スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:ブクブク

本日も小箱補填。本日は「ブクブク」。
「ブクブク」と言えばAMIGOカードゲーム小箱の中でも人気も知名度も高いゲーム。
状況見ながら勝ちに行ったり負けに行ったりする競りゲームである。

IMG_6161.jpg
ブタのバージョンもあるけど、一般的にはこの「灯台とヒツジ」版が流通している。
このヒツジがすこぶる可愛く、ゲーム性うんぬんよりヒツジの可愛さに話題が集中するゲームである。

IMG_6162.jpg
中身。
このゲームは、水位があがったりさがったりする中で“なるべく水位が低いカードをキープしよう”というゲーム。
その水位にあたるのが左側の灯台カード。
その灯台カードを競り落とすために使うのが右の天気カード。
もちろんエンボス加工のづるづる風味である。

IMG_6163.jpg
まずは天気カードが手札として配られる。
この時点で手札による有利不利が発生するのだが、このゲームではカードの強さごとに浮き輪マークが書かれており、この合計値によってゲーム中の体力が決められるようになっている。つまり、弱いカードには浮き輪が多めに書かれているので体力的には有利に調整されるわけだ。

各自、カードに書かれた数の浮き輪(体力)を自分の前においてゲーム開始。

IMG_6164.jpg
毎ターン、灯台の山札から水位カードが公開される。
このカードをそれぞれの手札で競る。

競り落とした(もしくはしてしまった)水位カードは自分の前に持ってくる。
水位カードは常に新しいものが自分の水位を表す指標になる。

ターンの最後に、その時点で最も水位の高いプレイヤーはおぼれて浮き輪(体力)を1つ失う。

このターンを繰り返して行き、手札がなくなったらラウンド終了。自分の前に残った浮き輪が得点になるのだ。
これを人数分のラウンド数繰り返して、最終得点を競う。

IMG_6165.jpg
なんとも可愛い水位カード。

ちなみに新しいラウンドを始める時は“それまでの手札と浮き輪を隣の人に渡す”という超フェアな仕様になっている。頑張ればカウントもできるぞ。

【所感】★★★★★★★☆☆☆
他の人の水位を見つつ、どの灯台カードであれば取っても大丈夫なのかを考えるゲームです。手札運によるばらつきを体力制度で改善し、しかも手札使いまわしまで導入している生真面目なゲームですが、水位カードの可愛さで和みます。長く(?)愛されているだけ合って、おススメのゲームです。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。