スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

ベルフラワー(85点)、宇宙人ポール(70点)

オタクの友情、永遠に。2本。

◆ベルフラワー
★★★★★★★★☆☆(85点)
ベルふら
妄想世界のヒューマンガスライジング!

500日の~前後から激増している草食orギーク系男子による失恋モノだが、よりにもよってマッドマックスオタクと言うところが強烈なドリアン臭を放つ所以である。すさまじい腐臭だ。

いつか黙示録の世界が来ることを半笑いで信じながら、仕事もせずに火炎放射器を自作したりボルボを世紀末風に改造する超ド級のボンクラ2人。その内1人が型崩れのスカーレットヨハンソンにぞっこん惚れ込んだ上に失恋。その子の友達のめっぽう可愛い女の子とヤッテみたりするもののメンタルは回復せず、ぶっ飛んだ妄想世界に突入していく。
プロットだけ聞くと宇宙人ポールとかファンボーイズみたいなおちゃらけ方面に行くと思ってしまうが、どういうわけか指摘叙情豊かなビジュアル作品に昇華されていてびっくりする。
シーンごとにカメラやレンズが使い分けられた正体不明の映像美にアシッドメローな劇伴がつゆだくでぶっかけられており、完全に悪夢。
親友をヒューマンガスにしようとしていた相棒の告白が大変感動的で、顔に彫られた鬚の入れ墨にヒューマンガスマスクに隠された謎を見る想いである。

凄まじい内的エネルギーにして、まったくもっての毒性!

◆宇宙人ポール
★★★★★★★☆☆☆(70点)
ポール
ナード系センチの佳作う

見るからにどんくさいSFオタクの英国人ナード二人が夢のメリケン帝国に遊びに来たらうっかり本物の宇宙人に会っちゃった話。
のっけからスピルバーグLove臭の漂う演出の本作は、実のところ映画全体がほぼオマージュで構成されているトリビュート作品だ。
本人たちが喋る小ネタから、背景構図、劇伴に至るまで、とにかく脂臭いオマージュで満たされている。ビッグマックLLセットにナゲットを付けたような完成度で、これに比べればとスーパーエイトはところてんみたいなもんである。
このまる~い仕上がりも当然、過去作へのリスペクトだろう。

ナード同士の友情というか愛情と言うか、その辺のセンチなところを少し通過するのが本作の重要なアクセントだとは思うが、個人的なハイライトはオタク捜査官がジェイソンベイトマンに「お前大人だよな?下の毛生えてるよな?」と説教されるシーンである。
実に美しいシーンで、これを観たほとんどのナードが小便チビらせたことは想像に易く、彼等は孫の代までベイトマンの冷めた顔を夢に見るであろうし、実際そうあるべきだと思う。ビバナード。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。