スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:ヘキセンフルーク

こんばんわ。今日は「ヘキセンフルーク」の勉強をしましょう。
え?なんでいまさらかって?
そりゃあ引越しでポロリと転がり出てきたからでしょう。
今日から何日かはこういうポロリシリーズが続くので覚悟しておいてほしい。

このゲームは2010年の春、だったかな?
まぁそのくらい最近にリリースされたAmigoのカードゲーム。
カードゲームで魔女がテーマなんておもしろそうだなーとか、バーストゲームなら誰とでも盛り上がれるなーとか、いろいろ期待していたのを思い出す。
さて結果はどうだっただろうか。半年ほど前のゲーム集会にて。

IMG_5672.jpg
Amigoカードゲームサイズ、と言ったらまんまなので、ダブルデッキサイズとでも言おうか。一番理想のサイズ。
このリリースあたりからAmigoのジャケットデザインが変わって、Amigoのロゴが立体的になったのに加え、下に赤色の帯が付くようになった。
この赤色の帯はカードゲームに限らずAmigoボドゲの統一テンプレのため、「原始の時代」などの大型ゲームにも付いている。
赤は食欲に限らず物欲にも作用すると睨んでの作戦だろうか。

中身はカードのみで、色が異なる5人の魔女カードと、対応する色の魔法の書カード。魔女カードは各1?15の数字で構成されており、数字が大きいほど空の高い所を飛んでいるような背景となっている。

IMG_5673.jpg
手番になったら魔女カードを取って自分の前に並べていく。
取るのは山札か全体の場のどちらかから。

自分の前に並べるにはそれまで取っていた同色の魔女カードより大きい数字でなければならず、そうでなければバースト。つまり昇順に取らなければならない。
ただし手番中に1回限り、取ったカードを“全体の場”に捨てることができる。
これによりバーストを1回逃れることが出来るほか、取りたくないカードを捨てることができる。
“全体の場”に捨てられたカードはオープンであるため、そこから取る場合は当然バーストは起こらないし、何枚取っても構わない。山札からカードを引く前に、“全体の場”に欲しいものが無いかよく確認しよう。
バーストしたらそれまで自分の前に並べていたカードが全て“全体の場”に流れてしまうというキツイおしおき。

IMG_5678.jpg
バーストを発生させずにカードを取り終えたら、魔女の着地?魔法の書ゲットのステップに進むことができる。
まず、その手番でカードを“全体の場”に置いていない場合、VeryGoodということで自分の前に並べている魔女カードから一色分全てを手札として獲得することができる。(自分の前に並べているカードは、まだ手札ではないことに注意。)
さらに手札に同じ色の魔女カードが3枚以上あれば、それを魔法の書カードと交換できる。この魔法の書カードを沢山あるめることが勝利条件だ。
ちなみに3枚で1枚、4枚で2枚、5枚で3枚の魔法の書カードと交換できるので、まとめて精算するのがもっとも得である。
ただ、ゲーム終了時に魔法の書5色セットで1点というのもあるので、特定の色だけ沢山持っているよりも…という考え方はある。
また、15の数字の魔女カードを取ると各自手札を5枚にしなければならないので、実際に5枚まで揃えて換金するのは大変にリスキーなのだ。

まぁ、このあたりでルールがおしまいになってればシンプルで良かったんだけどなぁ。「ヘキセンフルーク」はちょっとわからずやなところがあってさらに特殊なルールがある。
それは「魔法の書は同じ色の魔女カードをジョーカーにできる」というシステム。
つまり、魔法の書を持っていればその色の魔女カードを魔法の書ゲット時にジョーカーとして1枚加算できるというもの。ただしジョーカーにする魔女カードは他のカードより数字が大きくなくてはならない。

わからんではないです。わからんではないですが、これによって考える時間が長くなってしまってバーストゲームの楽しさが薄れてるような気がする。ちょっとルールがぐだついちゃった感じ。

【所感】★★★★★☆☆☆☆☆
Amigoのカードゲームなので見た目も内容も一定以上の品質をキープしています。さすがAmigo。
ただ、やけに覚えることの多いルールはちょっとバーストの勢いを消してしまっている感があり、実際にやってみるとぼやけたプレイ感が残ってしまいました。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。