スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:サーカスマキシムス

プレイヤーがダフ屋になってチケットを売りさばくという変わったテーマのカードゲーム「サーカスマキシムス」
。名前の通り古代ローマが舞台。
昨年ペガサスが連弾でリリースした缶入りゲームの中の1つだ。

IMG_6662.jpg
ペガサス・グリフォンの小箱メインロードはイラストに力が入ってて良い。
缶入りは普通の小箱より若干大きいし、凹むし、あまり利点が無いように思うが、バンドなしで蓋がパチンと締まるところは便利。
ペガサスだったかグリフォンだったか忘れたけど、この時期は「ダビデとゴリアテ」とかホームズっぽいやつとか、小箱ゲームに精力的だった。今年はおとなしくなってしまったのを見ると、売れ行きイマイチだったんかも。

IMG_6663.jpg
中身。
ペガサスの缶入りゲームは内箱が豪華な手触りで良い。それでカードが守られてるのかどうかはわからんけど。
「サーカスマキシムス」は小箱ゲームとしては内容が複雑で、ちょっと工夫すればボードゲームにもなりえる規模感(アドルング小箱的な)。よってカードの種類も豊富。

さて、このゲームのテーマは前述の通り古代ローマのダフ屋になって儲けること。
プレイヤーはダフ屋として…
・カエサルに媚を売り
・広場でチケットを入手して
・会場で客に売る
という流れでゲームを進める。

IMG_6656.jpg
プレイヤーは手札として自分の色の商人カードを受け取る。
1から8までの各1枚計8枚。
これを使って各所で競りを行う。1度使ったカードは1日が終わるまで帰ってこない。

IMG_6657.jpg
1日(ラウンド)の始めにその日のチケットや観客をセットアップする。
一番上の列はカエサルの邸宅で、ここでは特殊効果を持つアクションカード、それにスタートプレイヤー権を得ることが出来る。
二番目の列は広場で、ここではその日のチケットを手に入れることができる。
三番目~五番目の列はイベントが行われる会場。コロセウム、ポンペイウス劇場、サーカスマキシムスである。それぞれの列には対応するその日のチケット枚数-1枚の客が並ぶ。チケット枚数の方が多くなるので、売り手の誰かは売り切ることが出来ないかもしれない。

では、それぞれの列でどのようにプレイヤー同士が争うのかだが…
IMG_6659.jpg
システムとしては競りの一種である。
順番にカードを出していって、数字の大きいカードほど前に並ぶ。同じ数字は先出が前。
全員がパスしたら前にあるカードの持ち主から1枚ずつ順番にもらえるカードをもらったり、売れるチケットを売ったりできる。カードの枚数分だけ処理できるので、利がありそうなら何枚出してもOK。
ただし。
同じ競りがラウンド以降も続いていくし、一度出したカードはずっと並んでいるので残っているカードは丸出し。足元見られないように進めることが大事である。

IMG_6661.jpg
こうして売れたチケットと客のチップでコインが手に入る。
これに、ラウンド中に使わなかったカードに描かれた分のコインを足して、1日の収益がでる。
ちなみにカードを何も使わないでいると10金。これを超えないと極端な話だが赤字なわけだ。

これを3ラウンドやってコインの総枚数で勝者を決する。
2ラウンド目、3ラウンド目はボーナスコインの入る会場が出てきたり、他にも客の中にカエサルが登場すると特殊なチケット売りができたりなどの要素あり。これは少々雑な追加イベントだなと思ったけど。

【所感】★★★★★★☆☆☆☆
欲しいカードと他人の手札を睨みながら、じっくり進める競りゲームです。
最初の2列の競りがとても重要で、カエサルの特殊能力が何になるかで使えるカードの判断基準が変わります。
その大事な局面である1列目の段かいで、2列目以降の展開がまだ読みにくいところが良くも悪くもあり、妙なぼんやり感があります。こっそり現代風なイラストは良いですね。
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

コメント

こんにちわ。
古代ローマが舞台のカードゲームなんて、凄くないですか?
カエサルが登場するなんて日本では考えられない、イラストも外国っぽいですよね~。
2011/10/17(月) 14:18:24 | URL | イッシー(スパイカメラ研究会) #-[ 編集]
こんにちわ

このサイトで扱ってるようなドイツやヨーロッパのゲームでは、古代ローマネタっていうのはけっこう山ほどあるんですよこれが。
歴史舞台としての魅力があって、経済観念もだいたいそのまま通じるからだと思います。

このサイトでもいくつか紹介してますんで、よかったら索引から見たってください。(だいたいそれっぽいタイトルなんで)

2011/10/17(月) 19:05:22 | URL | オビ湾 #-[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。