スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:ホースフィーバー

競馬はお好きですか?
レースでしかも賭け事なんですから、少なくとも男の子は好きな人多いですよね。
僕は競馬場行ったことないんですけど、いつか行ってみたいです。ホースフィーバーです。

IMG_7174.jpg
実はタイムリーな紹介とは言えない今回の「ホースフィーバー」。
最近では“ダンジョンファイター”や“Escape From the Aliens in OuterSpace”などの凝ったアートディレクションが話題のシャレ乙ゲームメーカー“CranioCreations”による、2009年のタイトルだ。

IMG_7175.jpg
一通り広げたの図。
実は2011年版になってボードの機能が拡張し、一部の駒がリッチになったりしている。これから購入するのであれば、2011年版をチョイスすることをお勧めする。

また膨大でイケてるイラストワークもこのゲームの売りだ。
IMG_7176.jpg
ボード上にゴリゴリ描かれたイラスト。ウォーリーがいたりする。
カードのイラストもほとんどが一点モノ。
イラストレータは同社のゲームのほとんどを担当しているようだ。
サイトはこちら

IMG_7177.jpg
そしてなんと言っても、馬駒がきゃわいい!かっこいい!素敵!
イラストレータがデフォルメした馬の形をしっかり意識した形状になっている。
超クールだ!

と、脱線しすぎたのでそろそろ内容の説明を。

プレイヤーはゲームを通して名誉点を集め、伝説のギャンブラーになることを目指している。注意したいのが、集めたいのはお金ではなくて名誉点であるということだ。
ゲームが終了するまでにおおよそ6レースをこなすのだが、君たちはその間に馬主になったり、出走枠の権利者になったり、レースにちょっかいを出したりする。
あぁ、もちろん賭けもする。
1レースが俗にいう1ラウンドというイメージで進行する。

全員自分のキャラクターカードをランダムで決めて(所持金や能力が違う)、ゲーム開始だ。

IMG_7178.jpg
最初に行うのが購入フェイズ。
各自持ち金を使用して以下の中から2つを選んで購入または実行する。

・アクションカード
 ⇒レースにちょっかいを出す強力なカード。使い切り。
・出走枠権利
 ⇒自分の馬を出すことが出来る出走枠を買える。
  自分の出走枠が入賞するとお金も入る。高い。無くならない。
・馬
 ⇒馬主になれる。馬は10種類くらい。死なない。
・アシスタント
 ⇒いろいろ役に立つアシスタントを雇う。死なない。
・目的カード
 ⇒ゲーム終了時に条件を満たしていれば勝利点、なカード。
・他の人のカードを買う
 ⇒同意のもとで倍額で買える。
・自分のカードを銀行に売る
 ⇒半額で売る。
・借金する
 ⇒ゲーム中2回まで。終了時に利子をのせて返す。
・パスしてお金を貰う
 ⇒相当金に困っているときに。

IMG_7179.jpg
購入が終わったらベットフェイズ。ベットは2回行う。
まずは出走枠権利者が自分の馬カードを配置。出走枠権利者がいないレーンや、馬が出されなかったレーンは駄馬が走るということになる。
駄馬と言っても特殊能力がないだけで致命的に弱いわけではない。

出走馬が決まったらスタートプレイヤーから順にいずれかのレーンにベットしていく。
賭け方は“単勝”か“3位以内入賞”。
もちろん単勝に賭けた方が配当金も大きいし、もらえる名誉点も大きい。

こうして全員が1回目のベットを終えたら、スタートプレイヤーから1枚ずつアクションカードを(持っているなら)伏せて馬に配置する。
アクションカードはプラスのものもマイナスのものもあるので、たくさん置かれたからと言ってその馬が有利になっているかはわからない。

それが終わったら今度は逆回りで2回目のベットを行う。
これでベットは終わり。

IMG_7183.jpg
スタート直前にアクションカードを公開。
これでそのレーンの馬の最終的な能力が確定するわけだ。
で、レース開始!

IMG_7180.jpg
レースが始まったら一斉に馬が飛び出す。
馬の進み方は2種類。
ひとつは上の写真にある黒板カード。黒板カードにはレート毎の進むマスが記載されていて(レーン指定ではない!)、レートが高い馬ほど進むマスの平均値が大きい。
スタート時に行う移動はこの黒板移動だ。

黒板移動が終わったら、スタピーから順にサイコロ2つを転がして、出た目の色の馬を1マス進める~をプレイヤー人数分行う。
それが終わったらまた黒板移動を1回やって、そしてサイコロ移動をやって・・・と言う感じ。

黒板移動のレート差はそこまで大きくないので、馬の能力やアクションカードが重要だ。

IMG_7182.jpg
もちろんレースの結果に応じて配当を貰う。
勝ち馬にベットしたプレイヤーがお金や勝利点(上の写真)を受け取り、勝ち枠の権利者がお金を受け取るなど。

これを規定レース回数繰り返し、最後に目的カードを清算、出走枠権利者は枠毎に1点を受け取って、最多勝利点を競う。

ノリで楽しい競馬ゲームだが、勝利に向けては色々なやり様があるゲームだ。
普通にプレイしているうえでは借金は必要ないが、高価な出走枠を取って長期的な利益とコントロールを得るのも良い手段だろう。

また、このゲームの花形である馬カードはその影響力も大きい。
以下は「見たら買っとけ!」というオビ湾お勧めの名馬である。
IMG_7184.jpg
左:コンスタンティノ。
 ⇒サイコロで2マス進める強力なスプリンターだ!
中:ナポレオン
 ⇒ビリだと黒板移動で4マス進める負けず嫌い!3位入賞は固いぞ!
右:トロイ
 ⇒うらやましいあいつの馬を奪っちゃおう!奪われた側は利益なし!

【評価】
   8.jpg
【所感】
レースに興奮し、馬主体験もできるリッチな競馬ゲームです。
ミズモノレースを如何にコントロールするか。それとも誰かがコントロールしてるのにちゃっかり乗るか。準備の段階で腹黒さが必要です。
ただ、最終目的がお金ではなく勝利点なのでギャンブルゲーらしい逆転性はありませんね。豪華なイラストワークは魅力的です。
| trackback:0 | commnet:3 | BACK TO TOP |

コメント

フィーバー!
あまりに面白かったので、iPadのアプリを入れちゃいました!
2012/03/29(木) 23:29:48 | URL | タナカマ #Id0qgjHM[ 編集]
是非やりましょう!
2012/03/30(金) 09:10:26 | URL | 海長とオビ湾 #-[ 編集]
あと、一応正確なルールのリファレンスと、アイコン早見表は作ったので必要なら言ってください。
2012/03/30(金) 09:11:37 | URL | 海長とオビ湾 #-[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。