スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:コンビット

ライトよりのファミリーゲームが多いウィニングムーブスの小箱カードゲーム「コンビット」。
実は本ブログでも紹介したことがある「トレーダー」はリメイクの一つだ。
リメイク元を紹介してるとルールを素っ飛ばす癖があるカジノロワイヤルなので、今回くらいは反省して紹介し直すことにしましたハイ。

IMG_8477.jpg
つーわけでコンビット。
IT用語にそういうのがあるのかなと思ってググってみたら日立のエアー釘打ち機が出てきた。つまりそんなIT用語はないということだ。
とはいえ、デジタルを意識したデザインであることは目にも明らかである。

IMG_8479.jpg
中身。ボソッとしたデザインがたまりませんな。
右側はクレジット、つまりお金である。

IMG_8480.jpg
セッティング。数字カードを全部並べる。
お金は20€(ユーロなんだそうです。)受け取って残りは銀行。

手番になったら列に並んでいるカードを買うか、持っているカードを売るか。
そんだけ。
買う場合、カードに書かれてる数字が値段。各列毎に一番前のカードしか買えない。

IMG_8482.jpg
売る場合は、同じ色のカードを2枚セットで売れる。
売値は数字の掛け算で支払われる。
プレイヤーは最初に全色対応の2のカードを持っているので、ピンチの時に使おう。

あ、そうそう、このゲーム2人用なんだよね。
トレーダーには3人ルールもあったけど、蛇足だから素直に2人で遊んだ方が良い。
お互い得させないように足踏みしたり寄り道したり、わりにキツキツと我慢比べするわけだ。

IMG_8481.jpg
にしても、このもっさいデザインが良く似合うゲームだ。
トレーダーの方がイラストは綺麗だけど、このゲームにはこっちのほうが合ってる。

【評価】
6.jpg
【所感】
ウィニングムーブスの目立たないゲームなので、今手に入るのはトレーダーとかになると思います。が、もしこちらが手に入る環境があり、パズルっぽい数字遊びゲームが好きなのであれば、お勧めします。
| trackback:1 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

2012/12/07(金) 09:03:36 |

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。