スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:スモールワールド~王国

Days of Wonderの人気シリーズとなったスモールワールド。
これまでにここで紹介してきたのは下記の通り、
①スモールワールド
②スモールワールド~呪い!
③スモールワールド~女神たち
④スモールワールド~物語と伝説
⑤スモールワールド~ネクロマンサーの島
⑥スモールワールド~恐れることなかれ
※これ以外に「リーダーズ」と「トンネル」というミニ拡張があるが、ほんとにミニなのであまり気にする必要はない。「トンネル」に関しては「スモールワールド~王国」にも含まれている。

拡張戦略を取るボードゲームで言うと「カルカソンヌ」や「アルハンブラ」などがあるが、「スモールワールド」の拡張が売れるのは“基本ルールはそのままに、ソフトを変えられる”という敷居の低さだろう。ドミニオン的だ。ファンとしては嬉しいというか、嬉しい気がする、というか。

IMG_8089.jpg
上から見たサイズはDoW大箱で、厚さが薄い。
「キャメロットを覆う影~マーリン拡張」と同じ大きさだ。
イラストに基本シリーズのキャラクターとアンダーグラウンドのキャラクターが描かれているように、本拡張は当然全ての既存拡張に対応している。

それでは本作はどのような拡張なのか。
今回はこれまで決まった地形で固定されていたスモールワールドの世界を、自由に創造できるようにしようという“マップ拡張”なのだ。
それに加え、10篇にわたるオリジナルシナリオが付属している。
残念ながら、種族や特殊バッジの追加はない。遺跡とアイテムのタイルが付いているが、これにはルールが付属しておらず、自分で考えて使ってねとのこと。

IMG_8090.jpg
中身。
ランダムマップのパーツが大量に入っている。それぞれ表が基本ワールド用、裏がアンダーグラウンド用となっている。
今回はマップに関する拡張用キットであるため、遊ぶには当然「スモールワールド」か、「スモワアンダーグラウンド」のどちらかが必要である。

やけに分厚いブックが厚いのは、多言語版だからというのもあるが、オリジナルシナリオのマップと個別ルールが載っているからだ。
またオリジナルシナリオは「指輪物語」や「氷と炎の歌」、その他もろもろ、基本的にネタものである。

IMG_8066.jpg
ちなみにこれはシナリオ「錆びた玉座」のマップ。
錆びた玉座とは、「氷と炎の歌」シリーズで七王国の鉄の玉座と呼ばれる“剣で作られた玉座”を元ネタにしている。原作では座った奴はロクなことにならないのだが、果たしてこの世界ではどうか…。

IMG_8067.jpg
中央の山の頂にある錆びた玉座。
書き忘れたが、今回のマップ拡張から“山頂”という概念が追加された。
これは普通の山よりさらに高いという設定で、山二つ分の防御力として計算される。錆びた玉座は山頂の上にあるので大変攻めにくいわけだ。

と、こうまで苦労して手に入れる玉座だが、パワーは周りの種族から1金ずつ貰うというもの。玉座を奪取するために失った物を取り戻すことが出来るか、たいへん微妙である。

と、以上の様に提供されるマップ&シナリオで遊んでも良いし、ブックのアドバイスに沿ったオリジナルの地形で遊んでも良い。

【評価】
   5.jpg
【所感】
ここまでスモールワールドを集めているとどうしても手が出てしまいますが、相当にスモールワールドを遊び尽くしていない限り、ここまで必要なことはまず無いかなぁという気は正直します。シナリオから漂うナードのネタ臭と言い、「物語と伝説」のトゥーマッチ感を思い出します。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。