七王国バトルロア日記~急襲!ささやきの森

七王国版バトルロアこと「Battle of Westeros」を遊ぶ。
和文ルール起こしもシールも間に合わなかったけど、一通り説明すれば英語まったくダメということがない限り遊べることはわかった。

基本セットには10話分のシナリオが入っている。
スターク家とラニスター家がキングスロードでぶつかり合うところから始まり、リヴァーランの救出くらいまでがまとまっている。
原作「氷と炎の歌」でいうと、七王国の玉座(第一巻)が対象範囲。

今回は第5話の「ささやきの森」を遊ぶことにした。
リヴァーランを包囲したジェイム・ラニスターが、マーク・パイパー討伐のために少数で出陣した所を、“ささやきの森”でスターク軍が罠にかけるシーンである。オビ湾はラニスターを担当。
原作ではロブ・スタークがジェイムを見事捕虜にするのだが、果たして…。

IMG_5742.jpg
森でひたすら耐えるジェイム。

初期配置の段階から、ラニスター軍は森とスターク軍に囲まれた状態。
しかもジェイムの周りは地形効果に弱い騎兵ばかり。
ちなみにシナリオの勝利条件は
【スターク家】:ジェイムを捕虜にする
【ラニスター家】:ジェイムがロブを捕虜にする
が基本なのだが、ロブを捕虜にするどころかタコ殴り状態を抜け出せないラニスター勢。

第2の勝利条件である“ケイトリンを奪ってかつ、5ラウンド後に勝利点で上回る”にかけるしかないのだが、ケイトリンは森を抜けて敵兵を抜けてロブを抜けた先に居るのだ。ム、ムリポ…。

IMG_5746.jpg
そうこうしている内に側面からリカード・カースタークに回り込まれ、後方部隊と断裂。主力のラニスター騎兵が森に入れないままケツを掘られる惨事。

せめてジェイムが2ラウンドの間森の中で耐えて、のこり3ラウンドでケイトリンを誘拐しようという作戦だったのだが…
立ちはだかったスタークのエリート兵に森から弾きだされ、初期配置場所でフルボッコに。幸いジェイムは捕獲レートが高く捕虜にされ難いのだが、ささやきの森突破は絶望的。

結局スターク軍に1部隊の損害を与えるに留まった我がラニスター軍は原作どおり惨敗した。
開始直後に散会して集中攻撃を避けるべきだったなぁと。


で、ゲームの感想だけど、詳しくは正式に紹介の記事で書きたい。
さわりだけ言えば、バトルロアのシンプルルールを捨てて普通のウォーゲームっぽくなった。という所だろうか。
七王国ファンにならこの「Battle of Westeros」をお勧めするが、上手にデフォルメされた「バトルロア」の方が一般的には気軽だし楽しみやすいように思う。

あと、妙に写真栄えしないのは僕の撮影ベタのせいだと思いたい。
| trackback:0 | commnet:1 | BACK TO TOP |

コメント

Battlelore fun
こんにちは。初めまして。私もバトルロア好きで、時々やっています。宣伝のようで恐縮ですが、オリジナルのバトルロアとウェストロスと、これまでの対戦記録をまとめてサイトを作っています。もしよかったら、ご覧いただけますでしょうか。

またAARをお待ちしています。
2014/01/28(火) 08:26:46 | URL | sinyamag #-[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する