スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:ニューロシマ・ヘクス!陣営拡張「ダンサー」

都市が灰と化し、地上の主権を失ってもなお、人類のグロテスクな探究心は衰えることが無かった。
敵対勢力であるロボット軍隊“モロク”が急襲し破壊した研究所から発見したのは、OBJECTと呼ばれる三体の人造生命体だった。

彼等はまだ開発途中の未熟な生命体であり、その超人的なパワーを制御することは誰にもできなかった。
この世にも奇妙で不幸な生命体が、その創造主へと刃を向けるのも時間の問題だろう。

IMG_8460.jpg
ニューロシマ・ヘクス!の陣営拡張シリーズの第二弾は謎の生命体「ダンサー」。
コンポーネントの質は「鋼鉄警察」と同じなのでそちらを参照していただくとして、この陣営の際たる特徴は“三体しかいないユニットがHQを兼ねる”という事である。
3枚のユニット以外はすべてアクションタイル。これまでとはまったく違った立ち回りが必要になるのだ。
ちなみに作者は本編や他拡張の作者とは異なり、ニューロシマ・ヘクス!の純粋なファンが作ったものであるという。好き過ぎて作ってしまったオリジナル拡張が認められ、公式アイテムになったわけだ。
彼は新しくヴァンパイアをモチーフにした軍勢も作っている。興味があったらBBGのニューロシマ・ヘクス!ページを見てみよう。

IMG_8461.jpg
前述した通り、ダンサーにはHQがない。その代わり、三体のユニットに10ポイントずつのHPが与えられている。
当然、赤、青、黄色にそれぞれの個性がある。
赤は遠距離攻撃が得意で、仲間の近接攻撃を強化するモジュールを有している。
青は近距離攻撃が得意で、仲間の遠距離攻撃を強化するモジュールを有している。
黄色補佐役で、仲間のイニシアティブを上げたり、回復したりすることが出来る。
当然、モジュール効果の関係で寄り固まって戦うのが基本になる。

他の陣営と異なり、手番では新たにユニットを配置することが無いので、敵の破壊したいユニットがどこにあっても攻撃できるようなポジション取りも心がけた
い。
アクションタイルは機動力重視。動くスペースを作るためのプッシュバックや、ムーブメント、特殊移動が豊富である。また、通常のバトルタイルとは別に、自軍のユニットの一辺のみを起動できるアクションタイルなるものが存在する。このアクションタイルを利用してこまめに盤面を調整するのがダンサーの基本のようだ。
バトルが始まった時のほぼ全方向攻撃は強力だが、それに頼った戦略は案外立てづらい。

初期体力の合計が30と、他のHQよりも10高いことを利用してディフェンシブな作戦を立てても良いかもしれない。

【評価】
   7.jpg
【所感】
さすがに沢山の拡張を出してきただけあって、個性的なアイデアを採用する余裕が出てきたようです。BGGでは他にもファンが作成した拡張が多数アップされているので、是非今後も地味に続いて行ってほしいシリーズです。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。