スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:ロバとウシ

昨日紹介したばかりのクラマーズ小箱「デッカイAとチッチャイa」は、発売から年月が経っていることもあって中々入手難だ。
しかし幸いなことに、見た目を少し変えただけのジャケ換え版がペガサスからリリースされている。それが「ロバとウシ」だ。

IMG_7541.jpg
ペガサス缶入小箱。
このメーカーは「余計な料理人」をはじめ、手に入りにくくなった名作ゲームを復活させてくれるのが嬉しい。
ただし「デッカイAとチッチャイa」に関しては5,6年前に「Who's the ASS」というタイトルでメイフェアなどから米国流通している。これは今も輸入すれば手に入る。

IMG_7542.jpg
中身。残念ながらエンボス加工は施されていない。
ロバとウシカードの派手さはこのゲームらしくて良いと思う。

1~13のカードが各8枚、ジョーカー4枚、デッカ…失礼、ロバカードとウシカードが1枚ずつ。
つまり、カード構成は完全に「デッカイAとチッチャイa」と同じである。

IMG_7543.jpg
プレイングも基本的に同じなのだが、「ロバとウシ」ではロバだけを使ったルールを基本として説明している。
ウシは慣れたら入れてねという感じだ。
確かに最初から両方入れると少々派手過ぎるかもしれない。

【評価】
   7.jpg
【所感】
「デッカイA~」のひん曲がったイラストワークに比べると、幾分間口が広くなりそうな見た目になったのは良いと思います。ハプニング性もあり、パーティーカードゲームとしては上々です。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。