スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

DOOM of the YEAR 2011発表

そういうわけで、先日ノミネートを発表したDOOM of the YEAR 2011。
いずれ劣らぬ強面どもが集まったわけだが、その最初の頂点を極めた一作を発表する。

これだ。ワンツースリー

DOOM of the YEAR 2011作品

◆ノスタルジア2
IMG_6069.jpg
ノミネートに肩を並べた前作ノスタルジアは、もともとプレイ感がボンヤリしているのだが、さらにそれを両A面ルールし、巨大迷路を作り上げたところに作者の底知れぬ才能が垣間見える傑作であった。

しかし、“早すぎたDOOM”ノスタルジアは残念ながら売れ残ってしまった。

そこでめげず、不屈の精神で立ち上った作者が渾身の想いで世に送り出したのが本作「ノスタルジア2」である。
まったくルールの異なるボードゲーム、の筈だが…。見たことがあるカード。これはもしや!

そのとおり!「ノスタルジア2」は、売れ残った「ノスタルジア」のコンポーネントで出来ているのだ!

10あるノミネート作品の中で唯一、環境に配慮したエコ仕様の作品である。

近年エコをテーマにしたボードゲーム・カードゲームが続々と登場している。
しかも良作が多く、エコ派ゲーマーをまんまと取り込んでいる。
そんなゲーム達に向けて
「じゃあお前のコンポは再生紙なのか」
とノスタルジア2は語りかけるのである。

なんと威厳のある作品だろうか。

我々は、売れ残ったノスタルジア2で作られた「ノスタルジア3」を今か今かと待ち望んでいる。

以上、DOOM of the YEAR 2011 作品賞でした。
| trackback:0 | commnet:3 | BACK TO TOP |

コメント

お正月は家族でノスタルジアで決まりですね★
受賞記念作として、実家に持って帰って改めて遊びたいと思います。

(来年の干支である辰は架空の動物であるためノスタルジアには出てきません)
2011/12/26(月) 08:05:41 | URL | oec #-[ 編集]
超える作品を作ってみせろ!
2011/12/28(水) 01:04:56 | URL | 海長とオビ湾 #-[ 編集]
3の次はepisode0だな
2011/12/28(水) 08:04:01 | URL | 鬚親父 #-[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。