スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

ビックバントーナメント第三夜~ドゥーム騎士、アクイレイアの襲撃を受ける

世界中から年代、ジャンルを飛び越えて集まったメチャイケでヤバいゲームのバトルロワイヤル。
それがビッグバントーナメントだ。
今週はイスタリ地区からやってきたオシャレ空間デザイナー“メトロポリス”と、ツォッホ農園が満を持して送り込んできた噂を聞かない巨人“アクイレイア”の対決だ。

◆メトロポリィス
IMG_7260.jpg
非常に綺麗な見た目と、非常に綺麗なルールの変型競ゲーム。
イスタリ的でないためか忘れられがちだが、なかなか良いファミリーゲームである。マジで長考する奴がいなければの話だが。

序盤から高いビルを消費しまくるオビ湾グループを、中盤に鬚田建築が追い始める。終盤はタメラ石油も追いかけてきたが、さっさとビルを使い切ったオビ湾グループが勝利した。
“テーマ”と“足元見る感覚”はマンハッタンに似ている。と、前にも書いたような気がする。

◆アクイレイア Today's DOOM!!!
IMG_7262.jpg
ローマ時代のアクイレイアという大都市をテーマにした、何やってるかわからないワーカープレイス。
久々に鬚ちゃんのゲームをやろうよということで、インストを始めるサー鬚。

鬚「ここはこうこうでこうです。ここはこうです。で、ここはこうです。ここは掛け算で得点です。」
オビ/タメ「・・・・・・」
鬚「・・・・・」
オビ湾「よっしゃ!ほれ、始めようぜ!」

・・・・・・・
・・・・・
・・・

アクイレイアよ。
まるで試作品の様な見た目。
得点のためだけに存在するシステム。
飼い殺されたテーマ。
実際視認性も悪いがそれ以前にやる気が起きないボード。
事務処理的で淡々としたプレイ感。

“お金がもらえるマス”に駒を置いてサイコロを振る僕たちは、いったい何者なのだ。
月桂冠と同じ色の別荘で謎の掛け算得点を狙う僕たちは、いったいどこへ向かおうとしているのか。

3人プレイでは機能していない部分があるのも確かだろう。置き場所が緩い。
だけど気にしているのはそこじゃないんだ。ゲームにはなっているのだから。

ドイツゲームの切ない部分に触れた気がした、ビッグバントーナメント第三夜。
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

コメント

僕たちはまだゲームの奥深さを知らない
表面をパシャパシャ跳ねているだけの魚だったと思い知らされた
2012/03/14(水) 07:54:10 | URL | 鬚親父 #-[ 編集]
本当に力といえるもので、持つに値するものは、たったひとつしかない。それは何かを獲得する力ではなくて、受け入れる力なのだ。
月桂冠と別荘の秘密、報酬が置き場によってことなる競技場、特定の貨幣でしか支払いを許さない建物、両替できない金銀銅の脱テーマ性。
いずれもシステムであり、黙って飲み込むべきものなのだ。
                           壮年ゲド
2012/03/14(水) 12:39:17 | URL | 海長とオビ湾 #-[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。