スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

ビッグバントーナメント第二十九夜~ステッケンアップ!

世界中から年代、ジャンルを飛び越えて集まったメチャイケでヤバいゲームのバトルロワイヤル。
それがビッグバントーナメントだ。
この日、ペーパーバックと邦訳版を読みながら生み出した七王国の玉座LCGをタナカマ氏に託したオビ湾は、いつも以上に軽快であった。

◆妖怪ポーカー
youkaie.jpg
純欧州所有の激レアアイテム。人力舎の番組が作ったごきぶりポーカーのぱちもんだ。
箱がドイツ系の化粧箱なのが良い。
プレイアビリティはアイコンの関係で低い感じ。
こんなもの持ってるなんて、さすがは和製ピュアユーロ、純欧州である。

◆シベリアカードゲーム
siberiage.jpg
素朴なルールと同じイラストレーターのせいか、全然違うシステムのパックスを思い出した。
こちらはボードゲーム「シベリア」のカードゲーム版。ボードゲーム版のルールは知らないが、手札でセットを作り、資源なり人的リソースを確保していくゲームだ。
作業員でパワーを増やすか、投資家でフットワークを良くするか、販売員で勝利点を底上げするか。
他プレイヤーの動向も重要なゲーム。普通に楽しめるのでみんな買うといいよ。

◆タイムマシン
kanege.jpg
昔懐かしのおもちゃやおかしを、プレイヤーが競り落として勝利点を稼ぐゲーム。
少しやるとおおよその適価が見えてくるので、最初のプレイヤーはだいたいその値(もしくはちょい上)で入札してくる。おもちゃのジャンルによって最多所有者がボーナスを貰えるのだが、ジャンルの種類は少なめ。
ゲーム的には、テーマのわりにちょっと長いかなぁ。
“子供の飽きの早さ”も考慮してくれるとよかったかも。

◆EKIDEN
ekidenage.jpg
箱根駅伝をテーマにしたゲーム。
選手10人のドラフトを経て、10区間にわたる本レースに挑む。
テーマをデフォルメしてゲームに落とし込む手腕と、その落とし込み方に良くあったシンプルなアートワークが良い。OKAZUブランドさんのテイストがよくわかるゲームだった。
シュールに出来ているためか、箱根駅伝の復路前の作戦変更などなどもっと入れてほしい要素が次々と湧いたが、その辺に無駄な出っ張りを出さないのがOKAZUさんの色なんだと思った。

◆ステッケンアップ
imasutekkenapge.jpg
もとは1970年代のゲームらしい。
なるほどラブレターっぽいゲームだが、このバージョン(複数あるらしい)はアホらしいイラストがとぼけたルールと相性グンバツである。

以上、走り書き
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。