スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:クリーチャーズ

今現在地球上に存在している動物は、星の数ほど存在した進化の可能性の中から、たまたま結果として抽出されて生き残った、その姿に他ならない。
ならば我々が解き放ってやろうではないか!彼らの可能性を!!

IMG_6981.jpg
ということで、先日のドゥームナイトに登場して大好評を得た新鋭ゲーム「クリーチャーズ」。
メーカーはクリーチャーズゲームズ…。(公式サイト
プレイヤーは新種動物のクリエイターとなり、強い動物を創り上げてチャンピオンにすることを目指す。
とにかく見栄えのデザインが素晴らしいゲームなので、写真いっぱいでお送りする。

IMG_6983.jpg
中身。エンボス加工は入っていないが、しっかりした紙質で特に文句はない。
カードは各種動物を頭・体・尻尾の3つにぶった切ったパーツとなっており、それぞれにマジックで描かれたような下手可愛いイラストが付いている。
カードの見方は以下の通り。

IMG_6984.jpg
ちなみにこれはカバ(Hippopotamus)の頭パーツだ。
パーツの種類は頭が青、体が黄、尾が赤という具合に色分けしてある。敢えて強い色である赤を尻尾に持ってきたのは、合体させる過程で場が盛り上がるようにと配慮したためと思われる。このゲームはその辺の心遣いが良くできている。

名前に関しても三等分されており、それぞれのパーツを組み合わせることで自動で名前が組みあがる方式だ。その辺は過去にあった同様のゲーム「クァークス」と同じ。
しかし!「クリーチャーズ」では下に小っちゃく“生態”が説明されており、これも組み合わさることでクリーチャーの見た目のみならず、その生物の諸情報までもが提供されるのだ。うわぉ!

IMG_6928.jpg
で、ようやくルールの紹介に入ります。
目的は前述の通り、強いクリーチャーを作って他のプレイヤーに打ち勝つことである。
もっと具体的に言えば、手番で作ったクリーチャーで他プレイヤーを全員勝ち抜くことが出来れば、そのクリーチャーがチャンピオンになる。如何に自分のジムからたくさんのチャンピオンをだすか。という熱いゲームだ。

まずは手札として7枚のカードを持つ。手札は基本的に7枚で、手番の最初に1枚受け取る瞬間だけ8枚である。
で、その8枚のカードの中から、頭・体・尾の3枚セットを作り、誰か1人を選んで挑戦を申し込むのだ。

IMG_6930.jpg
キィエーーーー!
写真はドゥーム評議会で最初のチャンピオンになったオビ湾ジムの「ピアサーヘッド」だ。
強さの合計値が28と言うのはかなり強い方と言える。

ちなみに挑戦されたプレイヤーは手札に頭・体・尾がある限り、必ず応戦しなければならない。だから強いパーツを温存しておきたくても、強制的に引っ張り出されて敗北死となってしまうかもしれない。
しかも!勝利したプレイヤーは敗北したクリーチャーのパーツ1枚を捕食して手札にすることができる。当然、前述の要領で引っ張り出された秘蔵っ子パーツが真っ先に狙われるわけだ。

当然、一度チャンピオンを出せばその過程で強めのパーツを捕食しているので、連覇しやすくなる。この勢いが乗ってるジムっぽくてかっこいい。

IMG_6931.jpg
人数による規定数のチャンピオンを出した人がゲームの勝者になる。
写真はゲーム中盤に全盛を迎えたタナカマジムと、最後までチャンピオンを出せなかった狂犬タムラジムのクリーチャーだ。

ゲーム序盤はそれこそ10とか9とか大きな数字じゃないとチャンピオンになれないが、徐々に強い数字が無くなってくると5とか6とかのカードもそれなりに強くなってくる無駄のなさ。さすがに1とかはゴミパーツだが、サソリなどの一部の動物には毒性があり、3枚毒セットを作ればどんなに強いクリーチャーも殺すことができるお遊びもある。

また、先ほども少し書いたが、これとほとんど同じテーマ・ゲーム性を持ったゲームに「クァークス」というものがある。しかしこのふざけたテーマをどういう形でデザインに落とし込むかという点で、センスの差が大きく出ている。
クリーチャーズはイラストのテイストが段違いに良い。スケッチブックに想像上の動物を描くときの、この感性。中々商品化できないニュアンスである。実に素晴らしい。

本ゲームは現時点で国内流通していないものの、近々三鷹のテンデイズゲームズからイカした和訳付で発売予定である。我こそはおふざけゲーマーという人には是非手に取ってもらいたい傑作だ。

ちなみに今からではもう間に合わないが、昨今流行のキックスタータープロモカードなるものが存在する。
言わば映画の前売り券についてくるコスプレキューピーみたいなものだ。

で、クリーチャーズのキックスタータープロモは何かと言うと、オビ湾の手元にはあるのだが動きが素早くて写真に捉えることが出来なかった。
そのため、15年前にメキシコのハリスコ州で撮影された貴重な写真を流用させていただきたい。

これだ……
IMG_698335.jpg
なんと恐ろしい姿だろうか。
体調2メートル弱の吸血性の生き物であるというが…。
いつかUMAギークに捕獲されることを願い、今日はここまでとする。

【所感】★★★★★★★★☆☆
なんとも言えないスケッチ風イラストが最高に味があるクリーチャー作成ゲームです。
ゲームとしてはなんのことは無いのですが、わけのわからないUMAをでっち上げ、他プレイヤーを蹴散らしていく痛快さが最大の魅力。良い仕事です。
| trackback:0 | commnet:5 | BACK TO TOP |

コメント

国内流通?やった~~
なんかモスキートの「蚊」みたいな絵が
かわいいですよね。
クァークスってプレイしようとすると
キモいって文句言われちゃうし・・・
とにかく発売がたのしみです。
2012/01/06(金) 19:15:46 | URL | RAMPLING #-[ 編集]
一目惚れしました!絶対に買います!
もう、もう、このテイストはたまりません!
返す返すもプロモカードが手に入らないのが、口惜しい~!

…失礼しました。
興奮のあまり、初書き込みしてしまった道産子でした(笑)
2012/01/06(金) 21:57:23 | URL | くりか #-[ 編集]
是非是非遊んでおふざけゲーマーの仲間入りしてくださいませ。
2012/01/08(日) 01:23:45 | URL | 海長とオビ湾 #-[ 編集]
早くもDoom of Year2012の有力候補登場だな
2012/01/09(月) 19:33:20 | URL | 鬚親父 #-[ 編集]
しかしこれをプレイした日のToday's DOOMは取れてないぞ
2012/01/09(月) 20:14:57 | URL | 海長とオビ湾 #-[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。