紹介:ケルト・カードゲーム

カード小箱辞典の弱点になっているKOSMOSのタイトルを強化するべく、今日は「ケルト・カードゲーム」を紹介したい。
クニツィア先生の代表作「ロストシティ」シリーズの流れを汲んだケルトシリーズだが、振り返ってみるとこのサイトでは紹介があまり充実していなくて「ケルト・タイル」、「ロストシティ」、「ロストシティ・ボードゲーム」しか紹介していないようだ。「ケルト」は持っていたのだけど、「ロストシティ・ボードゲーム」があれば良いやと思ってすぐ放出したからだと思う。

IMG_6137.jpg
ということで「ケルト・カードゲーム」。
毎度同じ様なデザインのジャケットだけど、一応石の周りがカードになっている。
サイズはいつもの小箱。

IMG_6138.jpg
中身。
他のケルトシリーズとほとんど変わらないカードが入っている。(若干特別なカード有り)
あと、これまでのシリーズではチップなどで表現されていた“願いの石”がカードになっている。そう、あの緑色の石みたいなやつが。

ちなみに僕が所有しているのはエンボス加工の施されていないタイプなのだが、話によると少し後の版ではエンボス加工のづるづるカードになったとかならないとか。
今出回ってるのがエンボス版なら買いなおしても良いかと考えてる所。

で。
ケルトの基本的なルールは冒頭で挙げたどれかから読み取っていただくことを前提として、内容をざっくりと。

IMG_6139.jpg
カードが8枚、手札として配られる。
そして「ケルト・カード」独特の風景として、テーブルの中央には願いの石カードが数字順に並べられる。
このカードの取り方がこのゲームの数少ない個性の一つであるが、それは後述する。

基本的には手番が回ってきたら、自分の前にカードをプレイするか、各色の場に捨てる。
その後にカードを補充。山札からでも、捨て札の一番上からでも良しと。

IMG_6140.jpg
自分の前にカードをプレイする時は、色事に別けた列を作らなければならない。そして最初に置いたカードから降順か昇順か、一度決めたらその方向を守りながら置き続けなくてはならない。
カードの中には白色のジョーカーカードが存在するが、これはどの色のカードとしても使用できるばかりか、ただ単に白色の列に置くことで一枚一点にもできる。伸ばしたいカードが無ければそのまま得点にしてしまうと良い。

IMG_6141.jpg
自分の前にカードをプレイしたり、カードを捨てたりする代わりに、同じ数字のカード2枚をセットで廃棄することで、対応する数字の願いの石カードをゲットすることができる。

ゲーム終了時、願いの石を期定数以上持ってないとマイナス点、期定数以上持っていれば大きなプラス点が入る。
願いの石を取るという選択肢は、自分の前にカードを置きたくないタイミングでの逃げ場としても有用だ。数字ごとに1枚しかないという早い者勝ち制でもあるので、序盤から積極的に突っ込んでいきたい。

IMG_6142.jpg
あと最後にもう一つ。
普通のカードの中に得点カードという色しか指定されていないカードが混ざっている。
これを置くとその列はもう追加できなくなる。(でも1枚分にはなる)
これが期定数場に出たらゲーム終了。

いつもどおり、少なすぎる色はマイナス点、ラインを超えた色はプラス点を生み出し、願いの石の得点も加算して最高得点のプレイヤーが勝利する。

まぁ、いつものケルトとさほどかわらんかな。

【所感】★★★★★★★☆☆☆
ケルトシリーズ出捲くりの環境でリリースされたので、当時ありがたみはあまりなかったのですが、「ロストシティ」系のゲームが小箱サイズになったと思えば、確かにお得感があるような気もします。
終了条件が一目で把握し難い所は若干難ですね。
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

コメント

>カードの中には白色のジョーカーカードが存在するが、これはどの色のカードとしても使用できるばかりか、ただ単に白色の列に置くことで一枚一点にもできる。

ジョーカーを他の色の列に置く場合は同じ数字の上にしか置けないという縛りがあります。よって使い方が少々難しいようになっています。

>これを置くとその列はもう追加できなくなる。(でも1枚分にはなる)
これが期定数場に出たらゲーム終了。

この得点カードは各色2枚あり、自分の列に2枚置くのは可能です。終了条件は規定枚数ではなく規定列数です。(同じ列に2枚あっても1列と数える)。またデッキが尽きても終わります。

ところで最近のものはエンボス加工なのでしょうか? それはけっこう興味がありますね。
2012/01/05(木) 00:13:05 | URL | けがわ #-[ 編集]
けがわさん
ご指摘ありがとうございます。おっしゃる通りですね。ルール説明ではないのでブログの文章はわりにデフォルメしちゃう方で、そこまで詳しく書きませんでした。

最近のはエンボスと聞いているのですが、僕も見てないので確証がないんですよねぇ。再購入して違ったら嫌だから買わないわけですが…
2012/01/05(木) 12:54:49 | URL | 海長とオビ湾 #-[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する