スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:グラン・クリュ

おしゃまなキツネマークが愛らしいエッガートシュピールの新作「グラン・クリュ」。
プレイヤーは全員ワイン畑のオーナーになるのが夢。大借金して一人前のオーナーを目指すのだ。っとまぁ、とりあえず葡萄の木を買わなきゃね。
3人プレイで2回。見た目は若干お洒落だが、プレイヤーの動向でゲームスピード・相場が大きく変わるワレスを思わせるゲームだった。大人な見た目に雰囲気があるアイテムなので写真多めで紹介したい。

IMG_5218.jpg
KOSOMOS型の正方Lサイズ。
ワインの出来をチェックする親父がシックなイラスト。
箱の中も木目入りの仕切りできっちりしきられていて雰囲気良好。

全員で使用するメインボード、各自に1枚のワイン畑・倉庫ボード、畑や特殊技能のついた大量のタイル、ワインマーカーなど、コンポーネントはそこそこどっちゃり。

自分用のプレイボードを受け取り、メインボードにその年競りに掛けられる物件を仕込んだらゲーム開始。

IMG_5219.jpg
メインボード。
結構大きいボードなんだけどイラストで無駄なスペースがいっぱい。
とりあえず中央のワイン祭りのイラストはワインマーカーの供給場所にしてやった。

ゲームのフェイズは大きく、
?通常業務1年間
?年末の催し
の2つに分けられる。
?では主にメインボードの上側を使用し、
?では主にメインボードの下側を使用する。

?は最短5ラウンドからなり、それ以降は誰かが1年の経過条件を過ぎたときにラウンドが終わる。
ラウンドがどれだけ早く終わる可能性があるか、他プレイヤーの動向は要チェックだ。

IMG_5221.jpg
?フェイズの大きなイベントの一つ、競り。
供給市場にある物件を1つ選んで競り場に置き、値段をつける。次の手番が回ってきたときにまだ自分が最高値であれば、その手番を使って引き取ることができる。(2手番取られる点に注意。)
競りにかけられるのは葡萄の木だけでなく、収穫や売却を助ける便利なスキルもある。このゲームは常にお金とラウンド数に悩まされるので、自分なりに効率のよくなるスキルも集めていきたい。

また、競り合いが始まるとどうしてもお互いに手番を無駄にしてしまうため、どんぴしゃなアイテムが出てこない限り派手な戦い(競り値合戦)にはならないと思う。
相場はプレイヤーのスタイルに大きく依存するため、遊ぶたびに変わるだろう。

IMG_5222.jpg
競り落としたタイルは自分の敷地に展開する。
植えた木には葡萄がなり、手番のアクションで収穫することができる。
収穫した葡萄は年を重ねるごとに熟成されていき、必要年を重ねた所で売却できる。熟成に必要な年数は品種ごとに異なり、売れるタイミングは下の樽に描かれている時期である。

つまり、植えて収穫してすぐ出荷できるものと、長年熟成しないと売れないものがあるということだ。
収支お金に困らされるゲームだけに現金は喉から手が出るほどほしいのだが、短期出荷の品種で大きくお金を稼ぐことは難しい。経営者の忍耐力が試されるところだ。

ちなみに収穫は1キューブ取るのに1手番、1フラン掛かるので、それだけで大仕事である。

IMG_5224.jpg
熟成したワインを売却すると、その時点の価値に応じたフランを得ることができる。
1回売却するごとにメーターが1つ減るので、高値で買いたければアクションを消費してこの値を上げておこう。

このように木を買ったり葡萄を収穫したりお金を得たりなどして、1年は終わる。
そして次は皆さんお楽しみの?年末のワイン祭りだ。

その年に品種ごとにもっとも沢山の数を売却したオーナー、又は2番手のオーナーに名誉点が与えられる。
プレイヤーはこの名誉点を使用してお金をもらったり、ぶどうジュースを作ったりなど、追加のうれしいアクションをおこなうことが出来るのだ。

それが終わったらワインを1段階熟成させ(必要なら追加の借金をし)、またあっというまの短い1年がはじまるわけだ。

IMG_5223.jpg
誰かが借金を全額返済したらその場でゲーム終了。
まずは各自の畑の価値を算出し、そこから残っている借金を差し引き、現金と足す。
この最終的な現金が最も多かったオーナーの勝利である。

上の写真はオビ湾オーナーが優勝したときの畑。
物件を沢山買うことにアクションを消費するのを止め、品種の種類と売却数を多くすることに努めた。
それ以外にも、高級な葡萄を“精錬”という熟成を進めるアクションを使って毎年売却するという戦略も手強かった。

多様な経営戦略が考えられるゲームだが、何より他プレイヤーの根付け額やスピード感を読むことが大事。
ゆとりを持った計画が立てられるようなケースはあまりないだろう。

派手な展開は殆どないが、地味な経済ゲームでもワインを製造していると思うとシャレオツな気分になるものである。非常に充実感のあるゲームで、お勧め。所要時間は60?90分弱。

【所感】★★★★★★★☆☆☆
地味すぎる。という気がしないでもないですが、畑経営系のゲームの中ではわりに“経営してる感”を楽しめる方だと思います。シックなコンポーネントがそれを引き立てていますね。大人ゲーマーにお勧めです。
1年でやれることが多く、特殊アクションに関する要項も多いので、一覧表は人数分用意できた方が良いと思います。
| trackback:0 | commnet:3 | BACK TO TOP |

コメント

早速のレビュー、ありがとうございます!
なるほどなるほど。やっぱり面白そうですねぇ。
プレイヤーみんなワイン好きならより盛り上がりそうですがw
どのゲームもそうですが、
テーマによって各人のモチベーションが左右されるのは
なかなか悩ましいですよねぇ。
熟成すると高いとか、当たり前ですがワインっぽい要素が多いと
雰囲気が味わえて楽しくなりそう。
買おうかな~。悩む…。
2010/12/06(月) 10:32:18 | URL | しゅういち #JOOJeKY6[ 編集]
そうですねぇ。株ゲーではないですけどシックな経営ゲームなので、テーマに同調してくれる人の方が良いと思います。

同種のゲームとしてはコンポーネントに対して比較的安価なのは魅力ですね。
2010/12/06(月) 19:48:46 | URL | オビ湾 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/12/06(月) 22:50:04 | | #[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。