スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

マイマイ新子と千年の魔法★★★☆☆

深夜にゲーム翻訳をしているといつの間にか頭がヘンになっていて、気づかぬうちに妄想の世界にダイブしていたりするんだけど、訳した記憶すらないのに訳文は出来上がっていたりして、嗚呼、人間ってのは魂だけどこかに飛ばして体には力技を継続させることができるゴシックホラーな生き物なんだなって思いました。

マイマイ新子と千年の魔法★★★☆☆
MMS.jpg
風邪で学校を休んだ日に見る、教育番組の懐かしさ

千年前には都があったド田舎を舞台に、快活な少女“新子”と、転校してきた内気な少女“キイコ”の友情を描く。
真っ直ぐで子供らしいエピソードから、希望と不安が混在した思春期エピソードまで、まるで短編集のような物語。


とても丁寧に作られていると思う。
親と子が世代を超え、同じ子供に自分を投影し、楽しめるように工夫されている。
飛躍したキャラクターは登場せず、子供世界をリアル思考で地味に描いている。

一昔前の子供達が、太古の昔に想いを馳せるという設定がおもしろい。
千年というとてつもなく長い時間と、一世代という短い時間。2つの一直線に繋がった過去と過去に“懐かしむ”ことの意味深さを感じられる物語である。

ちょっと弱いかなと思うのは、どこかで見たような話の集合体みたいな内容であるため、90分という短時間のわりに少々かったるく感じる所だ。
あくまで子供の視点で、大人のエピソードには深く踏み込まないスタンスを取っているのが明らかなため、大したことは何も起こらないだろうという安心感が出てしまうのも要因のひとつだろう。
また、にょろにょろした劇伴が脚本のド真面目さ(悪い意味でない古さ)に比べると少々演出過剰に感じられるのだが、これはジャパニーズアニメの“今風”だろうか。

とは言え、教育委員会が推奨してもおかしくないくらいクリーンな一作であり、大人でも必ずや思うところ出てくるメロウな一作である。
安心してレンタルするといい。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。