スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

今年のゲーム?オビ湾アワード2010

明日から静岡に帰省する予定なので、今年はもうゲームをやる機会はない見込み。
ということで今年の一番とかその近辺とかドゥームとかを発表したいと思う。
対象期間は2010年1月?12月。

【今年のボードゲーム:オビ湾式TOP5】

1位:51番目の州 <レビュー記事>
IMG_5257.jpg
やっぱりコレだろう!
文明崩壊後の世界でせっせと拡大再生産するイカレたゲーム。
B級世界に耐性がない人にはさっぱりお勧めできないが、このテーマでこの完成度のゲームが存在するという事実は今年一番のショックだ。ポーランドのサブカルオタク達に深く感謝し、できれば足を向けて寝ないようにしたいと思う次第である。
箱からカードに至るまでアートディレクションが利いており、今年見たゲームの中では最も見た目のクオリティが高かったように思う。(贔屓目)

2位:ぴっぐテン
IMG_5197.jpg
1位とのギャップがありすぎか?レビューもまだ準備中だが採点としては★9つで次点。
誰でもすぐにとっつけるわかりやすいルールであるのはもちろんのこと、一部の数字に割り当てられた特殊能力による“妙”も過不足ないという素晴らしいバランスのゲーム。
絵柄の可愛さとちょっとした色合いの工夫など、作り手の想いが心地良い。

TGFでメビウスゲームズから発売され、最近再入荷されたけどすぐに品切れ。
すごろくやさんには年始あたりで入荷される・・・はず。
是非お正月に遊んでほしかったタイトルだけに、この品薄は惜しい。

3位:グラン・クリュ <レビュー記事>
IMG_5218.jpg
シックな見た目に素朴な経営システムを搭載した大人ゲーム「グラン・クリュ」。
ボードの余分なスペースに大人の余裕を感じるシャレオツゲームだ。
競り値の設定から収穫/販売計画など、リアルに運営計画を立てなければならないが、その一方でラウンドの長さが最速のプレイヤーに依存すると言う“ままならない経営”が悩ましい。
面白くなることを保障してくれるシステムではないが、その分自分なりの戦略を考えられるゲームである。

ワインを片手に・・・と言いたい所だが、ほろ酔いでプレイできる自信がない。

4位:サンダーストーン <レビュー記事>
IMG_5234.jpg
後述する“半笑い大賞”とダブル受賞。
今年マシンガンショットのように撃ち出されたドミニオン家族のひとつ。
ドミニオンにファンタジー要素をたっぷり盛り込んだデッキ構築型のゲームであるが、一部のカードが不思議ちゃんだったり、ランダムで場札を決めるとゲームが立ち行かなくなったりする、ちょっとおしゃまな愛され系ゲームだ。
ドミニオンと同様にプレイヤー同士が競争するゲームではあるが、洞窟探求という全員共通の目標が設定されているため、皆で同じ方向を見ながらゲームする所が平和でよい。その点に限っては、手札と山札のことばかり考えてヒッキーみたいになるドミニオンよりも印象が良い。
準備が出来たらひな壇に座っているモンスターを叩きに行くという一方的なシステムもまた平和である。
今年のゆるふわナンバー1だ。

5位:RRR <レビュー記事>
IMG_5226.jpg
今年の国産ゲームは面白いものが多く、特にワンドロー「RRR」カナイ製作所「舞星」、すごろくや「イチゴリラ(タイル版)」の3つは保存用が欲しいと思ったほどだ。
5位は「RRR」としたが、10位まで上げられれば国産ゲームも多く並んだかもしれない。
カナイ製作所作成・ワンドロー仕上げの「RRR」はアブストラクトゲームではあるが、最近流行りのサプライシステムで、毎回変わる中立タイルのおかげで常に新鮮な気持ちで遊べるゲームだ。中立タイルが戦略に与える影響の大きさも好ましい。
タイルのずっしり感もいい。今年は萬印堂さん経由の良質コンポーネントが国内ゲームに広く浸透した年だった。

【半笑いゲーム大賞2010】
「このゲームどう?」と言われたらフフフッとにやけながら「これね、イイよ。」と意味深にお勧めしてしまうゲームに贈られる名誉な賞。決してちゃかしているわけではない。決して。

2010受賞:サンダーストーン
IMG_5225.jpg
数あるライバルを振り切っての受賞は、やはりこの人サンダーストーン。ゆるふわ系の急先鋒であるため、システムと真正面からぶつかり稽古したい人にはお勧めしない。

次点:Z-engine(禅神)
IMG_5284.jpg
次点はGemeLinkVol.6の「Z-engine」。なかなか面白いシステムを持っていながら、超適当なテーマをベタ張りされ、おまけに“禅”の心まで背負わされた気の毒なゲームである。

以上。
今年は日本語版のムーブメントが凄かったが、中でもスモールワールドシリーズの継続は嬉しかった。是非是非来年もよろしく御願いします。(サンダーストーンとか)
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

コメント

うう~む…どれもこれも欲しくなりますね。
カードゲーが多いのは時代ですかね~。
51番目の州とRRRはすぐにでも欲しいw

さてさて今年一年、非常に楽しませてもらいました。
来年も是非是非よろしくお願い致します。
よいお年を!
2010/12/30(木) 11:58:52 | URL | しゅういち #JOOJeKY6[ 編集]
こんばんわ。いろいろやっててお返事遅くなりました。
そういえばボードを使ったものが少ないですね。アイデンティクを忘れてたんですけど、あれもボードはないし。

来年もどうぞよろしく!
2010/12/30(木) 21:38:17 | URL | オビ湾 #-[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。