スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

ソルト★★★☆☆、インフルエンス★★★☆☆

最近よろしゅうない。何観たか全然覚えてないんだから。
派手なのしか思い出せなくなってる。
ということで辛うじて覚えている新作レビュー。

ソルト★★★☆☆
solt.jpg
チェンジリングでいっぱしの母親も演じられることを証明したアンジーこと、アンジェリーナジョリーのアクション最新作。
今回はアンジー本人が熱望した米露スパイ映画。
CIAのアンジーが実は露の送り込んだ二重スパイだけど結局露の方も裏切って?・・・というスーパーありきたりな物語だ。
要は見所はアクションですよ、ということである。

そのアクションに関してはまぁ及第点と言ったところか。
アンジーらしいというよりは、トム・クルーズがやりそうなアクションを一通りやったというイメージで、MI:2,3くらいの感触が近い。

謳い文句となっていた騙し騙されについては期待の範疇を超えない程度。
アンジーがロシアンスパイだぜーみたいになったくだりでも、「ちょっと横見りゃもっとロシア顔した奴がいるだろう」という直感がずばりになってしまうような具合だ。
っていうか“ラスト5分、あなたは絶対だまされる”系の謳い文句を使った映画は大抵オチが弱い。やるんだったら“ミスト”ばりのウンコ的結末を用意すべきだろう。

ちなみにBlu-rayには別バージョンエンディングが収録されていた。
こんなどーしょもないバージョンは入れんでもいいだろうに。

素直な造りの映画で、何一つはみ出さないので刺激不足。
エンターテイメントとしてはスピード感が合って合格点。

インフルエンス★★★☆☆
inful.jpg
俯き加減で微笑めば、バッタバッタとオバサンを卒倒させるイ・ビョンホン。
GIジョーで白装束の戦士を演じれば、レイパークもタジタジのイ・ビョンホン。
そんなイ・ビョンホンが今度はアウターワールドの案内人に挑戦する。

イ・ビョンホン演じる案内人は、ゼリー状の何かに入った女の人と永遠のときを刻んでいる。らしい。
その目的はよくわからぬが“人間は気品を持っているべし”というのを信念としているらしく、そういう志の芽を持っている人間を助けたり、導いたりしている。

そんな彼らを追う不気味な集団が現れ、最後は直接対決に!
果たして時の番人を襲う輩の正体とは!!
というお話。

ストーリーは難解で、正直言ってよくわからん。わかるような描き方はしたくないようだ。若いねぇ。
そこは元々が漫画だったらしいということで納得。(エンディングでマンガシーンが一杯流れてくる。)

ビョンホン先生の素敵なオーラはこの映画でも健在なので、観て損は無いと思う。
あと、ゼリーの中に入ってるハン・チェヨンがどえらい綺麗だよ。
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

コメント

うぉーっ、ハン・チェヨン!
彼女の場合、演技はどうでもええ。あの魅力的なボディラインだけで値打ちがあるのぉ。
イ・ビョンホンももちろん、好きぢゃよv-218
2010/11/26(金) 08:31:33 | URL | Area51 #RFOB2wWc[ 編集]
あの8頭身に、切れ目がいいですよね!
2010/11/26(金) 23:37:56 | URL | オビ湾 #-[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。