スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

ハリーポッターと死の秘宝Part2★★★★☆

「ハリーポッターと賢者の石」を手に取ったのはもう何年前になるだろうか。
静岡にある有名ブックチェーンに「ライラの冒険」が入荷されたおよそ1か月後、賢者の石が鳴り物入りで山積みになったのを覚えている。

原作「ハリーポッター」はその後も順調に巻を進め、「アズカバンの囚人」で絶頂を極め、「炎のゴブレット」でハテナが浮かび、「半ケツのプリンス」で大暴落し、「死の秘宝館~熱海編」であらそうですかと終了した。

その責任はファンタジー史上でも稀にみる陳腐な大魔王によるところが大きいが、その悪行の中でも分霊箱大作戦はドロンジョ一味にも劣るベタな発想であった。

とは言え10年7巻も続いてきた物語が完結する一作であるからして、これまでのエピソードを半ば無理矢理この巻に帰結させている。まるで既出ボスを魔王城に再集結させるラスボスのようだが、とにかくJKローリングの意気込みを感じる力作となっているわけだ。

そんなこんなで僕の原作に対する総合評は大変思わしくないわけだが、後半になるとアクションシーンが多くなるこのシリーズの特質上、映画的には魅せやすくなってきているわけで、実はちょっぴり期待して観に行った次第である。

※ちなみにPart1のレビューはこちら

◆ハリーポッターと死の秘宝Part2★★★★☆
HP72.jpg
原作より数段おもしろい
過去シリーズをチャラにできるグランドフィナーレ


再びヴォルデモートの恐怖に屈した魔法界。
同じくヴォルデモートに支配された魔法学校ホグワーツでは、死喰い人となったセブルスが校長の座を次いで生徒を統制していた。

一方、ヴォルデモート唯一の弱点である分霊箱を破壊する旅に出ている名探偵ハリーとその一行は、グリンゴッツの地下金庫に次なる分霊箱があると推理し、ゴブリンと取引をして忍び込む。

見事分霊箱を破壊してみせた名探偵ハリー。
ヴォルデモート専用テレパスによりその他の分霊箱のありかもわかった。
レイブンクローの髪飾り、ペットの蛇、そして……
セブルスの記憶を覗き、真実を知ったハリーは決着をつけるためにヴォルデモートと対峙する。

最強の杖“ニワトコの杖”を持つヴォルデモートに対するハリーの決意とは!?


いやはやお疲れ様でした。
監督は変わったものの、主要キャストの3人を変えずにこの大長編を終わらせたことは素晴らしいと思う。かわいらしい男の子から見事なおっさん面に成長したラドクリフ君の姿に、積もる想いが抑えきれない人もいるだろう。

そうしたキャスティングの苦労に見合うだけのVFX的派手さに、ジョン・ウィリアムズの劇伴もついている。シリーズ8本目にあたるこの映画版最終話は盛り上がるべくして盛り上がる内容となっていた。
筋書きに若干の省略はあるものの、映画向きにデフォルメされた脚本も小気味良く、着地点がうまく表現出来ていなかった7本目までとは比較にならぬほど良い。

正直を言って、これ以上「死の秘宝」を面白く見せるのは不可能だろうと思うくらい、ベストが尽くされていると思う。

また、“ハーマイオニーの胸アピールキャンペーン”も同時開催されており、エマ・ワトソンのセクシー広告としても十分に機能している。
狙うはホラーかサスペンスか。
あんなに可愛かったハーマイオニー嬢の次回作に、セクシーシーンを期待してしまうダメな大人に育った自分に満足して今日はぐっすり寝れそうである。
| trackback:0 | commnet:3 | BACK TO TOP |

コメント

やあついに終わりました。映画は6から観てませんが、原作にいろいろ文句も言いましたが、素直に祝福したいですね。
2011/07/27(水) 01:09:31 | URL | hirocean #-[ 編集]
僕も見てきました。
全面的に(セクシーシーン含む)同意ですね。
ハードル上がった状態でよく期待に応えたデキだったんじゃないかと…。

それにしても、ゲーム各種に映画に加えて、
原作本まで読んでたとは…。
恐るべし!
2011/07/27(水) 12:20:35 | URL | しゅういち #JOOJeKY6[ 編集]
>hiroceanさん
まぁよく頑張りましたよ。
なんだかんだでプロデュース勢には頭が下がりますよ。キャストが一人でも変わってたら半分の価値もなかったでしょう。

>しゅういちさん
僕もhiroceanさんも児童書読みですが、ハリーポッターは結構みんな読んでるんじゃないですかね。といっても、炎のゴブレット以降は周りで読んでいる人が激減しましたけど。
2011/07/27(水) 12:48:07 | URL | オビ湾 #-[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。