スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:スターシステム

都内某日。すごろくやにて。

オビ「これどうすか。」
店長「あぁ、売り込みに来てくれたイタリアのメーカーのやつで、クルー(みたいな内容)ですよ。」
オビ「クルーなんすか。2人用すけど。」
店長「そう。オビ湾さんが大好きなアクイレイアと同じ賞取ってますよ。」
オビ「汗)…ぉぉ、そりゃあ間違いないじゃないですか!」

IMG_7691.jpg
ということで「スターシステム」。B級クラッシャーの竹トラと。
このメーカーは社長がぶっとび気味らしく、テーマに凝ったゲームが多いようだ。
他何点かすごろくやで取り扱いが始まったゲームはコンポを含めて強いこだわりが感じられる。
ちなみに“ヒステリーコーチのメーカー”なのだが、そう聞くと良い感じに冷や汗が出る人も少なくないだろう。(いや、悪い意味じゃなく。ほんとに。)

話を戻して、本ゲームのタイトルでもある“スター・システム”っていうのは、興業商品を“目玉スターが人を集めること前提で”企画・進行することを言う。
今なら“ジョニデ出演作”とかそういう感じ。セガールの沈黙シリーズももちろんスターシステムの亜種(?)だ。

で、そういう映画シーンに対する情熱を、本ゲームのルールブックはリュミエール兄弟の名前まで出して語っている。
…のだが、そんな設定はほぼ無視して内容はクルー(※)なのである。
※推理ゲームのロングセラー

IMG_7692.jpg
中身。
メインはスターカードとスタジオカード。エンボス無し。
それに推理ゲームなのでメモ帳2束と鉛筆1本が付いている。
メモ帳は2つあるのに鉛筆はひとつしかないって?そのくらい自分で用意しろ!

IMG_7694.jpg
各自映画監督となって秘密裏に5枚のスターカードを受けとる。
このスターカード5枚(映画の出演者)を当てあいっこするのだ。
残った10枚は裏向きで一列に並べ、ラウンドカウント&ヒントに使用される。

スターカードには属性として、性別、ジャンル(コメディ、サスペンス、ラブロマンス、ミュージカル)がある。
ゲーム中はスタジオカードを使った幾種類かの質問を繰り返し、これら情報を元にして相手のスターを絞り込んでいくのだ。

IMG_7695.jpg
情報を絞るためのスタジオカード計4枚。
毎ラウンド、各自が1枚ずつ上側の能力を選んで使用することが出来る。選ばれなかったカードは下側の効果が発動し、毎ラウンド必ず4回のアクションが起こるようになっている。

アクション(というか質問と言うか)は、「持っていないスターの名前を言わせる」とか、「性別かジャンルを指定して人数を言わせる」とかである。

まぁ説明はこのくらいでわかってもらったことにして(すみません。)

微笑ましいのはスターカードの写真だ。
IMG_7709.jpg
竹トラ「これイタリア人じゃねぇか。」
オビ「まぁそういうなよ・・・」

ハリウッドスターどころか、アメリカ人に見えるかどうかさえギリギリの俳優達。
衣装にも苦労が見えて、スカーフを使いまわしたり帽子を使いまわしたりしている。ヒューー!
総勢20名のスターはこのゲームの華である筈なのだが、これはなかなかに破壊力のあるモチベーションキラーだ。

でもさ……俳優雇うとお金いるよね!絵にしてもお金かかるよね!許す!

【評価】
   5.jpg
【所感】
2人の監督がお互いの映画の俳優を探り当てて、いったい何をしようとしている
のか。スターシステムだと言っているのに、なぜスター名を隠しているのか。ひょっとしてコレ!映画全然関係なくないですか!と、そう思ったあなたに是非お買い求めいただきたい珍作です(グラビアトランプみたいなもんです)。
あと、顔と名前が一致しない俳優で推理を進めるのはちょっと苦行。確かに「日本人にして作り直したい」ゲームだ。そうすれば意味はなくとも幾倍か楽しく遊べそうな気がする。そういうゲームなんですよねきっと。
| trackback:1 | commnet:2 | BACK TO TOP |

コメント

上から三枚目の写真の真ん中のカードは渥美清氏ですか?
2012/05/18(金) 12:42:15 | URL | 鬚親父 #-[ 編集]
惜しい!前田敦子。
2012/05/18(金) 22:56:17 | URL | オビ湾 #-[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

都内某日。すごろくやにて。オビ「これどうすか。」店長「あぁ、売り込みに来てくれたイタリアのメーカーのやつで、クルー(みたいな内容)ですよ。」オビ「クルーなんすか。2人用すけど。」店長「そう。オビ湾さんが大好きなアクイレイアと同じ賞取ってますよ。」オビ「?...
2012/05/20(日) 03:02:06 | まとめwoネタ速neo

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。