スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:くるりんパニック

「ウィング・オブ・ウォー」は紅の豚を観た後にお勧めというのが昨日の話だが、
"紅"と"豚"といえばこのゲームではないだろうか。
「くるりんパニック」。快作!

IMG_0267.jpg

見た目は正に"ジャパニーズおもちゃ"。
「写真+イメージイラスト+楽しさの説明」がジャケットに凝縮。下世話。
元は「クルクルケッコー(邦題)」という海外ゲームなので和製ではない。
クルケコは未プレイなので、ゲーム性が変わったのかどうかは海長にはわからぬ。

IMG_0268.jpg

セットアップの図。4人までプレイ可能。
各自、自分の色のシーソーに陣取る。
シーソーの横にはプレイヤーの命である豚チップが3枚並んでいる。

真ん中のクレーンを軸に、飛行機に乗ったクルリンが飛び回るので、プレイヤーは豚チップを落とされないようにシーソーで跳ね返さなくてはならない。

IMG_0271.jpg

これがクルリン。電池で自動的に進んでいる。
プレイヤーがシーソーで跳ね上げることで、ぴょんぴょんくるくると跳ね回る。

IMG_0273.jpg

クルリンの動きはかなりアクロバティック!!
思いがけないタイミングで奇襲されることも。

しかし本当に勝とうと思うのなら、ただシーソーを叩いているだけでは駄目だ。
このゲームがそこらじゅうで絶賛されているのは、見かけに反してプレイヤーにテクニックが求められるからだろう。

IMG_0274.jpg

スカーン!!
そう!クルリンの奇襲してくる角度によっては、如何様にしてもガードできないことがあるのだ。

プレイヤーはひたすらこの"ノーガードポイント"を狙うことに集中すればいい。
90度横のプレイヤーはもちろん、180度対面のプレイヤーくらいは狙える技術を身につけたい。
海長はワンバウンドさせる安定した奇襲をお勧めしたい。

こんなにおもしろいゲームなのに、デパートなどのワゴンで良く見かける。
海長はワンコインで購入・・・。
みんな正規価格で買おう!!
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。