スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

ドゥームナイトご当地大戦~じゃんけん野郎のギリシャ危機

前回ドタキャンしたOECが自慢の新作を引っ提げて登場したが、まずは本日の目玉である期待の新作LCG「ご当地大戦」から評議した。

◆ご当地大戦~キトキト富山編
IMG_6763.jpg
突如ご当地名物を召喚することができるというヘンテコ能力に目覚めた“特産者”
たちが、その郷土愛を競い合う大舞台“ご当地大戦”。
プレイヤーは特産者を選び、その土地のご当地名物でデッキを作って1対1の勝負に挑む。

ルールはカードプレイのサイコロ昇華というわかりやすいもので、目新しさはないが初プレイでもすんなり入れる大間口仕様だ。

そして何より素晴らしいのはご当地ネタに力を抜かない姿勢。やや派手目なカードタイトルに始まり、美麗なイラスト、気合の入った名物トリビアなど、ゲームそっちのけでカード眺めに熱中してしまう。
こういうシステム以外のテーマのリアルさというか真剣さみたいなものって、重要な愛され要素だと思う。

詳しい紹介はまた明日に回すとして、ゲームのタイトルにある通り今回は富山県版である。つまり、これから他の件に発展するっちゅうことだ。いやぁ。たまらんねぇ。

タメラ対OEC戦は黒部ダムの打ち合いをタメラが制し、さらに霊峰立石の追い打ちがトドメとなった
OEC対オビ湾戦も勝負所でオビ湾がフィーバー&黒部ダムで一気に勝負を決めてコールド勝ちとした。
プレイにコストを要するカードが勝負のカギ。カードの選択時から悩ましい。

我が郷里である静岡の「まるさら静岡編」もしくは「ちょっくら静岡編」のリリースを期待している。
・川根茶/ 三大静岡茶 123
・本山茶/ 三大静岡茶 234
・天竜茶/ 三大静岡茶 345
とかどうだろうか。

アイデアいくらでも献上します。

◆ジャンケンカードゲーム・ファイブ
IMG_6764.jpg
ドゥームナイトOECが今月のゲームマーケットに向けて制作した新作カードゲーム。
ジャンケンゲームはどうしても見栄えがしなくなるものだが、このゲームのグーチョキパーは版画で作られていてクールだ。
カードの構成はボトルインプに似ており、通し番号に3つのスート(じゃんけん)が付いている。
このカードを使って5つの異なったゲームを遊ぶことが出来る。ゆえにファイブなのだ。

今回はおおよそのルールをヒアリングし、その中から2人で出来る「センゲン」をプレイした。

なるほど。じゃんけんに程よく戦略が混じったゲームになっている。基本はカードじゃんけんなのだが手札は公開で、使ったカードは捨てられる。補充されるカードによっては次のラウンドにグーとチョキしかないということも当然ありえて、その辺の足元をみるか逆に引っ掛けるかと言った駆け引きが加わっている。

他のゲームも聞く限りしっかりしているし面白さも期待できそうである。
半年前にトウフを作っていたとは思えない安定感だ。

◆スブラキウォーズ Today's DOOM!!
IMG_6768.jpg
何かと話題のギリシャが満を持して送り出したレストラン経営ゲーム。
プレイヤーはレストランの経営者になって客を並ばせ、注文にあった料理を提供する。
見た目もプレイ感も「お金は臭わない」に似た感じだが、こちらの方が10倍楽しい。その魅力のほとんどは客カードにある。なんとカードイラストの全てが個別イラストで、同じ物が1枚もないのだ。
この無駄さにギリシャ崩壊の末端を見るような気がして複雑である。そして実際のゲームは浅め。イベントカードがぶん殴り系ということもあり、どの層が楽しめるかよくわからぬが、ドゥームナイト一同は少なくとも楽しめるのだ。

以上。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。