スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:ゲームリンク vol.8

ゲームリンクがアークライト出版になってから、もう4号目。「ゲームリンクvol.8」。
今回の特集は2年前のドミニオンに始まり、いまや一台ジャンルとなった“デッキ構築型ゲーム”。
去年は国内でも多数の派生が登場したけど、今年も「アセンション日本語版」や「サンダーストーン拡張」のリリース予定が続く、今もって旬な話題だ。

IMG_5761.jpg
表紙は「アセンション」。
“新時代のゲームシステム デッキ型カードゲーム”のキャッチの上に“The sons of Dominion”って書いてある。表紙がドミニオンじゃないのは、まぁしょうがない。
内容もこれまでどおりゲーマー向け。70ページ強。

IMG_5762.jpg
デッキ型カードゲームの特集は「ドミニオン・シリーズ」の紹介に始まり、各国の同系統ゲームの紹介が充実している。こうして海外のドミニオンJr.達を眺めてみると、ファンタジーとかSFのテーマを色付けしたものが多い。ドミニオンは面白いけどテーマ性に物足りなさを感じる人が多かったってことかな。ちなみに言うまでもなく国内の派生はほぼ萌え系。
海外のSF・ファンタジー、日本の萌え系。う~~む。それぞれの国のオタク層にアピールするテーマだ。

IMG_5763.jpg
今回の付録は4点。
オリジナルゲームは「キル・ドクター・ラッキー」の作者による「アゴラ」。
ルール読んだ限りの感想は……これ、プレイアビリティ大丈夫なのだろうか。
とりあえず紙幣やらチップ(100枚くらい)やらを用意せねばならん。

プロモカード類は3種類。
「アセンション」の英語版プロモカードと、萌え系ゲームの2種類。
後ろの2枚はいらないので僕にちょくちょく合う人は希望してくれたらあげます。

【所感】★★★★★★☆☆☆☆
ボードゲームという狭い世界の、しかもゲーマー向けの情報誌で隔月間というのはやっぱり貴重ですね。
付録はどれか1つくらい好みに引っ掛かるようにしてくれてあるのが親切。
付録ゲームは…やってみないとわかりません。
| trackback:0 | commnet:1 | BACK TO TOP |

コメント

アセンションのプロモはまんまMtgみたいだのぅ。
2011/04/10(日) 11:17:32 | URL | 流 #ffdknq3A[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。