紹介:ドナー・ベッター

古めのHABAゲーム。「ドナーベッター」。
由紀ちゃんに確認したところ"雷雨"という意味らしい。
ゲーム内容から放題をつけるとしたらきっと"あした天気にな?れ"だろう。

IMG_0572.jpg

そう。HABA社製だけど黄色じゃない。
黄色に統一されたのはいつからなんだろう。
大きさは横型Lサイズで、今のHABA社にもよくあるサイズ。
内容物についてはこれから触れるけども、なかなか雰囲気のあるコンポーネントが高感度高めである。

で、このゲームを一言で言うなれば"天気予報ゲーム"である。
プレイヤーは20個の建物についてそれぞれの天気を予報する。
当てれば得点。外せばマイナス点。予報しなければ+?ゼロだ。

IMG_0564.jpg

ちょっと見えにくいかもしれないが、建物の上に線を引っ張った。わかるだろうか。
何が言いたいかというと、その建物の真上の4タイルがそこの天気を決めるのである。
手番では次のことができる。

?"天気の予想"
⇒手番プレイヤーが優先だが、すべてのプレイヤーが参加可能。
?"天候タイルの交換"
⇒既にオープンされている天候タイルの交換。やらなくても可。
?"天候タイルをオープン"
⇒ボードに並んでいる天候タイルをひとつ表替えす。

これが済んだら手番が交代。

IMG_0568.jpg

天気の予想は建物に予報マーカーを置くことで行う。
建物は3階層に分かれていて、上段は"晴れ"、中段は"曇り"、下段は"雨"を示す。
ひとつの階層に置けるのは2番目までで、かつ天気が当たった時の点数も1番目のプレイヤーの方が断然高いので、早めの予想ができれば理想的である。

IMG_0569.jpg

天気予報の正誤が判断されるのは建物真上のタイルがすべてオープンになった時。
この写真では横に4つがオープンになっている。
ここでタイルに書かれている黒い雲マークと白い雲マークを比べて、
・白いマークが2個以上多い⇒晴れ
・黒いマークが2個以上多い⇒雨
・2つの差が1個以内⇒曇り
となる。
つまり写真の場合、右に見えるオレンジの建物は"雨"の状態にある。
そこに正確な天気予報をしていれば得点だ。

IMG_0567.jpg

得点したらカエル駒を進ませる。
ビンから伸びるはしごが目印になっていてとてもかわいい。

ゲームはすべての天候タイルがめくられることで終了するが、カエルを順調に進めてはしごのてっぺんからジャンプさせれば即勝利になる。

IMG_0571.jpg

終了の図。
ボード中央においてあるのは手番プレイヤーを示す風見鶏。
何気ないコンポーネントが好感触。とても素朴な感じ。

【所感】
HABAには珍しくけっこう頭を使えるゲームです。
人数が少ないとほどよくガチガチな勝負もできるかもしれません。
前述したとおりコンポーネントも雰囲気にマッチしてとてもいい感じです。

| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

コメント

ドナーベッター、一度だけ遊んで結構面白かった記憶があります。再び手に入れたのですが、なんせギークにも訳がありません。和訳か英訳があるところを教えていただけますか?お手数掛けて済みません。
2009/05/29(金) 13:37:27 | URL | けがわ #-[ 編集]
たぶん英訳も和訳もどこにもおいてないと思います。
ただ、英語ルールならルール冊子の2番目に入っていますよ。私が作っていたらお渡しできたんですが、そもそも持ってる人少ないとおもって作らなかったんですよね。すんません。
2009/05/29(金) 22:31:54 | URL | 海長とオビ湾 #-[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する