紹介:エルフの玉座

「エルフの玉座」は98年の大賞「エルフェンランド」のカード版。
名作ボードゲームのカード版は多々あれど、容量だけでなく値段をここまで圧縮したのはすごいと思う。

IMG_0606.jpg

箱サイズはかなりの圧縮度。
ゆうに持ち運べる小ささである。
そのわりにコンポーネントは多めで、カードだけでなく竜の駒やお金チップが山ほど入っている。

「エルフの玉座」では成人になるためではなく、王様になるために旅をする。
王様になるには一番の金持ちになる必要があるらしく、世界を回って献金を集めるのだ。
ファンタジーものの筈だがもはや政治屋の世界に。

IMG_0596.jpg

カード版ではボードがないので旅するはずの地形がない。
まずはプレイヤーそれぞれの手札からカードを場に出し、旅する世界を作る必要がある。
ということでまずは世界作成フェイズ。

IMG_0600.jpg

それぞれが順番に自分の手前に地形カードなりその他お邪魔カード諸々を置いていく。
(上の写真ではたまたま地形カードのみになった。)
世界作成フェイズが終わったら、プレイヤーは自分の手前の地形を最初の目的地として、後は画像の矢印の方向へ進んでいく。
最後までいったらまた最初の目的地へ戻り、続けられるのなら旅を続けてもいい。

IMG_0599.jpg

地形への移動も手持ちの移動手段カードを使うことによって行う。
乗り物によっていける地形や必要な枚数が違うので、世界作成フェイズの時にある程度の旅行プランを練っておく必要があるぞ。

移動に成功したらその地形に示されているだけのお金をもらうことができる。
お金はカードを買うときにも使えるので勝利条件以外にも重宝するぞ。

IMG_0601.jpg

地形には移動を邪魔するカードやお金が倍になるカードなどがおかれることもある。
これは置いたプレイヤーに有利に働くようにできているので、世界作成フェイズに手札にあったら出しておこう。(もちろんここぞの時にとっておいてもよし)

人数分の回数だけ旅をしたらそのときの所持金で王様決定。

【所感】
2000円前後という価格と箱の小ささにまず拍手。カードゲームのわりに世界を冒険している感じをそこそこに味わえます。
ただ実際に旅をするフェイズになった時に自分の場所がわかりにくいです。
上の写真でも代用を用意していますが、何か目印を使うのが良いと思います。
エルフの玉座エルフの玉座
()
不明

商品詳細を見る
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

コメント

はじめまして^^
はじめまして!FuruFuruといいます。
エルフの玉座面白そうですね。
このデザイナーのゲーム好きなのですがエルフェンランド、エルフの玉座、両方持ってません(/ω\)。
ここ見たら欲しくなりました。
これからも悩ませて下さいね^^
2008/02/24(日) 16:33:28 | URL | FuruFuru #-[ 編集]
ムーン作はいいですよねぇ。
FuruFuruさんリンクしますね。
2008/02/24(日) 23:42:36 | URL | 海長とオビ湾 #-[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する