スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:フリーゼマテンテン・SET2

フリーゼが自らの名前を冠した小箱ゲーム「フリーゼマテンテン」のSET2。
SET1で遊んだ限りではハチャメチャ度がすごく(競りの一発勝負で勝てなきゃ敗け、みたいなことが起こり易い)、場合によってはゲームにならなかったりしたものだが、このセットでまたどの方向へ進化するのか、楽しみな続編であった。
また、旧版もセットが別れていたので続編がでることはSET1の時点で前提であった。

IMG_8235.jpg
Amigo小箱。
左側がSET2。SET1と並べると絵が繋がるのだ。
イラストは2F-Spieleでマウラ先生とコンビで働くことが多いFrederic Bertrand氏。
今回もSET1に続いて60枚も細かいイラストを描き上げている。

IMG_8236.jpg
中身。
新しいカードが今回も60枚。
それに追加ルールで必要になる緑のキューブ。

お金やスタートプレイヤー駒はSET1の物が必要になるので、一応“SET1必要ですよ”ということになっている。ただ、スタピー駒と紙幣なので代替物があればSET2だけでも遊べないわけではない。バランスは別として。

で、ルールについてはSET1と同じなのでこちらを参照していただくこととして、
http://casinoroyale.blog120.fc2.com/blog-entry-1198.html
追加ルールの説明に入りたい。

IMG_8238.jpg
追加と言っても1つしかないんだけど、SET2にはオークション後に何らかの理由でカードの上にキューブを置く場合がある。
置かれるキューブの意味合いはカードごとに異なり、アクションを出来る回数だったり、勝利点×キューブ数だったりする。
基本的にキューブ数で勝利点を稼ぐカードにはキューブを増やす効果が無いので、他のカードとコンボを組むなりする必要がある。でもカードは全て公開オークションなので、そんな都合良く落札させてはもらえない。これはある意味、誰かが頑張って仕事しなければならない事にもなるんだけどね。

IMG_8237.jpg
カードのネタセレクション&ブラックジョークはさすがフリーゼ様で、良い具合に嫌味が利いている。見ているだけでも楽しい。

ゲームとしては本当にハチャメチャなカードが多く、「あいつがアレとったら終わりだ!」みたいな即死コンボリーチがちょいちょい発生して、それをイカれたお邪魔カード(高額)で粉砕するという大茶番劇になる。これが、フリーゼマテンテンの日常なのだ。

【評価】
   6.jpg
【所感】
天帝フリーゼ様による、フリーゼアナキズムなタイトルであるということを理解して遊ぶ必要があります。それさえ理解していれば、大変に楽しいゲームです。間違いありません。
SET2の追加要素はプレイ中に色々と夢見させてくれて良いなと思いました。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。