スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

BG紹介:イノベーション

一昨年あたりからヘビーゲーマーを騒がしていた「イノベーション」は、人類の文明と発明の軌跡を辿るダイナミックなアイテムである。
作者は「グローリー・トゥ・ローマ」のカール・チャデク。
沢山のカードを使い、それを大量にスタックさせるところはこのゲームも共通だ。

IMG_7785.jpg
ielloからリリースされた新版で、かつ日本語版。
最初にオビ湾が遊んだ版は色気もそっけもないデザインだったが、キレイ目なイラストをたんまり使って生まれ変わっている。箱はielloオリジナルのマグネット付開閉箱だ。ビブリオスと同じ奴。

IMG_7786.jpg
中身。
カードはエンボスこそ掛かっていないが、厚みもあってわるくない。
それに説明書を兼ねた分厚いマイボードが付いている。
同人ぽかった最初の版とは違い、高級感がある。

さて、ゲームの方を見てみよう。

IMG_7787.jpg
イノベーションでは時代が1から10までに別けられている。数字が大きいほど現代に近い。
各時代のカードには当時の発明や文化が記されており、それぞれそれっぽい能力が付いている。

このゲームで勝利するためには、まず自分の国の影響力を上げ、各時代の征服者となること。
こうして征服した時代のカードが規定枚数に達したプレイヤーの勝利である。また、時代の征服と同等の価値を持つ文明カードを特殊条件を満たすことで手に入れる方法もある。

IMG_7788.jpg
手番になったらアクションを2回行える。
まずは時代カードのプレイ。
時代カードはジャンル毎に5色に別れており、それぞれに積み重ねていく感じ。ただし一番上のカードしか特殊能力は発揮できない。
また、時代カードの特殊能力を発揮させるのも1回分のアクションだ。
特殊能力は自分が手札を引いたり、他プレイヤーに嫌がらせしたり、様々。
この時大事なのが自分のカードに示されたアイコンの数である。

カードには左上、左下、真中下、右下の4か所にアイコンが描かれており、これの数が他のプレイヤーより優れているかどうかで発動できるできないというのがある。一部例外はあるものの、基本的に多い方が良い。

IMG_7789.jpg
文明が進んでいくと“カードを●●(方向)に展開する”という能力が出てくる。
展開とは上の写真の様にカードをずらすこと。これにより見えるアイコンが増えるというわけだ。しかも先ほど説明したアイコンの配置が仕掛けになっていて、展開する方向に寄り増えるアイコンが異なる。当然、一番効果が強いのは上方向に展開した場合だ。(重ねたカード1枚につき、アイコン3個増加。)

この展開を早い段階で行えるか否かがひとつの勝負どころだ。

IMG_7790.jpg
カードの中には“●●のカードを自分の影響力に加える”的な指示があるだろう。
こうして影響力になったカードは自分のボードの左側に埋められていく。
影響力はそのカードの時代の数字がそのまま影響値になる。
そしてこの影響値がある時代の数字の5倍になった時、アクションを使用してその時代を制覇出来るのだ。(制覇した時代はボードの左側へ埋める)
プレイ人数によって異なる規定枚数に制覇したカードが達したら、その場で勝利である。

とにかく全てのカードにテキスト満載で、1回や2回のプレイでは覚えられないし、そもそも覚えられるような内容でもない。だからテンポは悪いし、他のプレイヤーが何やってるのかもわかりにくいゲームである。
それでも面白いのは、はちゃめちゃな特殊能力の爽快感と、時代が次々と進んでいくスピード感からだろうか。

【評価】
   7.jpg
【所感】
テーマもやってることも世界の七不思議に似たところがありますが、イノベーションは歴史イベントが焦点になっているためか、雰囲気は大分違います。他のプレイヤーが何やってるのかまではわかりにくいですが、アイコンの数くらべという非常にわかりやすい形で絡みがあるのは良いと思います。
カードには歴史イベントの詳細が書かれてていませんので、タイトルだけで内容がわかる大人向けのゲームです。
| trackback:1 | commnet:2 | BACK TO TOP |

コメント

このゲーム・・・
可愛さだけでも購入したいです。

男が言うのもなんですが、めっちゃファンシーですね!
2012/06/21(木) 01:42:05 | URL | Edu-One #6facQlv.[ 編集]
え、イノベーション可愛いですか…。アイコンですか?
2012/06/21(木) 07:27:16 | URL | オビ湾 #-[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

一昨年あたりからヘビーゲーマーを騒がしていた「イノベーション」は、人類の文明と発明の軌跡を辿るダイナミックなアイテムである。作者は「グローリー・トゥ・ローマ」のカール・チャデク。沢山のカードを使い、それを大量にスタックさせるところはこのゲームも共通だ。...
2012/06/11(月) 00:26:18 | まとめwoネタ速neo

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。