スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:バーガージョイント

KOSMOSの2人用ゲームシリーズは地味ながら面白いゲームが多い。
頭脳絶好調ミニ、ローゼンケニッヒ、稲妻と雷鳴、ロストシティ、バベル、ドラゴンの心臓、カエサルとクレオパトラ、などなど。(過去にその殆どを紹介しているので、どうぞ上の索引からご覧ください)
薄っぺらいボックスでカードやコンポーネントの量が限られている分、大人向けながらシンプルで遊び易いものが多いのも特徴だ。

また、アメリカではRioGrandeが販売元となっており、今回紹介する「バーガージョイント」もRioGrande製である。KOSMOS版を見たことがないのでRioGrandeのオリジナルかもしれない。

IMG_5661.jpg
パートのおばちゃんがニヒルに笑うどこかシュールなボックスアート。
見た目はハンバーガーオンリーだけど内容は“ハンバーガー屋VSピザ屋”。
プレイヤーはハンバーガーかピザ、どちらかのショップ経営者となってより早いチェーン展開を目指す。
日本ではピザとハンバーガーの商品ポジションが違うけど、アメリカでは富士そばと吉野家みたいな関係なんだろうと思う。

内容物は両者の店舗ボード、材料供給ボード、キューブ、チップ類といったところ。キューブの質は良く、チップ類も穴あきがあったりと工夫がある。チップの裏にも絵があればなお良かった。

IMG_5646.jpg
自分の店舗ボード。
見た目は良くないが情報は整理されているのでプレイアビリティは良い。
一番左の列がTVCMのレベル。
二番目の列が最も小さい単位であるショップの数。
三番目の列が中規模店舗であるレストランの数。
四番目の列は最高ランクのビストロの数。

TVCMを打ったり、店舗の数を増やしたり、ビストロを建てたりすることで勝利点を得ることができる。(勝利点はボード上のお店の横に書かれている。)
この勝利点を先に12点にした陣営の勝利だ。

IMG_5645.jpg
材料供給ボード。
各プレイヤーの手番開始時に規定数の材料が投下される。
これを両者が変わりばんこに1個ずつ自分の補完場所に移動させる。
また、材料に対応する色のレストランを持っていた場合は1個のみ優先で取得できる。

また、お互いの手番終了時に倉庫に残しておける材料は7個まで。
それ以上は捨てなければならないので、無駄にしないように材料は消費・活用しよう。

IMG_5647.jpg
後半の様子。
建てたビストロによって強力な特殊能力を持っていることがある。
好きな材料をもらったり、交換したりなど。
ただし強力な能力を持ったビストロほど勝利点が低いから悩ましい。

この手のゲームは“材料があと一歩及ばず手番が空洞化する”のが一番悔しいので、ビストロの能力は早めに備えておいて損は無い。

手に入った材料を効率的に交換・加工していく所は「洛陽の門にて」や「51番目の州」に似ている。
上記ゲームの入門編(??)としてどうだろうか。

【所感】★★★★★★☆☆☆☆
変な見た目の割にしっかりしたゲームです。惜しまれるのはテーマであるハンバーガー屋がまったく関係ないところ。交換ルールの手前、貿易テーマの方がしっくりくるんじゃないですかね。思い切ってハンバーガーにするのも悪くはないと思うけど。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。