スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:RRR(Regality vs Religion:Revolution)

「グリモワール」が気に入ったため個人的にも注目していた国内メーカー“ワンドロー”さんの新作2人用ゲーム「RRR」。
略さないと「Regality vs Religion : Revolution」。
つまり、王権vs信仰をテーマにしたゲームである。
制作はカナイさんと木皿儀さんで、先日のTGFではお二人のプロモタイルである名刺を貰うことも出来た。また、TGF会場で購入すると冒険者のプロモタイルもついてくるというスペシャルぶり。
と言ってもプロモタイルはあくまでオマケ。本編だけで十分多彩かつ長く楽しめる内容なのでまったく心配する必要はない。

IMG_5226.jpg
アートワークの良さもワンドロー人気のポイントだと思う。
イラストレーターは先日紹介した「舞星(マイスター)」と同じ杉浦のぼる氏(窓際のBOX席)。切り絵風のイラストに味がある。

箱は例えようのない大きさで、リオグランデ版ボーナンザくらいだろうか。わかり難い例で申し訳ない。
2つ折りのボードがきっちり収まる大きさで、それ以外には綺麗でがっちりとしたキャラクタータイルが32枚。キャラクタータイルには専用の箱があり、前述のプロモを入れても収まるようになっている。

元々はゲームマーケットの500円ゲーム企画で販売されたカナイさんのカードゲーム(タイルではない)だったが、ワンドロー&木皿儀さんとタッグを組んでさらに立派なゲームに仕上がったというストーリーらしい。詳しくは公式ページで。

IMG_5227.jpg
ゲーム準備完了。
プレイヤーは王権(赤)か信仰(青)のどちらかを選んで向い合う。
ボードの前に置かれているのが自分の手札となる色付きタイルだ。
またそれ以外に、どちらの勢力にも当てはまらない中立のタイル(灰色)が横に置かれている。中立タイルは17枚の中からランダムに5枚が選ばれる。タイルは全て公開情報だが、この工夫によって毎回違う条件での対戦になるわけだ。

遊び方は極めてシンプル。
手番のプレイヤーは手札のタイルか、中立のタイルから1枚を選んでボードに置く。置いた瞬間からタイル固有の効果が発動し、それまでに置かれたタイルなどに影響を与える。
その効果は“タイルを破壊する”“自勢力に寝返らせる”など様々で、発動させたプレイヤーがその対象となるタイルなり方向なりを指定できる。
また、すぐに発動しないパッシブ能力(効果を無視するディフェンシブルなものなど)もあり、その効果は極めて多彩である。

IMG_5230.jpg
勝利条件は
『ボードがタイルで埋まったときに“自勢力”が過半数であること』
つまり、自分側のタイルが多い状態で終わらせることを目指す。

単純だが、これが中々難しい。
ある程度タイルが配置された後は一手打つ度に盤面がガラリと様子を変えるため、終盤は手に汗握る攻防が待っている。自分の好きなように事は運ばないのだ。
「このタイルを打って、次にあの中立タイルを?」と戦略を練ったとしても、その中立タイルは次の手番で使われてしまうかもしれない。
一手一手に互いの思惑が交差する。

IMG_5231.jpg
中立タイルがキーを握っているところも面白い。
それもどのタイルが強いということではなく、互いの効果が牽制しあっているところがポイント。
例えば上の写真にある“死神”は最後まで自勢力だったら負けというぶっ飛んだキャラクター。これが出ると幾手番かはこのタイルのために費やされることが多い暴れん坊だが、配置場所や他のタイルの状況によってはあっさりなかったことにされてしまったり。
ゲームを終えても、また違った5枚の組み合わせで遊びたくなる。

基本ルールの簡単さと再プレイのしやすさも合わさって、今後も高い回転率を維持できそうな優等生だ。

【所感】★★★★★★★★☆☆
綺麗なイラストに立派なタイル。コンポーネントはそこらの海外メーカーを優に上回る満足度です。
タイルの効果を示すアイコンもわかり易く、またその効果範囲を表すインターフェースの工夫には驚かされました。アブストラクトなので経験の差は出ますが、勝負どころはわかり易いので誰でも楽しめるでしょう。お勧めです。
| trackback:0 | commnet:3 | BACK TO TOP |

コメント

うむむむ。
これは面白そうだなぁ。
FF9にあったクアッドミストの進化系っぽい感じ。
2人用だから稼働しやすいし、チェックしときます!
2010/12/09(木) 13:09:27 | URL | しゅういち #JOOJeKY6[ 編集]
5月のGMでカード版の『RR』を最初に購入した時、

「コレ、もっと豪華なコンポーネントだったら随分雰囲気も違うんだろうけどなぁ~」

と思ってたら、見事にワンドローさんがやってくれましたw
システムはシンプルながら奥が深く、何度もプレイしたくなる2人用ゲームの傑作ですネ^^
『RR』になかった数々の中立キャラがゲームに変化を加えてるのがGJです♪
2010/12/09(木) 14:53:42 | URL | アル隊長 #9EtI2ejc[ 編集]
>しゅういちさん
いいですよこれ。お勧めです。

>アル隊長殿
GMではどうも。
僕も傑作だと思います。長く遊べる点がいいですね。
カナイさんのゲームは、どことなく和風でなじみ易い所が好きです。
2010/12/09(木) 23:29:48 | URL | オビ湾 #-[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。