愛妄想
★★★★★★☆☆☆☆(62点)
arumae.jpg
"ちんこで突いた問題"の真相

ノルウェーに住む15歳の女の子アルマは思春期ぶっちぎりのドエロ妄想ジャンカー。
一応好きな男の子がいて、これが毛が生える前のジョセフ・ゴードン・レヴィットみたいな奴だ。
アルマは日常的にテレフォンセックスを楽しんでるくらいの第一線オナニストなのだが、前述の毛無レヴィットとセックスする妄想でも、日々オナニーに励んでいる。見習いたいモチベーションだ。

さて、ある日アルマが参加したパーティーには毛無レヴィットも参加していて、ちょいちょい目が合ったので、一人外に出てみたりする。すると毛無レヴィットも外に出てくる。そして問題の事件が起きる。

毛無レヴィットがちんこでアルマを突いたのだ。
※そのままの意味で、セックスしたという意味ではありません。

その事をみんなに話すアルマだったが、誰も信じてくれない。ついに毛無レヴィット本人までもが否定し始め、見ている方もあれは妄想だったのかと混乱してくる。
良くないことに毛無レヴィットが好きな女の子がいて、アルマのいじめを始める。
アルマ大ピンチで、実際窮地。

毛無レヴィットちんこ事件は本当に起こっていたことなのか、はたまたその真相とは!?

冒頭からオナニーしまくるアルマに最初は気持ちがおいつかなくなるが、徐々に妄想率が減って普通の青春ドラマに落ち着いてくる一作。しまいにはラブコメばりにハピフルな結末が待ち構えており、気持ちよく振り回されている感覚が悪くない。

◆アイム・フラッシュ
★★★☆☆☆☆☆☆☆(30点)
3622_1346414799_l.jpg
確かに輝いている

たっちゃんと、目が死んだ例の俳優の弟による、なんだかふんわりした沖縄ノワール。たっちゃん以外の3人は殺し屋という設定なのだが、どんなに目を凝らして見ても殺し屋には到底見えないため、必要以上に緊張感の無さが際立っている珍作だ。(これがジョニー・トー映画だとサイモン・ヤムあたりで締めるのだが…)
もちろんその辺はある程度監督の意図であろう。目が死んだ例の俳優の弟が吐き出す気怠い雰囲気はそのまま映画の空気になっており、シニカルティックな作品であることをこれでもかと主張している。

たっちゃんは某宗教の若き教祖という設定で、この映画では殺し屋の標的となっている。しかし彼自身が生きることに無頓着になっている生粋の寝言野郎であるため、教祖と殺し屋の間に明確な対立象が生まれず、ぼんやりのんびりと話は進む。~~~からの、銃撃戦。
まさかタランティーノやりたかったわけじゃあるまいな…。

しかし、こんだけ寝言とマイペースが激しいと輝いて見えるのは事実だ。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ビッグバントーナメント第五十六夜~本気でやらないとバチがあたる

世界中から年代、ジャンルを飛び越えて集まったメチャイケでヤバいゲームのバトルロワイヤル。
それがビッグバントーナメントだ。
俺がいけないこともあって少し間を置いた開催。

◆気球を大空に
kikyuu.jpg
HABAが意を決して許可したスチームパンク絵が光る小箱カードゲーム。
絵が良い。
ゲーム的には、「お、あいつがアレを捨てたから…」ってところが味噌太郎なんだけど、そこまでにわりと長い時間カードめくり大会を続けなければならず、籠が出ずに捲りばっかりやり続ける前半のドツボにはまったりすると、ちょっとつらい。
前半だね、前半の締りのなさがちょっとね。

◆リーダー1 Hell of the North
leader112233.jpg
思い出した。超ガチゲー。もしくは愛し系ゲーム。
ナンパに遊んでも良いことが一つもない。
ツールに興味がある人で集まってやる。これ一択だね。

◆ヴェンチャー feat.どのケイジでSHOW!?
donokeijiji.jpg
シドサクソンの例のゲームをどのケイジでSHOW!?が再プロデュース。
ニコラス・ケイジ・ホワイトボードは得点記録ボードにもなるのだ!
超万能!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ドゥームナイト予告~ツール第100回大会記念ほか

たまに月曜になったりもする日曜恒例ドゥームナイト予告。

ただいまツール第100回記念大会開催中ですので、一応これがあります。
新しくなった「リーダー1」。

◆リーダー1 ヘル・オブ・ザ・ノース
L1.jpg
数年前に登場して以来、「サイクルレース」の存在価値を粉砕してロードレースゲームの王座を手に入れた「リーダー1/ジロ・ディ・イタリア・ボードゲーム」シリーズ。

当時本サイトでも少し紹介して、さらにリアルさを追求したらこんなこともできるんじゃないかなんて書いたような気がするが、実際本家ゲームの方も進化している。
この「Hell of the north」ではこれまでのルールにいくらかの追加要素が加わったスタンドアロンセットであり、以下の要素が主な追加となっている。

・脚質にスプリンターとダウンヒルに加え、ファイターが追加。
・プロトンに前方後方の概念が入り、後方はより体力を温存できるが、前方にいないとアタックが出来ない。
・プロトンのコントロールにサポートサイクリストとその体力の概念が追加。
・プロトンの山での消費体力が増加。
・不安定なアスファルトと落車のイベントが追加。

説明入れて1レース45分くらい。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

紹介:サマナーウォーズ~剛力のルカー

お待たせしました。
週刊サマナーウォーズ第二回は前回紹介の基本セットに応じた拡張である「剛力のルカー:増援パック」です。
増援パックにはテーマになっている種族の追加チャンピオンとコモンが入っている。

ruka1.jpg

フェニックス・エルフの追加チャンピオンは
ruka2.jpg
火炎獣の召喚能力を持つホリアス。
近接攻撃スペシャリストのラレヤ。
飛行と高い移動力を持つラーリー。
の3人。
フェニックス・エルフのチャンピオンは化け物を除けばすべて女性というハーレム一族だ。

ruka3.jpg
フェニックス・エルフの追加コモンは火炎獣とフェンサーの2種類。
火炎獣はエルフ族の中では頼りになる重層キャラだがコストが高い。
フェンサーは死ななければ相手に1ダメ与えるという一見嫌な能力ではあるが、他に取り柄がないので大抵簡単に死んで相手のMPとなる。

フェニックス・エルフの追加分について言えば、“運に左右されない”という一族の特徴は特に継承されていない。

ruka4.jpg
ツンデレ・オークの追加チャンピオンは
攻撃力が半端なく、タイトルにもなっているルカー。
被ダメージ分だけ攻撃力が増すグラッガー。
イベントカードを強化するブラッジ。
の3人。
ツンデレ・オークのチャンピオンたちは見た目で判別するのが難しい…。

ruka5.jpg
ツンデレ・オークの追加コモンは氷の守備兵と突撃兵の2種類。
足の速い突撃兵は召喚コストが高いが体力が高く、敵への圧力になる。
守備兵は相手の雑魚キャラからダメージを受けにくく、コストが安い。

ツンデレ・オークの追加分について言えば、”波がある”という基本セットの特徴をそのまま拡張していると言えるだろう。

ruka6.jpg
また、これらサマナーウォーズの増援パックには傭兵カードがいくらか入っている。「激高のルカー」では、手札が増えるジジイ、マゴスが入っている。

【評価】
   6.jpg
【所感】
まぁ、1000~1500円くらいなので、サマナーウォーズ好きなら買っても良いかと。
| trackback:0 | commnet:1 | BACK TO TOP |

「どのケイジでSHOW!?」ルール

どのケイジでSHOW!?のルールが公開されましたので、お知らせいたします。

http://casinoroyalerule.web.fc2.com/donokeiji

imageCAGW6NN1.jpg

今週末、ぜひお楽しみくださいませ。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

短い記憶(88点)

ネタ、バレルヨ。
ミルヒト、ゼタイ、ヨンダラダメネ。

◆短い記憶
★★★★★★★★☆☆(88点)
31963_02_l.jpg
奔走する母性、盲目の父性

ドキュメント畑のヨングン監督と、この作品で高い評価を得たユ・ダイン。それに建築学概論でも好演したユ・ヨンソクによる、しっとりと重いヒューマンドラマ。

18歳で恋仲だったヘファ(ユ・ダイン)とハンス(ヨンソク)。
奔放なヘファと心優しいハンス。
やがてヘファが妊娠すると、彼女は進学をあきらめネイルアートの勉強を始める。
ヘファの両親はこの結婚に同意したが、息子の将来を期待していたハンスの家族はこの結婚を許さなかった。
ハンスは姿を消し、孤独に耐えて出産したヘファ。
その裏で交わされた養子縁組の証書。
ヘファは産まれた子が、その日限りの命で死んでしまったと聞かされる。

5年後、再開するヘファとハンス。
ヘファは新しい人生を歩むため動物病院で働いていたが、二人の子が養子先で生きていることをハンスに告げられると、消失していた母性がよみがえり、わが子への衝動を次第に抑えられなくなっていく。
過去に目を向けず、必死に前を向いてきたヘファに再び襲い来る無念と後悔。
幼稚園のトイレでその女の子と鉢合わせると、衝動的に誘拐を行ってしまう…。

しかし誘拐は未遂に終わり、結局女の子を置いて立ち去るヘファ。
それを見ていたハンスが結局女の子を誘拐。ヘファの家へ連れて行き、最初で最後の家族の一緒の食事を取る。
犯罪であるとわかりながらも過ぎていく、幸せな時間が胸に痛い。

あくる日、警察がヘファの家に来ることがわかると、彼女はハンスを追い出し、誘拐犯として逮捕される。
しかし彼女はそこで、二人の本当の過去と、ハンスの苦悩の日々を知ることになる…。


現在と5年前を往復することで、複雑な事情と繊細な感情が次第に浮き彫りになるという構成の映画であり、その細密な削り出し過程がこの上ない演出効果として成功している。
中盤までに感じる主人公たちへの思いは、真相が明らかになった後に大きく変わるだろう。

話の結論から言えば、二人の子供は出産時に亡くなっている。
それをヘファは聞かされているが、ハンスもそれを知ったうえで養子生存説を放り込んだのである。
過去に対するヘファとハンスのスタンスには相違がある。これは本作における肝となっているが、"全てを分かっていたはずのハンス"という存在が明るみになったとき、話はよりプライベートで、切実なものになるのである。

複雑に揺れ動く感情を、ユ・ダインのクローズアップと細密な演出で綴る、地味なヒューマンドラマ。しかしユ・ダインの素晴らしさだけで語るにはもったいない傑作だ。
辛い現実を飲み込み、車のギアをバックに入れ、再生に向かうヘファのラストシーンが本当に素晴らしい。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ビッグバントーナメント予告~幻のケイジ・ゲーム降臨!?の段

月曜恒例ドゥームナイト予告。

遂に今回、例のあの幻のアレ、テレストレーションを超えるコミュニケーションゲームの傑作が登場だ!!

◆どのケイジでしょう!?
imageCAGW6NN1.jpg

予習を怠るな!!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |
| ホーム |

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。