スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:ドラゴン

そこそこ長くボードゲームをやってる人なら「アクエリアス」という少々しょっぱい小箱ゲームがあったことを覚えているだろう。去年くらいに箱が少し大きくなって再販し、さらにちょっとテーマを変えたセブンドラゴンなるものがリリースされた。
そのセブンドラゴンをアミーゴ印にしたのが、この「ドラゴン」である。

dora1.jpg
アミーゴ小箱にまで出世したアクエリアス族。
アクエリアスはイラストがサイケポップで可愛かったのだが、このセブンドラゴン系は妙なリアルテイストで可愛くはなくなっている。カッコいいと思うかどうかはひとそれぞれだろう。正直俺は気持ち悪い。

dora2.jpg
中身。いつものエンボスカード。
このゲームには5色のドラゴンが1匹~4匹で割り付けられたカードと、アクションカードの大きく2種類がある。
それに加えて銀色のスタートカードとジョーカー色のレインボードラゴンがある。
ちなみにアクエリアスのテーマ替えと言っても上記カードに増えた物や無くなった物があるので一緒ではない。
一応、「ドラゴン」の方がよりゲームゲームしている。たいしてかわらないが。

dora3.jpg
このゲームは手札からドラゴンカードを出して、同じ色のドラゴンが連結するように並べていくゲームである。
ちなみに7枚のカードが並んだらゲーム終了で、その色のゴールカードを持っているプレイヤーが勝利する。上の写真がゴールカードで、ゲームの最初に配られるのだが、ゲーム途中にアクションカードにより容赦なく交換させられたりするのでままならない。というか、こういうゴールカードがあるのに途中で交換させられるゲームってのは、序盤がどうしてもただの作業になりがちでテンポが良くない。まぁ、終盤になったところでアクションカードのアホさに笑うしかないのだが…。

dora5.jpg
アクエリアスとの大きな差は、中央のシルバードラゴンがただのレインボー役(ビンゴの真中ともいう)なだけでなく、アクションカード使用後に対応する色に変更されるというところか。これで真中がジョーカーじゃなくなる分、ジョーカーカードとなるレインボーカードが存在する。
それってたまたまレインボー引いた奴が有利になるだけの変更な気がしないでもない。

なんでAMIGOはこれをOEMしたんだろうか。アクエリアスならまだ可愛くて許されると思うのだが…

【評価】
   4.jpg
【所感】
あまり語る言葉が出てこないんですが、どうせアホゲーならアクエリアスの方が見た目が合っていると思います。
AMIGO…昏迷期ですね。
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

コメント

はじめまして。いつも楽しく読んでます。
このサイト読んで日本で入手しやすい小箱ゲームに惚れ込みました。
ちなみにこのゲームほんとなんでアミーゴが出したのか不思議に思ってます。あんまし面白いとは思えなかったんですけどね。やはりイラストレーターの知名度でしょうか?
このイラストですが初代D&Dなどで知られるファンタジーアートの第1人者Larry ElmoreなんでTRPG者には中々ヒットするんですよ。
2013/02/09(土) 21:59:48 | URL | Anonymous Coward #SlVEwRPM[ 編集]
Anonymous Cowardさん
なるほどそういうイラストレータさんが描いてるんですね。アメリカのイラストって大体好きなんですけど、このメリケンファンタジーっぽいエッジはちょっと苦手です。そういえば妖精奇憚の時にメリケンではこういうファンタジーがウケるって聞きました。
2013/02/10(日) 01:16:55 | URL | オビ湾 #-[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。