スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

ビール侯爵を遊ぶ会

東京近郊に広まる噂では、夜な夜なフリーゼのゲームを愉しむネジの外れた連中が増えてきているという。残念ながらオビ湾もその一人だ。
フリーゼの緑色は深夜勢の目にも優しい。しかしその緑色の先に、嵌ったら出られない深緑の森があることはゲーマー諸君は当然ご承知のことだろう。今年はフリーゼゲームの回転率が高くなりそうだ。

まずは先日紹介もしたファミリアで肩慣らし。
ファミリアは日本語版が出たが、幸いにも外側とルールだけの日本語化だったようで何より。(カードまで日本語化されてるときだけ“完全日本語版”ってことらしい。今回の記載は“日本語版”だった。)
しかもこのマウラ先生のイラストの背景が繋がっているとは、タメラ君のつぶやきを見るまで気づかなかった。Amigo版ウィザードみたいだ。

続いてメインの「ビール侯爵」。
IMG_5469.jpg
自分の領地で精算したビールの原料を、できるだけ自分の都合の良いように売却し、全員同じ内容のマイ山札から取った手札の建物を建設していく。
手番の最後に余ったカードは1枚を残して山札の下に戻す。最初は高い建物は買えないが、次に回ってくるときのことを考えて山札に戻すのが大事。序盤の安い建物はいらないと思っても建てておくだけで山札が圧縮できる利点があり、奥深い。
こいつはデッキ構築ゲームと言うよりも、マニアックなデッキ整頓ゲームと呼んだほうが良いかもしれない。

まだまだパターンが読みきれないので、レビューまでにあと4、5回はプレイしたい所。
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

コメント

デッキ整頓!
確かにドミと違って構築済みだからなぁ…

金の効率だけを考えて、安い建物を無視していると、
デッキに戻って最後まで邪魔になるってコトなのね。
2011/01/16(日) 19:18:26 | URL | 流 #ffdknq3A[ 編集]
まだ3回しかやってないですが、上級ルールを採用すると記憶も大事ですね。あと何枚くらいで何番の宮殿が出てくるか、そこまでカウントできればメチャ強くなれると思います。
2011/01/16(日) 21:24:18 | URL | オビ湾 #-[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。