スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

ビッグバン・トーナメント・ユニバース 第76夜

無限に存在する異次元の並行世界、すなわちドゥームナイト・マルチバースで連日連夜行われているビッグバン・トーナメント。
本サイトでは引き続きその活動に密着していきたいと思う。泣く子も黙る“ビッグバン・トーナメント・ユニバース”にだ。
タナカーマー、欧州純、オビ―ワンダホー。

◆プリモ
purimo.jpg
クラマーが寝ぼけながら作ったと思われる前にも後ろにも向上心のないソリティア。
どんづまるとつまらなく感じるが、埋め方次第では後の連鎖が仕込めるかもしれず、一概に蹴り飛ばしてよい感じでもなく。でもまぁソリティアですよ。

◆グランパベックのゴルフ
gurapabe.jpg
知っている奴は知っている、今もっとも注目されている小箱デベロッパー、グランパベックの現時点最高傑作。内容はゴルフ!

◆サンスーシ  イイネ! 
sansushi.jpg
キースリングの単独作品がラベンスバーガ―から。
話によるとテンデイズではバカ売れだとか、いやその逆だとか。
明快な得点機会。綺麗で幅の広い選択肢による盤面の自由度。
妥協が報われやすい気軽さ。
かなり良いですね。プレイ時間もインスト込45分。

以上。
スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

カジノロワイヤル大賞2013

2013年中に発表予定だったカジノロワイヤル大賞2013ですが、めんどくさくなって先延ばしされ、一昨日に「明日書くよ」って書いて昨日めんどくさくて先延ばしされ。んでもって今日です。

今年の後ろ1/3は隠居してしまったので、例年に比べるとやった量は少ないです。
でも、悩みました。

独逸式に悪くない感じに収まっている「カッラーラ」。
クニティアのクニティアによる、クニティア的なゲーム「秦」。
フェルトのわりに特殊タイルとプレイ時間がくどくない「リアルト」。
お前らこれが楽しいんだろ?ってのを詰め込んで皮肉ったフリーゼのライフワーク「コピーキャット」。
オリジナルヒーローを操り、協力してヴィランを倒していく「センチネルズ・オブ・ザ・マルチバース」。
ニューロマンサーな世界観が最高にかっこいい「ネットランナー」。
構築済みデッキゲームとして自由度と楽さのバランスがいい「スマッシュアップ」。

まぁ、それ以外に山ほど話題のゲームはあったわけですが、これらをおしてダントツのゲームがあったことを忘れてはいけません。
もちろん、あれが大賞です。


≪2013年カジノロワイヤルBG大賞≫

◆ブリッとでるワン
burideruderuderu.jpg
口から突っ込んだスライムがブリブリと尻から出てくる至高のゲーム。勝ち負けはどうでもよい。
ヨーロッパが誇る無敵の創作物。クラウン・オブ・クリエーションだ。


ちなみに2013年のキング・オブ・ドゥームは「ウォーキングデッド・カードゲーム」です。
sinderugame.jpg
タムラさんおめでとうございます。対抗はCOQ氏の「マフィアダラー」でした。
| trackback:0 | commnet:1 | BACK TO TOP |

ビッグバントーナメント・ユニバース第75夜

無限に存在する異次元の並行世界、すなわちドゥームナイト・マルチバースで連日連夜行われているビッグバン・トーナメント。
本サイトでは引き続きその活動に密着していきたいと思う。泣く子も黙る“ビッグバン・トーナメント・ユニバース”にだ。
タムラ、COQ、シーミズ、カマ・ターナー、サーカワ、ワンダーフール。

◆内陸港
doom20141.jpg
かのローゼンベルグ侯がちょっとしたアイデアをお金にしながら研究活動を実現している実験シリーズ。
資源のカウント方法が独特で、それが本作の存在理由であることはほぼ間違いない。いろいろとUIが不便だがゲームとしての面白さはいつも通りなので、ローゼンベルグ製のおもちゃで遊ぶのが好きな人なら満足できるだろう。
ただやはり、実験部分である資材マーカーの動きが無機質に感じられてしまう所が難点である。

◆ランペイジ
doom20143.jpg
建物が崩れていく様が壮観なダイナミックおはじきゲーム。
おはじきゲームなのでルールに文句付けようと思ったらいろいろ出てきてしまうが、面白さにはまったく関係がない。
とはいえ、最初から勝負が決まってしまうような能力カードがあるのは問題である。実際、欧州純が他メンバーの5倍の得点をたたき出して勝利した。ポンコツだ。

◆モンスターファクトリー イイネ! 
doom20142.jpg
パーツを繋げてモンスターを作るゲームは数あれど、これほど明快でモンスターらしいモンスターが出来るゲームは他にない。さすがはヴァッカリーノ御大である。(言うまでもないがヴァッカリーノ御大の本性はこっちだ。)
ルールはだいたいカルカソンヌだと思えばいい。むしろ大幅に簡略化されているがまったく気にする必要は無い。そんなことは面白さに関係ないのだから。

明日はついに!
2013年ボードゲームカジノロワイヤル大賞の発表ですね!わくわく。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |
| ホーム |

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。