スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:ボーナパルト

ボーナンザシリーズも拡張が多いシリーズだが、それらは基本的に全てカードゲームである。
1点の例外として「ボーンハンザ」があるものの、小箱カードという形態を続けてくれているのは嬉しいことだ。
今回紹介する「ボーナパルト」はナポレオンの侵略劇をテーマにしたボーナンザであり、基本的なゲーム進行に変更は無いものの、陣取り系の戦略ゲームである。
通常ならばボードゲームになりそうなテーマだが、無理やりカードマップに落とし込んだおかげで人数変化にも対応できるナイス仕様となっている。

ちなみに、かつて「チンギス・ボーン」の名でリリースされていたものの続編的包括版であり、個人的にはチンギスの見た目の方が好み。欲しいのだけど中々出回らない。

IMG_6457.jpg
Amigo小箱カードゲーム。ナポレオン豆。
どうせなら豆カードのの中にナポレオンを入れてくれれば良かったのに。
ご覧のとおり赤いマークが付いている拡張ゲームで、遊ぶには別途ボーナンザが必要。

IMG_6459.jpg
中身。
あくまで通常のボーナンザルールに陣取り戦略ゲームを乗っけるための“拡張”であるため、豆カードは1枚も入っていない。オリジナル追加豆もなし。

入っているのはマップとなる地形カードと、特殊能力が付加される騎兵カード&弾薬庫カード。それに自陣を表すためのプレイヤーチップ。このボナパルトが描かれた正方形のチップがダサくて、できればチンギスボーンの円形騎兵チップがほしいと思ってしまうのだ。

IMG_6461.jpg
基本的なルールはボーナンザそのままなので、いつも通り過去記事を参照してほしい。ただし、写真をご覧いただけるとわかる通り、テーブル中央に戦場となるマップを作らなければならないので、広めの場所が必要である。

「ボーナパルト」ではターラーをたくさん集めるのが目的ではなく、このマップ上の要所をより多く占拠し、最も高い勝利点を確保することが目的である。

ではいつマップを侵略するのかということだが、これは手番中に追加されたフェイズ“攻撃”のタイミングで行われる。

“攻撃”とは、自分の占拠している陣地に隣接しているカードに侵略を試みることである。

攻撃を行うには1ターラーを支払う必要があるため、開始早々はできない。その代わりターラーさえあれば一手番中に何回攻撃しても構わない。

IMG_6462.jpg
“攻撃”が行われたら、攻撃を行ったプレイヤーと侵略されたプレイヤーが手札から伏せてカードをプレイし、一斉に公開。(中立の場合はNPCが山札から出す)
攻撃を行ったプレイヤーの数字の方が大きければ侵略成功である。自分のチップをそのカードの上に置くことが出来る。防御側プレイヤーの数字以下ならばノーコンテストだ。

地形によってはこの数字に+αをするものもあるので、強い数字が無いと侵略は中々難しい。20の豆の地位がこのゲームではまったく異なるのである。
カードを戦闘用に保存して置くことができる“武器庫”は、このゲームに置いて最重要アイテム。高く感じるだろうが絶対に購入をお勧めする。

IMG_6463.jpg
4回山札が無くなるか、誰かが規定数を超える数の地形を制覇したらゲーム終了。
その時点の勝利点で勝敗を決める。

【所感】★★★★★★☆☆☆☆
普通のボーナンザのルールの上に、陣取りウォーゲームみたいなものがドサリと粗雑に乗っかっているため、プレイ感は非常に散漫としています。どっちかにした方がいいんじゃないかと思っちゃうのですが、なんというか、ラーメンと寿司の両方を食べたいっていう、でも実際に一緒に食べてみるとアレっていう、あんな感じに似ています。それでもボーナンザファンなら愛せる一作でしょう。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。