紹介:おい!それは俺の魚だぜ!

07年、見た目に反したおもしろさで結構話題になっていた。「おい!それは俺の魚だぜ!」。
ペンギンが魚を取り合うゲーム。

IMG_0351.jpg

箱は小さめ。最近でいえば順風満帆とか、キュージェットのサイズ。
ジャケットはいまいち購買意欲をくすぐらないが、内容を知った後はなぜか面白そうに見えたりする。
重??い内容の多いファランクスにしてはライトなゲームだなぁとおもた。

IMG_0345.jpg

この初期セッティングがややメンドクサイ。
せっせと六角形のタイルを並べる。そして各自のペンギンを配置。
ペンギンの初期位置はプレイに大きくかかわるからよ?く考えて。

手番では自分のペンギンを6方向中のどの方向でも直線に動かすことができる。
氷の上だからといって途中で止まれないということはないので、狙ったところに移動しよう。
その後、移動前にいた氷タイルをゲットすることができる。
氷タイルには1?3匹の魚が書かれていて、これが点数になるのだ。

IMG_0346.jpg

他のペンギンがいるマスはもちろん、氷が取り除かれたマスは通過することができない。
つまり、よく考えて移動しないと身動きが取れない状況に陥ってしまう。
逆に言えば相手をそういう状態に追い込むような移動もありだ。

IMG_0349.jpg

ぽつーんと残される。
こうなってしまったらしょうがないので、島に残されたタイルをできる限り効率的にゲットしよう。

んで、すべてのペンギンが動けなくなったらゲーム終了。
魚の数で1着を決める。

相手を小島に切り離す作戦もよいけど、海長は3匹のタイルを狙いつつ真ん中に収縮していく方法が強いように思う。

ルールが少なく簡単で短時間。かなり良質では。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する