スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

一命★★★★☆

◆一命★★★★☆
一命
なんとかなった現代版「異聞浪人記」

三池監督による「異聞浪人記」の映画化。「異聞浪人記」はご存知の通りかつて「切腹」のタイトルで映画化されており、初観賞当時高校生だった自分もその映画に感化されて原作を読んだのは懐かしい記憶だ。
小林正樹監督の「切腹」は日本を代表する時代劇映画であるからして、同じ題材のものを作るわけなのだから、三池監督も比べられることは重々覚悟の上だろう。
素晴らしい度胸だ。

はて、ということで新生映画版異聞浪人記「一命」の中身。
仕方のないことだが、シーンも台詞もほとんど「切腹」と同じである。(※切腹の最後の鑑賞は2年前くらいなので曖昧だが。海老蔵の津雲半四郎に至っては明らかに仲代達矢を意識している。)
とは言え三池版のオリジナリティというのもあって、それは回想シーンにおけるドラマ性を強調した演出や、最後の殺陣に導入された新設定などに見られる。

特に回想シーンの演出については、ストイックさの際立った「切腹」とは打って変わってドラマティックかつ誰にでもわかる形に分解されている。このわかりやすさが現代人には必要と考えたのだろう。その点は同意できる。

最後の殺陣は狙いはわかるのだが、演出としてはどうだっただろうか。
つまるところ「貴様らなんぞ、武士として死ぬ覚悟などなかろう!」という井伊家に対する強烈な侮辱であるわけだが、いかんせん格好がつかない。
設定上あの鎧飾りがある屋敷の奥まで攻め込まなくてはならないため、殺陣はどうしても長尺になる。であればバッタバッタと切り殺していく明らかな“怒り”を選択した方が良かったのではとも思う。

そのほか、役者の演技、大道具、美術の出来はかなり良好で、時代劇映画としての完成度は高い。
賛否両論あろうが、さすがに“これぞ日本の映画芸術”といわんばかりの名作「切腹」と背比べをさせるのはあまりに不憫。
しかし、異聞浪人記を映画の形で伝えるため、現代版として存在する意味は大いにあると思う。

メンツと化した誇り。世間の法と個人の情。
若い世代にも見てもらいたい普遍的テーマだ。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。