スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:アール・エコ

ゲームマーケットに来場するレベルのボードゲーマーならば知らぬ人はいないだろう国内メーカー“カワサキファクトリー”のKawasaki殿による人気ゲーム「R-ECO」。
国内で評価を得た後、なんとZ-manからイラスト差し替えでリリース。
Z-manから出るだけでもすげーって話なんだが、2010年、驚くべきことにキング・オブ・小箱ゲームのAmigoから再々リリースされた。

IMG_6612.jpg
Amigo小箱。
イラストはガラッと変わって、コオロギみたいなキャラがマスコットに。
それ以外にも各種のゴミが擬人化されて可愛くなってたりする。
イラストはAmigo版がダントツで良いかな。

IMG_6611.jpg
中身。
なんとAmigoなのにエンボス加工じゃないという。
いつぞやの誰かの情報によると、カードが120枚と膨大なのでエンボス加工をかけることができなかったんだとか。費用の問題なのか、エンボスにすると厚くなるのか、詳しい理由はわからない。カードは現状でパンパンなので、少なくとも厚みが増すと入らんことは確か。
ちなみに一部の面にキラキラ加工がほどこされているレア仕様。

カードは左のゴミ処理場/エコ札(両面)カードと右のゴミカードの2種類。
プレイヤーは手札のゴミカードを上手いこと対応するゴミ処理場へ捨てて、ご褒美のエコカードを集める。
処理しきれないカードを抱えてしまうと不法投棄してマイナス点だ。

IMG_6610.jpg
カードのプレイエリアはこんな感じ。
まず、まんなかにゴミ処理場の山札が色ごとに4種類並ぶ。
ゴミ処理場の入口は上側にあって、プレイヤーはここに手札からカードをプレイしていく。
ゴミ処理場の下側はゴミ置き場となっており、毎回ゴミカードの山札からランダムに整理されていないゴミカードが補充される。

IMG_6608.jpg
手番になったら、手札から一種類を選び、何枚セットでも構わないので対応するゴミ処理場の上側に置く。
この時、その処理場の上にあるカードが4枚以上になっていたら、ナイス処理として一番上のゴミ処理場カードを受け取る。これを裏返すと勝利点となるエコ札へと早変わり。

その後、ゴミ処理場の下に放置されているランダムのゴミカードを全てとって手札に加える。
ここで重要なのが手札の上限。
R-ECOの世界では手札の上限は5枚というのが常識だ。もし5枚を超えて持ってしまった場合は、やむを得ず裏山に捨てに行くのである。しかし見ている人は見ているもので、不法投棄はオートでお上にチクられてもれなくマイナス1勝利点だ。

最後にゴミ捨て場にゴミを補充するのだが、この枚数はその処理場の上に置かれているカードの数+1枚である。つまり、4枚に近づいている処理場ほど捨て場にあるカードの枚数が多い。手札を大きく補充するのには良いが、あまりに枚数が多くて不法投棄に陥りやすい。
なかなか好き勝手に捨てたり回収したりできないのがなんとも悩ましい。

IMG_6607.jpg
こうしてゲームを進めていくが、最初は処理場の点数も低い。後半に行くほど点数は高くなっていくが、途中に-2点があるのもアクセントになっている。
どれか一種類の処理場がなくなったらゲーム終了で、手元にあるエコ札の価値を計算する。
この時、1枚しか持っていない色のエコ札はノーカウント。いくら高い点数の札でもノーカン。もちろん-2もノーカンにできる。
こうしてもっともエコ成金だったプレイヤーが、栄えあるエコ番長である。明日からもせっせとゴミ分別に励むがよい。

【所感】★★★★★★★☆☆☆
キチキチっとしたやりとりに日本製っぽさを感じる良作です。テーマも感じますが、むやみに回収できないところが捻くれてて面白いです。
カードをプレイしたいところはたいてい回収が大変な場所だったりして、なんとも悩ましい作りになっています。ちまちまカードを調整しながら“不法投棄しなかったで賞”を目指すもよし、高得点をがめつく狙って不法投棄しまくるもよし。続編のR-ECO-RECYCLEもAmigoから出てほしいところです。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。