スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

センチネルズ・オブ・ザ・マルチバース予習2日目

先日プレ紹介の前半をやったSentinels of the Multiverse予習の2回目。
今回は基本セットの残り5人のヒーローと、3種類のヴィランを紹介。デッキの方は良くわからないので割愛。
リライトしている時間がなかったので読みにくくて申し訳ない。

≪ヒーロー≫
フリーダム・ファイブ以外のヒーロー達。内3人は後にプライム・ワーデンスに加わるメンバーだ。

◆ファナティック
Fanatic20banner.png
リマの貧困地区に育ったヘレナは、その地区に住む他の子ども達と同じように、不幸な人生をおくる筈の少女だった。
6歳の時、幾人かの子どもと路上で遊んでいたところをバスに撥ねられ病院に運ばれたものの、医師により死亡が確認された。その3分後、ナースが狂信的な様子で「彼女は神の使命を受けて送り返された!ビバ!ゴッド!」と叫び、奇跡的にもヘレナは息を吹き返した。
引き取り手のないヘレナは、その後の幼少期を修道院で過ごした。彼女は背中に生え始めた翼の事を長らく他言しないでいたが、ついにその翼が隠せないほどに成長すると、修道院を出て大都市の地下に身を潜めた。
迷宮の様に広がる地下で“十字軍の聖衣”と“聖剣アブソリューション”を手に入れたヘレナは、ファナティックとして悪を駆逐すべく地上に舞い戻った。
ファナティックは後にプライム・ワーデンスの一員としても活躍する。

◆ハカ
Haka20banner.png
ニュージーランドの伝統的な戦士であるアタ・ワカワレワは数え切れないほどの異名を持った原住民の英雄である。
同じ集落の若き英雄ルルと対立し、その狡猾な戦いぶりに敗北。喉を掻っ切られて死亡したかと思われたが、見事に復活し、集落へ戻りルルを虐殺した。
それ以降アタはどの集落にも所属せず孤立するが、アタは孤独の中でより強い戦士へと成長した。
現在、彼はハカの名を与えられ、原住民の名誉のために世界中で戦っている。
ハカは後にプライム・ワーデンスの一員としても活躍する。

◆ラー
Ra20banner.png
エジプト考古学の権威であるワシントン博士は発掘中の墓地でラー神を司る墓室を発見した。彼が棺に抱えられている杖に触れると、彼の脳内に閃光が入り込み、続いて目から、口から、光線の様に体内から光が溢れた。
その時彼の頭の中には、古代にエジプトを守ってきたラーの戦士たちの記憶と英知が流れ込み、彼もまたラーの戦士となった。
ラーの目下の宿敵は、エジプトの九神“エネッド”だが、1対9という不利な戦いに敗れ、一時的に記憶を無くし、放浪の旅に出た。

◆テンペスト
Tempest20banner.png
太陽と水の豊富な惑星に生息するメリニアン族はめぐまれた生態環境から高度な知的生物へと進化してきた。幾度かの戦争を乗り越え、種族の発展には平和的社会が理想的であると理解したメリニアン族は、平和な社会を創り上げた。
しかし、グランド・ウォーロード・ヴォスと彼に従属している有名な戦士たちにより、平和ボケしていたメリニアン族の惑星は壊滅させられてしまう。数少ない生き残りであり、勇敢な戦士であるダルトンと数人の仲間は脱出ポッドで地球へと向かったが、そこでもヴォスの待ち伏せに合い、墜落してしまう。
対外宇宙組織F.I.L.T.E.Rに捕獲されたダルトンは、そこで地球で活躍するヒーローの噂を耳にすると、氷と炎の嵐を起こして施設を破壊。ヴォスを倒すため、ヒーロー達を探す旅に出た。
ダルトンこと“テンペスト”は後にプライム・ワーデンスとしても活躍することになる。

◆ビジョナリー
Visionary20banner.png
アメリカと中国の間に冷戦構造が形成された後、ハーゲット大統領は国防総省へバイオテクノロジーによる超人兵士の開発を命じた。
プロジェクトは失敗を繰り返したが、事前テストの結果、ある中国人夫婦の胎児に高い適性があることを発見する。政府は夫婦に50万ドルを対価として支払い、まだ胎内にいる赤子にPSY-200を注射した。
6か月後、ヴァネッサは無事に産まれたが、母親は急死。父親もヴァネッサを引き取ることはせず、哀れな赤子は政府の管理下で成長した。
彼女は幼いころから超能力を使う事が出来たが、その特異さはフリーダム・ファイブとの行動ではあまり成果を見せなかった。
現在は脳内出血の関係でさらに力を制限されてしまってはいるが、彼女の超能力とタイムトラベル能力は極めて希少な能力である。

≪ヴィラン≫
基本セットに含まれる残りの3ボスたち。

◆グランド・ウォーロード・ヴォス
Voss20banner.png
ソーサリアンの王の二男であるライネック・ケル・ヴォスは一族の中でも変わった人物だった。彼は王族でありながら軍隊に所属し、厳しい訓練の末、精鋭突撃部隊ニクシアン・スカージを率いるまでになった。彼らは互いの結束が強く、かつ敵に対しては極めて冷酷なことで知られた。
ヴォスによる更なる軍隊強化は進み、兵士に睡眠を不要とさせるナノマシンを開発。実戦に投入したが、その非道徳的な考えが批判を呼び、結局彼は裁かれて流刑地である極寒の惑星で6年の歳月をおくることになる。
流刑地から戻ったヴォスは、かねてからソーサリアン軍隊によるクーデターをたくらんでいた友人と共謀し、軍事施設を次々と掌握。自らをグランド・ウォーロード・ヴォスと称し、ソーサリアンの新たな王である事を宣言した。彼と彼の精鋭部隊であるニクシアン・スカージは、宇宙全体を支配するため、惑星から惑星へと行軍を続けている。

◆シチズン・ドーン
Dawnbanner.png
ドーン・コーヘンは幼いころから自分が特別であることに気づいていた。具体的には、彼女は太陽の力を吸収することで様々な超能力を発揮することが出来た。
空を飛び、エネルギーを爆発させ、物を破壊する。それらは全て彼女の指先一つで行使できる力だった。
ドーンは自分の居場所を探し、やがて原始が生きる北極圏の未開の地“プリマリス島”に移住した。
しかしドーンと同様の能力を持った者が彼女をリーダーと崇めて集まってくると、彼らの説得により何故自分程の人間が隠れるように生きなければならないのかと考えるようになった。
今や彼らは自らをシチズンと称し、地球最強の人間とそれに仕える優性人類として、地球に対し宣戦布告している。

◆オムニトロン
Omnitronbanner_0.png
アルドレッド・インダストリー社が開発した大型軍用マシン。
バージョンアップ時に暴走したっぽいけど、よくわからない。

以上
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。