スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:ノア

シンプルな傑作ゲームを次々と世に放っている売れっ子デザイナー、ブルーノ・カタラによる小箱カードゲームの新作。大作では「キャメロットを覆う影」や「クレオパトラと建築士たち」といったFFGのファンタジーゲームをはじめ、「ミスタージャック」シリーズのヒットも記憶に新しい作者である。

IMG_8494.jpg
缶入小箱。最近の缶入りゲームの例にもれず、凸凹がある。
詰めないし、傷つきやすいし、缶入は相変わらず良い所がない。
イラストはフランスボドゲっぽい凝りカワイイ感じ。

IMG_8495.jpg
中身はカードとカード置き場になる組立式小ボード。そしてノアチップ。
タイトルの通りこのゲームはノアの方舟がテーマであり、プレイヤーは手札の動物を上手い事船に積んで(捨てて)いき、早あがりを目指す。

IMG_8496.jpg
手番になったらボード上のノアが居る場所に動物カードを1枚プレイする。
この時、置き方には以下2つのパターンがあるので、守らなきゃダメ。

【パターン①】
雄雌両方置かれる場合は、オス・メス・オス・メスという具合に交互になっていなければならない。
【パターン②】
①以外の場合は、オスかメスどちらかオンリーの列でなければならない。
【その他のルール】
カードの合計値が21を超えたらダメよ。

ということで、ノアの居る場所における手札がないということも当然ある。
そうなった場合、その場所のカードを全て手札に引き取らなければならない。

もし出せた場合は、老いたカードの上部に書かれている方向にノアマーカーを動かして手番終了。

先ほどカードの合計値が21を超えるとだめよということを書いたと思うが、これが逆に21ぴったりにおけると、あなたやりますねということで船は出航し、新たな船が補充される。この時他のプレイヤーにカードを押し付けることができるので、21狙いの姿勢は常に持っておこう。

IMG_8497.jpg
また、カードによっては特殊能力があり、両生類などは特に置き易いので強いカードだよとか、そんなんである。

で、誰かがカードを全て出したり、補充方舟が無くなったりしたらラウンド終了。
その時点で残った手札にマーキングされている涙マークの数が失点となる。
これ3ラウンドやってオワリ。

うむ。実に普通。

【評価】
   5.jpg
【所感】
カウントアップバーストゲームにちょっと工夫を加えて見た…ということなんでしょうけど、結果的にはコントロールしにくくなっただけかなという印象です。
ノアの行先で相手を縛りたい~みたいなシステムだと思うのですが、そもそもカード置きルールを守る事が大変で、そこに至り難い構造になってますね。
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

コメント

外箱イラストのパンダがごっつ怖い
奴らの本性をよく表している
2012/10/26(金) 12:45:35 | URL | 鬚親父 #-[ 編集]
でも熊がカワイイのはおかしいぜ!
2012/10/26(金) 20:06:41 | URL | 海長とオビ湾 #-[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。